かえるさん、来訪。

テーマ:

洗濯物を外に干していると、

むすめも必ず出てきて、周りをちょろちょろします。


しゃくやく


今日はシャクヤクがきれいに咲きだしてました。


この花が咲くたびに、3年前のむすめを妊娠した頃を思い出します。


ちょうど、3年前のGW前に、妊娠に気付き、

同時につわりが開始したんでした。


シャクヤクが咲いたら、部屋に飾ろうと楽しみにしていたら、

飾ったとたんひどいつわりで、

匂いの強いシャクヤクの周りに寄れなくなりました。


だんなにたのんで、片付けてもらいました。


だから、シャクヤクが咲くと、きれいだなあと思いつつも、

あの頃のムカムカまでよみがえってきて、

複雑です・・・・



なんて、思い出してると、むすめが

「かえるさんがいるよー」と呼びます。


ほんとー?と見に行ってみると、


かえる


確かにいました。

見えますかねえ、保護色ですね。

手にのったかえるくん


追いかけると、思わずわたしの手にのりました。

接写しすぎて、ピンボケです。


むすめも、かえるを自分で見つけて教えてくれるまでになったんだあ。

3年前は、わたしのおなかの中で、このかえるくんよりも

ちっちゃかったのにね。



洗濯の後は、今日も草取りを少々。

昨日はやっぱりおなかが寝るまで硬かったので、

今日はほどほどにしました。


それでも、やってる最中は調子に乗ってやってるけど、

立ち上がるとぐーっと来るんだなあ。

ほとほと、わたしは下っ腹が弱いなあと反省中です。



AD

4月は皆勤賞!

テーマ:

今月は、30日間毎日更新いたしました!

気付けば、皆勤だよー。


それほど苦労はしなくて、むしろのめりこみ過ぎを心配したほうが

いいくらい。


一番迷惑をかけたのは、娘かな。


かあさん、毎日PCを何回も開いてにらめっこ。

ジャマすると、怒られる・・・


はいはい、今日はこれから公園にでも行きましょうねー。

AD

キモッチケーキ

テーマ:

ということで、どこにも行かず今日はケーキを焼きました。


といっても、ホットケーキ・ミックスで焼けるカップ・シフォンケーキ。

カップには単なる紙コップを使います。


こんな感じでできました。

ココア味です。


カップ・シフォンケーキ


紙コップが殺風景なので、絵を描いてみました。


ついでに「キモッチ」も作りました。


キモッチ



下にいるのがキモッチです。

むすめが積み上げました。


キモッチご存知?

NHK教育の「わたしの気持ち」という番組のキャラクター。

声はなんと、あの阿部サダヲさん!


むすめはキモッチの大ファンで、この手作りキモッチ、もう3代目です。

AD

いよいよGW

テーマ:

GWが始まった。


わくわく感もあるが、「どうしよう」という気持ちも・・・・


だんなは今日から10日間、オール仕事。


わたしは2歳のむすめと、でかい腹を抱え、家にいる。


つまらん。


近くの大型スーパーも、激混みだろう。

車で近づく気も起きんな。


友達とかとも何の約束もないし。


3、4、5日には実家に帰る予定だが、それまでどうすごそうかな。



昨日は寝る前に「骨盤にきく」に載ってた体操を試してみたが、

意外と難しかった。


しばらくコツをつかむまで、練習が必要かも。


ということで、それほど安眠はできませんでした。



午前中、この頃急激に庭に茂りだした草を、しゃがみこんで

むしっていたら、なんだか今おなかが張り気味。


普段使ってない下っ腹を、急に運動させてしまったからだ。


しゃがむのって、やってる間はそれほど気づかなかったけど、

かなり丹田周りを使うんだな。


何しろ草は無尽蔵にあるから、これからちょっとずつ草取りだ。

やってもやっても終わらないのが、トホホだけど。

安産には役立つだろう。



春から夏へ

テーマ:

暖かくなって、最近は暑いくらいのこともあり、

やっと脚が冷えなくて、むしろ靴下を脱いでしまいたいくらい

あったまるようになってきた。


今日、仕事から帰ってきて玄関を開けると、

我が家のにおいがした。


寒い間は余り気にならないが、この時期になると気づく。


そして、初めてこの家に来たころのことを思い出す。


ダンナと出会って、この家に始めて上がって

一緒に住むようになったのが、4年前かな。


この家によく来るようになり、半分同棲みたいになって

いったのがこの時期だったから、

このにおいをかぐとその頃が思い出される。


めまぐるしく生活パターンが変わり、

精神的にはボロボロだったから、

戻りたいとはまったく思わないんだけど、

あの頃があるから、今があるなあとは思う。


あの頃に自分に、もうしばらくたったら、

こういう落ち着いた生活があるよと伝えてやりたい。

著者: 片山 洋次郎
タイトル: 骨盤にきく 気持ちよく眠り、集中力を高める整体入門

この本を今日買いました。


ちょっと読み始めましたが、おもしろいです。


最初のほうに、寝相についての記述がありました。


わたしは、妊娠してからうつ伏せ寝が妙に気持ちよく、

うつぶせて片足(特に左)を90度にコの字型に曲げて

寝ることが多かったのですが、

これは「骨盤底筋の緊張が強く」て、それをやわらげようとして

いるのだそうです。

足を曲げると骨盤が緩み、呼吸が楽にできるのだそう。

(確かに楽に眠れるんだよ)


特に、骨盤は左が縮み、右が緩みやすいそうで、

大体足を曲げるときは、左が多いとのこと。

(大当たり!)


そして、むすめは以前うつ伏せで胎児のように丸くなり、

お尻を高く上げて寝ていたことがよくあったのですが、

これは興奮して疲れた子どもがよくとる寝相だそうです。


ほほ~~

おもしろーい。


ぐっすりと寝付きよく眠るための体操も書かれています。

早速今晩試してみよう。

楽しみだなあ。


まだまだいろんなことが書かれていますので、

だんだん読んでは試しして、ご報告いたします。

今日は週にたった2日のお仕事の日。


基本的に今、わたしはとても職場に恵まれており、

肉体的に疲れても、人間関係で神経をやられることは

ほとんどない。


しかし、今回は久々にちょっとあった。



こっから先は、細かいトラブルの内容です。

クダラナイので、下の緑まで飛んでください。

育休をとって休んでいた友人が仕事復帰した。

彼女は個人的に付き合えば、情も深く、決して悪い人ではないが、

何かとトラブルメーカーではある。

合わない人とは徹底的に合わず、喧嘩になる。

あんまり回り全体に気を配れないところがある。


その人が自分の子どもを職場の保育士さんに預けて

働き出したのだが、その預け方があまりに自分本位ということで、

周りのおばさんたちがカチンときた。

(まあ、無理もない話です)


保育士さんは、まだ職場に入って長くないし、

もともとおっとりして戦わない方なので、

どちらに対しても怒りはないのだが、ただ両者の間に入り

やりにくくて困惑していた。

(これも、ほんと無理もないよ。心底同情しました)


わたしはのんきに2週ぶりに職場に行くと、なんだか険悪ムード。

話しにくそうな保育士さんから、いろいろきいて、

全貌がおぼろげながら読めてきた。


保育士さんには、分かる範囲で事情を説明して、

わたしで良かったらまた話してねと伝えた。

二人で保育室で、なんだかこわいね~、困ったねと言い合った。


今まで託児に関しては、あんまり問題なくやってきたのに、

まったく友人にも困ったものだ。

もう少し大人になって、それなりの気配りをして欲しいよ。



ここでトラブルの細かい内容、おしまーい


というわけで、ひさびさ職場で筋肉がキューっと緊張して、

怖くて人の目がまっすぐ見られない、という思いをしました。

つかれた~


夕方、ちょっとおなかが張る感じがあって、

やっぱりストレスっててきめんに子宮に影響すると

改めて実感。


つかれたので、晩ご飯作りも面倒になり、

帰りにマックでドライブ・スルーしちゃいましたあああ。

今日はいつもに増して、みっちりストレッチしないと。


保育士さん心配だなあ。

来週はケロリと楽しく会いたいものだ。





おなかに触ってみる

テーマ:

前回の検診で、今のところおなかの子が

逆子の状態だと聞いてから、

気になってちょくちょく触っている。


触っていると、だんだんコツがつかめてきて、

どのへんに頭があるかとか、すぐに分かるようになって来た。


頭が一番分かりやすい。

硬くて大きく、丸っこい感じが頭。


やっぱり上のほうにあるので、この子はなかなか

ひっくり返ろうとしないなあと、

「こっち頭にしてみなよー」と話しかけたりするが、

聞いてくれない。


ここに頭と足があるってことは、きっとこういう格好で

いるんだろうなーと想像すると面白いし、

頭をいい子いい子したり、ちょっと押してみたりすると、

ぴょんぴょん動いたりするので、なんか交流してる気分になる。


喜んでいるのか?


もしかして迷惑がられてるのか?


今のところ、頭はおなかの右端にあることが多く、

左側を突っついているのが足だろう。

子宮に真横に寝ているという感じのような気がしている。


でも、しばらくすると今度は頭が左端にきていたりする。

けっこう自由に動いてるのだ。


わたしの子宮は大きくて、スペースが広いらしいから、

まだまだ余裕をかましているのか?


まあ、今のうちに自由に泳ぎまわっておいておくれよ。

そのうちギューギューになっちゃうから。

胃が最悪

テーマ:

やっぱり、夫婦でぎょうざを38個も食べたのがいけない。


今日は一日胃が動かない。


まだぎょうざが入ってる感じ。


アンパン半分と、おすしを数個。

今日はそれだけ食べた。

消化を助けるという、さんざしも少し食べてみた。


もう何回おんなじ失敗をしてるのか・・・




午後、近くに、藤の花の名所があるので見に行った。


まだあまり咲いてなかった。

今年は桜も藤も遅いんだなあ。


娘が生まれて毎年来ている。


一年目は抱っこ紐に入れて、ぼんやりと藤を見てるのか

見てないのか、という様子。


二年目には歩けるようになり、ちょっとした坂道も

上手に登って得意そうだった。


三年目のの今年は、近くにいる知らない子に興味しんしんで、

ちょっと近づいたり、同じことしてみたり。


来年は、四人で見に行くのかなあ。



その1の続きです。

わたし、妊娠前まで生理用ナプキンは布派でした。

しかもちゃんとした布ナプキンを用意するのでなく、

赤ちゃん用布オムツを代用しておりました

(ヘンかね?まあヘンですね)。

そうなったのはむすめを産んだあとのことです。

前回の出産後、産婦さんには一ヶ月ぐらい「悪露」という

出血があるので、その間ずーっとナプキンをしないといけないんですね。

これが、かゆくてかゆくて大変でした。

生理は1週間で終わるから、気にならなかったんだけど、

1ヶ月となるとキツイです。

ほとんど肌は炎症を起こしていたと思います。

それがあって、紙とポリマーなど化学製品でできたナプキンは

肌に負担が大きいのかなと考え始めました。

で、HPや本で布ナプキンというものがある、という話を聞いて、

へーっと思って、

生理が再開したとき、うちにある布オムツで試したんです。

それが快適なこと!

思ったよりずっとさらっとしてるし、がさがさしないし、

なんだかあったかい感じ。

洗濯の手間も、紙ナプを買ってきて、袋から出し、使い終わったら

黒い袋でゴミに出して・・・の手間と比べたら、楽なぐらい。

で、思いました。

赤ちゃんもきっと、布のほうが気持ちいいんだろうな~

赤ちゃんも布のほうが快適だろうな~

・・・・・・

まあ、思っただけです。

行動はまったく伴いません。

ゴメンヨ、わが子。

ちなみに、私自身の人体実験によりますと、

最近の形成オムツよりも、昔ながらのさらしを丸く輪にした、

大きいやつのほうが、断然吸収もよくさらりとしていて、

快適です。

乾きやすいしねー。

日陰でも数時間ですぐ乾いちゃう。

昔のものはよくできてるよー。

ただ、単純に布が気持ちがいいといっても、

そこにこだわって帰って母親がイライラしたり、

家にこもりがちになるくらいなら、

やっぱりオムツは紙にしといて、その分の時間と労力を

他に向けるべきでしょうね。

おかあさんがにっこにこなのが、何より赤ちゃんは

快適でしょうから。

ということで、第2子も早晩紙オムツっ子になることでしょう。

まあ、ワタシがからだをはって行った人体実験の結果を

ちょっと覚えておいていただけたらと思い、

文章にした次第でございます。