お出かけしてきました

テーマ:
風邪をご心配いただいた皆さん、ありがとうございました。

大体復活したようです。
そして、月火と一泊でお出かけしてきてしまいました。
(また極端・・・)

日曜は子どもをみてくれる人がいて、ゆっくりできて、
月曜朝にはかなり気分が良かったので、
家族3人で小旅行に出かけてきました。

ご飯がまだ美味しく食べられず、1日目は夜までおにぎり1個で
乗り切ってしまいました。
夜から少しずつ食べました。

が、今でもいつもと比べると半分も食べられません。
下痢は月曜午後からはピタリと止みましたが、
胃がかなり疲れているようです。
空腹感と言うのが、まだほとんどないです。

旅行そのものは楽しかったです。
ただ、今度は娘に風邪をひかせてしまい、
鼻水をたらしています。
慣れないベッドでいつもよりも遅く寝て早く起き、
食事もペースが崩れがちで、
大人の都合でつれまわしたかな、とちょっと不憫。

明日からのんびりいこう。
AD

ひさびさの下痢

テーマ:
全く、こんなタイトルで申し訳ないです。

本格的に体調がおかしくなりました。
昨日夜から、吐き気と、下痢。

カイロプラクティックにも行ってみたが、
行くだけでしんどく、吐き気は悪化した。
熱も37度ちょっとある。

金曜日、無理してちょっと離れたスーパーまで、
子どもをつれて歩いてしまった。
あそこからやばくなったんだな。すごく疲れた。

昨日は朝は結構良くて、遊びに出てしまった。
もうよくなったと思ったが、
結局、夜にどっと悪くなった。

でも、下痢ってちょっとすっきりする感じがあって悪くない。
食欲もないので、お腹はぺたんこ。
余分な水は出てしまったほうがいい。
AD

どうしたのかな?

テーマ:
昨日から調子がもうひとつ。

やはりからだが火照ってポーっとなっている。
でも、下半身にはあったかさが回らなくて、
結構冷たい。

子どもにもいまいち優しくしてやれない。

昨夜、寝る前熱を測ったら、37、1度。
微妙だ。

だんなともちょっとしっくり行かない。


ひとついいこともあった。

ちょっと前、近所に住んでてよく遅くまで一緒に子どもを
遊ばせてた奥さんに、久々電話してみた。
無事、第3子を出産したとのこと。
電話したことを喜んでくれて、「あのころ楽しかったねえ」と
言ってくれた。

また遊びに行くねと言い合った。
ちょっと元気をもらえた。
AD
またまたランディさんに影響されて書いちゃう。
何かまた出産話で、2年も前になることをいつまでも言っててすみません。

でも、こういうことってなかなか言う機会がないのね。
すっごくしゃべりたいんだけど、ばちっと分かってくれる人がなくて、
きれぎれな話で終わっちゃう。

そんなところに、ランディさんと三砂さんの文章が現れて、
そうそう、わたしの言いたいのはそのこと!
って、初めて思って興奮しました。



「娘が来てくれて、しあわせ」「産まれてくれてありがとう」って、
きれいな台詞として巷に流通しているけど、
みんなそれを腹から実感して言ってるのか、うっとり気分だけで言ってるのか、
よく分からない。

ただ、わたしはきれい事じゃなく、
娘が来てくれたんで何とか今こうしてしあわせにやっていて、
もし来なかったらどうなってたかと思うと、ゾッとする。
それくらい切羽詰ってた。

妊娠前二年近く、仕事に疲れきってて、
でも辞めるふんぎりもつかなくて、
今考えると完全にうつ病だった。

だんなに会って、結婚して少し良かったけど、
だんなと向かい合ってると、ひたすら要求ばかりが高まって、
それはそれで苦しかった。

そこへ、妊娠。娘がお腹にやってきた。

初めは酷いつわりで、苦しいばかりだった。
母親になるなんて、怖いし、そんな責任を負うなんて嫌だった。
でも、仕事を区切るいいわけができてありがたかった。
(これが娘がわたしにくれた初めての贈り物と言える)
そんな酷い妊婦だった。

しばらくすると、中期に入り猛烈になんかのホルモンが出てきたらしく、
ボーっとして意識が朦朧としてきた。
それで長いうつから脱出。
2つ目の娘からのプレゼントだった。

その効き目はすごくて、ちょっと飲んだことのある精神科の薬なんて、
足元にも及ばない、精神安定効果。
麻酔を後頭部に打ち込まれたようだった。

出産が近づき、母親学級なんてのに出始めて、
その時行っていた産婦人科が、わたしには全く合わない事に気づいた。
すごく管理的、高圧的、しかも受付の人があまりに愛想が悪いのに
きれた。

そして、8ヶ月になってもっと安心して産めるところを猛然と探し出した。
うつのわたしでは考えられなかったが、
その頃は脳内物質かホルモンかのおかげで、すばやく楽観的に行動を起こせた。

そして、すてきな助産院に出会った。
見た目は全くの古い民家で、30年くらい時間が止まっているかのような雰囲気。
先生は8ヶ月のわたしをあったかく迎え入れ、
出産を受けるといってくださり、
前の病院との上手い手の切り方も指南してくれた。

もう出産は恐怖ではなくなり、
その先生のお宅に1週間泊り込み合宿に行くような、わくわく感さえもてた。
この先生と出会えたことも、娘からの3つ目のプレゼントだった。
バランス・ボール買っちゃいました!

大手スーパーのスポーツ商品売り場で、
しばらく前から毎回のぞいてチェックしては、迷っていたもの。
一個千円。
高いのかな? 安いのかな?

今それに乗りながら、ブログを書いています。

うわさどおり、どうしても腹筋に力を入れないと、
座ってられないので、そろそろ下っ腹が
うっすら痛くなってきたところ。
(この「うっすら」ってとこがいいね。腹筋の筋トレは
短い時間で一気に負荷をかけるから、苦しくて続かず、
結局挫折する)

背骨も伸びますね。
骨盤安定するといいなあ。

娘も大喜びでキャーキャー乗ってました。

千円でこれなら、安い買い物では?

びっくりした~!!

テーマ:
今、書きかけだった長い文章が、消えかけてびっくりした!
昨日の予言どおりか?

慌てて記事リストに戻ると、何とかおおもとは残っていた。
はー。
これだってさっき「ログアウトしました」って出て、
何とかコピーで残したやつだよ。
(ねえ、原稿書くのに時間かかると、ログアウトしますよねえ。
何分以上だと駄目とか、基準があるのかしら)

まつい先生、占星術の言ってたことはこれでしょうか?

そういえば、ついさっきだんなが子どもにあまあまで、
夜中と言うのに子どもにいい顔ばっかして子どもが寝なくて、
けんかしたところ。
子どもも怒ったわたしを見て大泣き。

来てます来てます、でしょうか?

頭モードなのか?

テーマ:
今日は天気が良かったせいか、服の着すぎか、
上半身がほてります。
ほっぺが熱いです。

仕事に行くと、からだは動かさずに頭のほうをカーッと
使うので、それも原因?

下半身は、コーデュロイのズボンの下にスパッツ重ね履きまで
してますが、そんなに熱くない。
触るとむしろ少し冷たい。

これが頭モードだなあ。

もうちょっとゆったり落ち着いて仕事をこなしたいものです。
まあ、これでもましになったんだけど。

「ゆる体操」、陣痛の痛み

テーマ:
田口ランディさんのブログを見て影響されてまた書きます。

実はゆる体操と言うの、わたしも手を出してます(笑)。
CD付きの本を買って、何度かやりました。

田口さんの言うとおり、確かに気持ちいいし、効果もあるだろうけれど、
まあ、そんなにすごく新しいって言うか、他の健康法と
ここが違う!っていう独自性は低い気がしました。

ひとつ、いいと思ったのは、寝ながらできる体操。
仰向けになって、片脚を曲げます。
そしてもう片方の脚を、曲げた脚のひざに乗せます。
それで、上の足を動かして、ふくらはぎを刺激するのです。

これは楽! そして気持ち良い!
ツボに入ると、結構効きます。
しかも、大腰筋が鍛えられて、おなかぽっこりが治るらしい。

ただ、これも最近エアロビで同じようなことを教わりました。
割りと折衷的なんですね。
先生はふくらはぎにはたくさんツボがあるし、
老廃物が溜まりやすいから、刺激すると効果大だと。


それから、陣痛のこと。

わたしは陣痛の痛みのほとんどは、恐怖心だと思います。
ひとりでほおっておかれて陣痛に耐えなきゃいけないような病院へは、
よっぽど自分に自信がある人以外は行かないほうがいいと思う。

わたしは一人目はやっぱり怖くて、かなり痛かった。
でも、安心して産めたから、そのあとの恍惚とした幸せの時間は
今も忘れられない。
出産は快感だって言うのも、体験はできなかったけれど、
そういうのももちろんあるだろうなって、容易に想像できる。

今度は、そういう宇宙とつながったような、深い世界を
体験できる出産をするのが夢です。

辛い辛い思いばかりの出産をする人が、いなくなることを望みます。




動く寺門先生

テーマ:
昨日今日と、寺門先生がNHK教育のおしゃれ工房に出ている。
写真でお顔は何度も見たけれど、動く先生は初めてで、
最初はどきどきした。

何日かまえ、よしもとばななさんのHPで、本物の寺門先生を見かけた
と言う話題が載っていた。
ものすごい人目を引くオーラで、釘付けになったようなことが
書かれていて、「すごかっこいい」と表現されていた。

わたしも、書かれたものをたくさんじっくり読んでいくと、
穏やかな語り口の中にも、かなり激しく情熱的で、
濃いー人なんだろうなって気がしていた。
治療してもらうには最高だけれど、
長く一緒にいることになったらかなりしんどそう、かな?と。

今日、テレビで見た感じは、とっても優しい感じで、
エキセントリックなところは思ったほど感じられなかった。
もちろん、芯はとっても激しいところがおありなんだろうけれど、
それを変に周りに振りまいてしまう人じゃなさそう。

人をちゃんと治す人だったら、そうだよなあと思った。
おかしな人のところへはみんな集まらないよね。
(と、偉そうにわたしごときが語らせていただきました)

ちょっと嬉しい2日間でした。

内容は非常に濃い感じ。いろんなことが細かく紹介されていた。
ビデオにとったので、これからじっくり見ます。
(子どもがうろうろするので、じっくり見てないのです)

細かい内容については、また後日。


さて、話は変わるんですが、まついなつきさんのブログを
ご覧になりました?

まついさんは占星術のブログを書いておられ、
たっくさん読者がいるので、すでにご存知の方も多いと思うけど…。

今、星回りがちょっとよくないんだそうです。
トラブルに注意と書いてありました。
細かいことに気をつけて行動したほうがいいと。
具体的には、パソコンの大事なデータはバックアップを取って
おいたほうがいいとか。

この前の田口ランディさんのに引き続いて、
また影響されそう。
しかも、今度のはちょっと長いみたい。
この前は2、3日で終わるってあって嬉しかったんだけど。

わたしは今のところ快調で、ちょっと嬉しいこともあったりして、
問題ないです。
あ、だんなはちょっと不調かも。

何か心がちょっとざわついてしまったので、書いてみました。
あんまし気にし過ぎないで行こうっと。


実家って太るね

テーマ:
土曜から実家に帰っていて、今日で3日目。
たったそれだけの期間なんだけど、なんかからだが重ーい。
余分なものを溜め込んで、停滞しちゃってる感じ。
胃も疲れてる。
体重、来た時より1キロアップ。

実家に帰ってくるといつもこう。
母も張り切っていつもより品数多くしてくれるし、
何せ、20年この人の味で育ったのだから、
うまいと感じる回路が完成してしまっている。

それで食べ過ぎて、いつも帰る頃には胃が限界になっていて、
しばらく粗食に戻すことに。

昼ご飯は、うちで取れた大根で「焼き大根」を作ってみた。
これも、しょうがの佃煮と同じ、寺門先生の
「かわいいからだのメニューブック」に載っているもの。
皮を向いて1センチの厚さに切り、フライパンで焼くだけです。

厚さは7,8ミリにしたほうが、早く焼けて手軽でした。
水も入れず、焦げ付かないかなあと思ったけど、
大根から水が出るので、火がとおる頃には適度な焦げ色が付き、
いい感じになりました。

一人で大根10センチ分くらい食べてしまった。
しょうゆと鰹節かけただけなのに、甘くておいしかったー。

大根の消化酵素がいっぱいでお腹にやさしく、
繊維で便通もよくなり、こういう時にぴったりのメニューみたいです。

でも、ご飯に加え母に勧められるまま、お餅まで食べたし、
効果は半減だよなー。