再会。そしてそこから得るもの。

テーマ:

帰宅終電。

起床は4時半、そして始発。



そんな生活を今週はしていた。

宇都宮、小田原を出張三昧。


さすがに体力には自信があっても・・・

精神的にもつかれてしまい、認めたくないが追い込まれた。


入社して1年半。

それなりに前向きにやってきたものの、今回ばっかりは後ろ向きだった。

むむむ。手ごわいぞ、社会人。






昨日のこと。

何を思い立ったか、むしょうに何か運動をしたくなり、

久しぶりに中学の時の同じ部活の奴らで集まってテニスをした。

10年ぶりに会うような奴らが、7人も集まったのは奇跡だと思った。




結婚してる奴。

資格取得を目指す奴。

最近会社を辞めて、自分の道を探す奴。

みんなそれぞれの道を歩んでいた。


忙しいながらも、やっぱり同じ3年間を共にすごした奴ら。

テニスをしたり、昔ばなしをしているとやっぱり昔とかわらない。



「おれらがさ、何か人前で自信もっていえることってなんだろうな?」


「別におれらは優秀でもないしな・・・」


「なんだろうな・・・」




これからの将来の希望や、不安。

そんなとこからこんな話が出てきた。

答えは結局はっきりとしたことはでず。

夜中までこんな感じのたわいもない話は続いた。




「じゃあ、1つ何か本当に一番大切だと思う必要なことを挙げてみようぜ。」




「うーーん。」

「なんだろーな。」




自然と答えは皆同じだった。




「諦めないで自分を信じること。= 『継続力』 」



どんなに、才能に恵まれてても、

どんなに、優秀な奴でも、

もし、諦めないで自分を信じてやっていく『継続力』さえあれば、

そういう凄い奴らと渡りあえるし、きっとなんとかなる。





ジャンルは違うかもしれないが、それを一度中学時代に経験している。



弱小だった部活の中学時代。

市内大会入賞がやっとだった。

なにしろ負けず嫌いの俺ら。

今ここにいるメンバーでいつも以上に練習をはじめた。

雑誌などやビデオで研究したりと工夫をこらした。



メンタル面の増強。

先生に県の上位のとこや、県外の中学と対戦させてもらうように、何度もお願いしにいった。



一年間の休みはたったの2週間程度。朝錬は毎日やった。



大会の日は、日が昇る前にみんなで集合し、

朝8時集合までには何試合も練習形式の試合をしてから向かった。



結果は満足のいくものになった。

全国の土を踏むものもでてきた。



「継続は力なり。」

まんざらでもない・・・



このメンツでもう一度再会できたことを凄く光栄に思った。

なんかやる気がでた。




サンキューな!!




過去を振り返るなってのは大事だと思う。

新しい一歩を踏み出すうえでもな。


でも、過去があるから今の自分がいるのも事実。


おれにとって過去は忘れない大切なもの。

いいこと、悪いこと、うれしいこと、悲しいこと全てだ。


おれはそういったことを全て受け止めて、また明日一歩踏み出していこうと思う。




2年目という責任感と重圧。

全て一人で行っていく。先輩はいない。



おれは負けない!! おりゃ!!

よし、やってやりゃあ☆


『強い奴になる必要はない。でも弱い奴にはなるな!!」


AD