なんでだろうね。。。

テーマ:

なーーんか、人と同じってのが嫌いなんですよ。





ひねくれてんだな。






いやオリジナルってことばが好きなんだ!!ということにしよう。







皆が好きなものはおれはどうも好きになりたくない。







だから、絶対無理ということに、チャレンジすることは大好きなんだな。








だから、公言します。







将来は庭にテニスコート付の家を建ててやる!!



AD

9月24日

テーマ:

サッカーを見に行った。





レッズVSマリノス





別にサッカーは好きじゃない。







でもその場所の雰囲気が好き。






引き分けだったが、非常に勝負の世界はいいものだ!?






こっちまで熱くなるよ!?






いい趣味見っけたぜい!!








その後は後輩の電話が!?








ゴリ。。。。。。。。








そこに、S氏、もっくん、すな、が集まる。








学生に戻った気分!?







最近はエルレを平気でカラオケで歌うらしい。







乾杯ならぬ完敗。

(おれらのカラオケにPOPというジャンルは絶対に流れてこない。)








最近カラオケいかねーから、まじのどが弱い。。。

しかもアルコールはいってるから、さらに・・・・・・・

まじショック。







最近になって気づいたこと。








おれ声変わりなんじゃないか~!?







前みたいにでねーーーーー。高音が!?








まあ、そんなこんなで楽しかったよ。








また一ヵ月後☆あおうぜ☆☆

AD

ほうこーーーーーーーーーーーーく。





おれやっちゃいました。





毎週1回、母校ことM大へ2ヶ月間・・・・・・・

























COME BACK !!!!!!!!!!!!!!!!!!
















ガラス張りのタワーよ!!






再び逢うのを楽しみにしているよ!!!





みつかんねーよにしよ。誰にも(笑)


AD

4人のカリスマ

テーマ:

今まで24年間、おれは運がいいことに5人のカリスマに出会った。




そして、そのうち4人は教師だった。





今日はその4人について書いてみよう。





女王の教室やらドラゴン桜といったドラマでも、なんとなく思い出させられた。








「教師」










一人目は小学校6年教師。通称「ささもっちゃん。」

この先生は、20歳になるまで俺らのクラス全員に学級通信を書いてくれた。

おれらは成長していく。だから学級通信は出世魚の「フッコ」という名前の学級通信。

もちろん、毎年クラスは受け持ってる訳だから、きっとすげー大変だったと思う。

しかも年賀状などは未だに送ってきてくれる。

「先生はいつまでたっても先生だから・・・いつでも相談しにきなさい。」

事実、大学生になっても毎年1度は挨拶にいって現状報告をしている。

一生涯の担任と呼べる、そんなカリスマだ。







2人目のカリスマ。それは中学の時の顧問。

通称「しおぴー。」

この先生は、努力すればきっと道は開けることを教えてくれた。

一年間で部活の休みの日は、2週間もなかった。

正月ですら2日間の休みのみ。

この顧問は常にコート上にたっていた。

そしてこの姿が俺らをやる気にさせた。

そしてそのやる気は、いつも県大会出場できればいいくらいの学校を、全中出場に導く結果を残す。

「好きこそものの上手なれ。」「努力は決して自分を裏切らない。」

この言葉を体に叩きこんでくれたカリスマだ。





3人目は高校2年の時の教師。通称おぎちゃん。

2年の時のおれは、部活のやりすぎで怪我をして、

それを我慢してテニスをし続けたら病気にかかった。

欠席日数約90日。入院生活が始まった。6月に入院したと思ったら、いつのまにか11月になっていた。

そして、その6か月の間、そこで幻の授業が展開されるなんて夢にも思わなかった。

なんと、この先生は、数学の教科書と問題集の解答ととき方のプリントを、俺のためだけに作って持ってきてくれた。そして、質問などに答えるために、病院に通ってくれた。

このことはおそらく、クラスのやつらでさえ知らないだろう。

そのプリントは、まるで授業をうけたかのような手の込んだものだったよ。

「思いやりのカリスマ。」

本当にお世話になりました。






4人目のカリスマ。

それは高校3年の担任。通称「きずっち。」

この先生は夢をもつ大切さを教えてくれた。

夢を信じて追いかければきっといつか、叶うものだと。

事実この先生40歳過ぎにして体操の国際審判をとって模範をみせてくれた。

今度の目標は北京オリンピックに審判としてでることだという。

この先生の言葉を信じたクラスの奴らは間違いなく、生き生きしている。

目標に向かって突っ走っている。

まさに「夢のカリスマ」だ。






こうしてみると、非常に教師にめぐまれた人生だと改めて思う。



これからもずっと続く道で、どんな軌跡を残すのかは自分次第。



いままでの教えて頂いたカリスマの模範例を胸に秘め、さらにガンバっていきたい!!







軌跡①

テーマ:

この2日の間にいいことがおこった。





それは中学の部活の仲間と飲み会ができたこと・・・・




あんまり飲み会は気が進まないこのごろ(今は飲み会する余裕ねーー)だが、

突然の電話のうれしさと、夜中の1時ていうパンクな時間が俺的に関心をさそった。




中学時代のことはあんまり覚えてない。






が、周りの奴らのおかげで思い出すことができた。





「おれらってさ、全快ってことばしか昔から考えないよな。」

「それ以外あてはまねんだよ。まんぞくしねーんだよ。」

「それはきっとこれからも一緒だよ。」





そういわれた。






周りにいわれて再確認。

まわりもあちーーー。






その言葉が聴けてうれしかった。







まけらんねーだろ。






ライバルたちにはよ!!