〜やりたいことができる未来を〜 トータルセラピー サロン ルピナス

京都のサロンで整体をしています!腰痛や自律神経の調整を得意としています!
患者さんに「やりたいことができる未来を」をモットーに日々取り組んでいます!


テーマ:


・歩いていて、すぐに足がパンパンになる人

・他の人と同じことをしているのに身体の疲れが強い人


当てはまる人いるんじゃないですか?


これ、原因があるんです。



それは




力が抜けてない人



です!

 

ちょっとしたものを持ち上げたり

ちょっとした動きをするたびに

力み過ぎている人っていませんか?


歩くときもロボットのように歩き


ものを持ち上げるときも肩肘張って持ち上げる


何もしてないときでも、肩にガチガチに力をいれている

 

もちろんご自身ではなくても身近にいるかもしれません!

 

特に運動やストレッチ、トレーニングをするときにこういった傾向の人と多く出逢います。

 

スクワットや腕立て伏せなど


代表的なトレーニングにおいても


狙いを定めればそれぞれ


2~3個ほどの筋肉に特に効くものなのですが

 

力が抜けない人達は


全身の細かい筋肉まで緊張した状態になり


どこに効かせているのか分かりにくいという特徴があります!

 

じゃあカロリーが良く燃えていいんじゃない!?


と思われた方!

 

たしかにその運動一つ見ればカロリー消費は大きい可能性はあります!


しかし


効かせるべきところに効かせられないまま

必要なところでないところもたくさん働かせ

休むこともできずにいる。

そして疲労の割には

狙った効果が出ない

 

そんな悲しい結末になるのです

 

ではどう意識すれば防げるのか!?

 

一番のポイントは

「その動きを遂行する上で最小限の力で取り組む」ということです

 

力が抜けない人は


5kgのおもりを持ち挙げる際に


挙がるor挙がらない で考えます


とにかくありったけの力を入れてみて判断するのです


この場合挙げられる重さであれば


無駄にスピードが速くなったりしがちです

 

反対に力をちゃんと抜ける人は


最初から力をいれない

5キロの重りをもったときに


どこまで力を発揮すればよいかを判断し(無意識に)


少しずつ上げていくのです


なので必然的に最初はゆっくり試す形になります


スピードが必要であればその際はじめて


必要なスピードを出す為に最小限の力をプラスで発揮します!



 力を入れる時に


 全力の10から落としていくのか


 脱力の0から上げていくのか


 この運動に対する考え方の違いが


 力の入れ方を左右するのです


脱力の0を基準にして運動するくせをつけておけば

より質の高い日常生活や競技動作が身に付きます

無駄なく必要な部位を働かせられるようになり

それは障害予防にもなります

 

まとめ

いつも力んでいる    いつもリラックスしている

あなたはいつもどっちですか?

 

・少し動いただけで疲れる

・息切れが早い

・何かすると関節や筋肉を痛めやすい

 

こんなあなたは

もしかしていつも力んでいるかも?

 

身体にもエコな動作になって

いつまでも元気に過ごしたいですね!



お身体の悩みを改善させたい方はこちら!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。