am-diary

滋賀県・大津市の手作りハンバーガー屋“AUNTY-MEE BURGER”(アンティー ミー バーガー)の店長・AUNTYが、日々起こるハプニングや小ネタetc.を綴った日記


NEW !
テーマ:

滋賀・大津「AUNTY-MEE burger」岩波好彦 × 横浜・北山田「Bigmamacafe」織茂聡

 21世紀の横浜みやげ「045 COFFEE」がお送りするハンバーガーショップ・オーナー同士のスペシャル対談、"OWNERS TALK-TALK!"。
 創業1998年、横浜の内陸・港北ニュータウンにある「Bigmamacafe (ビッグママカフェ、BMC)」と、創業2003年、琵琶湖畔の畑の中の一軒屋「AUNTY-MEE burger (アンティーミーバーガー、AMB)」。ハンバーガーで知り合い、ハンバーガーでつながる、キャリア10年超の2店の店主が大いに語るスペシャル対談! 両店スタッフも交え、計4人による座談形式でお送りします。パート1・前後編はこちら↓。
# Hamburgershop "OWNERS TALK-TALK!" vol.1_1# Hamburgershop "OWNERS TALK-TALK!"――vol.1_2
 ハンバーガーの話題に続くパート2は、何気ない言葉のキャッチボールの中から、それぞれの思う「店とは」「仕事とは」を4人が力を合わせて探し出す"言葉"の冒険、"言葉"のトレジャーハンティング!
 織:BMC 店主 織茂聡(おりも・さとし)  岩:AMB 店主 岩波好彦(いわなみ・よしひこ)  K:BMC 裏番 Kana(かな) ※スナップ撮影兼  店:AMB 店長 岩波明美(いわなみ・あけみ)

ハンバーガー談義でひとしきり盛り上がったところで、あらためて、どちらからどういう経緯で訪ね行ったのか、訊いてみると……
Q:BMCのふたりがAMBに行ったのが最初?
織:逆ですね。岩波さんに来てもらったのが先です。 岩:そう僕が。たまたまその頃マツバラ君(※ハンバーガー探求家。本対談の企画者)と知り合ってたから、ちょっと東京に行くときにマツバラ君に教えてもらおうと思って、ハンバーガー屋さん何店舗か……って言ってる中に、BMCさんが入ってたと。 織:でそういうとき、皆さん来るじゃないですか? 都内のハンバーガー食べに。すごいみんな勉強して来るんだな、と。 織:僕も都内はけっこう行くんですよ。ハンバーガー好きなんで食べるんですけど、「これ全国回ったら面白いだろうな」って思ってね。だから来てくれたお店は全部顔出そうと。静岡の「ジャッカル」さんでしょ。岐阜のセッキーズさん、「セッキーズダイナー」。AMBさん行って、京都の「ホットチョップ」さん行って。あのとき4軒回ったのかな? 斬新でしたね。「ハンバーガーこんなに違うのか」みたいなのありますよね。まぁ、同じ「ハンバーガー」じゃないですか? なんだけど、同じのないですよね? 岩:ないです!
●ハンバーガーの神の「ふるい」
K:私たちでも、やっぱり忙しい時はお店離れられなかったり、もちろん任せる人なんていないから、もうバーッとやるんだけど、でも、どうしても煮詰まってくるときって、外に出て他を見たときに違う刺激をもらえるから、絶対に必要なことだと思う。 K:関西に行ったりするのも、関西の人が関東に来たりっていうのも、刺激とか、それで「頑張らなきゃダメだな」っていうこととか、また違うアイデアとか、そういうものが出て来るっていう。
岩:いやそやけどね、これ真面目な話ね、今ごろできてるお店の人、びっくりするぐらいに「狭い」。井の中の蛙"の中の人"ばっかりですわ。
岩:もっと広い目で見たら、あなたたちよりもものすごく……例えば「フランクリンアベニュー」さんなんか(※1990年創業の東京・五反田の名店)、オーナーの松本さんなんかもう大先生ですやん。もう"ゴッド"以上のもんですわな。で、いまだに続けてはって。もうオシャレなかたちで。それこそ変わってはらへんから。でもたぶん今の子にしたら「パンチないなぁ~」とかさ。言う前に、まず松本さんの歴史まで調べましたか? って話ですよ。 K:何か簡単に考えてるんだと思う。ハンバーガーというものを。簡単じゃない、"基本"に戻ったら――。 織:それ戻ってくるよね。 K:やってるとわかる。 岩:ところがね、わかってくるヤツは残るけど、3年ぐらいで終わるヤツものすごい多いねん。 K:そこはもう「ふるい」にかけられてるだけで。ハンバーガーの神に(笑) 織:僕だってまぁハンバーガーに関わらず、一発で「ダメだな」っていうのわかりますよ。「このお店何やりたいんだろうな?」って。
●じゃあどんな店にしたいの?
店:これ私、水上さん(みなかみさん、東京・駒沢「AS CLASSICS DINER」店主)と昨日そのことについて二人でしゃべってたんだけど、「自分たちだって何かがあってコピーじゃん?」って水上さん言ってて。コピーって言うか「真似されるのはいい」って言ってはって。 店:で私が言ったのは、ハンバーガーに興味を持つ「きっかけ」に自分たちがなってくれたら、それは嬉しい。あぁ、いいなぁと。うちの店来たりね。水上さんの店行ったり、ヨソの店へ行ったり……。
店:ただそれを「いまバーガー屋流行ってるからやろう」っていう風にやる人は、その後「じゃあどんな店にしたいの?」っていうのがない限りダメね。それを自分なりに消化して自分なりにアレンジして自分の店を出すみたいなとこがなくて、「あ、バーガー屋流行ってる……バーガー屋やったら儲かる!」みたいな人が多いから。 岩:オーナーってのはしゃあないねん。商売が簡単にできるようになった時代やんか。で、もうはっきり言って、チェーン店の傘の下に入れば簡単にオープンできるんで。 織:簡単ですよね~。
●お店とは……
織:僕にとっては"仕事"って"仕事"で、それよりそこで稼いだお金で「何をするか」の方がすごく大事で。ハンバーガーもこだわってるし、お店もこだわってるんだけど、そこで稼いだ金で「自分が何をしたいか」みたいな方がすごい大事なんです。だから成功者を見てても「この人どんな家に住んでて、何やってるんだろうな?」みたいな方がすごく興味がある。仕事の内容よりはそっちの方が興味ある。
織:店にいると、本当に店に立ってる姿だけだから、ハンバーガー焼いてるところとか、そういうのしか見えないでしょ? だから何て言うんだろう、そっちの「ライフスタイル」みたいなところまでちょっと「面白くしたいな」っていうのをずーっと思ってるんですよ。 岩:そう、「ライフスタイル」ですよね! K:じゃあ、織茂さんにとって、「お店」とは……。 織:お店の話ってすごい難しいんだけど……。 K:違う! (笑) もう一回行くよ! 岩:(笑) 織:何か……え~っとね……。 K:「ライフスタイル」って答えるのよ! そこ(笑)。もぉ~いまイイトコだったのにぃ~。
(後編につづく)

企画・編集・撮影:松原好秀
撮影:Kana/Gao Nishikawa

ハンバーガーのためのブレンドコーヒー「ハンバーガーブレンド」は以下のハンバーガーショップ/ダイナー各店で好評販売中です。
■「ハンバーガーブレンド」販売店
 HEDGE8 [東京・根津]  tokyo omo style [東京・豪徳寺]  cherry [東京・立川]  Bigmamacafe [横浜・北山田]  GUGGENHEIM MAFIA [神奈川・本厚木]  K'S PIT [愛知・半田]  American Grill E.Y.'s [福井]  AUNTY-MEE burger [滋賀・大津]  Junk Food Parlor HOT CHOP [京都・長岡京]  ジャンク [神戸・三宮]


# ハンバーガーのためのブレンドコーヒー「ハンバーガーブレンド」販売中!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「お店」 の記事

テーマ:
昨日好評につき、SOLD OUT になりまして
本日誠に申し訳ございませんが、臨時休業とさせて頂きます
11日 山の日は、たくさん用意して頑張りますので、宜しくお願いします。<(_ _)>


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



滋賀・大津「AUNTY-MEE burger」岩波好彦
×
横浜・北山田「Bigmamacafe」織茂聡


 21世紀の横浜みやげ「045 COFFEE」がお送りするハンバーガーショップ・オーナー同士のスペシャル対談、"OWNERS TALK-TALK!"。

 横浜・北山田「Bigmamacafe (ビッグママカフェ、BMC)」オーナー織茂聡と、滋賀・大津「AUNTY-MEE burger (アンティーミーバーガー、AMB)」オーナー岩波好彦、キャリア10年を超える店主2人に両店スタッフ2人も加わり、計4人で語り合う「ハンバーガーとは」、後編です!

 織:BMC 店主 織茂聡(おりも・さとし)
 岩:AMB 店主 岩波好彦(いわなみ・よしひこ)
 K:BMC 裏番 Kana(かな) ※スナップ撮影兼
 店:AMB 店長 岩波明美(いわなみ・あけみ)



「ハンバーガーはおにぎりと一緒」だという岩波さんの話のつづき……


岩:おにぎりってもうシンプルな状態。塩だけで握ってるヤツは(それだけで)おいしいけど、そこに海苔足すとさらにおいしくなりますよね? そのおにぎりの中に梅干し入れてもおいしくなりますよね? でも、梅干しも、鮭も、いくらも……っていっぱい入れちゃうと、これまたバランス悪くなっちゃいますから(、良くないと)。

岩:今度はおいしくない白おにぎりに、おいしい梅干し入れたって、おいしくないですよね? ということはバランスって、パンもやっぱりおいしくなかったらアカンしって考えると、シンプルにパンだけ・パティだけで食ってもおいしいヤツだと、何入れてっても「入れ過ぎなければおいしいんじゃないかな?」っていう風に考えてるんですよ。

●どれだけ「引いていくか」

K:調和がとれる。
岩:「調和」ですね。そう考えると「和ですよね」って言ってたんも一緒かな。和食もバランス考えてないと……。
織:最近はだから、足していくことを考えないで、どんだけこう「引いていくか」っていう。「そのままで食べさせられるか」っていう。
岩:でも中にお客さんにそういう話をしてもね、「そんなもったいない、抜いてったらおいしなくなるやん!」って言わはんのやけど、「いや、食べてみぃな」って、「まずかったらまたお金返したげるわ」って(笑)

岩:今うちのお客さんですごい人気があんのが、パンと……いわゆるヒール(※下バンズ)に、パティ、チーズ、で、クラウン、っていうだけの……。
織:あ、そうなんだ!
岩:もう片手で食える……。
織:流行るよね~(笑)
岩:でも高いんですよね(笑)。だって抜いても値段は減らさないもん(笑)

●気がつくと「ノーマルいいなぁ」

織:何か、僕始めた頃って、「クアアイナ」かな? あそこのアボカドバーガーってすごい斬新だったんで……。
岩:はい!
織:「アボカド挟んでるよ~!」みたいな。そこからたぶん、「何乗っけたらハンバーガーっておいしいんだろう?」みたいな、すごいいろんなところで流行ったし。何かそういうハンバーガーがバーッと増えてきて、どんどん高さが高くなっていく……。


岩:そうそう、上がっていってます。食いにくいし……。
織:全部こう「一気に口の中入ったらいいんだけどなぁ」っていう。もうすごい、何て言うのかな……何かだからそういうハンバーガーに「飽きちゃった」と言うかね? 何かこう「真逆」行きたくなっちゃったんだよね。

岩:クルマとかバイクでも基本的に「フルカスタム」みたいなんが憧れるんですよね?
織:うん、すごいやりたくなるんです(笑)
岩:でも、何か気がつくと、「いや、ノーマルいいなぁ」って。
織:せっかくパティにしてもバンズにしても、すごいこだわってるじゃない? そこをだから一番ね、「活かしたい」ですね。
岩:そう、ただのバンズじゃないし。肉を受け止めるバンズやから。それを殺さない、お互い肉もバンズも殺さないトッピングならいいけど、殺しちゃうヤツを入れちゃうと……。
織:飾りになっちゃいますよね。それはよく思うな。

(パート1おわり)

※つづいてパート2、店主歴13年オーバーの2人が考える「店とは・仕事とは」

企画・編集・撮影:松原好秀
撮影:Kana/堤巧




# ハンバーガーのためのブレンドコーヒー「ハンバーガーブレンド」販売中!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



滋賀・大津「AUNTY-MEE burger」岩波好彦
×
横浜・北山田「Bigmamacafe」織茂聡


 21世紀の横浜みやげ「045 COFFEE」がお送りするハンバーガーショップ・オーナー同士のスペシャル対談、"OWNERS TALK-TALK!"。

 第1回は、創業1998年、横浜の内陸・港北ニュータウンにある「Bigmamacafe (ビッグママカフェ、BMC)」オーナー織茂聡と、創業2003年、琵琶湖の畔を上がった畑の中の一軒屋「AUNTY-MEE burger (アンティーミーバーガー、AMB)」オーナー岩波好彦の、ともにキャリア10年を超える2店の店主による「ハンバーガー」について、そして店と店との交流と交遊についてのトーク、またトーク! 両店スタッフも交え、計4人による座談形式でお送りします!

 まずはパート1――AMB岩波好彦とBMC織茂聡が語る「ハンバーガーとは」。

 織:BMC 店主 織茂聡(おりも・さとし)
 岩:AMB 店主 岩波好彦(いわなみ・よしひこ)
 K:BMC 裏番 Kana(かな) ※スナップ撮影兼
 店:AMB 店長 岩波明美(いわなみ・あけみ)



ふたりが初めて会ったのは2012年のこと……

Q:ふたりが知り合ったきっかけは?

織:ふたりが知り合ったきっかけ……なんですか? これですよ。
岩:そう、『ハンバーガーストリート』(※創刊準備号。2008年7月刊行のハンバーガー専門誌)。
織:『ハンバーガーストリート』の……えーと、これですよ、これ。この記事見て……ハッ! と思って。「この人ハンバーガー屋さんっぽい!」(笑)
岩:痩せない努力してますからね(笑)

Q:どんな店をやってたんですか?

岩:こんときはね、それこそこの、黄色のウォークスルーバンで調理をして、で、横にちょっと小屋を建てて、そん中でお客さんに食べてもらうというかたちで頑張って。説明いっぱいグダグダしゃべりながら……。
K:もうね、行きたくてネェ~! そのクルマ見て「ゼッタイここ行きたい!」って私は行ったんですよ……「滋賀」に。
岩:ありがとうございまーす!
K:「滋賀だよ?」とか言うから、「近いよ! 近いよ、滋賀!」(笑)
岩:滋賀は近いんですよ(笑)

K:私は行ったときに食べた「マッシュルームチーズバーガー」が、もうあれはナンバーワンだと思って(笑)
岩:おぉ~ありがとうございます(笑)!
K:本当に会う人会う人にもう、今まで食べた中で「もう一回食べたい!」って思ったのはAMBさんのマッシュルームチーズ「だけ」と言っても過言じゃない、と。……食べたい! 今でも食べたい……。
岩:ちょっともぅ……どうしたらええねやろ? (笑)

Q:どんなバーガー?

岩:単純にバンズとパティとマッシュルームとチーズだけなんですよ。もう一切ヘンな手を加えなくて。マッシュルームもでっかいブラウンマッシュを厚めにスライスしたヤツを、バターとコショウだけで軽くソテーしたのを、パティの上に乗っけて。上からチーズ乗っけて溶かすだけ。
織:はいはいはいはい、できるできる(笑)
岩:真似して真似して! 本当に。んで、バンズの上に何も乗せないで、パティ、マッシュ、チーズって乗っけて、あとクラウン(※上バンズ)乗っけるだけですよ。食べやすいサイズになるし、崩れにくいしね。もう取り敢えず、何も入れないような感じのが作りたかったんですね。
織:ホントそのレタス、トマト、タマネギ……みたいなのを「まず外して」みたいな。そっからよく考えます。
岩:そうですよね。

●ハンバーガーとは

織:もともとは何か、ハンバーガーって、ま、「お肉挟んでたらいいんじゃないかな?」みたいな感覚なんです。だから「ここに何足したらおいしいのかな?」ってやっぱり、本当に基本から考えますよ。
岩:そうです、そうです。僕は来たお客さんに説明してんのはね、「おにぎりと一緒ちゃうかな」って……。

(後編につづく)

企画・編集・撮影:松原好秀
撮影:Kana/堤巧




# ハンバーガーのためのブレンドコーヒー「ハンバーガーブレンド」販売中!


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


皆様のおかげで本日 AUNTY-MEE BURGER は、13周年になりました。
感謝の気持ちを込めまして、記念ステッカーを
お客様にプレゼントします。
90枚限定ですので、お早めにお越し下さい。

これからも 日々努力を重ねて参りますので、
AUNTY-MEE BURGER 宜しくお願いします。

Master
Yoshihiko tony iwanami
Manager
Akemi iwanami


今月の営業カレンダーとマンスリーバーガーです
第3火曜日16日がお盆になりますので、PM6:00まで、営業することにします。
そして最終の火曜日30日は、臨時休業にさせて頂きますので、
宜しくお願いします。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今月の営業カレンダーとマンスリーバーガーです








マンスリーバーガーは、
夏の代表野菜"万願寺とうがらし、甘長とうがらし、ししとう"のハンバーガーです
焼きますと、夏の香りが食欲をそそります。
辛いとうがらしではありませんので、是非堪能してください(^з^)-☆

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。