2013-03-01 17:56:24

What A Wonderful World

テーマ:ジャズで英語
邦題「この素晴らしき世界」
1967年 作詞 George David Weiss  作曲 George Douglass

  I see trees of green, red roses too.
  I see them bloom for me and you.

  And I think to myself, what a wonderful world.
  「木々は青々と茂り、真っ赤なバラが咲いている
   あなたのために、そして私のために
   そして心のそこから思う、なんて素晴らしい世界だろう」

1行目はRがたくさん出てくるので発音に気をつけましょう。
RはWと同じように口をしっかりすぼめて、
開く勢いで発音します。
bloomは、「花が咲く」という意味。treeに使う場合は、桜のように木に咲く花のこと。

to myself 「自分自身に向かって」
say to myselfだと「自分に言い聞かせる」
talk to myselfだと「独り言を言う」
Talking to yourself in English is a good way to learn to speak English.
「英語で独り言を言うのは、英語を喋るいい練習になるよ」

what+名詞!で、「なんて~だろう!」
形容詞を外して"what a world!"でも同じような意味になります。
ただ、形容詞がない場合は状況によっていい意味の場合と悪い意味の場合があります。

  I see skies of blue and clouds of white,
  The bright blessed day, the dark sacred night
  And I think to myself, what a wonderful world.

  「真っ青な空、真っ白な雲
   光に包まれた昼、暗く神聖な夜
   そして心の中で思う、なんて素晴らしい世界だろう」

blueとwhite、bright dayとdark night、が対比されてます。
blessedとsacretは類義語で、どちらも神様に関する言葉。
ただ、ちょっとイメージは違うかなあ。
blessは「祝福された」という意味で、「お大事に」という時によく使います。
クシャミの後など、"Bless you!"
(息をするのブレスは、breathです)
sacredは、より厳かなイメージがあります。holyに近い。

  The colors of the rainbow, so pretty in the sky
  Are also on the faces of people going by.
  I see friends shaking hands, saying “how do you do?”
  They're really saying, “I love you.”

  「空に見える美しい虹の色が、行き交う人々の顔にも写っている
   友人たちは握手をして「元気?」と声を掛け合っている
   本当は、「愛してる」と言ってるんだ」

1行目全体が主語です。
「顔(身体)についている」は、onを使います。例えばメイクなども。
"I don't have any make up on!" 「お化粧してないのに!」
onは、「くっついている」イメージ。
go by "by"がついて、言ったり来たりするイメージが加わって「行き交う」になります。

shake handsは握手です。欧米では、握手は握るだけじゃなくて振る。ブンブン!
では、日本語の「手を振る」は?
wave handになります。波なんですね。
waveだけでもいいです。she is waving.「彼女は手を振っている」
she is shaking.は、握手するにはならない。「彼女は震えている」

really 「本当に」「とても」「実際に」「本当は」いろんなニュアンスがあります。
どの意味なのかは、その文章全体で判断します。

  I hear babies cry, I watch them grow.
  They'll learn much more than I'll ever know.
  And I think to myself, what a wonderful world.

  「赤ん坊の泣き声が聴こえる。彼らは成長し
   私が想像も出来ないほどたくさんのことを学ぶだろう
   そして心のそこから思う、なんて素晴らしい世界だろう」

この曲は知覚動詞+人+動詞の形がたくさん出てきます。
ここまではseeが多かったけど、hearとwatchが出た。
人が~するのを見る(聴く、感じるなど)
この部分のように動詞は原型のこともあれば、サビのfriends shaking handsのように進行形の場合もあります。
言葉で説明するのは難しいけど、微妙に、イメージが違います。
ing進行形のほうが、より臨場感や躍動感があったりその時だけの限定された動作であったりする。
原型だとより一般的普遍的なイメージで、赤ん坊の泣き声が聴こえるのは今ここだけではなくて、世界中のいろんなところで産声が上がっている感じがして、そのひとつが聴こえる、という感じ。
seeでなくwatchを使ったのは、赤ちゃんが成長するのを興味深く見る、目の当たりにするという雰囲気でしょう。

I'll ever know
英語には否定形は出ていませんが、「想像できないほど」という訳にしました。
直訳は、「私が知るよりももっともっと多くのことを学ぶだろう」です。
muchは比較級(better,bigger,more beautifulなど)を「さらにもっと」と強めます。
everも否定や疑問、比較の文章内での強調によく使われます。



「ジャズで英語♪クラブ」参加者募集中 → http://ameblo.jp/alyinoue/entry-11459459906.html

「ジャズで英語♪」曲目リスト → http://aly.oops.jp/jazz.html



*この記事で使用しております歌詞などの著作権は著作者にあります。
 個人でお楽しみいただくものであり、二次使用は禁止しております。
 また、歌詞の訳や解説は私個人の見解であり、その正誤性などに関しては一切の責任を負いません。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

alyさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:初コメ!ブログ拝見しました!!

>Seijiさん

はじめて。コメントありがとうございます。
また見に来てくださいね♪

1 ■初コメ!ブログ拝見しました!!

初コメ失礼します!ブログ読みました!!僕はシルバーアクセサリー職人しながらネットを使った仕事もしている、seijiですよろしくです!また遊びに来ます!!

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。