Paul Sakamotoのブログ

聖書の預言
イエス・キリスト
etc.
❤(^_^)v
宜しくお願い致しますね!


テーマ:


■第4章獣の像の別名は、
「荒らす憎むべきもの」
The Abomination of Desolation, aka The Image of the Beast

Chapter Four

NOW THAT WE HAVE THE ANTICHRIST BECOMING COMPLETELY POSSESSED BY SATAN, it is time to examine what he does next.

今、私達は、●反キリスト(ニューワールドオーダー新世界政府独裁者666)が完全に●悪魔に取り憑(つ)かれたので、彼が次に何をするのか検討する時です。

In the middle of the week, he shall bring an end to sacrifice and offering. 
And on the wing of abominations shall be one who makes desolate, even until the consummation, which is determined, is poured out on the desolate.

Daniel 9:27

週(聖書原文では7【年】)の半ば(3年半)で、彼(反キリスト)は犠牲と供え物(●宗教的礼拝)を終わらせます。
【原文では※●憎むべき翼に乗る者は荒らす者(反キリスト)です。】こうしてついにその定まった終りが、その荒す者の上に注がれるのです」。
◆ダニエル書 9:27 

※●And on the wing of abominations shall be one who makes desolate,

As was explained in the first chapter of this book, the week represents the Antichrist’s seven-year reign, so the middle of it would be three and a half years into it. If the “sacrifice and offering” are ended, then they first have to start. And if it’s going to start, then the Jews have to have the temple. So this indicates that the construction and use of the temple is one of the issues covered in the seven-year Covenant.

この本の最初の章で説明したように、それ(●反キリストの世界支配)のちょうど真ん中が●3年半になりますので、週(●ヘブライ語原文は7の意味)は、反キリストの●7年間の治世を表します。 
(●ユダヤ人の神殿の)「犠牲と供え物」が終了しているという場合、それらは(7年間)の最初に始まる必要があります。

「(動物の)犠牲と供え物」を開始するつもりの場合、ユダヤ人は●神殿を持っている必要があります。
だから、これは神殿の構築および使用は、●7年間の契約で補償される課題のひとつである事を示しています。

This ban on worship will not just be for Jewish temple. The Antichrist will forbid and abolish all religious worship, declaring himself God and requiring worship of himself, with suppression, persecution, and even death to all who won’t bow to him. “He even exalted himself as high as the Prince of the host; and by him the daily sacrifices were taken away, and the place of His sanctuary was cast down. Because of transgression, an army was given over to the [Antichrist] to oppose the daily sacrifices; and he cast truth down to the ground. He did all this and prospered” (Daniel 8:11-12). The “Prince of the host” is believed to mean Jesus or God. So the Antichrist is now saying to everyone that he is God.

礼拝の禁止は単にユダヤ人の神殿の為だけではありません。
反キリストは、彼に屈する事をしない(全世界の)全ての人々を抑圧し、迫害し、さらには死をもたらし、彼自身を神と宣言し、彼自身の崇拝を要求し、すべての宗教的な崇拝を禁止し、廃止します。 
「彼は自分自身を万軍の君主として高める事さえして、そして彼は毎日の犠牲を取り除き、彼の聖域の場所を打ち倒した。

罪のゆえに、毎日の(宗教的)犠牲に敵対するよう、支配する為に、軍隊は[反キリスト]に与えられていたので、
「彼[反キリスト]は真理を地に投げ打ち、このすべてを行なって、栄えた。」(ダニエル8:11 -12)

「万軍の君主」は、普通イエスや神を意味すると考えられている。だから今、反キリストは、彼は神である事を皆に宣言している。

“And forces shall be mustered by him, and they shall defile the sanctuary fortress; then they shall take away the daily sacrifices, and place there the Abomination of Desolation” (Daniel 11:31). 
By stringing these Scriptures together we can determine that three and a half years after confirming the seven-year Covenant-“in the middle of the week”-he not only forcibly enters the newly rebuilt temple on Mount Moriah, Jerusalem, and “takes away the daily sacrifice” and sets himself up as God, but he also “places” something called “the Abomination of Desolation..”

彼(反キリスト)から軍勢が起って、神殿と城郭を汚し、常供の燔祭を取り除き、荒す憎むべきものを立てるでしょう。
(ダニエル書 11:31) 

一緒にこれらの聖書の糸を手繰タグり寄せる事によって、我々は7年間の契約を確認した後、その3年半を明確にする事ができます。

「週(7年)の真ん中に- 彼が、「憎むべき者」と呼ばれる者が、強制的に
エルサレムのモリア山に新たに再構築された神殿に入り「毎日の犠牲を奪い」神としての地位を確立するだけでなく、彼はまた「荒らす憎むべきもの」と呼ばれる「場所」を設立します。

Over five hundred years after Daniel gave this prophecy, Jesus, in His famous dissertation on “the signs of His [second] coming and of the end of the world” in Matthew chapter 24, said: “Therefore when you see the ‘abomination of desolation,’ spoken of by Daniel the prophet, standing in the holy place”- the Jewish temple in Jerusalem-“whoever reads [the book of Daniel], let him understand” (Matthew 24:15).

ダニエルがこの預言を与えた500年以上後に、イエスはマタイ24章の彼の有名な説教で「イエスの二度めの来臨と、世界の終わりの兆候」を言った。
「そこで、あなたがたが、預言者ダニエルによって言われた「荒らす憎むべきもの」が、エルサレム-のユダヤ神殿」の「聖なる場所に立つ」のを見るとき -  [ダニエル書を読む者は誰でも]悟るがよい」
◆(マタイ24: 15)。

Jesus said that we’d better understand, because He was placing this event in the future. He is saying that at the time of His life here on Earth, this event, the placing of the Abomination of Desolation, had not occurred. Some Bible scholars and historians contend that Antiochus Epiphanes (circa 215-164 B.C.), the Macedonian king of the Hellenistic Seleucid Syrian kingdom (one of the successor states of Alexander the Great’s empire), fulfilled the prophecies in Daniel 8 and elsewhere about the Abomination of Desolation in 166 B.C., when he captured Jerusalem and forbad the worship of God and all the Jewish rites on pain of death. 
In the temple an altar to Zeus Olympios was erected, and sacrifices were to be made at the feet of an idol in the image of the king. This event was certainly an abomination in the eyes of the Jews, but because it happened before Jesus spoke of it as happeni
ng 
in the future, that rules it out as being the Abomination of Desolation spoken of by Daniel.

イエスは、彼が将来的にこの出来事を配置したので、我々はより良く理解したと述べました。イエスはここ地球上での彼の人生の時代(2000年前)に、この出来事、つまり「荒らす憎むべきもの」の配置が、まだ起きなかった事を言っていました。

一部の聖書学者や歴史家は(紀元前215から164年頃)のヘレニズム・セレウコス・シリア王国のアンティオコス・エピファネス(アレキサンダー大王の帝国の後継者のひとり)のマケドニア王が、「荒らす憎むべきもの」についてのダニエル8章の預言と他の箇所を成就していると主張している。

マケドニア王はエルサレムを紀元前166年 に占領し、死の痛みによって、神の崇拝と全てのユダヤ人の儀式を禁止した。
神殿ではゼウスOlympiosオリンピオスの為に祭壇が建てられ、犠牲はマケドニア王の像の偶像の足元で行う事となりました。

この出来事は、確かにユダヤ人の目には「憎むべきもの」だったが、イエスが未来に起こるだろうとして、それについて話した以前(紀元前)にそれは起きたので、それ(マケドニア王の像の偶像)はダニエルによって語られた「荒らす憎むべきもの」である事から除外されます。

What did Jesus say would happen when this Abomination of Desolation appears? “Therefore when you see the ‘abomination of desolation,’ spoken of by Daniel the prophet, standing in the holy place ... then there will be Great Tribulation, such as has not been since the beginning of the world until this time, no, nor ever shall be” (Matthew 24:21). So the placing of this Abomination of Desolation introduces the Great Tribulation period, the second three and a half years of the Antichrist’s reign. When you see it standing there, you’ll know the Tribulation has begun.

イエスはこの「荒らす憎むべきもの」が現れたらどうなると言いましたか?
預言者ダニエルによって言われた「荒らす憎むべきもの」が、聖なる場所(エルサレムの神殿)に立つのを見たならば(読者よ、悟れ) …その時には、世の初めから現在に至るまで、かつてなく今後もないような大きな患難が起るからである。
(マタイによる福音書 24:15, 21) 
 
だから、「荒らす憎むべきもの」の配置は、大艱難の期間である、反キリストの治世の第2の3年半の始まりを告げる。
あなたはそれ「荒らす憎むべきもの」がそこ(エルサレムのユダヤ神殿)に立っているのを見ると、あなたは●注※患難カンナンが始まったと知るのです。

※注●かんなん【患難】困難に出あって苦しみ悩むこと。

So the big question now is, what is this Abomination of Desolation? Jesus said you’d see it “standing in the holy place.” Daniel 11:31 says the Antichrist “places there the Abomination of Desolation.” Daniel 12:11 says that “the Abomination of Desolation is set up.” He places it, he sets it up and it stands there, so it’s some kind of standing object.

だから、大問題は今、「荒らす憎むべきもの」とは何でしょうか?という事です。
イエスは、それが「聖なる場所に立つ」のをあなたは見るだろうと言った。
「ダニエル11章31節」は、反キリストがいる場所では「荒らす憎むべきもの」がいる、と言っている。
ダニエル12:11は「荒らす憎むべきものが設置される。」と言っているが、彼はそれを置くと言い、彼はそれを設定し、それがそこに立つので、それは何かしらの立っている物体です。

the 13th chapter of Revelation we find out that it’s an image of the Antichrist himself. And it’s not just a dumb statue like the one that old Seleucid king erected, but it will be a most amazing machine.

黙示録の第13章では、我々はそれが反キリスト彼自身のイメージ像(画像の意味も)だという事を知る。
そして、それは古いセレウコス王が建てたようなだけの、バカな、物が言えない彫像ではないが、それは最も驚くべき機械(装置、コンピューター)になります。

Now we must introduce another evil Endtime personality-another beast that exercises all the authority of the Beast we have just been describing in Chapter 3 of this book.

今、私達は、この書の第3章で記述された別の邪悪な終わりの時の人格であり、すべての獣の権限を行使する別の獣を、紹介する必要があります。

Then I saw another beast coming up out of the earth, and he had two horns like a lamb and spoke like a dragon. And he exercises all the authority of the first Beast [the Antichrist] in his presence, and causes the earth and those who dwell in it to worship the first Beast, whose deadly wound was healed. He [this two-horned beast] performs great signs, so that he even makes fire come down from heaven on the earth in the sight of men.
Revelation 13:11-13

わたしはまた、ほかの獣が地から上って来るのを見た。それには小羊のような角が二つあって、龍のように物を言った。 そして、先の獣(反キリスト)の持つすべての権力をその前で働かせた。また、地と地に住む人々に、致命的な傷がいやされた先の獣を拝ませた。 また、彼(この二つの角のある獣)は大いなるしるし(奇跡)を行って、人々の前で※注●火を天から地に降らせることさえした。
(ヨハネの黙示録 13:11-13) 

【※注●実際に火を天から地に降らせることは、宇宙兵器やHA ARP電磁力兵器のテクノロジーによれば可能です!】

Who is this two-horned beast? We find the answer in Revelation 19:20, which states: “Then the Beast [the Antichrist] was captured, and with him the false prophet who worked signs in his presence, by which he deceived those who received the Mark of the Beast and those who worshiped his image.” This two-horned beast is called the “False Prophet.” We don’t know who he will be, but it’s clear from the passage above that he performs the multiple roles of being the Antichrist’s propaganda minister and high priest of the worship of the Antichrist. He has some sort of extraordinary powers or genius, similar to the Antichrist himself, as he “performs great signs.”

この二つの角のある獣は誰ですか?
私達は黙示録7章20節で答えを見つけ、それはこう述べている、
《しかし、獣(反キリスト)は捕えられ、また、この獣の前でしるしを行って、獣の刻印(マイクロチップ)を受けた者とその像を拝む者とを惑わした「にせ預言者」も、獣と共に捕えられた。》

この二つの角のある獣は「偽預言者」と呼ばれる 。
我々は、彼がどのような人物になるかは分からないが、上記述から明らかだが、それは、彼「偽預言者」は反キリストの宣伝大臣である事で、複数の役割を実行し、反キリストを礼拝する大祭司です。
彼「偽預言者」は、反キリスト彼自身に似て異常な権力や天才のいくつかの性質を持っていて、彼は「偉大な徴シルシ(奇跡)を演じます。」

And he deceives those who dwell on the earth by those signs which he was granted to do in the sight of the Beast, telling those who dwell on the earth to make an image to the Beast who was wounded by the sword and lived. He was granted power to give breath to the Image of the Beast, that the Image of the Beast should both speak and cause as many as would not worship the Image of the Beast to be killed.
Revelation 13:14-15

さらに、先の獣の前で行うのを許されたしるしで、地に住む人々を惑わし、かつ、つるぎの傷を受けてもなお生きている先の獣の像を造ることを、地に住む人々に命じた。 
それから、その獣の像に息を吹き込んで、その獣の像が物を言うことさえできるようにし、また、その獣の像を拝まない者をみな殺させた。
(ヨハネの黙示録 13:14-15)

The order to kill all those who refuse to worship the Image of the Beast is given at the beginning of the Great Tribulation. This meshes with the Scriptures about the Abomination of Desolation being set up at exactly the same time. So this Image and the Abomination of Desolation are the same thing.

獣の像を崇拝する事を拒否したすべての人々を殺す命令は、大患難の初めに与えられている。これは正確に同じ時に設置されている「荒らす憎むべきもの」について聖書と一致する。したがって、この像と「荒らす憎むべきもの」は同じものである。

From the description of the Image having “breath,” it sounds like it’s some kind of an automaton, a computer-operated cybernetic robot, programmed so that it can speak and act like it’s alive and command the worship of the world.

像の描写から、像(イメージの意味も)はなんらかのプログラムされた自動装置で、コンピューター操作され、人工頭脳のロボットで、「息」を持っていることから、それが生きているように話せて、行動できて、そして世界中からの崇拝を命令する。

As far fetched as this would have sounded in John’s day, to give “life” to this image is now feasible with the advances that are being made in robotics and artificial intelligence. Futurists-scientists and others who predict what the future holds-even have a name for when artificial intelligence (AI) will no longer be the product of man but will assume control over itself. They call it the “Singularity.”

ヨハネの時代には、この像イメージに「●命」を与える事は、このように遠くかけ離れて聞こえた事だろう、しかし今、●ロボット工学と●人工知能に行われている進歩にによって実現可能である。

未来が保持している事を予測する未来学者,研究者や他の者は●人工知能(AI)artificial intelligenceはもはや人間の産物ではなく、それ自体で制御を想定できるようになった時に、その(AIの)名前を持っている。
彼らはそれ(●人工知能)を「●特異(奇妙,異常,非凡)」と呼んでいる。

The Image of the Beast will be able to not only speak, but also kill-or cause to be killed somehow. It may even be demonically inspired to where it actually has demonic intelligence, more than just what man has programmed it with. It’s apparent that it will be a real wonder, and could really be worshiped by many. It will be the ultimate in idolatry: Man worshiping an abominable demon-possessed machine that desolates the world.

ビースト獣の像イメージは話す事だけでなく、なんらかの方法で殺す、または何らかの形で殺される事になります。
それも、それが実際に人間がそれを●プログラムしているだけでなく、何よりも多くの●悪魔の知能があるところで●悪魔的に●霊感される事があります。
それが本当の不思議になる事は明らかだし、本当に多くの人に崇拝される可能性があります。
それは、●偶像崇拝の究極の形になるでしょう。人間は世界を荒廃させる忌まわしい●悪霊(悪鬼)に取り付かれたマシン機械(●●●スーパーコンピューター)を崇拝します。

続く!
To be continue!

から翻訳。

●●●さらに、詳しくは過去に投稿した 
◆終末における最後のしるし!を参照して下さい!

◆◆◆イエスとは本当は誰だったのか?

「イエスがメシヤ (救い主) であることの
科学的証明!」
(宝より抽出)

❤と、あなたの為の簡単な救い!

 序文
イエスがベツレヘムで生まれる何百年、あるいは何千年も前に、旧約聖書の預言者達は、イエスの来臨を予言していましたが、彼らの予言は「メシヤ、すな わち救い主が来られるでしょう。」などといった、大ざっぱなものではありませんでした。

そうではなく、場所や時や細々とした詳細なども予言するほど具体的だったのであり、 
この世に生を受けた人の中で、それらのすべての事柄を成就した方は、ただ一人、ナザレのイエスだけなのです! 

この簡単なクラスでは、旧約聖書に出てくる、メシヤに関する最も顕著な預言の幾つかを聖書から直接引用して、年代順に並べ、その預言の成就を記した新約聖書の節を載せました。

◆イエスとは本当は誰だったのか?
↓クリック

 ❤❤「神はそのひとり子(イエス・キリスト)を賜タマワった(プレゼントした)ほどに、この世(あなた)を愛して下さった。 それは御子ミコ(イエス・キリスト)を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。」--ヨハネ3:16--ということを、あなたが信じるためなのです! あなたは信じますか?

神はあなたを愛しておられ、イエスは、あなたの心の扉の外に立って、あなたがイエスのために、その扉を開けるのを待っています。「見よ、 わたしは戸の外に立ってたたいている。 誰でもわたしの声を聞いて戸を開けるなら、わたしはその中に入って彼と食を共にし、彼もわたしと食を共にするであろう。」--黙示録3:20。

あなたは心の中にイエスを受け入れたいですか? もしそうなら、次にあげる簡単な祈りを、心から祈って下さい。
❤❤❤「イエス様、 私のために死んで下さったことを感謝します。私の心に入って、私をすべての問題や悩みから助け出して下さい。そして、私が、あなたの御言葉を読み、あなたの愛のことを他の人に告げることによって、あなたと他の人たちのために生きるのを、どうか助けて下さい! イエスの御名で祈ります。アーメン。」

簡単でしょう!これで、あなたはこの地上と天国において永遠に救われています!神様の愛と救いを失う事は決してありません!!

●●バックナンバーも読んで下さいね!     
Please also read back issues!

※●写真は獣ケモノの像、の別名は、
「●荒らす憎むべきもの」
スーパーコンピューター
●The Abomination of Desolation, aka The Image of the Beast
Supercomputer
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。