Paul Sakamotoのブログ

聖書の預言
イエス・キリスト
人工地震の情報
エロい記事
etc.
❤(^_^)v
宜しくお願い致しますね!

NEW !
テーマ:

▲Chapter Eight
第8章

雄羊、ヤギ、そして未来の王(ニューワールドオーダー新世界政府独裁者666アンチ・キリスト)

The Ram, the Goat, and the Future King(● New World Order, New World Government dictator 666Anti Christ)

Daniel 8
ダニエル8章

Read Scripture
聖書を読みます

http://bible.com/81/dan.8.1-27.ja1955

ダニエルは今、聖書に記録された将来について最も具体的な預言のビジョン幻のひとつを受けようとしています。元のテキストの言語は、直ぐにアラム語からヘブライ語に戻って切り替わります。彼はヘブライ語で残りを書く事を選んだのは何故か私達は知らないが、ダニエルがこれと次の書の残りの部分は、むしろ彼の仲間のユダヤ人の為であり、他の誰もが読む事はないと気づかっていたと考えられています。

Daniel is now about to receive one of the most specific prophetic visions about the future recorded in the Bible. The language of the original text now switches from Aramaic back to Hebrew. Why he chose to write the rest in Hebrew, we don’t know, but it is thought that Daniel was concerned that this and the rest of the book that follows was not for just anyone to read, but rather for his fellow Jews.

It is believed by most conservative scholars of the Book of Daniel — those who believe it was written by him during his lifetime and not by some pseudo-Daniel living centuries later in the time of the Maccabees — that the Book of Daniel wasn’t compiled in its final form until the last few years of Daniel’s life. So perhaps Daniel at that time thought it better not to have some of these prophetic passages easily avail-able for the authorities to read, in case they would be regarded as subversive.

これは、ダニエル書についての最も保守的な学者によって考えられているが - ダニエル書は彼ダニエルの一生の間に彼によって書かれたと信じられていますが、そして、後のマカベア家《セレウコス朝の圧政(紀元前168-142年)からユダヤを解放した愛国者の一門》のマカベア書《聖書外典》の偽りのダニエル書は、数世紀を生きていたとされる偽りのダニエルによって書かれたとされましたが、ダニエルの人生の最後の数年間に、その最終的な形でダニエルによって収集と編集はされなかったはずです。
だから、恐らくその時の真のダニエルは、政府・体制を転覆させる破壊活動をするか、かき乱すと見なされるので、簡単に当局が読めるような可能性のある、これらの預言の文節の一部を持っていない方が良かったと思われます。

This vision was shown to him in the third year of Belshazzar’s reign, which would place it at around 547 BC. Due to the way he words the first part, we are not sure if he was in Shushan (also called Susa), a city bordering on the Persian lands, or if he was transported there in this vision. He states he was in the fortress attached to the city, and then in the vision he is on the riverbank.

このビジョン幻は、紀元前 約547年のベルシャザルの治世の第三年に、彼ダニエルに示されました。彼は(スーサとも呼ばれる)スサ、ペルシャの土地の街の境界線にあったか、または彼はこのビジョン幻によってトランスポート瞬間移動されたのか、彼の言葉の最初の部分に起因する事については、我々は確かではありません。
彼ダニエルは街に取り付けられた要塞に居たと述べ、その後、ビジョン幻の中で彼が川岸に居たとあります。

Shushan is about 30 miles west of the modern-day city of Shustar, Iran. The river called Ulai in this passage is most likely the Karūn River, Iran’s only navigable river, which runs by the ruins of the ancient city.

スサはイランの現代都市のShustarから約30マイル西です。
このUlai(ウライ)と呼ばれる川は、荒廃した古代都市の遺跡を流れるカールーン川である可能性が最も高く、イランで唯一の航海,船旅のできる川です。

Cyrus the Persian had already defeated the Median King Astyages and had captured his capital of Ecbatana. He was now in the process of conquering Lydia, and by 546 BC that kingdom would be his, and Croesus, its fabled king, his prisoner.

ペルシャ人のキュロス(クロス王)はすでにメディア人のアステュアゲス王を打ち破っていたし、エクバタナの彼の首都を占領していました。彼は今や、リディアを征服する過程で、紀元前546年 までには王国は彼のものであり、その伝説的な王クロイソスは彼の囚人でした。

This vision to an extent parallels those in chapters 2 and 7 in which God describes empires that are to come. But what is different about this vision is that in giving Daniel the interpretation, the angel actually names two of the coming empires, something not done previously.

このビジョン幻の範囲は、神が来るべき帝国を説明している類似した2章と7章に匹敵します。しかし、このビジョン幻について異なるのは、ダニエルに解釈を与える事で、実際に天使が名前を与えた来るべき2つの帝国は、以前に成就していないという事です。

In the first part of the vision Daniel sees a ram with two great horns, with the second horn growing taller than the first. Then the ram pushes west and north and south, and no adversary could stand before him. Later in this chapter we are told that the two horns on the ram are the kings of Media and Persia. As we already know, the Persians came to prominence after the Medes (the second horn growing taller) and this united empire went on to conquer all before them. And indeed, they were to go north and conquer Lydia, west and conquer Babylon, and under Cambyses II, Cyrus’s son, were to go south and conquer Egypt.

ビジョン幻の最初の部分でダニエルは、第1の角よりも背の高い成長している第2の角の、二つの大きな角を持つ雄羊を見ています。その後、雄羊は西、北と南に突き進んで、全く敵は彼の前に立つ事ができませんでした。この章の後半では、我々は、雄羊の上の2つの角がメディアとペルシャの王である事を告げられています。私達がすでに知っているように、ペルシャ人はメディア人の後に目立ち, 卓越し重要になった(第2の角は、背が高く成長した)この統一帝国は彼らの前にすべてを征服するようになりました。そして実際、彼らは北に行くとリディアを征服、西のバビロンを征服したカンビュセス2世、キュロス(クロス王)の息子の下で、南に行くと、エジプトを征服していました。

But then a one-horned male goat came charging from the west, traveling so fast that his feet didn’t touch the ground. He charged headlong into the ram, broke its two horns, knocked him down, and trampled him.

しかし、その後、1つの角の雄ヤギがその足が地面に触れないほど非常に速く走り、西から襲いかかりました。雄ヤギは、雄羊にまっしぐらに襲いかかり、その2つの角を折り、彼を打ちのめし、彼を踏みつけます。

We are told later in this chapter that this goat was the kingdom of Greece and the large horn its first king. Alexander the Great, king of Macedonia and hegemon of the League of Corinth (the federation of most of the Greek city-states) was to come some 200 years later and within 10 short years conquer Persia and all its lands, gaining more territory in that time than the Persian Empire had in 200 years.

我々は、後でこのヤギは、ギリシャの王国と大きな角のその最初の王だったと、この章で語られています。●アレキサンダー大王、コリント(ギリシャの都市国家のほとんどの[連合]連盟;連邦政府)のマケドニアの王と覇権国は、200年後に、10年という短い期間内で、ペルシャ帝国が200年で獲得した土地より多くの領土を獲得し、征服しました。

That the battle action in the vision took place at a river is interesting, because, of the three major battles that Alexander fought and won against the Persians, two of them took place in river valleys, and in both of those Alexander’s army charged across the rivers to attack the Persians, who were massed on the other side. These were the battles of the Granicus River in 334 BC and the Battle of Issus in 333 BC.

わたしが目をあげて見ると、※●川の岸に一匹の雄羊が立っていた。これに二つの角があって、その角は共に長かったが、一つの角は他の角よりも長かった。その長いのは後に伸びたのである。(ダニエル.8.3.)

ビジョン幻(預言)での戦闘行動が※●川で行われた事は、興味深いです。なぜならアレクサンダーはペルシャ人と戦い勝利した三大対戦の内の、それらの二つは、川の渓谷で行われ、およびアレキサンダーの軍隊の両方は、反対側に集結したペルシャ人を攻撃する為に川を横切るように命令されました。これらは、紀元前334年のグラニコス川の戦いと紀元前333年のイッソスの戦いでした。

And just as the horn was broken when the goat became strong, so Alexander died of a fever at the age of 33, at the height of his power and conquest. Then four notable kings and kingdoms arose from Alexander’s fragmented empire, and details of that were covered in the previous chapter. We can see that while the animal is different, the description of Greece is very similar to the leopard in Daniel’s vision recorded in chapter 7.

こうして、その雄やぎは、はなはだしく高ぶったが、その盛んになった時、あの大きな角が折れて、その代りに四つの著しい角が生じ、天の四方に向かった。(ダニエル.8.8)

そして雄やぎがちょうど強くなったその時に、角は折れたので、アレキサンダーは彼の権力と征服の絶頂点で、33歳の時に発熱のため死亡しました。その後、4人の顕著な王と王国はアレキサンダーの断片化した帝国から生まれ、その詳細は前章で扱われていました。私達は、動物が異なっている一方で、ギリシャの説明は、第7章に記録されたダニエルのビジョン幻でのヒョウに非常に類似している事がわかります。

The vision then jumps to the Endtime, for we are told that the rest of the vision applies not to the latter time of these kingdoms but that it refers to the time of the end. And out of one of those four kingdoms came a little horn, a fierce king, who is destined to rule a great empire in the last days.

すると彼はわたしの立っている所にきた。彼がきたとき、わたしは恐れて、ひれ伏した。しかし、彼はわたしに言った、「人の子よ、悟りなさい。この幻は※●終りの時にかかわるものです」。(ダニエル.8.17)

私達はビジョン幻の残りの部分は、これらの王国の後の時代に適用されないと言われている為に、ビジョン幻はその後の、※●終わりの時にジャンプ飛躍していて、それは最後の時代を指しています。そして、これら4つの王国の1つから、※●最後の日々(●現代)に大帝国を支配する運命にある●小さな角である、激しい王が出現しました。

It is believed by many scholars of Bible prophecy that the little horn of this vision was Antiochus Epiphanes, the last king of any importance of the Seleucid empire, one of the four kingdoms. That he was in the latter time of the empire could possibly apply — although it was to limp along in an enfeebled state for a hundred years or more after his death — and he did do things in his reign that seem like they fulfilled some of the prophetic events listed in this chapter. But the fact that the vision refers to the “time of the end,” meaning the time shortly before Jesus’ return, makes it impossible for him to be the person spoken about in the rest of this chapter. And later on, we will see that an important comment by Jesus on the predictions of Daniel in chapter 11 clearly place these events as happening after His time on Earth, and therefore long after Antiochus.

このビジョン幻の小さな角は、4王国の1つのセレウコス帝国の重要な最後の王のアンティオコス・エピファネスであった事が聖書の預言の多くの学者によって考えられています。それは彼の死後百年以上衰弱した状態で帝国が足を引きずって歩く事だったが、  彼はおそらく適用できる帝国の後者の時代であった事を、多くの学者には彼アンティオコス・エピファネス王がこの章に記載されている預言のイベント事件のいくつかを成就したように見える彼の治世で物事を行ったからでしょう。
しかし、ビジョン幻はまもなくイエスの帰還(●2度目の来臨)までの時を意味する「●終わりの時」を指しているという事実は、それが彼アンティオコス・エピファネス王についてとすると不可能な事であり、この章の残りの部分で話されるようになります。そして後に、私達は第11章でダニエルの預言について、イエスによってその重要なコメントが示されますが、明らかに地球上の彼イエスの時代の後に起こった事として、これらのイベント事件を配置し、その為にアンティオコス王からの長期間の後の時代(●終わりの時)についてとなります。

Two personages appear in this vision to help Daniel understand what all this means. One is the angel Gabriel, who to Daniel looked like a man. The other is someone who instructs Gabriel to tell Daniel what the vision means. The second personage Daniel doesn’t apparently see, but rather hears His voice coming from the middle of the river. Gabriel is one of God’s archangels, and any voice that tells him what to do must be senior to him. So it is believed by scholars of the Bible that this voice belongs to Jesus.

ダニエルがこれは何を意味するのかを全て理解する為に、2人の人物がこのビジョン幻に現れます。1人は、ダニエルには人間のように見えた天使ガブリエルです。他者はビジョン幻が何を意味するのか、ダニエルに伝える為にガブリエルに指示する人です。第二の人物がダニエルには明らかに見えるのではなく、川の真ん中から来る彼の声を聞いています。ガブリエルは神の大天使の1人であり、何をすべきかを告げるどんな声も彼ガブリエルにとってはより上位でなければなりません。だから、この声は●イエスであるべきである事が聖書の学者によってそう考えられています。

Between what Daniel saw and what Gabriel explains to him, we are given a lot of information about the little horn, who is understood to be no less a personality than the devil-man of the End, the Antichrist. This “horn” is both a man and a spiritual entity, for he cannot do what he does only being a mortal.

ダニエルが見たものと、ガブリエルがダニエルに説明したものの間で、
我々は●終末の悪魔の男、まさにアンチ・キリストに他ならないと理解される小さな角に関する多くの情報を与えられています。彼はただ〈敵などが〉生かして[許して]おけないこの「角」は、人間と霊的な実在する者との、統一体の両方です。

The horn grows out of one of four areas that today correspond to 1) Greece, 2) Turkey,か 3) Lebanon, Syria, Israel, Iraq, and Iran, and 4) Egypt. — Just which one at this time, we don’t know. In chapter 7 we saw the corresponding horn come out of the head of what was the Roman Empire, and that encompassed all the lands listed except for Iran and Iraq.

角は4つの内の1つから領域の外に成長して、今日の1)ギリシャ、2)トルコ、3)レバノン、シリア、イスラエル、イラク、イラン、4)エジプト、に一致します。 ただ、その1つがどこなのか、この時点で、我々は知りません。
第7章では、ローマ帝国であった頭から出たのと一致[対応],類似してる角を見て、それがイランとイラクを除いて掲載されている全ての国を※網羅(もうら)しました。

※もうら【網羅】関係のあるものを残らず集め収めること。

He expands his control to the south, to the east, and to the Glorious Land. The Glorious Land would be a reference to Israel, sacred homeland to Daniel and the Jews who had been exiled from it for 50 or so years.

彼アンチ・キリストは南へ、東へ、そして栄光の土地に自分の支配を拡張します。栄光の土地はイスラエルであり、ダニエルは50年間そこから追放された為に、それからはユダヤ人には神聖な祖国と言われています。

This horn, or king as he is referred to later in the chapter, grows as high as the host of heaven and casts some of them down to the earth and tramples upon them. Revelation states something similar about Satan: “His tail drew a third of the stars of heaven and threw them to the earth” (Revelation 12:4). Although this horn is the Antichrist and not Satan, the Antichrist is, in time, totally possessed by Satan.

彼アンチ・キリストは、後の章で言及されているように、この角、または王は、天の軍勢と同じく高くされ、地上にそれら(反逆の天使達)の幾人かは投げ落とされ、彼らを踏みにじります。黙示録はサタンについて似たような事を述べています
「その(サタンの)尾は天の星の三分の一を掃き寄せ、それらを地に投げ落した。」
(黙示録12:4)。
この角はサタンではなくアンチ・キリストですが、反キリストはその時に存在し、完全にサタンによって※●とり憑(つ)かれています。

※●つかれる【憑かれる】霊魂などが乗り移って、それに支配された状態になる。

We are told later that this man is a fierce-looking fellow who is in the know about some very sinister plots and schemes. He has a lot of power, but it is not really his own power. This is echoed in Revelation, where it says that “the dragon [Satan] gave him his power, his throne, and great authority” (Revelation 13:2).

この男はいくつかの非常に不吉な陰謀や企みについて知っている獰猛(どうもう)な, 残忍な人物である事が後に私達に語られています。彼は多くの権力を持っていますが、それは本当に彼自身の権力ではありません。これは、それが 「龍[サタン]は自分の力と位と大いなる権威とを、この獣に与えた。」
(黙示録13:2)。
と述べている啓示に反響されます。

But he prospers in all that he does and he destroys the mighty and also the holy people. We already read in the last chapter that the Antichrist makes war on the saints and prevails, and here that information is given again. Not only are the saints mentioned this time, but also the mighty, which means powerful nations that oppose him. In a later chapter we will explore just who these nations and powers may be that he overcomes and destroys, even in their prosperity.

しかし、彼(獣のアンチ・キリスト)は彼がする全ての事で繁栄し、彼は強大な聖なる人々を滅ぼします。私達はすでに読んだアンチ・キリストが聖徒に戦争を挑み、優勢に打ち勝ち、ここでその情報が再び最後の章で与えられています。聖徒だけで無くて、彼に反対する強力な国家を意味すると、この時に言及しています。後の章では、これらの国々の力や、その繁栄の内にあっても、彼アンチ・キリストがどの国を克服し、破壊するかを見ていきます。

The Saints and the Holy People
聖徒達と聖なる人々

The “saints” and “holy people” are terms used to describe the same people. They are not only the saints of the Catholic Church and other churches that some might imagine. Those saints might be included in this designation, but Daniel is writing of a much broader brotherhood of people. “Saint” comes from the Latin word sanctus, which means holy. “Holy” means something that is dedicated to God. These saints therefore are those that are dedicated to God, or even more broadly, those who are the believers in God. The Israelites of the Old Testament can be regarded as the “Holy People” of those days by virtue of the fact that they were the chosen people. In the New Testament era this now pertains to all those who believe in Jesus, as Paul explained,

「聖徒」と「聖なる民」とは、同じ人達を記述する為に使用される用語です。彼らはいくつかのカトリック教会と他の教会が想像する聖人であるだけでなく。これらの聖徒達は、この指定に含まれている場合がありますが、ダニエルは、人々のより広範な兄弟愛の書き込みをしています。 “Saint”は神聖な意味のラテン語sanctus サンクトゥス、から来ています。 「聖」は神に捧げられているものを意味します。これらの聖徒達は、それゆえ、神に捧げられている者、あるいはより広く、神を信じている人々です。旧約聖書のイスラエル人は、彼らが選ばれた人々だったという事実によって、当時の「聖なる人々」とみなす事ができます。パウロが説明したように、新約聖書の時代には、これは今、イエスを信じるすべての人々に適用されています。

“he is not a Jew who is one outwardly ... but he is a Jew who is one inwardly ... in the Spirit.” And “there is neither Jew nor Greek, there is neither slave nor free, there is neither male nor female: for you are all one in Christ Jesus. And if you are Christ’s, then are you Abraham’s seed, and heirs according to the promise” (Romans 2:28–29; Galatians 3:28–29).

というのは、外見上のユダヤ人がユダヤ人ではなく、… 霊によるのであり、そして、
もはや、ユダヤ人もギリシヤ人もなく、奴隷も自由人もなく、男も女もない。あなたがたは皆、キリスト・イエスにあって一つだからである。 もしキリストのものであるなら、あなたがたはアブラハムの子孫であり、約束による相続人なのである。
(ローマ 2:28–29; ガラテヤ 3:28–29).

The King James translation of this verse says “the mighty and the holy people,” and it could be interpreted that they are one and the same, meaning a reference to God’s children who resist the Antichrist. However, we can deduce from other scriptures in Daniel and Revelation that many will oppose the Antichrist, including not only those who follow God, but others, probably on religious or nationalistic grounds.

キング・ジェームズ王の翻訳のこの聖句の「強力な聖なる人々」と言うと、アンチ・キリストに抵抗する神の子供達という解釈を意味し、彼らはその者達と同じであると解釈する事ができます。しかし、我々の多くの人々が神に従いますが、おそらく宗教や民族主義的な根拠に基づいている人々だけではなく、アンチ・キリストに反対する他の者達がいる事を、ダニエルとヨハネの黙示録の他の聖書の節から推定できます。

We know, however, that at the Second Coming of Jesus when all those who believe on Him will rise to meet Him in the air, there will be multitudes of believers. (See “Jesus’ Second Coming,” chapter 8 in The Rise and Fall of the Antichrist.) The Antichrist’s attempts to destroy all the holy people are obviously far from thorough. Even though there is intense persecution of believers, it has only limited success, as have all persecutions of Christians through the ages.

我々は第二のイエスの来臨の時に、彼に会う為に天空の中へ上昇した時に、彼イエスを信じる全ての人々の信者の群衆があるだろう事を、どんな方法で[どんなふうに]なろうとも知っています。 (反キリストの興亡の「イエスの第二の再臨」第8章を参照してください。)すべての聖なる民を滅ぼすアンチ・キリストの試みはこれまでに徹底的に明らかにされています。信者達への激しい迫害があっても、古い時代からのクリスチャンへの全ての迫害を通して、それは限られた成功でしかありません。

The next verse in this chapter gives added information as to whom the Antichrist destroys when it says “he shall destroy many in their prosperity” (v.25). So it seems that the holy people referred to here might be more accurately understood as the rich and high-profile churches who have often been targets of godless and anti-religious regimes when they have come to power.

それは(25節)の、
彼アンチ・キリストは「彼らの繁栄の時に多くを滅ぼすでしょう」と言う時に、アンチ・キリストが誰を滅ぼすのかを、この章の次の聖句が追加情報を提供します。だから、ここでいう聖なる人々がより正確に、彼らが権力に上り詰めた時に、多くの場合、神を信じない反宗教的制度の金持ちで、高い注目を集める●キリスト教会群が対象として理解されるかもしれないと思われます。

The Antichrist is a cunning devil — in fact, he is possessed by the very Devil. Deceit prospers under his rule, no doubt referring to a lot of political and other chicanery that he and his cohorts engage in.

アンチ・キリストは狡猾な悪魔です。 実際には、彼は非常に悪魔によって占有されています。詐欺は間違いなく、彼と彼の支持者, 仲間,共犯者が従事する事で、政治的およびその他のごまかしの多くのせいであると言える彼の支配の下で栄えます。

This king then claims to be as high as the “Prince of the host.” Who is the Prince of Heaven’s host? That has to be Jesus. And this is confirmed by the apostle Paul when he wrote of the Antichrist’s self-exaltation:

この王は、その後も高位を主張する「万軍の君主」です。天の万軍の君主は誰ですか?それはイエスであるべきです。使徒パウロがアンチ・キリストの自己高揚を書いた時に、これは使徒パウロによって確認されています。

“The man of sin ... the son of perdition, who opposes and exalts himself above all that is called God or that is worshiped ... sits as God in the temple of God, showing himself that he is God” (2 Thessalonians 2:3–4).

「まず背教のことが起り、不法の者、すなわち、滅びの子が現れるにちがいない。 彼は、すべて神と呼ばれたり拝まれたりするものに反抗して立ち上がり、自ら神の宮に座して、自分は神だと宣言する。」
(第2 テサロニケ 2:3–4).

“And he takes away the daily sacrifices” (verse 11). In Daniel’s time the Jewish temple had been destroyed by Nebuchadnezzar, and Jerusalem was a wasteland. There were no daily sacrifices going on, because they could only be done in the temple and nothing was left of that sanctuary. The sanctuary can refer to both the whole Jewish temple and also the central and most sacred part of the Jewish temple, called the Holy of Holies. In later prophetic messages Daniel was told again about these specific happenings. In some ways this news must have encouraged Daniel, because by deduction it meant that there was going to be a rebuilt temple and temple services were going to be revived. And the only place the Jews could rebuild the temple was on the summit of Mount Moriah in Jerusalem, on the exact spot it had been located before.

(11節)「そして、彼(アンチ・キリスト)はその常供の※●燔祭(はんさい)を取り除き」。

※●はんさい【燔祭】
古代ユダヤ教における最も古く、かつ重要とされた儀式。いけにえの動物を祭壇上で焼き、神にささげた。

ダニエルの時代にユダヤ人の神殿がネブカデネザルによって破壊されていたのと、エルサレムは荒れ地でした。
彼らは唯一の神殿で行う事ができ、何もその聖所に残っていなかった為に、毎日の※●燔祭は何も起こっていませんでした。
聖所は全体のユダヤ人の神殿のユダヤ教神殿の中心の最も神聖な部分の両方であると言及する事ができ、聖なる場所と呼ばれます。後の預言のメッセージでダニエルは、これらの特定の出来事について再度 言いました。推論するその結果によって、それが神殿の再建と神殿の儀式が復活するように起こる事を意味するので、いくつかの点では、このニュースは、ダニエルを奨励しているに違いありません。そして、ユダヤ人が神殿を再建できた唯一の場所は、それが前に位置していた正確な場所は、●エルサレムのモリヤ山の頂上にありました。

Then Daniel overhears two “holy ones” speaking, and one asks the other how long it will be until the sanctuary is cleansed, which we can understand as being cleaned from something that is defiling it. And we find that there is a big and terrible thing that is defiling it in the next chapter. And the other tells him that it is going to be 2,300 days. Keep that number in mind because, in chapter 12, we are going to see how it may fit into our Endtime timeline.

そして、ダニエルは2人の「聖なる者達」が〈会話〉をしているのをふと耳にし、その1人は、我々はそれを汚されているものから、清められると理解する事ができ、聖所が清められるまで、どれくらい長い時間かかるのか、他者に尋ねています。
そして、我々は次の章で聖所が冒涜され、大きくて恐ろしい物がある事がわかります。そして、他の者は、それが2300日間になるだろう事を彼に伝えます。それなので、心の中でその日数を記憶しておき、第12章では、我々はそれが私達の終わりの時のタイムラインにぴったり当てはまり, つじつま【辻褄】が合うかどうかを確認しようとしています。

But as the Antichrist rises against the Prince of princes, Jesus, he is broken. At the Battle of Armageddon he and his forces are utterly trounced and destroyed, not by the human armies, but by a heavenly force that is superhuman. That is the happy ending, or should I say, the beginning of the happy ending that we all have to look forward to.

しかし、アンチ・キリストは、君の君たる者、諸侯の君主イエスに対して立ち上がり, 反乱を起こし、彼アンチ・キリストは敗れてしまいます。
ハルマゲドンの戦いで、彼アンチ・キリストと彼の軍隊は、人間の軍隊によってではなく、超人である天の軍勢によって完全に負かされ破壊されます。我々は全てを楽しみに待つ事ができ、それはハッピーエンドの始まりであり、それはハッピーエンドであると、また私は言う必要があります。

Dear Daniel was so worn out getting this revelation that he fainted again and was sick for days. ●He apparently sounded out a few others about what he had experienced, but no one understood it because it was for many days in the future. ●But that future is now here and God wants us to understand what it is about.

親愛なるダニエルは、この啓示を得て疲れ果て、彼は再び気を失って数日間病気でした。●彼は明らかに彼が経験したものについて幾人かの他の相手側の気持ちや考えを知る為に、それとなく働きかけて反応をうかがうが、それは将来的に多くの日の後(遠い未来)の為だったので、誰もそれを理解していませんでした。●しかし、その未来は今ここにあり、神はそれが何であるかについて私達が理解するように望んでいます。

Contents

Introduction
A Captive of Babylon
The Image in the Dream
Three Who Wouldn’t Burn
The Madness of the King
The Handwriting on the Wall
The Lion’s Den
The Beasts from the Sea
The Ram, the Goat, and the Future King
Seventy Weeks

内容

イントロダクション
バビロンの捕囚
夢の中の像
3人は焼かれないでしょう
王の狂気
壁面の手書き
ライオンの巣窟
海からの獣
今回は※●雄羊、ヤギ、そして未来の王
次回は、70週

◆The Ram, the Goat, and the Future King | Daniel the Prophet | Books | Countdown to

http://www.countdown.org/en/books/daniel-prophet/the-ram-the-goat-and-the-future-king/
から翻訳。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。