680万円からのマイホーム:アルトホームのブログ

アルトホームからのお知らせなどを掲載しています。


テーマ:
アルトホームでは、10月3日(土)・4日(日)に秋の新築一戸建て住宅相談会を行います。

資金計画の立て方、住宅ローンの選び方、失敗しない土地探しの方法、自由設計プランのご相談など、様々な相談を行うチャンスです。

夢のマイホームに向けて、一歩目を踏み出してみませんか?

1日3組限定で要予約制です。
ご希望の2日前までにご予約ください。
また、平日の相談をご希望される方も、ぜひお気軽にご連絡ください。

秋の新築一戸建て住宅相談会

開催日時/10月3日(土)・45(日)
それぞれ 10:00~11:30 12:30~14:00 14:30~16:00
会場/アルトホーム事務所:盛岡市上飯岡15地割52 2F
参加費/無料
定員/3日(土)・4(日)ともに1日3組様限定
申込方法/アルトホームまで電話で申込みください。
※定員になり次第締切りとさせていただきます。
申込み・問い合わせ/電話 050-5850-3294

http://altohome.jp/event/housing-consultation-201510/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
土地建物セットプラン」のページが(ほぼ)完成しました。
見学会期間中、見学会終了後、毎日朝から晩まで頑張ってページ作りを行いました。
時にはくじけそうなこともありましたが、ホームページへ来ていただけるお客さまに役立つ情報を発信したいと思い、ページ作りを行いました。




エリアで探す」、「通学区域で探す」、「月々の支払い金額で探す」の3つの方法で土地建物セットプランを探せるようページを作りました。

エリアで探す」は、盛岡市都市計画マスタープランの地域別構想を元にエリア分けしました。
今後、それぞれの地域の特徴などのページも作っていきたいと思います。

通学区域で探す」は、盛岡市、紫波郡紫波町・紫波郡矢巾町、滝沢市の小学校、中学校の通学区域で土地建物セットプランを探すことができます。
今後、児童数、学級数、教員数、教員一人当たり生徒数、学校の耐震診断の状況などを比較したページを作っていきたいと思います。

月々の支払い金額で探す」は、土地の価格と建物本体の価格をセットにした際に、月々の住宅ローン支払金額がどのくらいになるかの目安で探すことができます。
こちらのページは、玉山区を除く盛岡市の物件を掲載していますので、エリアにこだわりが強くない方は、土地建物セットプランを探しやすいかと思います。

土地はどうしても早く見つけた方が優先となってしまいます。
気になる土地情報がございましたら、お気軽にご相談予約をいただければと思います。
http://altohome.jp/setplan/consultation/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
只今アルトホームのホームページにある、「土地建物セットプラン」のページ作りを行っています。
http://altohome.jp/setplan/

ご相談いただくお客さまの多くが土地探しからのお客さまですので、ホームページでお客さまのお役に立つ情報を発信できればと思い、毎日ページを作っております。

アルトホームのホームページは、特別なシステムを組んでいるわけでもありませんので全部のページを手作りで行っています。

なかなか時間も手間もかかるのですが、せっかくご縁があってホームページへ訪問してくれたお客さまへ少しでもお役に立つ情報を発信したいと思い頑張っております。

もう少しで物件情報の入力が完了するかと思います。

土地建物セットプランのページ完成をもうしばしお待ちください!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
都市開発が進む盛岡市向中野での完成見学会が無事完了しました。
http://altohome.jp/event/open-house-201505/

イベント期間中は多くのお客さまにご来場いただきました。
皆様お忙しい中足を運んでいただきありがとうございました。

今回のイベントで接客のお手伝いをさせていただき、ご来場いただいたお客さまから多くの質問をいただくことで、新築のマイホームづくりでどんなことを悩んでいるのかなど非常に勉強になりました。

住まいづくりに対する想いは、ご家族それぞれだなとも感じました。

今回の見学会での経験を活かし、これからの住まいづくりのお手伝いが少しでもお客さまにより良いものになるよう頑張ろうと思いました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
都市開発が進む盛岡市向中野にアルトホームと業務提携を行っている「ゆうき設計」が設計を担当したモデルハウスが誕生しました。



およそ82坪の床面積

スケール感のある床面積約82坪の空間に、インナーガレージや開放感のあるLDKなど見どころいっぱいの大型住宅です。

玄関を入ってまず感じるのは広い吹き抜け空間。家の中に入った瞬間に開放感を感じます。

広い吹き抜け空間

大理石をふんだんに使った高級感あるエントランスホール、右手側にあるシューズクローク。

大理石をふんだんに使った高級感あるエントランスホール

開放感とともに、日々の生活で必要になる収納の工夫もみどころです。

右手側にあるシューズクローク


中に入ると自然素材をふんだんに使った空間がお出迎え。

カバザクラのフローリングは木目も美しく肌触りもたまりません。

カバザクラのフローリング



天井には吸湿・調湿効果のあるキリの無垢材を使用。梁を見せて仕上げているので通常よりも大きな部屋に感じます。また、自然素材独自のやわらかな空間を演出すると共に家族の健康にも配慮しています。

天井には吸湿・調湿効果のあるキリの無垢材

和室と接している縁側や階段の踊場には珍しい竹のフローリングを採用しています。品のある質感と光沢感で上品な印象を与えます。

竹のフローリング

和室の押入れには湿気がたまらない工夫も凝らされています。

押入れには湿気がたまらない工夫

高級感のある素材感やあまり見ることのできない素材をふんだんに使った室内空間、細かい部分まで配慮された工夫は、他ではなかなか見ることのできないポイントがいっぱいです。

約40畳の開放的なリビングは、大人数のパーティーも余裕の広さです。また8寸もの太さの大黒柱は存在感抜群で、精神的な支柱としても、家族に大きな安心感を与えてくれます。

約40畳の開放的なリビング

階段の幅や手すり、踊り場なども見どころ満載で、階段をのぼり上がった部分にはステンドグラスを使っています。

階段の踊り場



2階の個室はそれぞれ違ったテイストで仕上げられています。カントリー調や和モダン調、金色の部屋もあります。部屋ごとに違う表情を見せる工夫はきっと住まいづくりの参考になるはずです。

とことんこだわった断熱も見どころです

ドイツの超省エネ基準「パッシブハウス」を手本に、日本の気候に合わせ設計されています。
Q値(熱損失係数)は、1.0W/㎡kで、日本最新の断熱基準である次世代省エネ住宅の約2倍。
断熱層の厚みは壁が300mm、屋根は500mmでなかなか見ることのできない超断熱住宅です。
断熱材には吸音効果や調湿効果に優れたエコ素材の「セルローズファイバー」を使い、防湿シートには県内でも数棟しか導入されていない「呼吸するシート」を採用することで、結露を防ぎ一年中快適に過ごすことができます。
また超省エネの秘密はもう一つ、「地中熱ヒートポンプ暖房」を採用しているところにもあります。
地中の熱を使いパネルヒーター内の水を温めるので、一般的なヒートポンプ暖房に比べ高効率でCo2の排出も低減されます。
暖房費のランニングコストの試算は年間わずか5万1514円、1ヶ月だとわずか約4290円です。
82坪でこの金額なので、一般的な40坪ほどの住宅で計算すると約半分。家計にも環境にも優しい住まいです。
スケール感のある空間、見どころ満載の素材、段違いの断熱性能。
見学を希望する方は、希望日の3日前までにご連絡ください。


完全予約制見学会

開催日/5月30日(土)~6月14日(日)
会場/盛岡市向中野
予約方法/3日前までに電話にて申込み
申込先/ゆうき設計 TEL:019-681-8410
※当日はアルトホーム山内も一緒にご案内いたします。

詳しくはホームページをご覧ください。
http://altohome.jp/event/open-house-201505/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アルトホームでは、4月11日(土)・12(日)春の新築一戸建て住宅相談会を行います。

雪もとけてそろそろ新しい住まいのことをしっかり考えようと思っている方、2015年中に新しく家を建てたい方、建てるのはもう少し先だけれど情報収集だけしておきたい方。

そんなあなたは、ぜひ相談会にご参加ください。

過去の相談会では、

このくらいの予算で新築の一戸建ては建てられますか?
はじめてなので、家づくりの手順から教えてほしいのですが大丈夫ですか?
建売住宅や中古住宅と比較しているのですが相談にのってもらえますか?
他の住宅会社と比較したいのですがよろしいですか?
住宅ローンがよく分からないので、どの金融機関がお得か教えてもらえますか?
大まかな資金計画だけ作ってもらいたいのですがよろしいですか?
土地探しから相談にのってもらえますか?
など、さまざまなお客さまの相談を受けております。

4月11日(土)・12(日)、1日3組限定で、要予約制です。 ご希望日の2日前までにご予約下さい。

また平日の相談をご希望される方も、ぜひお気軽にご連絡ください。

しつこい勧誘はしませんので安心してくださいね。

新春新築一戸建て相談会

開催日時/4月11日(土)・12(日)
それぞれ ①10:00~11:30 ②12:30~14:00 ③14:30~16:00
会場/アルトホーム事務所:盛岡市上飯岡15地割52 2F
参加費/無料
定員/11日(土)・12(日)ともに1日3組様限定
申込方法/アルトホームまで電話・Eメールのいずれかで申込みください。
※定員になり次第締切りとさせていただきます。
申込み・問い合わせ/電話 050-5850-3294 Eメール info@altohome.jp

詳しくはホームページをご覧ください。
http://altohome.jp/event/housing-consultation-201504/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
家づくりにかかる費用を抑える際に、一番大きな要素は建物をシンプルでコンパクトにすることです。

このことは、クラムボンのコンセプトその3でもご紹介させていただきました。

クラムボンのプランを考える際に、大切に考えたことは、
「価格を上げずに住まいを広くする、可能だろうか?」


まずはじめに考えたことは、
「住まいを広く。」
ということの意味です。

建物自体を大きくせずに、住まいを広くする。

プライベート空間として部屋数は必要です。
また、廊下やホールなど人が通過する空間ではなく、長い時間過ごす「生活面積」の最大化が大切だと思います。

たどり着いた結論として、
「コンパクトな面積でも部屋数は多くする。」
「長く過ごす空間を少しでも広くする。」
ということでした。

クラムボンのプランを描く時はいつでも、この2つの目標を絶え間なく追いかけ続けています。

そのプランで必要なことが、平面だけで間取りを考えるのではなく建物を立体としてとらえ、ムダなスペースを最小限におさえる独自の3次元空間活用設計です。
例えば階段下のスペースにトイレを配置したり、収納を設けたり。

クラムボンのプランは、独自の3次元空間活用設計で、コンパクトでも住まいを広く利用できる工夫がほどこされています。

「価格を上げずに住まいを広くする」ことでのメリットがもう一つあります。
コンパクトな住まいは、空調が効きやすく意識しなくても節電可能ですし将来のメンテナンスコストも少なくてすみます。

ワンランク上の部屋数を、そのままの坪数で。
長い時間過ごす空間は少しでも広く。
そしてランニングコストもコンパクトに。


もしよろしければ、アルトホームのホームページにあるクラムボンの特長ページや、クラムボンのプランのページも見て頂けたら嬉しいです。

クラムボンの特長
http://altohome.jp/kurrampon/features/

クラムボンのプラン
http://altohome.jp/kurrampon/plan/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アルトホームの「クラムボン」は、高性能でローコストな新しい住まいを実現するカスタムメイド住宅です。

「カスタムメイド住宅」
あまり聞き慣れない言葉だと思います。

「カスタムメイド住宅」は、注文住宅のノウハウが活かされたレイアウトプランに、あらかじめ用意された内装(ドアやフローリング、システムキッチンやシステムバスなど)や外装(外壁や玄関ドア、屋根など)を選んで組み合わせる、新しい住まいの作り方です。




その組み合わせはほぼムゲンです。
(計算してみたところ100万通り以上になりました。)

オーダーメイドの注文住宅は、マイホームを求める人々にとって最高の贅沢。
しかし、予算や時間などの問題で諦める方も多いのではないでしょうか。
アルトホームでは、一級建築士によってプランニングされた間取りをそろえ、「コンパクト」「短納期」「ワンストップ」な家づくりをご提供します。

毎日の暮らしに豊かな広がりをもたらすマイホーム。
アルトホームは、そんなマイホームはまだまだ先の話と考えている子育て世代の方にも、お求めやすい住まいを実現します。

あなたの好みやライフスタイルに合わせて、選択し組み合わせる楽しさでオリジナリティあふれる住まいづくりを。


もしよろしければ、アルトホームのホームページにあるクラムボンの特長ページも見て頂けたら嬉しいです。

クラムボンの特長
http://altohome.jp/kurrampon/features/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
コンセプト1は返済に負担にならない家。

コンセプト2は要素を見直したこと。

コンセプト3はコストを抑えるシンプルでコンパクトな住まい。

コンセプト4は一流メーカーの設備が標準仕様。

をお伝えしました。



引き続き、クラムボンのコンセプトをお伝えしたいと思います。


アルトホームのクラムボンには快適な暮らしに役立つ「特別な7つのアクセサリ」も標準でついてきます。

玄関フック、人感センサーライト、室内物干し金物、LED照明、ウォールハンガー、ウォールミラー、傘立てです。


玄関フック

鍵を開けたいのに荷物が多くて両手がふさがっている。
アルトホームのクラムボンは玄関ドア横に鍵を開けるときに荷物をかけられる便利なフックを設置しています。
もちろん、ペットのリードフックとして、傘を一旦かけておいてなど、様々な使い方ができるフックです。
掛けるものを選ばない、丈夫なのに、柔らかい触感の新しい玄関用アイテムです。
グッドデザイン賞受賞のアイテムですので、デザイン性にも優れています。

玄関フック



人感センサーライト

帰宅時にドアを開けると自動点灯する人感センサーライトを設置。
帰りが遅くなった時でも、手荷物があっても安心です。

人感センサーライト



室内物干し金物

洗濯物を室内に干せる可動式の物干し金物を設置。
外出時や夜間、雨の日でも、安心して洗濯物が干せます。
梅雨の時期や、忙しい平日の夜に洗濯をしても室内に干すことができます。
花粉の時期は花粉症対策としての利用もできます。

室内物干し金物



LED照明

省エネで高寿命のLEDライトを全居室、全共用部分に採用。
電球形蛍光灯に比べ消費電力を小さくすることが大きな特長として、普及が進んでいるLED照明で、エコな暮らしに役立ちます。

LED照明



ウォールハンガー

壁に服や帽子、バッグなどを掛けることができるウォールハンガーも標準で設置。
お気に入りのバッグや帽子などをウォールハンガーに掛けておくと、出かける前にあわてなくてすみます。
よく着るコートや洋服などをいちいち畳んで収納するといった手間が省けることも嬉しいです。

ウォールハンガー



ウォールミラー

玄関近くに壁掛けの鏡も標準で設置。
ウォールミラー全身を見ることができることが大きな特徴ですが、「空間を広く感じさせる」「空間が明るく見える」などのメリットもあります。
ウォールミラーで今日のファッションチェックをしてから出かけるのもいいですね。

ウォールミラー



傘立て

玄関ドアに設置できる傘立ても標準設置。
意外と玄関でかさばるのが傘だったりします。
スペースを取らず、玄関扉と一体にもなる傘立てで、玄関空間をスッキリ保つことができます。

傘立て



このような7つのアクセサリで、快適なマイホーム生活を、住み始めたその日から体験することができます。

住宅業界の常識にとらわれず、クラムボンに住む全ての人が快適な暮らしを送れるように。


もしよろしければ、アルトホームのホームページにあるクラムボンのコンセプトページも見て頂けたら嬉しいです。

クラムボンのコンセプト
http://altohome.jp/kurrampon/concept/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
コンセプト1は返済に負担にならない家。
コンセプト2は家を作る要素を見直したこと。
コンセプト3はコストを抑えるシンプルでコンパクトな住まい。
をお伝えしました。


引き続き、クラムボンのコンセプトをお伝えしたいと思います。


クラムボンでは、毎日使う場所には一流の設備を標準仕様としました。

具体的には
システムキッチン
バスルーム
洗面化粧台
トイレ
です。


住宅の設備は色々なメーカーが色々な商品を提供しています。


多数のメーカーの商品があるなかで、アルトホームが優先して選んだ項目は、
機能性(使いやすさ)
お手入れのしやすさ(掃除やメンテナンス)
エコ(経済性)
です。


機能性(使いやすさ)
これはもちろん使いやすい設備であるということです。
毎日使う部分だからこそ、使いやすくなくてはいけません。
もちろんインテリアに溶け込みやすいなどのデザイン面も機能性の一部だと思います。

お手入れのしやすさ(掃除やメンテナンス)
こちらは、毎日使う場所だからこそ、お掃除しやすくキレイを維持しやすいということです。
もともと素材そのものが汚れがつきにくい素材でできていたりなどを重視しました。

エコ(経済性)
こちらは住んでからのコストを抑えられる仕組みになっているかということです。
コストを抑えるということは、節水などはもちろん、衝撃に強い素材であるかどうかということ(壊れにくいなど)です。


様々なメーカーがあるなかで、アルトホームのクラムボンではPanasonicの製品を標準仕様としました。


一点目としてデザイン性です。
住宅の設備を提供しているメーカーは多くありますが、フローリングやドアなど住まい全体の設備や材料を提供しているメーカーはPanasonicさんだけでした。
キッチンなどはもちろん、他のフローリングなどの他の部分との調和も考え作られている設備ということは大事なことだと思います。
例えばPanasonicさんではシステムキッチンについて「リビングステーション」という考え方を持っていて、システムキッチンはリビングの重要なアイテムという発想をしております。
リビングの一部だからこそ、インテリアの要素をいち早く取り入れ、工夫を重ねてきている歴史があります。
「システムキッチン」を作っている会社と、「リビングの一部であるシステムキッチン」を作っている会社。
アルトホームのクラムボンはコンパクトな住まいを提供しています。
Panasonicさんのリビングステーションという考え方に共感し、デザイン性もふまえ採用させていただきました。


二点目は機能性です。
Panasonicさんの製品は、コンパクトなスペースに使いやすさが凝縮されています。
キッチンの収納はもちろん、システムバスの安全で機能的な部分、洗面化粧台やトイレの機能性など、日々の生活で使いやすい工夫が多々あります。
建物の中のスペースは無限ではなく有限です。
スペースをいかに活用できるかが、住まいを広く使えるかのポイントになると思います。
またキッチンの例になりますが、コンロの横に調味料入れのスペースがあることなどは、キッチンのスペースを有効利用できる要素だと思います。
また、手洗い一体形のトイレもスペース活用を考えると必要な要素です。
使いやすく無駄のない設計がされている設備は、機能的で美しいです。


三点目はメンテナス性です。
キッチンのスキマレスシンクは、段差が少なく隙間がないので汚れが溜まりにくくシンプルで美しいシンクです。
バスルームの床の端が立ち上がった構造になっているスミピカフロアは防水性に優れていて汚れが溜まりにくくキレイが続きます。またフロアの目地も掃除がしやすいよう、そしてお風呂に入る時に足が滑りにくい工夫もされています。
洗面化粧台の人造大理石製洗面ボールは、水垢に強く汚れの原因をはじきます。
トイレの有機ガラス系新素材も、水垢が固着しにくい素材で汚れをはじきます。
日々使う部分だからこそ、キレイが続く素材や工夫はとても大事なことだと思います。


四点目はエコ(経済的)であることです。
例えば多くの水を使うトイレ。
節水には、使用回数の多い「少洗浄」で節水することが重要です。
Panasonic独自の節水技術「ターントラップ方式」では、年間14,000円も節水します。


毎日暮らすなかで、最も使う場所だからこそ
機能性(使いやすさ)
お手入れのしやすさ(掃除やメンテナンス)
エコ(経済性)
を考え、アルトホームのクラムボンでは、Panasonicさんの設備を標準仕様としました。


一流メーカーさんの製品ですので、コストの比重は大きくなります。
しかし、マイホームは長く住まう大切なものです。

住まいの値段だけ下げようとした際、アパート用の設備も考えましたが、長年使うものだからこそ使いやすく長持ちする良いものをと考えました。


これも、Panasonicさん・仕入先の会社さんのご協力があったから可能になったことです。

住まう人を中心に考えたからこそ、
一流メーカーの設備を
標準仕様にしました。


もしよろしければ、アルトホームのホームページにあるクラムボンのコンセプトページも見て頂けたら嬉しいです。

クラムボンのコンセプト
http://altohome.jp/kurrampon/concept/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。