レッスンメモ 2017/07/27

テーマ:

いつもの木曜クラスへ。


今日はできるだけ、付け根をあげた感覚に注意してきた。


それをやっていたら、どうして引けてるのか理由らしきを発見?

胸から下まではとても伸びるけど、背骨の積まれ方のバランスがちがい、感覚が違う。

そのままだと特にアラベスクで胸から上が座ってしまう。


これも当社比だけど、弓道の腕運びと弓の押し方を参考にしばらくレッスンしてたら、以前よりは前肩がなくなったけど、

すると前に固めてないから、胃のとこ開きやすい。でもコレはだめなんで、、、

どうしたら肩甲骨を落とさないで、胸から上の背骨伸ばせるか?やってきた。


先生のクラスはお題は単純でも色々大変だから、良くはできなかったけど。


後ろカンブレ、アラベスクは反りながら息を吸うと良いかな?


真っ直ぐのアンバーの時は、肩の位置は変えないで、肘は少し前目に出すようにしつつ、手で真下に行くように引っ張ると脇が空いて肩甲骨落ちないかな?


今回の研究成果はこのくらい。

しかし、肩から頭を真っ直ぐ立てたまま、胸を前にもって行く感覚にあたりをつけたのと、

今回は首のスジはあまり出なく、肩甲骨も平らな感じにできたかな?


腹筋でも上の方がレッスン中キイテいた。


もっとも、今回先生絶好調?で、言う事身振りが一々おもしろ過ぎて笑い過ぎが腹に効いたのかもしれない。笑


君たち、こうなってるよ?の例えだから、めっさおもしろいのは集団でおもろ攻めしてる私達なんだけどね。。。苦笑


付け根引き上げようとしてると、雑音少なくなる感じで、バランスも悪くなかったけど。

早く、のバランス、特にパッセが難しい。

ピルエットはルルベ、ポアント共にその位置に一気に上体が上げきれなくて軸が立ちきるのが遅いし、

そもそもプレパで腰から上の姿勢が上手くはまってない。


プチジャンプやポアントの時間は全体に、膝伸ばしてから踵をあげるプリエでやってきたけど、これも上体に迷いちう。


ま、気長に。笑


けど、

今日は足裏打撲せずに、高く飛べた?

なんかメイトさんのどよめいているのが聞こえた。

そして巻きスカはまるめくれで全く用をなしてなかった。そっちか?笑

それと、速いピケターン裏表の繰り返しで最後ピルエットもわりとよくできた。

まあ先生達からしたら間違いなく雑だけど、私としては思い切りやってスッキリ~。笑


できるだけ、

おしまいまで脇(肘)を一度も落とさないように手をつけて

歩の踵を、骨盤ゆずらない真っ直ぐへそ前へ出した。

そうすると初めて、プリエタンジュになってる軸足で押し、蹴る、ができる。

ブランコで背を伸ばして強くお腹で前に漕げる。


木曜先生にはよく、

蛇行してるよ!!と言われていたのは、これが足りなかったからだね~

AD

レッスンメモ 2017/07/25

テーマ:

火曜にレッスンへ。


今日は留学してる若い男子さんと

正直すぎて言動油断ならない偽姉妹の会?笑


そして今回

知らない人には!?だから

何のことかは書かないけど。

とても真面目なクラスしてきた。


けど、これがバレエ習う人の元々の常識だし

先生のクラスならそれに最大限意味あるしね~


今後はこれ標準でいこ。


今回は男子さんが完全お直し対象で。

危うく時間全部バーレッスンになる勢いだったけど、センターもやれた。笑


でバーの時、付け根が引けてるご指摘があり。


ん?これじゃダメなんか。

最大限やってるつもりだったけど。笑


どこまでやればよいのか知らないから

言われないとわかりませんわね。


それで、もっとってどんなん?をやってみた。


いきなり出来上がりはしないけど


もっと付け根立つ五番の重心位置にたち

腿で重ねて膝を伸ばし(押し込まないで脚の裏面を伸ばし)

足首が捻れないように足をつけ

するとおしりが反って出たがるから、笑

下で締めて留めるのを強く、、など


言われてることを矛盾しないでやると。


確かに先生が言われていた前腿から付け根が引っ張られる感覚が初めてあって。


自分でも鏡でよくみえるから、

見た目もそれで一先ずおかしくない。


あと今回は、あしはZシェイプの椅子のイメージを。

木曜先生にならってからの2、3年はこの重心で練習しようとしてたけど。

私の身体が固いことで、軸足に座ってしまうか、骨盤が傾いてしまい

さらに考え方の違う先生に直されると、それがもっと踵よりの重心の感覚の位置のため。

それと、腿で重ねる、とも前から聞いてるけど、そもそも股関節と腰周り背中固いから。

今だって足りないけど今ほど内側に重ねることができないし、教えられていてもそれを少しずつしか深くに思いつけず、長いこと頭も固いまま迷走していた。笑


完璧にはできないけど、必要なストレッチしはじめて不可能とは感じなくなったが。


今回、腰振られないタンジュが進歩してたの鏡でみた。


当社比的には、だけれども。


ちがーう!とは言われんかったから

その感じで練習つづけてみましょ。


それで。。。これもきっかけは書かないけど

ある事があって。

両方の気持ち、確かにーと思うんだけど。

それって何なんだかなー?が

不明のまま寝て、4時に目が覚めて起きたら、なんとなくわかった。


自分の都合で、オープン受けられる昨今で

やることスルーな先生のクラスならどこでも問題ないけど。


教える気があって、しかしその方向性の違う先生だと、言ってることを聞いてない、やらないに見えてしまうし

その事で先生が教えてるのになぜ!?になって、悩んじゃうとかイライラしちゃうんで、クラスに参加できない。


だからまあ、、、今後も

そうあちこちには行かない予定だ。


AD

レッスンメモ 2017/07/23

テーマ:

日曜はポアントクラスへ出てきた。


けどポアント忘れたー!wwwww


何しにきたんだ、戻るか?

と思ったけれど。


交差点でクラスに向かうメイトさんにあって


うーん、ポアントは貸せないしなあー

とか言われ。笑


発表会の練習曜日と先生のお知らせメールきてるよ、と聞いたので

確認すると今日の先生がリハ担当だったので。


やっぱりいこ!で出てきた。


前半のバーはシューズだし、後半も痛くて途中で抜いだと思えば、、、笑


先生にレッスン開始前に忘れました、のおことわりして、やってきたけど。


しかし思ったより、すごーく良いレッスンできた。


というかそもそも

ポアントのお題をわざわざシューズでやるんだから一切手抜きは出来ない。笑


シューズでできないことはポアントでもできない、とは言われるが


ポアントクラスらしいお題を、シューズを経てポアントってやらないよね?


だから色々考えてやれてよかった。


ポアントは重心の取り方少し前で違うのと、エシャッペとかシューズのほうが疲れるから、やるべきというわけでも、沢山やるもんでもないと思うけど。笑


むっちゃ丁寧に頑張ってみたけど、

大概のものは音どりゆっくり目だから、雑音なく確実にバランスをとれる位置をとることを意識して練習できた。


回転ものは、音が沢山あるから、できるだけいつもより回転数あげたり、立つのを長くとか課題を上げて、


さっさときちっと立てると上体の呼吸の表現もよくつけられるし、踊ることも楽しめた。


そしてできるだけ飛ばないで内側で吸い上げるようにしてきてすごく疲れたので、回転ものなど練習したあと、30分ストレッチして帰ってきた。


センターの振りの中でのパッセのバランスは、昨日聞いた先生のコツでポーズに降りるとこまでとても良く出来てた。

アンオーの手助けは両手あるけど、片方しか要らない。

もちろんポアントでも有効だろうねー^ ^



帰りは


まだ黒のサンダルは先週良いのが見つからず。

今週やっと欲しい条件のものを見つけた。


おやすいのだと3足は買える価格だったけど。


つくりが合っているのは、本当にラクで、手入れしてでもずっと履くし。


足を見てくれる店員さん置いているメーカーだったので。

折角だから足の特徴を教えて貰ったり、採寸して貰ったりした。


縦寸は、左22.5/右22.0

踵がかなり小さい

そのためここの靴だと

22.5ワイズEのが合う足

との事だ。笑


ちっさ!

外反母趾のとこでていて頭痛くなるから

22.5ももってるけど、靴下はけるやつは23.5とかを普通に履くけどね。

バレエの靴だと下手すると24で幅の細いの選ぶ。笑


そのサイズで買ってるパンプスあるけど。

軒並みサイドが伸びて幅広がっちゃったんで、前に滑って痛い。

けど縦寸は本当なら22.5でよいらしい。


今回買ったサンダルは、23ワイズEEなので

店員さんとしては22.5のをオススメしたかったが、もう在庫なく。

店員さんはあまり売りたくなかったみたいだったけど。笑


足をみせたとき

指の付け根が手みたいに骨ぽこぽこ出るのをみて

すごいですね、そんなにそこが出るのですね~

と言われた。

バレエだとこれで普通だと思うけど、デパートに買い物に来る一般的なお客様の足ではないらしい、、、笑


お客様はそれだけ足の力あって靴吸付けられるし、真っ直ぐ歩けているし

んーまあいいか~、で???

売ってもらえましたわ。笑

AD

レッスンメモ 2017/07/22

テーマ:

土曜だけど夜にコンディショニングとオープンあったので出てきた。


お馴染みさん沢山いらしてて、賑やかでワークショップみたいなレッスンになった。

いや、大喜利かな?笑


いくつもの名言?迷言があったけど。


センターで、デベロッペで歩くやつしてたら、皆して下を向くので

床に何か落ちてるのか?何探してる?

と先生が聞くと

「王子の愛。」

と答えたメイトさん。で

場内は爆笑&拍手!


舞台では王様、しかしレッスンでは時々姫にもなる王子によれば、即答で

「落ちてない!」そうです。残念、、、笑


ボディコンディショニングは毎度同じことやってるわけではない。


今回は爪先や、脚の裏面、内面を多く見て貰いながらやったかな。肩胸周りは今回スキップ。

とはいえ、部分のストレッチも部分だけでなく、身体はつながっていて、全身を使うとできてくるので。

やり方とかおさえるポイントを教えていただいていて


私は、今回よく伸びはしたが

ぜんぜんお直しはなくて、若干不安になったので。

じゃあ帰りにそこを確認すればスッキリ帰れて良いのかな?で。笑

聞いてみたら

何も言わない時は良いんだよ。

違ってたら言うから、とのことだった。


そんなに複雑なものをしてないけど、どこを狙ってやるのか?

直されてることを覚えないうちは、違うことをやってしまうので、あんまり勝手に自分ですすめても、というのがあるけど。

今の感じなら自力で狙いに即したやり方でできるから、マメにやろうと思う。


先生のこのクラスにでた昨年12月は、

私は重ねるあぐらが全くできず。

そこでぜんぜん腰も立たなく、その為、脚の付け根が過緊張してしまい、にっちもさっちも伸びなかったが、笑


どれも無理矢理に緊張してると固まって伸びないからゆるりとやってるんだけど、ほかの攻め方もして、股関節を折り紙のように折り畳めるように少しずつストレッチされてきている。


あぐらはなんのためにやってるかといえば

これが前のアチチュードに直結するし

より高いところまで、ドゥバンやセゴンで骨盤を保てるようになる。


脚を高くすれば腰は斜めになるのは当たり前だし、それは別にバレエの先生に習わなくても教えられるし、できることで。

一言でいってやるの簡単なので。


私はお子様達とおなじに、先ずは深く考えずそっちからだんだん柔らかくしていったが。


けど木曜先生からは、リンバリングの際にどこの筋をストレッチしてるのか?考えてやれというのと、上げたあと腰を戻すのを早く、と長らくよーく言われていたから、自分でバレエに必要と把握できる範囲では考えてもいたし、早く動かす努力はしていた。


しかし、そのポジションを通るようにできる為のストレッチが私には足りなかったので今やっているというわけ。


土曜現在は、腰の後ろ側の中の方の筋肉で、腰を立てて斜め前にボディ倒すと固いところがあった。


私はそれ、なにきん?だかは知らんけど。笑

そこは問題でなく。

先生曰く、それぞれ左右差もある違う身体なので、自分でここがと感じられることが重要で。


先生の指示の型どおりにやるんでなくて、それぞれで自分のひっかかるとこがあれば、それやってよいので。

そこも伸ばしていたが。


そしたら全身よーく伸びて。

次のオープンクラスでは、引っかかりがないのかすごーく胴回りが伸び、背骨よく伸ばせて、脚も集まっていたが。


なんていうか、、、ちょっと困った。

前回まであった骨盤ブランコの板についた二本の鎖がみつからない。笑

今回は、乗るところの中央に一本のロープがついてるブランコに感じられ


私の両サイドはどこ???

感覚が違って、上体の肋骨の位置の取り方がよくわからなかった。


それと、お尻が大きく感じられる。

とはいえ、今日はより小さくなってると思うけど。

なんか一本紐のブランコの板の大きさがすごい小さいのよねぇ?

チュッパチャップスみたいなボールのブランコにまたがるくらいな???笑

もっとお尻の下で脚を閉じてやらないと、スカスカして気持ち悪い。

けど、なんか内側の肉が邪魔。笑


ストレッチの話にもどるけど。

今年は骨盤を真っ直ぐ立て、全く前後に譲らないスプレッツもやっている。


私はまず脚が高く上げるためのストレッチとして譲るスプレッツしてた(とはいえ一般的な先生からすると、それは、譲っている、にはならない判定のものだけど。)


そもそも以前は前腿に縮む力が入ってしまい、完全に譲らない骨盤のパラレルのとこは、やろうにもできなかった。


しかし、昨年末くらいかな?どこかのブログでみたけど。新体操教えてる先生で、ひでっち先生とおなじに修正かけてる先生いらしていて。


新体操は詳しいことはしらないけど。

あれは恐るべきことに180度超えるようなパンシェでルルベで回って、かつ、ボールついたりリボンをクルクルするじゃない?笑


{7706F9A6-11D3-4BDA-AC82-078354CAAAC8}
彼らの目指す普通?のご参考↑
これをまんま起こすと、スゴイぐらんぱでいしゃだねー^ ^


そしたら確かに軸足はそう回ってなくていいけど、腰は開きベスクじゃ無理で、股関節で紙みたいに折りたたんで完全に通った軸脚がないとできないよね?

バレエはパンシェでそこまで倒すことないけど、アラベスクでは股関節で折って骨盤を倒すので、ぜんぜんできないよりは、断然楽にきれいなアラベスクできるハズだし。


どこかに書いてるけど、結構以前から手持ちの本に出てたから、アラベスクのために二つ折りケータイのように90度や畳む、のストレッチはしてたけど。


少しでもお尻逃げたら最大限ではない。

今年はハム筋というか、一言で言うと脚の裏面を新体操のあの軸脚レベルを目指せるようなストレッチをしていて、

そしたら、気がつけば、以前に比べたら前腿にぜんぜん変な力入らなくなったよ。


同じようにレッスンで色々な動きをしていても、そのような事で使われなくなるところがあれば、使われるとこは変わりつづけているらしく?

新たに使われるように昇格した筋肉は、その時からレッスンで筋トレされ初める感じ???笑


今回はそれで、センターのシャンジュマンで手で下に引っ張れずに反ってしまったりの、謎な動きを指摘された。笑

センターで方向つけたポジションをとるのも、そして回転なども、脇の感覚が不明だと難しくて。。。


しかしもっと前に胸を乗せないと腰の積み上げに合わないのに気がついてはいて、

自分の回以外にもやっていたら、

上手く上体が乗ると何も無理な力は入らなくてスルスルとまわるペアテができたけど。


そのほかのアンシェヌマン含めて、自分の番でやると上手く上体とれないのが八割方だった。笑


慣れてない姿勢の感覚へ修正するのにスピードが必要なものは難しかったから、また練習して慣れるしかないけど


バランスとかは良くて、パッセのアンディオールのプロムナードのがあり。

その時に、軸の取り方を皆に説明していたことをすると。


むっちゃプロムナード回るのラク。笑


それで日曜、ポアントクラスに出た時も応用した。


ということで、日曜にでたポアントクラスを次に書く。




青い靴下

テーマ:

新しい仕事先で2週間過ぎた。

私の仕事は更新前提ではあるが。

勤める前から、ボンヤリ見えていて感じてることとして。

勤め先の統合戦略で、おそらくはいつでも整理して部署ごと切り離せるように運ばれてもいるかな?

なんでそう長く居られはしないかもしれないけど。笑

とはいえここは色々とマニアックに新たに学べることがあるし、

ここでまた、勤め先履歴にさらにネームバリューを積み上げられたから、たとえ何があってもここで働きだした時点で私としては有利に次に運べているからいいんだ。


そうそう。。。最初に紹介されたけどピンとこなかったのでエントリーしなかった企業のビルはお隣なんだよね。笑


例え、同じ距離のそこに勤めてたとしても

例のお茶のみ図書館には行っていただろうけど。


なんでそこでなく今のとこにしたかといえば

企画営業や取材などの仕事してきた名もなき私のお父ちゃんが、「そこの人達は紳士だ」と言っていた企業名にあったからだ。


お父ちゃんミステリーショッパーか?笑


データは古くても、わりと信頼できる情報かな?

それから40年経ってるし、当然その時と同じ人は居ないけど。

まあたぶん、本質的に流れるものって脈々とあるもんだ?


で。今週金曜も仕事の帰りお茶のみ図書館行ってきた。

デパートのミュージアムショップに積まれていた本で一冊読みたいのがあったんで。

ここにもあるかな?で、ラテのみなから集中して読了。非常に面白かった。


書かれていた人物で、特に平塚らいてうさんに興味持った。



その歳ごろに、青いストッキングではなく、

私はくしゅ少な目のルーズソックスなど履いて

毎週、水曜は屋内リンク、土日はアスファルトの上で色々と練習していたが。


こんな日も。日体大だったかな?

スケートで踊る機会貰って東工大やぽんじょ他の皆と学祭にお邪魔したけど。

みんなでやってみよう!なエアロビを

スケートのまま参加してきた時の図。笑


{23A5FA5C-6612-4306-BBCC-7CA3BC73B17A}

この日、、、この写真で手前に写りこんでるビデオカメラで撮りながら滑っていて転んだ。

私は大学には行ってないから、もう何年目かの社会人してたけど、スネを擦りむいてるのもコレ写ってる。本当にしょっちゅうケガしてた。笑

{C23B5F06-99E3-4B1D-8642-9AAB1065214E}

そんなのへっちゃらな顔した

こんな姿から20年は経ってるけど、


当時いくら私が写真を撮り続けても

一体どういう理由なんだ???かで

一枚も本人が貰ってくれなかった写真たちの一部をここに置く。


{956721AF-6163-4F15-A572-89399126AD87}

{2A940693-73D4-4D3D-B277-8451F488BE5A}
で、この人は誰?って???

それはまあ、、、察して。笑


私はその後は全く知らないけど

流石に今はよいオッさ、、お父ちゃんとして

それなりに大人しくやってる?だろうが。


とにかくね。

折角うまいことポーズ撮れている

これらの現像写真を捨てられなくて

私は困っている!!!


見てないだろうけど、私の撮影作品

そろそろ貰ってやってよ~。

(っていう嫌がらせ!?笑)


この高さ40センチくらい?のランプ台から

上がるんでなく落ちてぴよぴよ飛行練習するのが

私には精一杯で。

全くこんなジャンプは怖くて出来ぬが

そのかわり、ダンスのステップはできる。


彼は年下なので大学生だったけど、ひとんちのMacちょっと貸してで浮かんだ数式をTeXで打って自分にメールしとくような人で。

その専攻関連の研究職を一生続けるようだけど。


私は?まあ、、、

ずっと踊り続けられるといいね~^ ^



で。。。

またバレエ習っていて思うけど。

すごい人達は歳は関係なく

瞳がキラキラと輝いているなーと思って。


まるで興味あるものを見つけた時の猫のようで

目力がぜんぜん違う。


猫は20年生きることも考えて、新たな子は迎えないけど、

一生猫のような人達とは接して生きたい。

レッスンメモ 2017/07/20

テーマ:

いつもの木曜クラスへ。


今日は早めにスタジオに到着し、浮腫んでいる腰から下のストレッチを長めにした。

そしたらバーからお腹周りをしっかり引伸ばせて、骨盤ブランコに。

それで脚を付け根で折り紙にできたため、背骨が真っ直ぐ伸びやすくて、わりと調子よくできた。

日中の座り仕事で浮腫んだ脚もスッキリ~で。靴も緩くなって帰ってきた。



前回に反省した箇所。

左の腰の上の背中の力みが発見できたので脱力したら

左軸の右のパッセバランスがよくできた。


ここ何ヶ月か、いつも左(右軸)のパッセはやたらバランスとれて、シュスに深く集めて戻せるのに、右は何で上りきれないんだろう?と思っていたが。これかなー?


そういえば、右足パッセから後ろに抜いてアチチュードは、うまく上げられる時とそうでない時があり。

上げられてバランスもよくとれる時は左の左肩前に入ってるのを起こして、お腹の表面の強張りを抜いて伸ばし、もっと背骨に近いお腹から脚の内側の筋肉に繋げている感じだ。


高く上げるには、腰の捻りが入るけど、付け根の中を引き上げるのが優先。

降ろす時、付け根をまず引き上げる、というのは、プリケツを直す、のでなく、骨盤のブランコをニュートラルにすることかな?

そうしたら次の動きで振り回されないし。


今日はセンターのアダジオで

デベロッペ、プリエでクロワゼドゥバンにあげたのを爪先位置固定のフェッテの要領で裏向きにエカルテに、というのをやったけど。

例えるならば、ドゥバンを背筋を最大に伸ばして倒れ、ブランコ前に漕いでる感じにしてやったら、


根元で留まっているから、そこから足うまく横に持ち上げられて、自分比としては最高にうまくエカルテにできた。


因みにブランコは当たり前に両ケツで座って漕ぐよね?姿勢よくして片方のお尻だけ板について濃くんじゃ斜め前に行って、その後後ろにも引っ張り回されてしまうわけなので。。。

例えば片ケツで漕いでそこから先に飛び降りるとしたら?言わずもがなでピケ開きベスクになるし斜めに振りとばされて危なっかしいよね???

バレエは子供の頃経験なくても、昭和人間ほどブランコ技を攻めてただろうから、笑

ブランコの感覚なら分かるだろうし書いとくよ。^ ^


バーのアダジオでは、エカルテからパッセでプロムナード、があったけど。

正しい膝の畳みかたで巻き込んで両脚でアンディオールかけてつま先に乗れば90度は勝手に回る、というのを金曜先生のリンバリングのパターンで教わってるので、音の中で早くまわれた。


ピルエットも調子悪くなく、右は程々まとまって音が余るからトリプルもしといた。

アンデダンはプレパレーションの前乗りの姿勢が半端でセゴンに乗り切れなかったけど。


しかしグランワルツで今回は事故発生。

もっと距離進め、というのを全体へ言われていて。

私は元々今回は皆よりは進んでいたのに、

さらにもっと、を右の2回目でやって。

パクリュからの前のグランアッサンブレ、すごーく放物線に長く飛べたんだけど。


その無事にしたはずの着地で、左足の、例の足の裏の肉球のとこの、イカ足に骨が出っ張ってる第二指の関節のところをどうも打撲した。


しかしシューズ脱いで見ても、腫れとか内出血もなく。殆どのことは痛くなく平気だから、レッスン続行したけど。


左のグランパディシャの着地と

左足高いルルべに刺すのが痛い。。。(><)


それで、左の二度目で先生が後ろから追いかけてくる気配を見せたとき、笑

素早く理由いってそれはお断りし、

次で最後の、ピケターンとアンボアテして最後ピルエットのお題の左もやめた。


けど、この足裏の打撲は以前も二度だかやっている。


ポアントを履けば、安全靴なのよねえ。

そこをピンポイントにおされることはなく痛くないので。

基礎基礎練はでて、特に痛みも問題もなく、普通にやってきたので。


終わった後、ポアントでピケターンのお題に、グランフェッテも練習しといた。


そして帰宅したら、全然痛くなくなって。

どうももう治ってるから良かったけど。


どうもこれ筋肉の調子が良い日に、調子がですぎてやるんだよね。。。苦笑

運動靴やポアント履いてるなら同じことしても平気なんだけどね~

とにかくバレエシューズはペラペラで、着地そう悪くなくても、限界を超えてたら突き出た骨が当たるのかな?


ここのスタジオは特に床が固いけど、それのせいではない。そもそも外のアスファルトで色々練習していたインラインスケートに比べたら絶対的にバレエはケガしない。

そして何しろ数年前、ココのスタジオでレッスンし始めた時はとにかく衝撃でスネが痛くなったけど、進歩して今はそんなヒドイ着地はしてない。

けどいつでも自分に支えられる限界はあるわな。


とにかく練習は身のほどで。

飛びすぎは禁止~。笑



レッスンメモ 2017/07/18

テーマ:

今日は2週間ぶりに金曜先生のクラスへ。


夜のクラス人数少なめでジュニアちゃんとレッスンした。

今回は、バーの初めから彼女への注意に集中していた。


終わってからコンクールにむけ練習するのね。

頑張ってー!^ ^


私はよくご一緒するが、

基本かなりできていて、将来の期待できる大変きれいな踊れる子で。

しかし、それでも先生の注意するところは、同じ。


ここをもっと正確に覚えてストレッチしてしっかりやっておかないと、後々大人の身体に成長した時に脚太くなったり身体壊れるよ?で。

元々できるだけに、ガッツリ修正されていたので。。。

ほんとお疲れさまでした。。。( ̄∇ ̄)


それとあれだな。。。1人で踊るぶんには、ざっくりいって伸ばすとこ伸ばして高く上げ、美しく器用にバランスさえとれればどう立っていても平気だけど。


パドドゥレッスンしてみたとき、力で修正してあげたりしないで甘やかさない先生か、サポートしてあげたくても軸わかってないから助けられない生徒にあたると、それまでのやり方では全然出来なくてマズイことに気がつく事が色々ある気がするが、

そういう事が、多分この根本から、で直せるかな?と感じるので。

なんで将来の為に男性の先生がより早いうちから女性に教育しておきたいことなのかもしれない?


今回、私へは殆ど注意なかったけど。

うまいこに修正いれてると何をどのように気をつけるとよいのかわかりやすいから、そこは問題ない。



私にはフォンデュで注意のあったが。

そこは

他の先生のクラスの最近のセンターでも注意がでている。


例えば左のピルエットでお尻上がる注意ほか、

ポアントのバロネに入るとこで。


そもそも自分でも

なぜそれが入りの姿勢とれなくやりにくいのか気になっていたところで。

理由がわかった気がするので、良かったな。


右軸のクッペプリエなんだけど。

左にお尻が外れる。


左の胸がおちないように肩まわりで修正してるけど、

元々、左の脇を落として縮めてしまう筋肉の癖があるから

その力みを完全に分離して修正しないと、背中上げたぶん左にお尻が上がっちゃうのかな?笑


それと、左の付け根の内転筋が固く、それでお尻で留めようにも右に比べて膝を開いて遠くにするパッセなカタチへの伸びに制限かかってる。要ストレッチ。


先生の説明で、骨盤が上からつられてるというのがある。

絵でいうと公園のブランコみたいに。

それを想像して、上からぶら下がっているその板が傾いてるとこから漕いだら、その後どうなる?って話で。

大きく漕ぐほど絶対に振り回されるし。

身体は振り落とされないように

(><)と固めるしか出来なくなるので。

それは私はイメージとしてしやすいので。

忘れないように練習しようと思う。


やって違えばそれは違うと言われて、また修正すればよいから、バレエは言われたイメージで練習するのが一番早い。


最近は、ピンポイントに正しく使う部分の筋肉名とそこのスイッチの入れ方をまず先に教えてというのはナンセンスだと思う。

参考にはなるけど、先ずは大きなギアにはめない限り練習が進まないから、修正を言われ続けることは気にしなくてよい。


今回は、

ピルエットはアンシェヌマンに工夫があって、集める回り方のほうでよく出来たほうで。

左のピルエットもマシなほうだったけど、


ソデバスクやったとき

回転じゃなく、お尻がでない真っ直ぐに、足横に裏向きに飛んでからパッセということで。

それは左あげてもお尻はでないでそれなり飛べてはいたけど、なんか上体気持ち悪かった。たぶん進行の肩が巻かれていたんだと思う。


やっぱり根本的に右の片足軸のプリエの時の感覚を要修正かな?たぶん右に傾きすぎてる。笑


それはそうでも、二点の最短、平面で動かす感じは慣れると素早くできるし軸ブレなくて楽でいいよね。^ ^


今度自主練するものリストつくろかな。


レッスンメモ 2017/07/17

テーマ:

今日もレッスンへ。

ポアント基礎クラスへ。

今回は代講になっていて、先生とも久々にお話できて出てよかった。


三連休結局全日なんかしら運動したけど。

それより、その後に歩いたか。


バレエでマメできないのに通勤でまたマメはかなわんから。笑

靴を物色したり、弁当に錦松梅入れたい、とか色々と。笑

そしたら肝心のデパートでの買い物忘れてたけど。まあ明日なんとかなる。


で、レッスン以外にそれで動きまわり過ぎたらしく、内転筋が朝起きた時から筋肉痛で。笑


ストレッチしながらレッスンしてきた。


先生のクラスは級上がると結構振付が難しくなるけど、これはこうなんだ、という身体の使い方とか技術の説明がすごくよくて、聞くとピタリとできる感じなので好きな先生。


前から書いてるけど、先生は頭の回転高速な人の感じでタタターっと、すごく色んなことをいっぱい言うので。

私の頭が全然追いつかないことがあるけど。笑


しばらくぶりに出たら、なんかわりとよく聞けてレッスンできた。


今回は、これはエクササイズで、実際に踊るときはこういう降り方をする、など説明あって実践し、良いポアント基礎練できた。


今日は自分では何を注意してやってみたかな。


肘脇、手の引っ張りは昨日と同様。

それで、肩上を寄せ上げる筋肉の力を使わないようにやってると

昨日もコレあったかもだけど、何だこりゃ?で。

脚を上げる時に、脚は何ともないのに

二の腕の下側を遠くに引っ張る力で腕がプルプルしてるのよ?

すごくない???

私にはリアルにエアーなもの想像できるけど

コレだいぶ強い弓ひいて(押して)るよ。笑

何しろ腕力ない私、どうも今ココ鍛えられちう。


全体の姿勢に関しては、レッスンの最初からおしまいまで、横から見てのチェックをして細かく自力で探してやってた。


だんだんバーの時しっかり横向けるようになると、、、

というか、そもそもの話で、各所で歪んでるとそのようには絶対に横向けないからさ。

あ、歪んでるんだな、と自分でわかる。

それで本当に根本的にバレエの姿勢に直せるようになってくるねー。。。


ちなみに、、、土曜観劇した劇場のトイレで、沢山の人がうつりこんでる鏡にうつる自分の姿に?!で感心した。

顔はそれなりだけど。笑

しかしマジで、姿勢からバレリーナ化してくる感なんで。


私は皆さんにこれをオススメしたいけど、これ言葉では絶対伝わらない。

これや先生のブログみていて、え?こうでしょ?私も横にやってるよー^ ^って認識してるものとは、え?まさかでしょ!?ってくらいに違うはずだから、興味があればぜひ金曜先生のクラスへどうぞ~。

ちなみに大人バレエの方々は行動力など諸々あるし皆してキレイになって欲しいから書くけど、地方在住とか日時で受けるの無理ってわけでもない。ご相談してゲスト講師にお招きするって手もあるよ?笑

一回じゃ変わらないけど、どこまでやるか知らないで半年やるのとは違うよ〜^ ^


上下に真っ直ぐの軸がとれて、前後左右の位置もとれてくる。

今日はとくにアンバー下に引っ張るのがよく出来た。


それでシューズは短縮バーなんだけど、最後のフォンデュのときにすごく細くまとまったので。

履き替えてのポアントでは、

しっかり膝の上で重ねるを練習できた。


なので今日のエシャッペは全然飛ばずに済んで、かなりイケてる感じにできた。笑


パドブレスイビも最近の中で一番よくできたかな。


基本大事、しかし他は何ともないけど

内腿はストレッチしとかないともう明日がやばいかな。


レッスン終わったあと、いつもの自主練してたけど、どうも内腿がお疲れだ。


早く寝たのと、朝ストレッチしたわー。

レッスンメモ 2017/07/16

テーマ:

ポアント初級へ。


昨日sk8したからか、なんだかよく身体解れていた。

初めからすんなりお腹入るって、なんて素晴らしい。笑


なので今日は、左はデフォで落ちない注意だけど

二の腕、脇に気をつけよう。と

私の最近のイメージとしては弓を親指と人差し指の股に持って

そこで弓を押すように、

そしてその時もし肘が上向いてしまっているなら、わきが開いてないから、フワッと開けるように気が付けるし、それで練習している。


あとは

日中の六階の空の眺めは気持ち良いし

遠くをみていたけど。


昨日舞台みていても思った。

遠くでも視線の高さというか、何だろ?

どうも遠くに行き過ぎてると、いつもの二階はいいけど一階の前の席からだと舞台上の現実世界から離れて見えるし、

技術もやり難くなってしまう感じもして。

程よい視線ってあるなあ、と思った。


ちなみにパパ先生はレッスンのとき、視線の取り方もユニークな表現で教えて下さっているから

できるだけこの世に留まる遠くの視線で意識して練習してみた。


あとは、これも最初にはパパ先生から聞いたけど。

金曜先生のブログでも書いてるように

膝から下は外回しでなく内回しなんよ。

足の裏に関しては私の王子先生(笑)2人に表現に違いあるけど、

それで何がしたいか、いうたら

私の解釈だけど

外に捻れると腓骨側にながれるし、足首と膝の関節の故障の元になるので、

足首から甲を真っ直ぐに保ちたいんで。

タンジュからできるだけ、捻れの起こらないやり方の意識で練習してきた。


それで多少遅どりだけど、概ね気持ちよくレッスンしてきたけど。


今日はポアント履いて、足慣らしの両手バー始めたら


んん???なぜか足裏が最初から辛い。

何だこりゃ?笑


と思ったけどすぐ解った。

コレ何でか?は、たぶんだけど。。。


昨日のスケートだな。


スケートは腰を落とす。

けどヘッピリ腰にはしない。


腰を落とすのは太極拳ほどしなくてもいいけど

バレエよりはずっとシビアで、それで少しでもぉ足裏への前後の荷重がおかしいと

なにせ足元は縦一本のローラーだからすっ転ぶんで。


上体の載せ方の感覚に慣れるまで、最初はフレックス側の筋のほうに、かなり緊張したんだった。


今まで、スケートの足裏は

パパ先生の言葉のベタ足の感覚と同じと思ってたけど


暫く滑ってやっと指でフラットに靴底おせるようになったんで、初めのこの指が反り上がるくらい甲側の筋力みまくったフレックスからの感じから、その力み抜けたとこまで行けて指が踏めた感じから説明すると

足裏に吸い上げる力とも例えられて、金曜先生の3点でついていて床を掴むという言葉に近いのかなーと思った。


どう書いても人に伝わる気はしないけど、メモだから書いとく。笑


どちらの王子もおっしゃるには、できる限り指は遠くにするというのも同じなんだけど、身体への指令の感覚を言葉にすると色々だよね。^ ^


まあとにかく、

きっと結構な具合でスケートでもバレエ向きなトレーニングできたから良い良い。笑


ポアントの足裏は使ってるうちに疲労感に慣れたから平気になったので。今回はポアントのバランスはよくとれたかな。

けどなん右の内転筋あたりはイマイチ入りきってない。


レッスン終わってからグランフェッテやイタリアンフェッテを練習してきた。


楽しくできた。^ ^


今がいちばん若いので

テーマ:

今日は、井上バレエ団の公演を初めて観に行った。


今回はブルノンビルの演目を取り上げている。

シルフィードもゼンツァーノも私は舞台で観たことなくて。

先生が踊る日本初演のものも含め、完全に初見だったが

しかし3つの演目、知識なしで続けてみてるだけでも

振付の特徴が、それなりにわかったので。

へぇー!で。

ブルノンビル入門になった。

前説、というか、途中説もあるので

それも良かったし大変楽しめた。


パパ先生ことのぶお先生の奥様

という言い方をブログ上ではしているが。


レッスンはまだ一回だけ

オデットのバリエーションレッスンで

習ったことあり。

舞台は何度かみていて

すごく踊り素敵なのは知ってるけど


わおースペインの美人

これ特に似合うなあ。。。ハマってる!

すごく良かった~(╹◡╹)パチパチ~!!!


そしてこの踊りで

金曜先生ことのひでっち先生が踊られるということで。

私は先生が沢山ご活躍の頃は

バレエ自体を全然観てないので

今回が初めて舞台をみる。


なので、ガン見しちゃいましょー。


私はいつもA席。

子供のときから

二階のできるだけ中央の前か

二階の袖前に伸びてる突端とか

狙うんだけど。笑


今回は珍しくS席にして

チケットサイトで

オケピット挟んで前から数列目を確保した。


そしたら探すとか全く不要で

どこに居ようが先生もんのすごく目立つ。


ガン見とかしなくても

大きな空間を掴んでいてキレイだから目に入ってくる。

やっぱり私の習いたい先生だった。


というか、

うっかりするとすぐに、前で踊ってるダンサーさんを見逃す。笑


前の席のだと後ろで舞台見慣れてる私にとっては表情見えすぎるくらいだった。

次回はどの席でも大丈夫ね。


素晴らしかったので

お時間あればぜひ残りの今日

日曜の公演観てね~。


メンバーかわるけど海外からのゲストさんも良かったし、日本の他のゲストさんも前から好きなダンサーさん揃いだったので

私てきにおトクな鑑賞だった。



最後はプティパの演目。

おなじみの眠り三幕。

王様の席は大抵そっちだろうし

中央席よりの上手側をとったので

よく見えた~。笑


王様ちゃんと起きていた。

明日どうかはしりませんが?

ってまさかそんなことはない。笑

とにかく役になりきった演技いっぱいしてるからまだ全然これからも沢山の舞台でていかれるでしょ。(^^)



まーくんも居てるし、他にもいらして

ブラボー!の飛び交う舞台だった。


私のお父ちゃんは、なにしろ私が子供当時

よーこ様とトナカイ氏へのブラボーを欠かさないおじさんだったんで。

色々複雑な心境にて私はブラボーはしない。笑

けどその代わり、子供の頃からずっと、私は拍手の大きさと量に気持ちを込めている。


今回も私のその頃くらいな子供さんもたくさん鑑賞していて

最後の演目では複数の女の子達から

かわいいブラボーの声が上がってきた。


出演者さんもブラボーときこえると

パッと嬉しいお顔になるのが見えた。

なんか客席と一体になった

良いステージだった。(^ν^)



ご機嫌になったもんで。

この地もいくつかの思い出あるため

まっすぐ帰らず寄り道を。


最後に黄色いビルに行った。

20年くらい前はここで毎週水曜日、仕事帰りに仲間と練習していたが。


たぶん15年ぶりくらいの

インラインスケートしてきたよ。(^^)


最初、リンク覗くだけ、、、

のつもりで行ったけど。

大きな舞台で踊るの観てきたし

やっぱり私も滑りたくなった。


そしてそれを誰も止めてくれる奴もいない。笑


四半世紀ぶりに、初めてポアント履いた時は

立つとかなり視線が高くてこわかったから

週一でひと月くらいしたら、クルクルしだしてたろうけど、笑

はいてすぐ踊るなんては、とんでもなかった。


インラインスケートも最初に椅子から立ったらグラグラしたけど。ポアントに比べたら、こちらは足首に靴のサポートがあるから復帰楽勝?!


10分くらい基本のものを滑ったら、殆どの感覚が戻ってきて

方向転換とブレードを使うブレーキまでができ、どんなとこからも止まる技の安全確保ができたので。


スピードをかなり上げ、ぶいぶい滑ってもきたし

バックスケーティングやステップ、ジャンプ

色々な技術や、ここはDJさんいて曲流してるんで。

音楽に合わせても滑るのも試してこれた。


↓しかし最初は何でも慎重に、、、笑




とても楽しかったし、

今日まさか滑るとはつゆほども思わず、観劇が目的で出てきたから、ワンピース着てきけど。それで汗もたっぷりかき。笑

バランス感覚と腰から下の筋肉をよく使うものなので。

大変運動になり身体もとてもスッキリした。


レンタルスケートはあるけど、汗だくの着替えない。笑

やっぱり次回は、それと、ヒールターンができないから、踵のブレーキとったマイスケートで滑りたいな~


しかしこれならまたファンスキーも殆ど以前と同じく滑れるな!と自信になった。

どう考えても今よくバレエのレッスンして運動習慣が維持されてるからだけど。

体感的にはどうも二十代とかわんないわね。笑


バレエもだけど。

思いたったら、チャンスがあれば

すぐやるのをおすすめするよっ!


なにしろ次はいつになるかもわからないし

今日の今が一番若いからね~






↑sk8の滑り方入門なら教えられるから
誰か今度滑ってるところ撮ってー!!笑

{0B1DE8A7-DAA9-42DF-9C18-9802BABB01EE}

しっかり締めれば足にぴったりつく
よいレンタルシューズだったよ。^ ^
{F394737E-9928-4070-B8F8-A6D5EDBDD29F}


その前に食べたカロリー、少しは消費できた?!笑
{50194673-6042-4457-A604-FDADEACC5799}