☆ まごころ印刷通販 アルプスPPS ☆

印刷のことからプライベートなことまで、お得な情報も満載です!


テーマ:
大判メニューにあるウィンドウフィルムについて書いてみます。
素材は透明のフィルムで静電吸着タイプのフィルムです。
ガラス等平らな面に静電吸着させます。
UVインクジェットを使用する関係で普通のインクジェット印刷とは印刷面が
異なります。表面が少しザラザラした感じになります。


右側がUVインクジェットです。
ザラザラな代わりに耐久性があります。
水にも強いため屋外使用も可能です。
水性インクジェットよりも耐光性など優れた面があります。
印刷面をどう見られるかでかわると思います。
大きいと貼るのが難しいです。
気泡が入りやすいのでご注意ください。
くれぐれも貼る面は脱脂などしてから貼ってくださいね。

仲川

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アルプスPPSのゆるキャラが誕生しました
アルプスの印刷物(社内使用の物等)に稀に顔を出すことがあるかも知れないので、
たいようくん同様かわいがってくれると嬉しいです



キャラクターモデルはアルプス野生動物のモミカスケです。

アルプスの山をイメージしたスカートを履かせて、
身体の斑点模様は本当は白ですが、若干色を入れ印刷インクにみたて、
常に新しい情報を得るためのアンテナを頭につけてみました


モミカケスは、体長約30㎝、重さは150gから210gの鳥で、スイスで最も親しまれている木の一つ、コウザンマツの生態系にとって重要な役割を果たしている。コウザンマツは中央アルプスの標高1,100m以上に生える針葉樹である。モミカケスは冬には主にマツの種を食べるため、集めたマツの種をあらゆる場所に隠す。種の隠し場所がマツの成長にとって理想的な場所であるため、モミカケスが冬に食べ残した種からマツの新芽が生え、モミカケスはコウザンマツの個体群の存続を確実なものにし、自らの餌場の確保をするのである。

モミカケスは非常に特徴的なくちばしを持っている。下のくちばしの縁で種をしっかりとはさみ、揺さぶって餌の質を調べてから、良いものだけを割り、喉袋に貯めて運ぶ。モミカケスはマツの種なら80個まで、ハシバミなら20個までを一度に喉に貯めて飛ぶことがことができる。

冬になるとモミカケスは雪の下に1m30cmぐらいの深さの穴を掘って、方々に隠しておいた餌を集めて貯蔵庫にする。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)