ご案内申し上げます。こちらは安房守義将の愚痴満載でございまして、お見苦しい点が多々ございますが、何卒予めご容赦下さいませ。また当該情報をご覧になりました上で発生する如何なる破損・事故・病理等においてその責任は一切負いませんのでご留意下さいませ。

  • 14Nov
    • 35年前の接近合図

      1982年11月14日上野駅は異様な熱気に溢れておりました←その頃のA改札(中央改札)翌日から東北・上越新幹線が大宮から暫定開業する事になりまして上野は北の玄関の役割を一時的に終えるその前日です←地平第二ホーム小学生の頃から親類が多く居ると言うだけではない北海道ただ憧れの大地そこに行ける常磐線荒川橋梁を日中堂々と新幹線のカラーリングな重々しいいや実際に車両重量も相当重いのですが食堂車を含めた13両がエメラルドグリーンの快速電車や海老茶色の中距離電車似た色の急行電車肌色に赤い帯を纏った「ひたち」そしてディーゼルカー(58系)と在来型一般車そんな中に鮮やかな印象の寝台電車はとにかく目立ちました二度上野から青森まで乗りました向かい合わせの座席が不評との声も聞いたのですが個人的には実質A寝台相当の広さと寝台車両対応の防音それはそれは快適でした昼過ぎに上野を出て青森には日付を超える辺りに着きまして←国鉄ファンネルな十和田丸青函連絡船は11便(00時10分出航)1便(00時35分出航)へ接続しておりました函館からは更に釧路行や小樽経由の旭川行の特急に接続お昼ご飯は札幌で食べられました←11D「北海」大好きだった列車それは憧れでしたその11Mの最終列車放送を自身がやるとはその前日までは思ってもみませんでした←11M14時32分上野駅地平第三ホーム事務室に「接近合図」が鳴りまして第11M列車「みちのく」は静か・・・いや群がる鉄道ファンのストロボの中入線しました←平日の午後はこんな感じです35年前まだ国鉄だった頃まだ普通列車の旅がミラクルだった頃まだ車内で行き会う旅人達と友人になって数十年と付き合える仲になれた頃←11Mの後は425列車据付←隣には1Mはつかり11号そんな昔日の記憶。みちのく&はつかり11号最終放送音声

      9
      1
      テーマ:
  • 27Oct
    • 総決起。

      だいぶご無沙汰しております・・・さて特定非営利活動法人交通文化連盟はこの4月1日で全ての実地活動を北海道鉄道研究会鉄道輸送警備隊観光創造協議会などに移行しまして現在はそれらの社会文化活動の後方支援と調整そして交通史関係の調査編成併せて大山墓所修復募金の受入窓口に専念するものと致しましたで一応は交通文化連盟の「分割民営化」を具体化したものの未だ混乱の最中です(笑)結局のところ北総新選組にしろRailFesteにしろ本来の事業に結実しない事が明白になり一方で蒸気機関車の保存など含めて交通文化財の保存活用は全国的に崩壊状態に入りつつあります特定非営利活動法人は法律で「政治的活動」が制限されております加えて「他社の批評」すら出来ないのが実態特定の自治体にぶら下がった若しくは元々組織として充足していた或は特定非営利活動推進法に反し同業組合や閉鎖的身内福祉追求組織や犯罪類似行為をカムフラージュする組織でも無い限り寄付金を募り有償常備の職員を置いて個別の事業を展開するなど不可能なのですしかも「交通文化財の保存活用」とうたっても「現実的な市民の問題解決には直結しない」なんて言われる始末役人から妨害されそんなところにぶら下がる奴等にも阻害され黙っていろと?任意団体への分業と言うよりは元々昭和54年から任意団体のウチなもので法人なんてエラそうな御身分は不釣り合いだったそう言う事ですがこれからは正々堂々「本当」を公言し政治的影響も加味しつつ特定の自治体に左右されずに「真意の市民セクター」として活動しますよと言う事で解らない人は「奴等は潰れたんだ」と言っているそーですが「特定の役所にぶら下がらない市民セクターの任意団体」ほど怖いものはありませんぜで本性たる武闘派に戻ると言う事が段々知れたのか古古参の連中が「暴れるんか?」と早速・・・全く血の気が多い・・・仕方無いので別途本来事業で総決起と相成りましてございます(笑)今後ともどうぞよしなに・・・

      1
      テーマ:
  • 02Jun
  • 28Apr
    • 東北で良かった→東北が良い。

      佐賀県が地元だった元復興大臣さんいや「口害」で辞任される方が多い中で言いたい事は理解りますがちょっと表現と視点が・・・さてこの失言が思わぬ観光振興を呼んでいるとかで小生も乗ります(笑)←常磐線新地付近東日本大震災は今も過去にはなっていません復興どころか復旧すら手付かずの場所が多くありますしかし東北は良かった←日中線熱塩付近四季折々各々車窓に広がる空も山も海も川も同じものがございません←奥羽本線峠駅旧態依然とも言われましたがここには時代を超えて人がゆったりとでもしっかりと生きていた頃の鉄道がありましたところが東北新幹線延伸や在来線高速化でここ20年で東北はすっかり変化←新・女川駅津波ですっかり流された女川駅この4月5日に撮ったものですがこの新しい駅で変わらない人の暖かさを眼にしましたこれからは東北で良かったいやいや東北が良い東北が良いんですそれも青春18きっぷか何か各駅停車で訪ねるとより良いでしょうここは時間が止まっていますだから急がなくても良いんです御自分のペースで探せばきっとぴったりと馴染む心安らぐ場がきっとありますだからこれからは東北が良い。

      5
      テーマ:
  • 22Apr
    • 追悼・駅長殿

      現在では多少距離を置いて見えますがこれでも小生れっきとした鉄道屋と自身では思って居ります昨年平成28年04月22日22時半前会津鉄道芦ノ牧温泉駅小生は行った事がございませんが風情のある駅なかなかに魅力的です会津若松は晴れて20度近くまでになり風は優しく散り始めた桜が美しかったそうです最終列車を見送り駅員さんが待合室へ戻ると既にばす駅長はぐったりとしていたそうですそして大切な人々に見守られ大切な場所で安らかに霊山へ行く夜汽車へ乗っていかれたそうです猫ですでもこれが鉄道屋の心ですそれは陳腐なドラマなど吹き飛んでしまうほど美しく寂しい情景だったのでしょう小生も十年以上猫と共に暮らしておりますそれ以上にちゃんと自身の逝き時を見定め安らかに旅立ったばす駅長の姿を思う時涙が止まりません←1994年春、会津若松会津鉄道に乗った事はありませんが大変お世話になった方が出向で役員として赴任され本社は幾度か・・・←西若松にて会津の人はとっつきにくいしかし情の懐はとにかく深いその会津人の一本気まさにばす駅長はそのまま具現化したのでしょう現在はらぶ駅長が活躍されておられますそうでばす駅長の御冥福とらぶ駅長始めとして駅員さんたち守る会の皆様会津鉄道の皆々様の御健勝深く御祈念申し上げます。源 義将 拝

      2
      1
      テーマ:
  • 10Apr
    • 桜月

      いっぱい悩もういっぱい苦しもういっぱい泣こうそしていっぱい笑おうそうすれば君の周りに満ちている沢山の笑顔が見えるから

      6
      1
      テーマ:
  • 31Mar
    • ”雨の石岡駅から十年”

      追記すれば・・・その後も警乗はしておりますものの、扉警乗務は在りません。加えて、既に扉警を必要とする列車機材も無くて、団体専用臨時などで一般の御客様が誤乗されるのを防ぐ扉警くらいが今後経験出来る任務内容となります。

      5
      テーマ:
    • 雪の30年前

      昭和62年03月31日23時55分小生は日本国有鉄道小樽運転区に居りました気温は零下雪が降っていました国鉄に勤める事が学生の頃の希望であり夢でしたそれが学生臨時雇用であっさりと上野駅に採用され夢の半分が適いましたところが政府の国鉄改革であっさりと足切りされ一学年上の先輩達は国鉄に多めに採用されましたが我々からは門前払いでした地獄はこれからでしたそれでも準職員制度はありましたしパートやアルバイトとして残る事も出来たのですがアルバイトパート準職員の順に廃止され小生は案内所・遺失物扱所の下請会社に拾って頂きましたその間仲間達は国鉄を諦めて現実として民営鉄道や旅行会社へ転向しました小生はどうしても悔しくてむしろ国鉄の最後を見届けるつもりで居ました御縁がありまして小樽SL復活の会→北海道鉄道文化協議会の支援と言う形で全く金銭・身分・発言保証の無い「CIA」をやる事になりそれでも分割民営化の嵐の中国鉄内外で無理解と畏怖が渦巻き復活は不可能かなと脳裏を掠める瞬間が増えた昭和62年3月中旬「やるぞ!ロクニ自走復活だ!」と小樽から連絡がありました他の蒸気機関車計画と異なる点ばかりのC623機その草創から破綻そして再々復活の模索まで幸運ながら目撃させて頂きました国鉄分割民営化その嵐で生命を途絶した人間の何と多い事か報道もウィキペディアですら語られないしかし小生はそれを目撃し体感しました30年を経て小生は全く役立たずです生き恥とはこのことこの間に不可欠な人間が霊山にどんどん旅立って居りますそれでも生きてしまっております生きて恥を晒してそれでもやらなければならない事判っていましたが勇気が無かったのですもう傷付けてならない人間は誰もいません小生とて黙する罪業をこれ以上は重ねたくありません敵は己心也格好付けるものでもなくこれ以上失うものも無いのでいや耐えられないのです嘘や妄想が蔓延して小生が実際に目撃した人々の心が踏みにじられている事を30年前小樽運転区こと小樽築港機関区で蒸気に浮かぶC623機はテレビ番組の企画で流されていた「蛍の光」を聞きながらひとり貨物駅のハンプで号泣しておりました帰るべき母なる「国鉄」帰りたい父なる「国鉄」その両親を一度に失った悲しみと夢が現実になった奇跡の感動とその複雑な思いを全国百万の国鉄マンとOBが共にしていたそれを忘れて明日は無いのです。

      6
      3
      テーマ:
  • 17Mar
  • 11Mar
    • 戻れない時間だから毎時作是念

      小生はその日風邪を引いておりまして昼には暖かい日差しがありまして揺れ始めは遠くてそして段々・・・6年←磐城の海長い様な短い様なそして未だ未曾有の苦難と苦闘は続いております法華経と言われる鳩摩三蔵の翻訳した妙法蓮華経その中核は如来寿量品第十六その末には毎時作是念以何令衆生得入無上道速成就仏身とございます平易に申しますと「私は何時も考えている・・・どうすれば人々が無上の道を得て、速やかに仏の身を成就出来るか・・・と。」衆生は本意に於いて「有情の生命」であります事が別の品で解かれておりますから人間のみならず表情を持つ生命と解釈しても間違いでは無いでしょう法華経の信者とされている方は日本の人口で大体25%の計算だとかそのうちどれだけの人がその経文の意味を知って唱えているのでしょういやいや小生とてそんなもの知らないで暗記していたクチですが東日本大震災以降この「毎時作是念」がとても気になります自身は一体何を以て「以何令衆生」の答えを出せるのか←常磐線竜田駅北方この4月1日に常磐線不通区間がまた短くなり10月には富岡〜浪江間を残すだけになるとかこの道が単なる復旧ではなくそしてそれが単に双葉・相馬地域の出来事ではなく6年前に大切な実在を失ってしまった人々の0.1%でも「笑顔」の素になるようなそんな事をしなければ小生の存在そのものが無意味になるだろうなぁと考えるこの頃でございます。合掌

      4
      1
      テーマ:
  • 02Mar
    • そのひとは夏色だった

      古い客車は学生たちで賑やかだったやがて列車はゆっくりと山間の駅から走り出したタタタンタタタン三輪の台車の響きは心地良く窓から入る風は夏の午後の蒸し暑さを少しだけ緩めてくれたそのひとは夏色だっただんだんと山が迫りカーブに上り坂列車はとてもゆっくりと時間を刻んでいたうたたねをする髪は時折窓の風に揺れていた列車の速度が遅いのはそのひとの眠りを妨げないため昭和56年8月北海道・三菱大夕張線の三軸ボギー台車の客車「スハニ6」で出会った少女の記憶。

      3
      テーマ:
  • 01Mar
    • JR北海道の限界

      国鉄が巨額の債務を抱えて分割民営化と言う清算をして30年言わば「破産会社」ですが昭和60年頃の「国鉄改革特別委員会」で分割された後の「北海道」についてそれが委員なのか参考人なのか覚えていませんが「赤字線切捨でどうにかなるものではない」とはっきり発言があったとか←札幌行夜行普通列車五百数十万人の北海道津軽海峡で隔てられていると言うだけではなく生物学的にも異なる域の酷寒地加えて当時既に石炭・水産・林業・酪農・・・その基盤産業が崩壊しつつありまして残された「開拓分野」は観光ぐらいその観光の分散による入込客数を上げる為一定の路線は必要だと←C623機国鉄債務のうち単純な赤字は億円レベルでしかも昭和51年度からは単年度決算で黒字化しています問題は特定人件費運輸省鉄道総局の時代外地からの引揚・復員者を「失業者増加による治安維持低下防止」と言う観点から大量雇用し後々に経費逼迫を防ぐべく大量に解雇した訳でして職員解雇を容易とし会計も別物にして帳尻合わせを・・・それだけでは無いものの日本国有鉄道は発足当時からこの特定人件費の課題を抱えていたのです←80系気動車放置すれば十年経たないうちに百兆円とその巨額を聴いて政界も官僚も慌て出しとにかく突貫工事をしなければ成らないそんな状況だったのでしょう無論非常に不均衡な投資や新幹線・不要ローカル線の問題職場なのか政党なのか判らない労組何より全体として時代遅れの輸送体系と会計体質それらの打破の為に最も将来性の無い分割民営化を選択したとしか論評出来ません←アルコン。一時分割民営化にも多様な案がありまして本州+三島会社案東西二分割案などは「儲けを出して借金を清算しつつ島部を助ける」と言う方針が明確でそれが主流だったとかまぁ北海道・四国は基礎的人口が少なく九州も人口分布も流動も酷く偏りがあり「汽車転がせば儲けが出る」と言う地域では無かったのです国鉄北海道総局では厳しい財政事情は改革後も変わらないと札幌鉄道管理局を総局に編入し既に「独立」の体制を作ろうとしています←フラノ。リゾート列車の連発やツーリングトレインと言う名の簡易宿泊所を展開したりそれでも旅客の集中を防ぎ道内全域に観光旅客を分散させて総体的に増収化しようと努力していたのは事実ですその過程は個人的にも団体専用臨時列車「そらち」C623機などに関与して視認して来た事です←「そらち」北海道は広大ですしかも地域地域により気候もかなり違います倶知安・小樽・滝川・留萌などは豪雪ですし北見・遠軽・朱鞠内・音威子府などは酷寒長万部以北では完全耐寒装備のキハ22でないと運転士すら凍えるなどなどこれに寒冷地独特の鉄道事情があります寒い朝霜柱って出来ますよね?あれは軌道の下(道床)にも出来ます寒さが厳しければ厳しい程強固なものが出来ます結果・・・秋にしっかりと安定した軌道にしても翌年にはボコボコになってしまうのですその対応策はあるのですがそれが解決策ではありませんJR北海道の経営体質に批難や言及が驚く程たくさんあります小生とて言いたい側なのですが同時に鉄道商売に対する視点があまりにも「東京主義」な事に危惧も感じます埼京線(東北新幹線通勤線)と千歳線を同じに考えないで頂きたいし東北本線と函館本線を同じ土俵で計らないで頂きたい何より基礎人口が少なく基盤産業が崩壊した北海道五百数十万人を千葉県六百万人と同じ単位で考える事を止めて頂きたい←国鉄池北線一方でJRのみならず北海道人の根底に潜む「いざとなれば国が何とかしてくれる」と言う甘えの体質も認識して改善する努力が必要です環境が余りに過酷過ぎて自然に挑戦する心意気では何も解決しないそんな風土である事を承知の上で本気で北海道の今後百年を考えるならばJRの衰退放置は将来の郷土消滅への道と覚悟しなければならない時期なのです余りに経営環境が違い過ぎるJR北海道このまま切り捨てを重ねてゆけば新幹線すら維持出来ない中小企業になるでしょう実際厳しい環境で経営も運行も維持する鉄道会社はありますそれらとJR北海道の何が違うのか?先ず会計の考え方です特急料金を獲らないと儲けが出ないそれは全くの誤認インフラ商売は基礎的コストは一定ですから一円でも稼ぐ事が増収なのですそれが加算料金の掛かる特急しかまともに走らないとなればバスへ飛行機へと転換するのは当たり前「選択権は消費者」と言う大原則を忘れています関連事業の儲けを鉄道継続に・・・これは間違いでは無いのですが本業を疎かにして何の会社でしょう?但し先述の通り東京では想像も出来ない酷寒地ここでいっそJR北海道は新幹線だけの会社として青函トンネルをしっかりと守って頂きその他在来線は全部「北海道有・委託会社方式」で如何でしょうか?国策として北海道への移住や産業創造の方策は各種制度や特別法でやって頂くとして完全に「官僚型思考」を廃止して気合いと根性と柔軟な人材群を確保しその育成過程で新しい切り口での商売を作るその試験的舞台として北海道は魅力的です北海道の魅力は有名観光地がたくさん在る事ではありませんその存在全てに人間を魅了し帰りたく無いほど時間など忘れたくなるほど多様な風土と折り目の明確な季節がある事「北海道、それは故郷は地球を実感出来る時空」なのてコビーで「北海道維新」に挑んで頂きたいものです。そうしなければ沈む事が見えていますからね。【広告】トレインタイムスチャンネル「特急第11Mみちのく最終放送・改善完全版」公開中

      6
      1
      テーマ:
  • 28Feb
  • 22Feb
  • 10Feb
    • 豪雪と聴くと行きたくなる悪い癖

      学生時代より雪と聴きますとちょいと出かけてみたくなりまして←磐越西線そんな洒落た旅に最適でしたのが会津北部の日中線でした←喜多方駅上野発23時55分「ばんだい」(夜行)で翌朝に会津若松に着きますと「熱塩」行の客車が停車しておりますとにかく豪雪地帯の会津帰りは只見線を経て←会津川口駅雪深いを通り越して雪に埋もれた沿線を眺めてそんな一泊二日それでもちょっとした時間で味も楽しめましたまた平成に入ってからは「磐梯会津路」と言う蒸気機関車運行プログラムもあり通いましての結果が会津ムーンライトエクスプレスでした今では夜汽車もなく政治的な意味も含めて会津は遠いものになりましたもう暫くは行く事も無いだろうなと思うとついつい思い出す雪の鉄路でございます。

      8
      テーマ:
  • 04Feb
  • 27Jan
    • 平成28年01月27日、ああもうダメ。

      年末に気付いたYoutubeトレインタイムスチャンネルの異常「みちのく最終放送」があろうことか閲覧数七千を突破している・・・他が二桁・三桁ですから突出したものと感じられる訳で加えてこれを代表作とされてもなぁと秋から突然方向転換したように見えるかも知れませんが去年の夏から薄ぼんやりと「ユーチューブ」と言うメディア戦略への転換を考えていたものでしてで年末からデータ整理を兼ねて色々掘り出して捨てて何てしておりましたらビデオやカセットテーブの劣化ネガフィルムの色落ちとカビこれは!と慌てて・・・←1982年初秋過去に作って上げた「みちのく」しかし音源が悪く今回再度調整改善し加えて過去の活動記録含め余りに画像が少なくて画質も悪くとは言えこんなん写真しか撮れないものであくまで記録記録として・・・そのうち一つ昭和57年初秋日暮里駅ホームで通過進入中の特急第11M列車「みちのく」を撮影問題はその背後京浜東北線の103系電車冷房が無い・・・そうでしたこの頃通勤電車どころか急行でも冷房付いてる車なんてちょっと豪華な気分になったものです四半世紀以上を経て世間は空調当然で快適化しかし「暑い暑い」を連発しながら休憩中に食べたアイスキャンディー退勤後に飲む冷えたビールその美味しさは格別でしたまぁ今日はその空調当然のお陰なのか気温は確かに異常なものですちょっと複雑な懐古で、新編した「音の鉄道記録」3本完成しましたぁ!そこでダウン昼寝してしまいました・・・・

      7
      テーマ:
  • 23Jan
    • 青森駅も雪の中。

      新田次郎原作を映画化した「八甲田山」実は例年になく厳しい状態で土地の人々も驚くような豪雪に寒波だったそうで←昭和59年1月の青森駅「津軽海峡冬景色」と言う名曲でも歌われる青森駅青函連絡船の桟橋が直結した関係で港に突き出た駅ですが日本海と太平洋の風がぶつかる厳しい場所でもありますこの時期東北本線の長距離列車は「野辺地付近の豪雪」で遅延するのが日常でした←北から帰る人々比較的青森県西部の「津軽」と青森県東部の「南部」は「南部の方が雪は少ない」と言われる様子ですがどっこい!八戸から青森は雪の凄い地域今年はそんな1983・84年の降雪に近い状態とも聞きます新幹線並行在来線切り捨てですっかり足が遠退いたのですがこの厳しい時期だからこそ青森駅で「じゃっぱ」をすするそんな旅に出たいものですまだまだ雪は降るのかな?今年は江戸まわりも雪になるかも知れません皆様もどうかご注意を。

      4
      4
      テーマ:
御案内
 このたびは弊ブログ
に御来訪を賜りまして
誠にありがとうございます。
 中年変態野郎
にございまする、
小生こと安房守源義将
がお送り致します
「常在戦場」は、
小生の雑感・意思・
短歌・愚痴・文句
などなど稚拙な文で
恥を晒してございます
私的発信の場でございます
と共に、
特定非営利活動法人
交通文化連盟
の情報補完発信の場
としても活用させて
頂いております。
 現在、機械不都合
によりまして
ペタの御返信と
一部コメントに対する
御返事が出来ない
状態となっており、
多くの皆様に
大変失礼な
事となってございます。
 謹んでお詫び申し上げます
と共に、
どうぞごゆるりと
お楽しみ賜ります様
深く深くお願いを申上げます。
 また、映像サイトとして
「トレインタイムスチャンネル」
 姉妹サイトとして
「トレインタイムスB」
「クラフトワーク」
「交通文化連盟公式B」
「北総新選組案内処」
も併せて御愛読
を賜りたく
何卒宜しく
お願い申し上げます。



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。