今回で知床の紹介ブログは最後!!ということで、

私のお休みの日の1日と、ここに来て目にすることが

できた素敵な写真を振り返りたいと思いますカメラビックリマーク

お休みの日は朝起きても、暖かい布団を出るのは一苦労あせる
窓を少しだけ開けて、外のひんやりした空気で

目を覚まします太陽朝の支度と部屋のお掃除をして、

お天気が良い日は近くのオロンコ岩か

道の駅までお散歩したり音譜

 

 

ペレケ川沿いのバスターミナルの奥にある広場は、

つい最近見つけた私のお気に入りの場所風船

(お仕事の日も、中抜けの時間によく行きました^^)

 

 

 

日が落ちる時刻も早くなり、14時前でも陽は

だいぶ傾いています
ここには、あまり(というか全然…)人が来ないので、

そこに立っているだけで周りの自然に溶け込ん

でしまいそうになる感覚がなんともいえませんキラキラ

お昼はホテルの食堂で食べて
お部屋に帰ってお昼寝や洗濯、読書など
ゆったり過ごしていますニコ


 

そして16時前に外に出てオロンコ岩へ!
階段をやっとの思いで登りきった頂上からの

景色はいつ、何度見ても心動かされますビックリマーク
夕陽の時間に温泉に入る日も♪

 

 

10月に入ってからは、気温が低い分、

露天風呂に浸かるのはとても最高です音譜

 

そして夕食も食堂に食べに行って、すっかり日が

沈んで星が見える頃にまたお散歩へ出かけます風船
少し気温の低い日はより綺麗に星が見え、

先日は流れ星も(初めて乙女のトキメキ)見ることができましたニコニコ

ちなみにお仕事の日も、寮に帰る前に

少し遠回りして星を見て帰ります!!
1日の終わりに星が散りばめられたような空を見られたら、

「明日もきっといい日になるかかな」と

素敵な気持ちになれます風船

こんな風にお休みの日は、ここでしか感じられないような

自然や景色を楽しんで、次の日に向けて気持ちを

切り替えるための時間を過ごしましたグッ

 

出会えたお客さんも一緒にお仕事をさせていただいた

社員の皆さんも、いろんな人や考え方を知ることができたり、

もちろん新しい仕事のスキルも上げることができて、
手に入れたものはこれから先もきっと役に立つ貴重な

ものばかりだと思います。

お仕事での場面にかぎらず、日常の中の些細な出会いや

気づきにも敏感になって、より自分を成長させる

なにかを少しでも多く見つけて得ていきたいです。

最後に。どんな人も、ここ知床できっと何か衝動的に

感じるものがあるはず、「いつかじゃなく確かに」来るべきだと

自信を持ってオススメしたい場所でした!!
私自身も、またここに戻ってきたいと強く思いましたグーニコ

AD

今回はお昼の中抜けの時間でウトロバスターミナルの

すぐ横を流れる「ペレケ川」を紹介します!

9~11月頃、ウトロ港の河口から故郷のペレケ川に

帰ってくるカラフトマス・サケを見られるということで、

橋から川を覗く人やデッキからカメラを構える人もカメラ
デッキは、遡上や産卵の様子を見るために
河畔にあるペレケ河岸公園に設けられています音譜

川沿いの道を上流の方へ進むと、バスターミナルの横に

川のそばまで降りられる階段もあり、魚や水面にいる

カモメの様子をより近くで見ることができますキラキラ

 


そして、バスターミナルの左手にある歩道を行った先には、

広場のような場所が!!

 

木や草など緑がたくさんあって人はあまりいない静かな場所

なので、目を閉じて流れる川の音を聞いているだけで

この自然に癒されます音譜

 


 

川沿いはずっと上まで道が続きますが前日の雨のためか、

奥の方は土がぬかるんでいましたあせるがこの静かな時間は
なかなか体験できないと思いますビックリマーク

 


 

バスターミナルのすぐ横なので誰でも気軽に行ける

「ペレケ川」の遊歩道と河口近くの公園、ウトロに来た

際にはぜひ歩いてみてください足黄星上足ピンク

私の知床での生活も、あと1週間程。
これから出会えるお客さんたちとの時間も、

仕事をする中で得られる成長の糧になるものや

達成感もできるだけ吸収して、「ここに来てよかった」と、

お客さんはもちろん、自分自身も思えるような

姿勢で残りの日々も頑張りたいですニコニコ

AD

今回はウトロバスターミナルから
バスで8分で行ける"オシンコシンの滝"へ!
ウトロから向かうと、"オシンコシンの滝トンネル"を

ぬけた左手にある滝の周辺は、観光バスも多く立ち寄るらしく、

駐車場やトイレ、売店もあります上差し

 

"知床八景 オシンコシンの滝"の看板の右手にある階段は

滝の中程まで登ることができ、日本の滝百選にも

選ばれたその景色はまさに圧巻キラキラ

 

"双美の滝"ともよばれているように流れが2つに

分かれている落差50mのこの滝の名前は、

「川下にエゾマツが群生するところ」を意味する

アイヌ語「オ・シュンク・ウシ」が由来であるそうですビックリマーク

 

この日のお天気は曇りだったのですが

(これはこれで面白味のある風景でしたが)、

冬には積もった雪と滝が作るつららで幻想的な景色に音譜

 

滝の横にある売店、"オシンコシン館"には

お菓子や熊の爪などいろいろなお土産があり、

ホットコーヒーやソフトクリームなども買うことができます(^^)♪

 

ここ知床でのお仕事もあと2週間ほど。
だんだん気温も低くなり、冬の気配も感じますが、

これから出会えるお客様方にも

「ここに来てよかった!」と思っていただけるように、

おもてなしの心を忘れずに、また自分自身の経験値も

上げられるように気を引き締めたいと思いますグーニコニコ

 

AD

今回は売店でお仕事をしている私の1日を
まとめてみたいと思います音符

売店は朝7時から営業なので早い日は6時に起きて出勤。
10月に入り、今までよりも朝晩が冷えるので暖かい布団から

出るのは少しつらい…(。-_-。)
 


部屋のドアを開けるとオロンコ岩とオホーツク海が見えるので、

晴れている日は青い(本当に青いキラキラ)海と空を見て、

1日が始まります音譜
朝は10時頃(チェックアウトが終わる)まで、

商品を補充したり、レジをしたり。
前の日の夜にお買い物をしてくださったお客さんが朝、

ホテルを出るときに「また来るからね~」と声をかけてくれたり、
お連れ様と一緒に「オススメはある?」といろんなお土産を

買ってくださるお客さんも。

お仕事が終わりお昼を食べて、中抜けの時間♪ 

お部屋に戻ってゆっくりお昼寝したり、

外に出たい気分の日にはオロンコ岩に登ったり、

プユニ岬まで歩いたりキラキラ

そして売店が開く15時からお仕事!
午後のお仕事は、お昼に届いた商品を棚に陳列したり、

チェックインのお客様で混み合う17時~18時頃は、

お客様のお荷物をお部屋まで運んだりと、

フロントのお仕事も手伝います。

食事休憩の30分は、担当の方がつくってくれた

晩ご飯を食べてひと息♪
不定期で20:30からロビーで「知床レクチャー」が

開催されるので、約40分ほどの動物や景勝地についての

お話をお仕事をしながら(売店の中にまで声が届きますグッド!)

聞いて、「1日ももうすぐ終わるなぁ」と気を入れなおしますニコニコ

21:30頃になると(日によりますが)店内も静かになり、

次の日に備えて商品を補充したりお掃除をしたり。

そして22時にお店が閉まりお仕事が終わります。

私は、仕事終わりにそのまま温泉へ音譜
1番負担のかかる足の疲れも、温泉で癒されて

次の日もまた頑張れます(^^)

そして私にとっての1日の締めくくりは、

ホテルを出て寮へ帰るまでの夜空を見ることチョキ
雲のない日は星もきれいで、そのまま少しだけ

遠回りしてお散歩して帰ることも音符
ここ数日は月がとても綺麗(10/6が満月)

 

ここ知床でのお仕事は今月いっぱいまで。
経験できることをたくさん吸収して、

帰るときに「成長できた」と心から思えるように、

残りの日々を過ごしたいです。

 

今回はウトロバスターミナルから
1時間ほど歩いてプユニ岬へ!

 

こちらも知床八景の一つに数えられる景勝地キラキラ
冬には流氷で覆われたオホーツク海を望む

こともできる絶景スポットですビックリマーク

 

車で行くのもオススメですが、すっきり晴れている日には
オホーツク海や、坂の途中にある小さな滝や木々を

見ながら歩いて行くのも、自然を楽しめていいと思います音譜
 


そしてプユニ岬の看板を発見!!

 

そこから見下ろすと右手には果てなく広がるオホーツク海、

左手には広大な緑という景色キラキラ

 

観光客の方たちは、レンタサイクルで景色を楽しんだり、

坂道を上から降りてきたり、特に外国の方が多く自転車に

乗っている印象があります。車や観光バスも度々通るので

サイクリングを楽しみたい方は周りに気をつけ、

爽快感を味わってみてください風船

寮から徒歩で1時間なので、中抜けの時間に

ちょっとした運動も兼ねて気分もリフレッシュできる

プユニ岬に、また近いうちに出かけたいと思いますチョキ