2010年01月10日(日)

FISCHERブーツ

テーマ:Ski material

今シーズンは、以前のブログに書いたように、マテリアルチェンジ!のシーズンです。

ブーツをアトミックからフィッシャーへ。

3点セットでございます。


さて、そのフィッシャーブーツですが、多少のチューンナップを施しました。


① スポイラーをはずす。

②インソール取替。

③BOOSTER取付。


以上です。


①は附属の工具を使ってはずす。ま、誰でも出来ます。

②はBa2neインソールのアスリートグリップってヤツをを入れました。

正直ちょっと微妙。って言うかちょっと柔らかいような気がします。

なので、値段も手頃(1セット5,250円税込み)なので、

アスリートスキンを試してみて、結論を出したいと思います。

③は既存のベルクロがビス止めではなく、リベット止めだったので、

まずはリベットバラしから手をかけました。

幸いにして仕事柄、会社に行けば工具はあるので(笑)

ドリルであっさりリベットをはずし、ビスはスポイラーをはずしたヤツを再利用。

ビス受けは先シーズンまでのアトミックに付いていたのをはずしてこれまた再利用しました。

いや~、受けがうまくハマって良かった。

ちなみにBOOSTERも使いまわしで、先代のアトミックにつけたヤツを移し変えて使っています。


で、7日間ほど使用しましたが…結論はかなり良い!!

件のインソールはアスリートスキンを使用してバッチリ!

インソールって大事ですね。

安いヤツでも良いので、取り替えた方が全然ブーツの性能を引き出せるカンジがします。


ま、ソレを抜きにしても、ナニがFISCHERブーツで一番良いかと言うと、

ターン前半を作りやすいことにあるような気がします。

錯覚??いやいや違うよな…。


ちょっとマニアックなハナシをすると、

フィッシャー、ノルディカ、そしてレグザムのブーツソールの設計は同じ人らしいです。

うーん、ここにもモノづくりの真髄が??


いや~、ここ数年はブーツ当たり!だなぁ、自分にとっては。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009年06月07日(日)

夜霧よ、今夜はありがたくない

テーマ:Ski material

札幌に行ってきました。


メインの用事は資格試験なんですが。

ま、試験の方は、…置いといて、


試験終了後、伏古のICIへ。


このため(だけに??)今回クルマで行ったんだけど、

行き帰りの日勝峠は、頂上付近が物凄い濃霧!

ほとんど前が見えず、いくら地元で霧に慣れてるとはいえ、吹雪並みに恐かった…。


ところで、

ICIでは来シーズンのブーツが置いてあったので、購入予定のフィッシャーブーツを試し履きしてきました。


感想…


『オレのためのブーツ!』


ってカンジ(笑)

前のアトミックのトキもそう思ったんだけど。

130、ってフレックスの割にはかなり足首を使えそうな感覚がありました。



あとは、ノルディカ、サロモン、レグザム、アトミックを履きましたが、

それでも、フィッシャーブーツはヤバイです。



来シーズンが早くも楽しみです!!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年05月24日(日)

とりあえずおにゅー??GET!

テーマ:Ski material

フィッシャーのフリーライド用??の板


スキー馬鹿一代の日記-FISCHER


そして、チロリアビンディング用のロングブレーキ!



スキー馬鹿一代の日記-ロングブレーキ

…さてどういう使い方をしようかな??


予定では板にテレマーク用のビンディングをつけようかと思っているのですが。


「もったいない」


という声もちらほら…




皆さんならどうします?


ヤフオク??


可能性あり(^^ゞ


いや、ないない。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年05月23日(土)

見栄っ張り

テーマ:Ski material

先日マテリアルの打ち合わせにて。


ホールテクノロジーを試乗した高校生のインプレとして、

ノーマルの板よりはかなり走るらしい…というハナシを聞きました。

ただでさえR-27にてこずった先シーズンの自分としては、

戦闘力はありそうだけど、手ごわそう、乗りこなせなさそう、という予感。

そこで、IFのS氏から提案されたのは、


「女子用履いてみたら??FISレースに出るわけじゃないんだし。」


ってコト。

確かに、草レースやマスターズ、せいぜいB級でもR-27のレギュレーションは適用されないので、

戦略としてはありだと思います。


…でもね、

やっぱりR-27を乗りこなしたい!うまくなりたい!!って願望はあるし、

そのためにテクニック磨きたいし、乗りこなせばタイムアップにつながるはずだし。


ま、あとぶっちゃけ言えば、ミエですよ、ミエ(笑)。



先日紹介した、エンゾ早川氏の本の中にも同じようなことが書いてありました。

氏曰く『死んでもコンパクトクランクは使わない。』らしい。

うーん、なんか分かるなあ…そーゆーコトなんですよね。

という訳で、R-27と53-39Tは譲れない!!



…ちょっとマニアックな話題になってきた…(笑)



※コンパクトクランクについては、コチラ 参照して下さい。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年05月19日(火)

コーディネートはこーでねーと!

テーマ:Ski material

気が向いたワケではないけど、立て続けに更新(笑)



スポーツが趣味で、ってのはある意味究極の


『ほにゃららごっこ』


じゃないか?って思うことがしばしばあります。(悪い意味ではないですよ、もちろん。)

技術レベルは置いといて、例えば自分は滑っている最中は、


『おぉ~!!オレ今グルニーゲン?』


みたいな。


…ちょっとたとえが古かったですかね??


なので、特にウェアとか小物とか、みてくれ系は結構気ぃ使ったりします。

いかにかっこよく見せるか、

または他の人に『おっ、コイツうまそう』と見せるか…みたいな。

その昔、ある人が自嘲気味に『スキーはカッコから』なんて言ってましたけど、

それも一つの楽しみだとは思います。

ま、なんでもバランスであって、そこそこ感は必要ではありますが。


でも、最低限『コレはダメだろ!!』っていうか自分の中で認められないのが一つあって、

それは

『ヘルメットとゴーグルのブランドが違うコト』

なんです。


例えば、カレラのメットにスワンズのゴーグルしてみたり…とか、或いはその逆とか。

(まあ、経済的事情もあるとは思いますが。)


あれはカッコ悪いとおもいます。最低限の組み合わせはあるかな?と。

または、ブランド統一しなくても数年前の佐々木明みたいなの良いですよね。

boeriのメット&smithのゴーグル。

しかもカッコよかったし。


ちなみに自分はもう何年もCARRERAユーザーです。

伝統と憧れとカッコよさを兼ね備えているカンジがなんともいいなぁ、と思い使っています。

数年前にB社に浮気しかけたのですが、

木村公宣氏の『選手時代、カレラは憧れだったなぁ。』なんてコトを聞いてしまったら、

もうしばらくはコレ使おう!と思っちゃいましたね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年03月11日(水)

試乗会情報in阿寒湖畔

テーマ:Ski material

今度の日曜(3/15)、


『Ski Tuning Shop イフ』 さん

(いつもお世話になってます。右側にバナーあります。)


が、来期モデルの試乗会を開くそうです。

場所は阿寒湖畔スキー場。

メーカーは、


フィッシャー及びオガサカ


とのことでした。


近場で行ける方はどうぞー!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年05月09日(水)

R=27mか?

テーマ:Ski material

突然ですが悩んでいます…。

いきなり何かと言うと、来シーズンのマテリアルのこと。

皆さんご存知の通り、来シーズンからGSスキーの規定が変わり、

それに伴って各社R=27mのGSスキーがニューモデルのラインナップに加わっています。

私自身は、と言えば、当初は全く買う意思なし。

なぜなら、国内では来シーズン暫定措置が取られるようですし、そもそも公認大会なんてほとんど出ない。

という訳で、09シーズン以降に購入しようかな?と思っていたのです。

ただ、全く興味がないわけではなくて、

R=27m、と言えば、私が昔履いていたストックリのGS板、

(U.ケーリンが履いていた頃の板。懐かしい~。)

が193cmでR=27mだった気が…

そして、プラスディフレックスでGSに挑んでいましたので、

まあ、先祖返りといいますか、「何とか乗れそうかな??」なんてことを考えていたのでありました。


しかしながら、先日のキロロで参加者の方から、衝撃の一言(って大げさか…)を聞いてしまったのです。

「R=27は速い!!」

何でも、30秒くらいのコースで履き比べたところ、

コンマ5程度(だったかな?)コンスタントに速いらしいのです。

まあ考えてみれば、たわみを生かしたターンをすればどんどん下に落ちていく、

というようなスキーの動きになるはずなので、そう考えれば速いだろうな、と。

ともかく、常に速い!を求めるレーサーの心理であれば当然のこと、

私自身も俄然興味が湧いてきましたね。

と考えると、富良野で試乗する機会はあったので、

今考えると非常にもったいないことをしたな…と思ってしまいました。


…う~ん、買おうかやめようか、1ヶ月くらい悩んでみようと思います。

(多分、買っちゃいそうな予感はあるけど☆)


あ、フィッシャーのR=27m試乗した方、インプレ頂けるとありがたいです。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年06月29日(木)

マテリアルチェンジ

テーマ:Ski material

前にも書きましたが、マテリアルチェンジのハナシ。

某BBSでの話題の中心といえばなんといっても、


佐々木明がサロモンからブリザードにチェンジするのでは?


ということ。

皆さんと同様、私もかなり関心あります。



気になるのは、皆川賢太郎が2年前にアトミックにチェンジしたときは、

正式発表前から(確か今時期くらいから)ソースの確かな情報として流れていたのに対して、

アキラの場合は未だソースが不明(?)であるということ。

さらに心配なのは、契約関係でいろいろモメていて、

選手のトレーニングに影響しないか?ということ。

コレに関しては、優秀なブレーンがやっている(であろう)こと、

そしてアキラは集中してトレーニングできていることを願います。

チェンジがあるとしたらそろそろ発表があるはず。

楽しみに待ちましょう。



マテリアルの話題で、もう1つBBSで盛んなのは、

「ハートの板はドコで作っているか?」ってハナシ。

コレについては私自身詳しいことはまったく分からないのですが、

似たハナシをいくつか。


ある日本人高速系レーサー、某国産メーカーと契約していたのですが、

使用している板の中身は当時圧倒的なシェアを誇っていたK社の白星と言う名前のモノだった…。

その証拠にプレジャンの写真には板の滑走面が出ていて、☆マークが写っていた…とか。

(内容から分かるように、かな~り昔のハナシですよ)


私自身が覚えているのは90年代にWCで活躍した某女子選手。

彼女はロシニョールの契約選手だったのですが、履いていたブーツは、どう見てもラングだった…。

今は同じモノだけど、当時は違ったハズ、(確か)

「あんなのアリか??」なんて友達と盛り上がった覚えがあります。


まあ、コトの真相については、私は…どっちでもいーや…。

ただ、スキーも道具を使ってするスポーツである以上、道具に関することの興味は尽きないし、

そんな楽しみ方もあるんですよね。



ゴルフも同じような、つまりマテリアルに関するマニアックなネタがいろいろあるらしい…ですね。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006年06月14日(水)

カタログに

テーマ:Ski material

日本代表に福西という選手がいるが、ずっと

「誰かに似てるよなぁ…?」と思っていましたが、

分かった!!



答え:富良野の石田俊介さん



さっきフィッシャー のHP見たら、彼がモデルになっていた。



カッコイイぜ、俊ちゃん!!



どうでもいいことかもしれないけど、なんかうれしいですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年06月09日(金)

ボクを誘惑しないで…??

テーマ:Ski material

実は昨日は札幌に行ってました。

ほぼ日帰りですが。

北大の近くで講習会に参加してきたのです。

予定より早くに終了したので、北大近くで行くところと言えば…

そう、JR桑園駅近くにオープンしたばかりの

『ICI石井スポーツ桑園店』に行ってきました。

カスタムフェア前ではありましたが、

来期モデルのブーツがいくつか並んでいたので履いてみることに。







…んんん、ヤバイ!


来期のブーツは


ヤバァァァ~い!!!







ちなみに履いたのは以下の通り。


ノルディカ ドーベルマンアグレッサー150

アトミック RT TI 150と130

レグザム DATA-R

テクニカ ディアブロ


結論。


『甲乙つけ難し』


マジで、どれもいい。

それぞれ履いてみてスキーしたいくらい。


私が使っている去年のブーツも使えば使うほどひ弱さというか、非効率な感じがして

いわば、今の私の心境は良いブーツを求めてさまよう『ブーツ難民』なのです。


そんな私にとって、

どのメーカーも「誘惑してるよ、コイツら。」

と思わせられるような貴重な時間でした。


そして、サプライズは何の期待もせずに履いたレグザムでした。

これはいいね!つーか、かなりびっくり!!

やっぱり、シェンフェルダーと開発したブーツだけあるね。

何がいいかというと、具体的には2つ。


1つ目は、ロアシェルの感じが自分好みであること。

2つ目は、他のメーカーと比較して最も足首が使えそうであること。


レグザムといえば、私のイメージは


『無駄に固い』


しかしながら、今年のブーツはアトミック並の粘りが備わっているような気がする。

さらに、あの前方向への動きやすさ。

シェンフェルダーはこういう風に動けるブーツを求めていたのだろうか…??


というわけで、雨の中をICIくんだりまでいって良かった!

つーか、今年もブーツ買っちゃいそうだな…。


あと、履いていないのはサロモンとラング。

彼女たちは私のどんなサプライズを与えてくれるのだろう??

かなり楽しみ!!


まぁ、今のところ、買うとしたらレグザムかアトミックですね…。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。