2007年01月28日(日)

キッツビューエル!

テーマ:リザルト

さて、ワールドカップは昨日今日とキッツビューエル2連戦。

ご存じかと思いますが…日本勢、残念でした。

で、ビグマルク、スゴイっすね。ボディ・ミラーのデビューを彷彿させるモノがありましたね。


ところで、キッツビューエルのレースって個人的には最も好きなレースですね。

DHのコースのすごさ!そしてSLの熱狂度!!

更には、木村公宣さんの97年の5位や、皆川賢太郎選手の00年の60番BIBからの6位など、

私のアルペン観戦歴で印象深いレースが多いですね。


97年のときは木村さんが2本目降りた時点でベストタイム!

その後、あのトンバに抜かれるまでずっとリーディングボードの一番上に居続けていました。

スルーゲートではクローチングを組んでましたね。

00年のときは大きなゼッケンからの入賞を賢太郎がやってくれた!ってことでこれまた大興奮!!

あの当時は地上波放送していたので、日曜深夜は大騒ぎでした。TV観ながら絶叫してましたね。


で、今は…と言いますと、どうもアキラ選手、相性があんまり良くないみたいで、

なかなか良い成績を残せていません。ちょっと残念ですね。

ま、次のシュラドミングは逆に相性が良さそうなので、そちらに注目しましょうか!!

私自身はライブで観れませんが、ね。



ま、自分がライブで観れないトキに限って良い成績だったりするんだな、コレが…。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007年01月27日(土)

近況報告

テーマ:06~07シーズン

今シーズン、なかなかスキーの時間が取れません。

まあ詳細は書けませんが、仕事プライベートともにいろいろありまして…

今年も国体予選はDSでしたし、以前ココで書いた準指挑戦は持ち越しになりました。

富良野の後は、毎週土曜日の地元少年団との練習に行くくらいで、なかなか滑る時間は取れませんね。

正直、かなりストレスです。

特にGSの板に全然乗れない(乗る時間がない)ので、去年より、かなり仕上がりは遅いですね。

ま、来月末の阿寒の大会までには何とかしたいですけど…。

なによりフリースキーする時間がない…もっとフリーで練習したい!のが今の悩みですね。


少年団の練習は、先週今週とSL!

現時点ではSLの大会なんてほとんど皆無なのですが、練習してみて思うのは

『十分練習になる!』

ってこと。

具体的には、滑走スピードが遅い分、カラダの動きやラインを意識しながらポールに入れる、という点。

…ま、そうは言いつつ、単純に楽しんじゃってますけどね。

そして、我がホームゲレンデの阿寒湖畔スキー場、相変わらず寒いスキー場ですが、

今年は例年に比べてバーンが柔らかいような気が…。

先週なんかはぼこぼこに掘れてましたね。この時期では考えられない。

今日も固いんだけど、グリップしやすい雪というカンジで多少難しさを感じました。

やはり暖冬!なんでしょうかね…。


2月の第2週からは時間も取れそう…それまで頑張るぞ~!

でもって、明後日からは10日間程某所にてカンヅメです…はぁ…

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年01月17日(水)

マジっすか?!

テーマ:徒然

どうも、『月刊SKI COMP』が廃刊になったらしい。


何でも会社自体倒産したとか…??


HPも無くなってましたね…。


残念。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年01月16日(火)

トップに乗る

テーマ:Ski technic

前回書いた


『ターンの前半でスキーのトップに乗る』


という意識、

これを実現する上で今シーズン良かったなぁ~と思ったのは、


アトミックのブーツ+ブースターストラップ!!


はっきり言って、久しぶりに良いブーツに出会いました!

感覚的には、剛性は強いんだけど、足首を使えるブーツ、というところでしょうか。

フリーでは本当に良い感覚です。

あとは、コレにフォーミングインナーがあればおそらく最高のブーツでしょうね…。

来期は作ろうかな…



ところで、この『トップに乗る』という感覚、

スキー人生の中で初めて得たのは大学3年生の時。

あの当時が一番スキーに乗っていた時間が長かったかな…。

大学のサークルの合宿や試合の合間には猫魔スキー場のスクールで居候みたいなことをやっていて、

メチャクチャ滑ってましたね。

あの時のスタッフ研修、

普段の自分たちの練習では決して行わない、様々な低速系のバリエーショントレーニングは、

自分自身「ホントにオレってスキーへたくそだよな…」と思わせるような、

それはモチベーションの上がる一時でしたね。

で、まだカービングスキーがなかった頃でしたが、大回りでアドバイスをいただいた一言、


「スキーをカラダの後ろに置いて早くから雪面を捉えなさい。」


今でも自分の中に大事に持っている感覚です。

この一言で、自分自身一気にコツを掴みましたし。



で、指導していただいた元SIAデモの柏谷孝雄氏、今月のスキーコンプに出ていました!

まあ、言ってみれば私のスキーの師匠のうちの一人!と言って良いような存在の方です。

また、あの方の指導を受けてみたい!と、ちょっと昔を思い出してしまいました。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007年01月15日(月)

スゲえ本

テーマ:Ski

八木橋拓史さんのブログ で紹介されていましたが…


皆川 賢太郎
皆川賢太郎が教える スキー完全上達

ジャンルや目標は違えど、すべてのスキーヤーが読むべき本!だと私は思います。

皆川賢太郎選手 がこの本の中で一貫して言っていること、それは、


『スキーは外足がすべて』


別にレーサー優位を言いたい訳ではありませんが、

往年の名レーサー、故千葉晴久氏が書いた本、


千葉 晴久
スキーがうまくなる秘密集―速く・強く・カッコよく滑る (1979年)

これにも一貫して同じことが書かれていました。

千葉氏の本なんて、初版が1979年!(皆さん、生まれてますか??)

30年近く経って、確かに用具の変化に伴うテクニックの変化はあるでしょうが、

基本は全く変わらない。やっぱりスキーは『外足がすべて』ですよ!!


あと、賢太郎選手のコトバで、自分自身すごく身にしみているのが、


『ターンの前半はしっかりと板のトップに乗って、スキー板をたわませる』


ってこと。

木村公宣さんとのDVD中の対談でも同じ事を言ってましたね。

これ、はっきり言って今のカービングスキーではなかなか分かりづらい感覚です。

なぜなら、皆さんご存じの通り、

今のスキーってサイドカーブがキツイので角付けだけでスキーって曲がってくれるから。

(あ、コレも決して悪いってことではありませんよ、念のため。)

しかしながら!へっぽこ(=なんちゃって)レーサーのこの私が今シーズンゲットした、

188センチのフィッシャーの板はまさしくこの感覚でスキーに乗らないとタイムが出ない!

…つか、タイムが出ない以前でスキーが曲がらない、ターンが出来ない!!(恥ずかし…)

なので、すっかりカービングスキーに慣れてしまったこのへっぽこテクニックから、

カービング以前の昔の(学生時代の?)テクニックを思い出して、

なんとかこの戦闘力の高いスキー板の性能を引っ張り出そう、と。

(いや、そんなに昔うまかった訳ではないですよ、もちろん。)

フリーでは少しづつではありますが、慣れてきたかな?しかし、ポール中ではまるでダメ男ですね。

ビデオ観てたら自分のターンって全部シェーレンですもん…。

たぶんスキーに慣れる、生かすってだけで今シーズン終わっちゃいそうですね…orz

ま、引っ張り出せれば良しとしましょうか!!


ちなみに木村さんからも、

「180センチ後半~190センチ台の板はターンの前半でトップに乗ることを意識しないと」

とアドバイスを頂きました。


しかし、『言うは易し、行うは難し。』ですね、まったく…。



最後に、皆川賢太郎選手の今シーズンの怪我は返す返すも残念ではありますが、

来シーズンは見た目には“実にあっさり”トップシーンに返り咲くような気がしてなりません。

(もちろん願望も込めて)


がんばれ、ケンタロウ!!

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2007年01月10日(水)

富良野ポールレッスン No.2

テーマ:06~07シーズン

さて、ポールレッスン2日目。

昨日と比べて多かったのは、

参加人数と、木村公宣さんがセットしたポールの振り幅でした…。

そうそう、188センチのフィッシャー新車ですが、案の定曲げづらい…。

これは自分でも分かってるし、普段からフィッシャーを履いている石田コーチや、

さらにはミーティングのときに木村さんからも指摘されたのですが、

『ターンの前半からしっかりトップに乗らないと曲がらない』板ですね、コレは。

フリースキーでは何とかなってるかな?と思いつつも、ポールに入ったらやっぱダメダメ…みたいな。

要は全体通してのポジションが悪いのでトップが開いてしまう状態になっていたのです。

具体的にはポジションが後ろなので内足は切れ込もうとする、外足は下に逃げていく…という状態。

解決策としては、ターンの前半でもっと前に乗ってトップを押さえなければならないことと、

ターンの中盤~後半にかけて内股関節を折りたたむ動きをする、ということでした。


しかし、今回は木村さんや他のスタッフ、石田さんや赤石さんにもいろいろ聞いて、

自分の感覚の間違いや目指す技術の方向性を埋められつつあるカンジです。

内容的にかな~り濃い!レッスンですね。ホント、スタッフの皆様には感謝です。


振ったセットを滑ったせいか?腰痛気味の2日目はミーティング終了後、

木村さん運転で宿まで送って頂くという、とんでもなくすばらしい特典がついて終わったのでした。

あ~オイラもアウディ欲しいな…。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年01月08日(月)

富良野ポールレッスン No.1

テーマ:06~07シーズン

1/5より1/7まで、富良野にてポールトレーニングをしてきました!

3日間の感想を一言で言うならば…

『サイコー!!』

でした。

全国的に雪不足である今シーズンではありますが、富良野ではトレーニングには申し分のない積雪量!

(とは言っても、例年よりは少ないけど)

おそらく、我々のような草レーサーにとっては最高レベルの環境の下でトレーニングができたと思ってます。

素晴らしいシーズンインでした。

木村公宣さんはじめ、スタッフの皆さんには本当に感謝!!です。ありがとうございました m(_ _)m


まず初日ですが、今シーズン初ポール!ということもあり、かつ滑走日数が去年と比べて少ないと言うこともあり、

探りながらのスタートというカンジでした。

初日はセットも午前午後でインターバルの違いはあったものの、割と入り安いという感じのセット。

例によって1本1本タイムをとって頂きました。

まあ、タイムもフィーリングもそんなに悪くない(by Jスポーツ…)。

さらに午後からはビデオも撮って頂きました。

ビデオで自分の滑りが観れるのは久しぶり!ってことでかなりはりきってましたね。

そのあとのミーティングで打ちのめされるということも想像できずに…。


初日のレッスンで、木村・石田・赤石各コーチから指摘されたのは、


『ターン始動が遅いのでもっと上から始めること』

『肩からターン始動してそのまま内倒していること』


でした。

去年と全く同じです…orz

まあ、まだ自分がどんなにダサイ滑りをしているかその時点では分かりませんでしたが。


レッスン終了後、ビデオを見ながらのミーティング。

自分の滑りをみて愕然としました…。


「コレがオレか…??カッコワルイ…」


気分は桜木花道のシュート練習合宿初日とほとんど一緒です。


「コレはオレじゃねー!!」


とココロの中で叫んでました。

で同時に安西先生のあの一言を言い聞かせました。

『上達への道は、己が下手さを知りて一歩目』

(確かこんなカンジ…)

ってヤツ。


ビデオで自分の滑りを観るって、辛口すぎて時にショックを受けますが、しかし最高のコーチですね。

とまあ、そんなカンジで初日は終了!

自分にとってはコレが考えすぎる??

いやいや、改めて自らのスキーを深く考えるきっかけの第一歩であるポール初日でありました。

つづきは明日以降…。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年01月04日(木)

明日から

テーマ:06~07シーズン

いよいよ今シーズン初!のポールトレーニングです。


木村公宣さん、他スタッフの皆さん、よろしくお願いします!!



富良野より


写真は昨日の様子!

正月でこんなに天気が良いのは久しぶりです!!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年01月03日(水)

理屈ヌキで

テーマ:06~07シーズン
200701031156000.jpg
楽しんでます、富良野!

今日は雲なし、風なし、雪最高!みたいな(笑)

景色もすばらしかった!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年01月02日(火)

あけおめことよろ2007

テーマ:06~07シーズン

皆さん、またまた大変ご無沙汰してしまいました。

そして、あけましておめでとうございます。

2007年はガス欠??にならないようこまめに更新していきますので皆さんよろしくお願いしますm(_ _)m


さて、怒濤の忙しさだった2006年の年末を経て正月は久々にのんびり、

そして朝から酒、駅伝、酒、サッカー、昼寝、酒…みたいな感じでした☆

よく言われることですが、正月は朝っぱらから酒飲めるのがなによりgood!!

もう、なんか1日中酔っぱらってる感じです。


…ってそーじゃない、いよいよ明日から富良野!かなり楽しみです。

年末は仕事が多くて雪が少なくて…みたいな感じでたったの1日しかスキーに行けず!

なので、どんなモンかかなり不安ですが…まあ、元々へたっぴだからイイですけど…orz


そうそう、今シーズンは板・ブーツ共におにゅうなんですね、コレが!

板(GS用)は188センチの新車!そしてブーツはいろいろ悩んだあげくアトミックをGET!

ただ、正直慣れるまでかなり時間がかかりそう…特に板の方。大丈夫か、オレ??

板については、初めて見たときに思ったのは、

「ゲ、まっすぐじゃん!!」ってこと。

学生の時に、いわゆるカービングスキーのはしりを見たときの衝撃に近いモノがありましたね。

こんな板乗ってちゃんと曲がれるんでしょうか??ってカンジです。

ただ、ブーツのフィーリングがかなり良いのでなんとかなるとは思っていますが。

明日から3日間は基本を意識しながらフィーリングを掴みつつ、ってカンジになるでしょうね。

そして、5日からはいよいよポール!!

木村公宣さん、他スタッフの皆さんよろしくお願いします!


さて、私の今シーズンのテーマですが、一番意識したいのはターンのつなぎ部分。

特に後半ですね。

と、偉そうに書いても課題は1つなんですけど。

それは、

『上体が回らないようにすること』

12月のワールドカップを見ていて改めて思ったのは、

速い選手は、胸でターンをリードしていること。

それには前半ももちろん重要なのですが、

自分のレベルを考えたときに、ターン後半にカラダが回らないようにすることを何より意識することが大事かな?と。

M.ラルソンなんか、常に上体が下向いてるモンね…。


と言う訳で、いろいろ書きましたが、まずは明日からの久々のスキー楽しんできます!

富良野でもなるべく更新しますので改めて皆さんよろしくお願いします!!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。