1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006年03月31日(金)

ただ儲けりゃいいってモンじゃない

テーマ:徒然

今更ながら、つくづくうんざりするのが、

スパムメールと、最近は喜ばしいことにすっかり減りましたが、エロ系のTB。

まあ、こうやってブログを書いてメールアドレスも公開している以上、

宿命っちゃ宿命だし、あきらめているんだけど。

エロは嫌いじゃないけど(むしろ好きな方★)、ああいうのはホント迷惑です。

削除する時間を返せ!ってカンジ。

いったい正体は誰なんでしょう?

まあ、アレに儲かる仕組みはきっとあるんだろうからやってるのだとは思いますが、

あんなことで儲けてナニが楽しいの?っていつも思ってしまいます。

そのくせやってる奴って、誰かに「職業は?」と聞かれたら

「IT系ですぅ!!」なんて答えてんだよ、きっと。

だからIT系って嫌いだ…(←って思いっきり偏見。)

仕事に対する誇りとか志とか、ないよな。

知り合いにエロ本の編集者がいたけど、

彼は職業聞かれたら「エロ本作ってます!」って胸張って答えていたぜ。


…とまあ、偉そうに書いてますが、

私自身はなにかと何かと世間をお騒がせして、ともすればうしろ指さされがちな

『建設関係』のお仕事。

ただ、私自身仕事に対して誇りを持っているし、志もある。


せめて仕事をする以上、『世の中の役に立ちたい!』というような気持ちを持ち続けていたいものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006年03月30日(木)

皆川賢太郎のはなし (タイトルパクリ…すいません)

テーマ:マイフェイバリットスキーヤー

昨日のブログで『勝負の春』と書いて、

かつその後にスキージャーナル誌(以下SJ誌)を読んで、思い出したことがありました。


それは、『皆川賢太郎選手』のこと。


彼が2年前の一番成績が悪かったとき、確かFISランクは90番台まで落ちていたハズ。

加藤清孝氏のコラム同様、私自身もあの頃は「賢太郎も終わったなぁ~。」って確かに思ったし、

滑りを見たときは「思い通りにカラダが動かないんだろうな」と見ていて歯痒かったし、

そんなわけで今年のこの成績なんて、ちょっと想像し難いものがありました。

まあ、私なんてシロートだしただのいちファンで無責任なものですけど、

でも少しでも悪いときの状況を知っている人(私のようなマニアを含めて)は、

昨シーズンから今シーズンにかけての彼の活躍に単純に『すごいな!』と思ったし、

まして、少しでも身近にいた人達にとってはホントに感動的な彼の復活だったのでは?と思うのです。


スキーに限らず、一流のアスリートが大怪我して、その後の復活ってホントに例が少ないと思います。

仮に戻ってきても、

一番いいときの球を投げられなかった江川卓とか、

一番いいときのカラダのキレが戻らなかった小倉隆史とか。

一流選手であればあるほど、肉体的にも精神的にもつらいものがあるんでしょう。

その意味では、村田兆治さんなんてヒジ痛から復活したときは子供心に本当に感動したし、

現巨人監督の原さんの自伝(だったかな?)を読んだときも、スゲーな、と思ったし、

今回のオリンピックでは皆川選手からも同じ様な感動をもらいました。



後は来シーズン以降の戦い方。

木村公宣さんがやはりSJ誌で鋭い分析をしていてなかなか読み応えがあったのですが、

1本目好順位から2本目へ、っていう戦い方は皆川選手含め、日本人選手はあまり経験がない。

私の記憶では、1本目でトップ3という成績は

今回の皆川選手と、98シーズンのWC最終戦の木村さんだけ。

(いずれも2本目で順位を落としています。)

そう、考えてみるとWCにおいて

2本目ラップという選手は結構いるけれども、

1本目ラップは誰もいない(ハズ)。

これも日本人にとって未知の領域、ですよね。

今シーズン後半の戦い方から、というかスタイルから見て、

来シーズン、皆川選手にはぜひ『1本目ラップ』を期待したいです。

もちろん、その上で勝ってくれれば最高ですね。


あと、読まれた方も多いと思いますが、五輪直後の彼のブログ。

本当に率直な包み隠さない気持ちを書いたいいブログでしたね。

読んでいない方はぜひご一読を。(コチラ です。)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年03月29日(水)

Spring has come.

テーマ:出来事

東京は、『雨降りぃ~♪』じゃなくて、さくらがほぼ満開のようですね。

わが釧路はというと、『桜吹雪』の桜を取ったヤツ…つまり雪降ってます、吹雪いてます。

でも、この時期のこの天気も毎年のこと、いわゆる『春の嵐』ってヤツですね。

これが過ぎたらまた一歩春へと近づくんでしょうね。

…といっても油断はできないな、なんたって去年はGW前に雪降ったし…。

まあ、まだ冬タイヤはしばらくお付き合いいただいて、ってトコですかね?


ところで、

春、というと私のような『スキー馬鹿』にとっては、シーズンの終わりを意味するわけで、

なんとなく寂しい気持ちと、そうは言っても暖かくなって気候的によくなってきて少しはわくわくする気持ちと、両方ですね。

私自身、スキー場にいる時以外は寒いのはそんなに好きじゃないし…。

さらに、東京にいたときは、

例えば岩岳学生大会(当時は3/23~3/29)が終わって家に帰ると桜が咲いてたりして、

「春っていいなぁ~」なんて思ったものです。

田舎は4月でもまだまだ寒いしね。

東京の春を体験してからはなんとなくこの季節が好きになりましたね。


まあ、選手の皆さんにとってはまだまだ重要なレースが続く(残り少ないけど)

『勝負の春』だろうし、そういう意味では学生草レーサーもそうかもしれないし、

一般の方々でいえば、

『別れの春』かも知れないし、もしくは『出会いの春』かもしれません。


私自身は、と言えば圧倒的に『出会いの春』かなぁ~。

あとは社会人になってからは『スタートダッシュの春』という感じもしますね。

スタートダッシュに関しては年度末~年度始めということであわただしくもあるし、

また初めが肝心!ということで営業の方も力が入ったり…って感じです。

そして、『出会い』!

学生時代は先生が多少変わったり、クラス替えがあったり。

また社会人になってからも新入社員が入ってきたり、といろいろ楽しみはあるわけです。

今年は私の勤務先も新入社員が3名入ってきます。ちなみに全員女性です。

(前に書いた、アスリート採用はかないませんでしたが。)

そして、それの準備として事務所内の模様替えがあったり。

なかなか、あわただしくもリフレッシュ気分と多少感じるような、そんな思いです。

そんなわけだから、

この春から新天地(進学、就職、転職、転勤等)へと赴く皆さん!

私たちは楽しみに待っています、あなたたちを!!


あともう1つ。

私の営業車(=公私混同車)が、ひょんなことから新車にチェンジ!です。

といっても4ナンバーのライトバンですが。

でも4WDだし。(あと2ヶ月早く来て欲しかった!)

早速今日の天候、4WDパワーを発揮しました!

でもねぇ~、いまどき『マニュアル車』ですよ…(嫌いじゃないからイイけど。)

「マニュアルでもいいから4WDにして!」と言ったらホントにそうなりました。会社も律儀だなぁ。

まぁ、これも一種の『出会い』ですかね。


しかし、今日のブログのキーワード、ヘンなコメントやらTBやらきそうだな…、関係ないけど。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年03月27日(月)

大変ご無沙汰してしまいました…

テーマ:徒然

約2週間ほどの放置プレイ…失礼致しました。

『なんでブログ更新してないの?』と連絡いただいた方々、申し訳ないです。有難うございます。

なぜ更新できなかったか、言い訳は以下の通りです。


① 単純に年度末の業務多忙による時間のなさ。


② 勤務先の事務所改装に伴い、社内でのインターネット利用制限。


③ 1週間の札幌出張。


ちなみに、札幌では講習会4日間、営業、あとは資格試験、って感じでした。

講習会は同じ会社の人と2人で行ったのですが、

夜は仕事についての熱いハナシを酒を飲みながら連日…って感じで、

講習とは別に、非常に有意義な時間を過ごせたと思います。


しかし先週の日曜日(3/19)は忙しかったなぁ…。

朝5時に起きて、ワックスを剥がし、糠平スキー場(大会)へ。

大会終了後、急いで釧路へ戻り、

着替えて最終のJRに乗り札幌へ…って感じでした。

午前中はジャージ及びワンピを着ていたのが、

夕方にはビシっとスーツに変身ですよ。

なんかデキるビジネスマン!!って感じしませんか?


…少なくとも私は勘違いしてました…ええ、勘違いです。


先日の糠平の大会ですが、DF、つまりトキですわ…。

天気が悪く、コースコンディションも良くなかったせいか、

はたまた自分のスキルが低いせいか

(多分後者だな)、

1本目でラインが大きく外れて、溜まった雪に突っ込んでしまいました…。

見事にスキーは外れ、右側の肘、肩、腰に痛みが。

なんか、スキーも気持ち曲がった(壊した)ような気がする…。

糠平の大会は2本合計で順位を競うのですが、草大会ということもあってか、

1本目トキっても、2本目は滑らせてもらえます。

しかし、こんな低いテンションで滑る2本目は最悪…。

ホントに流して降りただけって感じでタイムも論外でしたね。


で、転んだときの痛みなんですが、肘はまだ痛い…。

あと、腰ですが、2~3日で痛みは引いたものの、だんだん肋骨に沿って前の方が痛くなってきた感じ。

で、昨日が痛みMAXだったので今朝病院に行ってきました。

診察結果は「肋骨にヒビ入ってます。」だって。

コレはやはりスキーのせいなのか?

少なくとも出張中は肋骨痛めるような激しいことはしてないし…。

(せいぜい有料番組くらい。)


今度の日曜日は今シーズン最後の大会。

富良野の『木村公宣杯GS』。

それまでに痛みが引いて欲しい…。


あ、あと『なんとかしてーな、ダサいな。』と思うことをもう1つ。

それは、数少ない私のスーツですが、

通称『社会の窓』の近くにタバコの跡がついているのです。

買えばいいだけのハナシなんだけど、私の小遣いは全部スキーにいってしまったので

スーツ買う金なんてもう残ってないのさ!!

とりあえず、股間を隠すのに必死です…。


あぁ、スーツ欲しいよ~。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年03月14日(火)

♪もうすぐ春ですね

テーマ:05~06シーズン

タイトルは、先日の志賀のWCをTVで見ていて思ったこと。

アレは恐らく日本独特なんでしょうかね?ヨーロッパではあり得ないらしい。

何のことかというと雪質。

高い気温で溶けてザクザクというか、シャワシャワというか…。

おそらくスノーセメント(=硫安)もバンバン撒いていたのかな…なんて思いました。

私自身、あの雪質は苦手。

例えば学生時代、岩岳大会なんてスタート順が遅かったこともあってか、

自分の滑りは全然出来ませんでしたね。


今は…といえば天然のハードパック、すなわちアイスバーンが3月いっぱいは楽しめる環境です。

この間の日曜日の阿寒湖畔スキー場はスケートリンク並だったらしい…と行った人が言っていました。

前日に雨が降って地固まる…ではなく凍ってしまったらしいのです。

ココの駐車場は傾斜があるのですが、駐車場も超アイスバーン!

サイドブレーキをかけてもクルマがずり落ちるくらいだったらしいです。


3月いっぱいまであんなハードバーンで滑れるスキー場なんて阿寒くらいしかないんじゃないか?

っていつも思います。

…まあ、他にもあるだろうけど数少ないスキー場ではあるでしょうね。

去年は3月末にFISレースが行われていたので、選手の方で体感した方もいると思いますが。

(どーでしたか?)

ちなみに今年はB級に格下げになるようですが…。


それはともかく、こんな素晴らしい環境がありながら、スキー場自体は3月いっぱいで営業終了。

シーズン初めも、全国各学校が合宿に来たりしているのだから、学校の春休みを利用しての合宿に、

GWまでは開放すればいいのにね…と思うのは私だけでしょうか。


阿寒のことで思い出したので、ついでにもう1つ。

右側の急斜面(レースが行われる方)、コース幅をもっと拡げて欲しい。

せめてGSが2セット張れるくらいまで…ってそれは無理かな?

もしコレ読んでくださっている関係者の方がいましたら検討して欲しいですね。

阿寒町も釧路市と合併してスキー場の経営形態も多少変わるらしいので、

その辺含めてどうなんでしょうね?


(ってなんだか今日はおもいっきりローカルネタでした…。)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年03月12日(日)

甘くはない…ってことかな

テーマ:05~06シーズン

今週から3週続けて、糠平で草レースが行われます。

通称『糠平3連戦』。

で今日はその初戦でした。


結論から書くと、組別では10人中7番。

2本勝負ですが、ラップからは1本あたり2秒半くらいの差。

目標は『1秒以内』だったので、程遠い内容です。

まあ、今日の結果はそんなに悔しくない。

…ていうか自分自身まだそんなに速くなってないなってコトにがっかりした。

がっかりしたけど、その現実をすんなり受け入れられたって感じでしょうか。


フィーリングとしては、今日はそんなに悪い滑りでなかったと思う。

スキーもよく滑っていたし、全体的にはある程度思い通りのラインをつけた。

…でも遅かったのは客観的事実。


敗因を考えると、


1.やっぱり緩斜面、すなわち、クローチングターンがへたくそなんじゃないか、ってこと。


富良野でも、アタマの位置をずいぶん指摘された。

アタマの位置が高かったり、動いたりということがあるのだと考えられます。


2.体力のなさ。


滑りを多少修正して以来、かなり腰にくるようになった。

単純に筋力不足だと思います。

あと、今日のような長いコース(といっても60秒前後ですが)になるとツラいものがあります。



けれども、この2つって些細なことで、根本的なところで何かスゴイ差があるんじゃないか?

とも思ってしまいます。

その根本的なところとは?


…これが分からない。そこが帰りのクルマでずぅーと考えながら、落ち込んでしまったところです。

分かれば対策の立てようもあるのですが。


例えば、違うアプローチをするべきなのか?(例えば基礎スキーを勉強する、とか)


結論は出ませんね…。


こんな落ち込み気味の私ですが、うれしいことはと言えば

私を一番最初に糠平に誘ってくれたKさん、彼と私とは勝ったり負けたりなのですが、

彼が負けたときには、私に

『ナイスラン!』

と声をかけてくれること。

かなり救われるし、うれしい一言です。

私も、『Kさん、速いっスねぇ~。』と言ってますが。

(傷のなめあい?いやいや違いますよ。)


まあ、なんにしてもあきらめている訳ではありませんよ。

来週も糠平に行きますが、とりあえず今やれることを精一杯やってきます!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年03月11日(土)

決戦は日曜日

テーマ:05~06シーズン

まず今日のWCですが…


今日は生で観戦しましたよ!…って2本目からだけど。

3人とも(湯浅、皆川、佐々木)ゴールした時点でトップ!でかなり楽しませていただきました。

で最終戦は、ようやくアキラは第1シードのファーストグループ。

また、優勝へと一歩近づいたのではないでしょうか?

賢太郎共々、最終戦もがんばってほしいですね。

湯浅は惜しかったなぁ…でも来シーズンは第2シードだし、一気に階段を駆け上がってほしいですね。



さて、私はいよいよ明日、決戦の(?)糠平です。

レベルも高いし、かなり楽しみ!心配は天気だけですね。

ところで、糠平のことを考えていてあることが思い浮かびました。

実は、私の緩斜面の滑りって遅いかもしんない…と最近になって疑念が生まれています。

中急斜面もたいしたコトない、そして緩斜面も遅い…いいトコないじゃん!みたいな。

1つはクローチングターンがへたくそなんじゃないか?ってこと。

要は股関節の可動域が狭まる分、ターンも遅れ遅れになっているような気がするのです。

そこで考えたこと、というか疑問。


「ターン弧の深さによってはクローチングを組みながら上下動した方がいいのだろうか?」


ってこと。


上下動といっても大げさではなく、

切り替えのときに胸とヒザの距離を多少長くとって

その分股関節が動けるようにした方が良いのでは?

ということ。


どーなんでしょう?


と言うのも、糠平のコースですが、ココはスタートしてしばらく緩斜面なんです。

セットにもよると思いますが、前半から中盤にかけてはほとんどクローチングターンになる(ハズ)。

この前半でタイムを稼ぎたい!


とりあえずは、八木橋拓史さんが書いていた『糠平攻略法』 参考にしながら明日も攻めてきます!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年03月09日(木)

オイテクルですよ、オイテクル!

テーマ:Ski technic

『オイテクル』


と言えば、『SLAM DUNK』の中で、花道がレイアップシュートを覚えるためのイメージ。

要は余計な力を使わない、ということ。

このイメージをある友人はボウリングの時に応用し、しびれるようなスコアを出したことがありました。

その名も『ハナミチ投法』。

「オイテクル!」と叫びながら投げていました。



そんな前フリはどうでも良くて、今シーズンの私にとってのキーワードの1つがやはり、


『オイテクル』

でした。


それは、前にも書きましたが、富良野にてコーチから言われた一言。


「両手に箱を持って、ターン前半にその箱を次のポールの内側に“オイテクル”イメージで…。」


ターン前半に肩から入っていく悪癖を直し、

前半からフォールラインを意識するためのイメージの言葉がコレでした。

同時に私にとって、

いままでのターン前半のイメージが間違っていることに気がつかされた瞬間でもありました。

でもコレって今まで以上に腹筋背筋、そして太もものウラの筋肉を使うような気がします。

かなり腰にきました…(←やっぱトレーニング不足?)


まあ、前フリの『オイテクル』とは多少意味が違いますが、

私にとっての『目からウロコが落ちる』一言でした。

この『目からウロコが落ちる一言』は、

実はもう1つあるんです。


それは…


ナイショ!


じゃなくて、次回以降に。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年03月07日(火)

スキー場で聴く音楽って…

テーマ:音楽

スキー場の音楽って、滑っているときは気にならないけれども、

リフトに乗っているときって気になりませんか?


私が小さい頃は、例の優雅な音楽…あれ、何て曲名なんでしょうね?

本当なら口ずさんでみたいところですが、いかんせんブログなので出来ず…。

誰か分かります?

(分かんないよな、こんな質問のしかたじゃ。)


学生時代、スキー場でバイトしていた頃で一番印象に残っているのは

猿岩石の『風に吹かれて』(…ってタイトルだっけ?)


♪風にぃ~吹かれぇてぇ~歩いてぇ~ゆくのさ…、ってヤツ。


レッスン中お客さんに歌って聞かせたらドン引きでした。

スキー場で聴いて覚えた曲ですね…って情けな。



そして、2006年、と言えば、どこのスキー場

(と言っても阿寒と富良野しか行ってませんが)

でもかかっている(であろう)、そして印象に残っているのは、

ソールドアウト、ジブラ、あとは宇多田ヒカルあたりでしょうか?

リフトに乗っているときってボーっとしながらでもなんか覚えちゃいますね。



そうそう、よくわからないのが我がホームゲレンデの阿寒湖。

最後は必ず


『いちご白書をもう一度』


がかかるんですよね。

そして同時に、


『ようこそ、国設阿寒湖畔スキー場へ…』


ってナレーションがかかるんです。


う~ん、寒さ倍増…

「とっととウチ帰ろ!」って気分になります。

なんか、ガキの頃の町内放送の『夕焼け小焼け』に似たモノがありますね…。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年03月06日(月)

Young Love

テーマ:05~06シーズン

♪いま10年たって、若すぎた日が妬ましい~


と思わず口ずさんでしまうような、そんな週末でした。


先週の金曜日、某会議及び懇親会出席の為、阿寒湖温泉へ行って来ました。

・・・つーか、要はアソビみたいなもん。(って言ったら怒られるかな?)

私はといえば、夜中の3時過ぎまで麻雀にお付き合いしてしまいました。

そして翌朝は7時に起きてスキーへ。

スキー場に行くと、少年団はスラロームをセットしていました。


…一応は両方準備しているし、いっちょやってみるか!

って感じでほぼ6年ぶりのスラロームをやる事に。

しかし6年ぶりくらいといっても、実際にレースに出ていたのはもっと前。

つまり、ショートカービングになってからはほとんどスラロームしたことがない…。

練習になったのかどうか分かりませんが、とにかくびっしり滑りました。

最後には学生時代から使っていたストックを折ってしまうオマケ付き…。

…ガックリきたけど壊れたのが自分のカラダじゃなくて良かった…ってことにしておこう。


そうそう、練習中に阿寒のコーチの方から、「明日は出るんですか?」とのハナシが。


明日?何のこと??


釧路市民スキー大会が阿寒ロイヤルバレイスキー場 で行われるとのこと。

知らなかったよ。

まあ、練習にはなるかな、という軽い気持ちで参加することにしました。


帰る途中にスキー場へ寄って「飛び入りですいませんが…」と申し込みをし、

急いで帰ってジムへ!…ではなく友達との約束があったので夜の街へ。

「明日は大会があるから今日は早く帰るぞ…!」

という宣言も馬の耳に念仏、結局2時近くまで飲んでました。



翌日曜日の大会、

相変わらず私のクラスは参加が少ない…今回も2名。

そしてコースは全部緩斜面で上から下までクローチング。

で結果は…2番、つまりビリ…。

わずかなタイム差ではありましたが負けは負け。

同じセットを2本滑るというものでしたが、特に2本目は全然タイムが伸びなかった…。

見ていた他の選手からも「スキー滑ってなかったね。」と言われました。


余裕で優勝!と思っていたのですが、ナメすぎましたね。

今回の敗因は体調やマテリアル等含めてまったく準備していなかったの一言に尽きます。


ただ、今回は出場してよかったな、と思いました。

まずうれしかったのは、昨晩一緒に飲んだ友人Nが応援?冷やかし??に来てくれたこと。

彼は昨夜酔っ払って、

「オマエより速く滑れる!!」

とか言っていたので、(ちなみに競技未経験者)それを来シーズンは是非証明してみて下さい、

と挑発しておきます。

(できれば夫婦同伴で、来シーズンからアルペンレーサーの道へ!待ってるよ。)

あとは、この大会が行われたスキー場をベースに練習している草レーサーが結構いたこと。

何人かに「一緒に練習しましょう。」と声をかけられました。

わずかながらも、仲間が増えてきそうです。



そして、週始めの今日、未だカラダのダメージが抜け切れません…。疲労感のある一日でした。

しかし、学生時代だって夜中まで麻雀やったり酒飲んだりしてても

次の日はシャキッとして大会行ったモンだけど…

やっぱり若くはないんだな…と実感。


来週は体調万全!で頑張ります。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。