1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年09月29日(木)

ばりばり!

テーマ:出来事

明日はかなり忙しい日になる!はず。

早朝から深夜までフル回転!


まだ、段取り中…(只今21:55)


気合入れていくぞ!



冬も近いし、E感じ☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005年09月28日(水)

イメージトレーニング

テーマ:オフトレーニング

どうも最近は、公私ともに一難さってまた一難…って感じです。

ホント、すんなりとは行かないモンです。

だた、一時期のテンションが低いのは脱してきた感があるので、なんとか頑張れそうです。



さてさて、最近はトップスキーヤーのブログに動画がアップされているページが多くなってきました。

以前に渡辺靖彦選手 の動画について書きましたが

その他にも、星瑞枝FANさん関塚真一さん栗山太樹選手土樋梓選手 などなど・・・。

ダウンロードして、暇なときに見ています。

まさしく、ブログ効果!

いいイメトレになります。皆さん、ありがとうございます m(_ _)m

他に、動画のあるブログってあるのかなぁ?

もし、いいのがあれば教えてください。


私の滑りもアップしようかなぁ…?

で、みなさんに「ここを…したら?」と教えていただく、というブログ上のレッスンとか!

どうですかね?


ずうずうしいか…。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005年09月27日(火)

日曜日の反省

テーマ:オフトレーニング

久しぶりにインラインをやったことを昨日のブログに書きました。

「いい練習が出来た!」のはホントですが、

冷静になって考えてみると、その中にもいくつかの課題、反省点が見えてきたので、書いておきます。



その1:ハイスピード下での動き。


昨日書いたように、坂が長かったので、かなりのスピードが出ている感覚でした。

その中で思ったのは、これはスキーのときも一緒なのですが、

『ただ乗っているだけ』という風になってしまうことです。

ハイスピード下においても、さらに自分からスキー板に働きかけ、

更なるスキーの走りを出せるような動きをすることがこれからの課題でしょう。


その2:切り替え時の不安定さ。


ターン後半~切り替え~ターン導入、の局面において、

うまくスキーを走らせることが出来ていないような気がします。

上体を真下に落とすような意識を心がけたのですが、

どうも切り替え時にストップの動作が出ているような気がするのです。

いろいろと解決点はあるのでしょうが、一番は、

『ターン後半でお尻が落ちる。』というところにあると思います。



以上、2点に注意してまた練習したと思います。




朝錬しよっかな~?


でも、朝、起きられないな…。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年09月26日(月)

充実したぜ、フォ~!!

テーマ:オフトレーニング

昨日はかなり充実したトレーニング(?)が出来ました。
午前中は出社して雑用をこなし、blogを更新(←ナニやってんだ…)。
そのあと、バッティングセンターへ。
日頃の筋トレの成果なのか、スイング、打球のスピード共に速くなったような気がします。
幼なじみの同業他社H氏から誘われているので、

そろそろ草野球デビューかな?(もうシーズン終わっちゃうけどね)
スキーにはほとんど関係ないでしょうけど…。


その後、近所の公園へ行ってインラインスケートに乗ってきました。
ここは坂道が長く、ロングターンで14~5くらいのターンになります。
近くにこんな良い練習場所があったとは!
足で登って降りて…と1時間半ほど、感覚をつかむのにはかなり良い練習になりました。
今度コーン買ってきて練習しよう!


そして今朝はバリバリの筋肉痛!!
普段の筋トレでは使わない筋肉が刺激されたのでしょう。
捻り系の腹筋・背筋、首の横(←これはよくわからない)、前脛骨筋、etc…。
やっぱり、他のスポーツも、特に走る系は、やらないと…ですね。



結構きついけど、なんとか仕事を終わらせて、今日はジムに行きたいなぁ…。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年09月25日(日)

ありがたい出来事

テーマ:出来事

北海道は季節はすっかり『秋』って感じになってきました。朝晩は涼しいです。
そういえば、大雪山の初冠雪のニュースも先週飛び込んできましたね。
うーん、シーズンは近い…しかしトレーニングは最近ヤバい…。


さて、先日のことですが、取引先の社長から随分厳しいお言葉を頂きました。
言われた内容については、身に覚えがあることが半分。

身に覚えがない事、つまり私が無意識のうちに人に不快な思いをさせていること、が半分くらい。
言われたときはかなり凹みました…。

ただ、こうやって私にとって耳の痛いことを言ってくださる方は非常にありがたいなぁ、と。
よく言われる言葉ですが、『怒られるうちが花』ってね。ホントにそう思います。

社会的立場が上がっていくと、

自分自身も「これでいいんだ」と、どこか勘違いしてしまうことも少なくありません。

なかなか厳しいことを言ってくださる方は少なくなってきます。

まだまだ私も半人前であることは分かっているのですが、ついつい…反省。


私自身、人間としてまだまだ発展途上です。

そんなことを改めて気づかされ、胸に染み入るというか、肝に銘じるというか…。

そんなことを考えた週末の出来事でした。


社長、ありがとうございます。今後もよろしくお願い致します。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年09月24日(土)

ほんの少しの希望

テーマ:Ski

昨シーズン、悔しい思いをした、と何度か書きました。
それは、地元で行われた草レース、私は成年組で出場しましたが、参加人数はわずかに5人。
うち一人はDS。
そして私の順位は4位、つまり、ブービーメーカーでした…。


正直、こんな田舎の草大会なので「余裕で勝てる!」と思って望みました。


あま~い!!


3年のブランクはそんな簡単なものではなかったでしたね。
ゴールして自分のタイムを見たときは「ホントかよ…」って感じでかなりがっくり。
一瞬「はずかしいな。スキーやめようかな。」とさえ思いました。


そんな私に「3月の糠平の大会に出ない?」と声をかけてくれたヒトがいました。

なんとありがたいおハナシ。
結局、通称『糠平3連戦』と呼ばれている、十勝地区の草大会にでることにしたのです。


その誘って頂いたKさんのハナシから想像はしていたけれど、


レベルが高い!


で、阿寒で打ちのめされた私は出るに当たってひとつのことを考えました。


「高いレベルと一緒にやったときにどれくらい差がつくのだろう?」って。


つまり、自分自身、現状のレベルはどうなのか。

3連戦の間にどれくらい詰められるか。


で第1戦目。前日の降雪の影響でバーンが柔らかかったこともあり、ラップとの差は6秒弱。
第2戦目。前の週とは打って変わってハードバーンに。ラップとの差は4秒強。
第3戦目。この日もハードバーンでした。ここで私は目標を立てました。


「ラップとの差を3秒にする。」


結果は2秒9。これは結構うれしかった。と同時に少しだけ希望の光が見えたような気がしました。
「オフにほとんどトレーニングしないでここまで出来た。

来シーズンはきちんとトレーニングしてもっと差を詰めてやる。」


とまあ、こんなレベルの低いハナシですが、

こんな悔しさと少しの希望が私の今シーズンのモチベーションとなったのです。


ちょっと最近、またトレーニングをサボり気味です…。
でも、これ書いたらやる気が甦りました!


やるぞー!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年09月22日(木)

あま~い!!

テーマ:徒然

思わずやってしまいました。
『恋愛頭脳』というサイトです。
(いいトシしてナニやってんでしょう…)


お暇な方はどうぞ。(特に女性陣)


http://hanihoh.com/love/index.cgi?checkname=kussy&mystat=425232707


ちなみに私の恋愛レベルは14段階中7。

『中学生レベル』でした。

はずかし!!

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年09月21日(水)

やっぱり

テーマ:出来事

地震がきました。


震度4でした。


050921地震


これ は関係あったのでしょうか…?


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年09月21日(水)

へっぽこ草レーサー 技術選を語る

テーマ:マイフェイバリットスキーヤー

私がメディアを通して初めて「スキーってかっこいいな」と思ったのは、
スキージャーナルの『技術選』特集です。
当時、小学校5~6年生の頃は、佐藤正人、渡部三郎の全盛期。
彼ら2人で交互に1位2位を繰り返していた頃です。


私は一人の選手に注目していました。
『渡辺一樹』
当時、中大4年生。

インカレチャンプという肩書きで学連から初めて技術選に出場。
なんとなくだけど「この人に注目してみよう」と思わせる雰囲気がありました。
その後、まもなく技術選でトップを争う選手になったのはご存知の通りです。
(ちなみに、渡辺一樹デモのデビュー戦の年のスキージャーナルはいまだに実家にとってあります。)


時は流れ流れて大学生のとき。
何かの大会(確か岩岳だったと思うが定かではない)での前走で滑った選手。
『宮下征樹』
当時中大3年生。

体は小さいが、静かな感じで降りてくるその滑りに私はすっかり魅了されてしまいました。
「いつかメジャーになるんじゃないか」って。
その後の技術選での活躍は説明するまでもありません。


そして去年、気になる選手が出てきた。
スキージャーナルに出たその人の連続写真は
「かっこいい!」の一言。
ファンになった。
去年は成績が出なかった(といっても決勝42位!!)けれども
近いうちに成績を出すだろうし、

やがてトップデモになることを期待して見ていたいと思います。


あと、これ書いて気がついたのですが、

学連出身で技術選優勝者は、

奇しくも『中大スキー部』出身者なんですね。


80年代後半には、渡辺一樹デモが出てきました。
90年代後半には、宮下征樹デモが出てきました。
00年代後半には、誰が出てくるのでしょう?

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年09月20日(火)

高い目標

テーマ:他のスポーツ

高い目標を掲げているプレイヤー、またはチームは、

ひとつの勝利に一喜一憂しないことが多いですね。

例えば、スキーの場合。

FEC(ファーイーストカップ。ワールドカップの下のカテゴリー。)のタイトルを獲る!

という目標を掲げているとすれば、

12月の阿寒のSL(FISレース)で勝っても大喜びはしないはずで、むしろ、仮に優勝したとしても、

「ここが駄目だった。」なんて反省点がまず出てくるはずです。

そんな選手は傍から見ると、

「勝ったくせにナニ言ってんだ…」という、嫉妬の気持ちがありつつも、

「コイツはスゲーぞ。」って思うのではないでしょうか。


そんなことを感じたのが、週末に行われたラグビーの

『早稲田大学vsケンブリッジ大学』の試合でした。


あの、名門に33対8という圧勝。

相手のコンディションはどうあれ、スピード、パワーともに圧倒しており、

私自身の対外国チームとの試合(ラグビーの場合ね)の先入観を吹き飛ばす、

すばらしい試合だったと思います。


しかし、昨日の新聞(読売新聞)では、反省の弁ばかりが口をついていたようで、

逆に『目的意識の高さ』を浮き彫りにさせる結果でしたね。

新聞にも書いてましたが、『社会人チームに勝つ』という高い目標でやっているので、

このような反省点が出るのでしょう。


メンタル面では他の大学と比べてもものすごい差がありますよね。

他の大学は(恐らく)、『大学日本一』と言う目標に対して、

早稲田は『日本選手権優勝』なんだから。


私自身も、たまには『強い大学生を見てみたい』という気持ちもあり、

その意味では、今期の早稲田は大注目です。

日本選手権は何処までいけるのでしょうか?


期待してみます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。