こんにちは、アルパ青山の小山礼子です。


新緑が芽吹き、青空が一層、映えて綺麗ですね。


新しい環境に身を置かれている方も多いこの季節。

新たな人との出逢いも多いのではないでしょうか?



今回は、

『恋愛の3つの発展段階』について書こうと思います。



出逢いから結婚までのプロセスは

3ステージの発展段階があり、

『SVR理論』といいます。



第一段階:出逢い~『刺激ステージ(Stimulus)』


相手の顔・スタイル・服装などの容姿、

表情、仕草、行動に魅力を感じる段階。

つまり、相手から受ける刺激が重要な段階です。


相手の外見から受けるイメージが、

自分の理想の恋人基準に合っているどうか

判断します。



第二段階:恋人~『価値ステージ(Value)』


二人がお互いに第一段階をクリアすると

お付き合いが始まります。

交際期間に重要なのが、価値観が同じであること。


趣味、趣向、関心などお互いの相性が合うかどうか

ものの考え方や物事に対する態度が共通するかどうかが

重要になります。


一緒にいて楽しく過ごせるかどうかが大事なのです。



第三段階:結婚~『役割ステージ(Role)』


二人の価値観が似ていて、楽しい時間を過ごす中で

将来を共にするかどうか考えるようになります。

そこで重要になるのが、お互いの役割です。


結婚生活をスムーズに営むには、

お互いの長所と短所を上手く補い合っていく関係が重要。


この補い合う関係性を築けるかどうかが

結婚の決め手となりそうです。




我が夫婦の事例で、この『役割』を簡単に補足します。


先日、毎年恒例のお花見散歩をしている最中、

あまりの綺麗な光景に、それぞれ桜を撮影した結果、



私が撮った桜


小山礼子のオフィシャルブログ        ~アルパ青山(会員制結婚相談所)~-桜(礼子)


旦那さんが撮った桜


小山礼子のオフィシャルブログ        ~アルパ青山(会員制結婚相談所)~-桜(旦那さん)


写真を見ると、お互いの性格がよく現れています。


同じ桜を見ていても、心に収めたい桜は違うようです。


私は、桜そのものを美しいと感じるのです。

つまり、一点に焦点を当てて物事を捉える傾向があります。


一方、旦那さんは、

桜が周囲に溶け込んでいる風景を美しく感じている様子。

一面の菜の花と桜並木、そこを走るメタリックな総武線の

コラボレーション。

私にはない視点で、これはこれで美しい!と感嘆しました。

旦那さんは、全体に焦点を当てて物事を捉える傾向があり

私とは異なります。



このお互いの異なった視点や物事の捉え方

どう補い合っているかといいますと、

分かりやすい家事を例に、「掃除」で説明します。


例えば、台所掃除。

私は、1時間かかるところ、

旦那さんは、ほんの10分で終わらせます。


旦那さんは、全体をパパッと片付けるのです。

全体を通して、特に目に余るところを集中して掃除します。


一方、私は、目に付くところはもちろん、

細部まで掃除をしないと気が済みません。

シンク、コンロ、換気扇、果てには食器棚や家電まで。

ここまでやると有に 1時間はかかります。


そのため、我が家では

日々の簡単な掃除は旦那さん、

週1回の大掃除は私と役割を分担しています。


お互いの長所と短所を考慮して

必要な家事の役割分担を決めています。


共働きの夫婦が増えいている中、

『相補的な役割分担』という考え方は

今後、ますます重要になっていくと感じます。



『SVR理論』

出典:

Murstein, B.I. 1977

The stimulus-value-role(SVR) theory of dyadic relationships.

In S.Duck(Ed), Theory and practice in interpersonal attraction.

Academic Press.




アルパ青山(㈱アルパ)  小山礼子


AD