あれから あれからとは福島原発事故からだ
食品のすべて安全とは言えない事は 分かっている人も 多いけど
不安をあおるのでなく 事実 栃木県の学校の給食の
ごはんから 規制値以上の数値を記録して 問題に なっている
今年の 春 つい最近です

原因は 混ぜご飯の タケノコが原因と言われているから
恐ろしい
混ぜんご飯の タケノコが 計測方法は分からないけど
タケノコだけなら 500ベクレル超えだろう

いまだに 時々 これはためだ と言う 食材に多いのが
以前と変わらない食材が多い

ただ 地域により 非常に少なくなった これは事実です

ただ きのこ類 たけのこ イノシシ ワカサギ いわな
などは 依然として 不安が残ります

魚の検体が少ないので どちらかと言えば 農産物が最近の
検体が多い

ですから 食べ物だけでなく
旅行などの 食べ物や 外食の食べ物は 考えて食べる
ことか 良いかもしれませんね

しばらくぶりの書き込みですが また書き込みは致します

















AD

事故から 早くも5年が 近くなりました
汚染の強かった地域は 別として だいぶ 沢山の
食品が 安全レベルになってきたようです

群馬県の水道水や関東の水道水
問題の水道水も 20か所以上検査しても ゼロ
ベクレルになってきています
群馬県でも 水道水が心配なところは少なくなって
来ているようですが 半面 清水や湧き水は まだ
若干 一リットル 数ベクレル程度になり
ほとんどの地域でも 摂取しても 心配ない程度に
なってまいりました

数年前が 嘘のように 野菜やイチゴなど 安全に
食べられる様になった
群馬のイチゴ 5か所程度 ゼロベクレル
白菜 ダイコンなど ゼロベクレル
ただ 汚染の少ない地域であり まだ 山の湖などで
とれる 魚は問題は残ります

福島第一原発の事故当初と比べると 榛名山の高い
レベルだった 湖畔 峠は不安は残るものの 観光
程度なら 心配ないレベルまで 下がってきた
すべてではありません

ただ この数年で 何があったのか
課題は 残されているようです
データー公開していた 人たちが姿を消しただけ
というより 何らかの圧力があるのか

人に与えた 放射線被害は マスコミでも何も ふれ
ていない 情報が全く 消えてしまった状態ですから
報告する人がいなくなったこと

最近は 茨城や千葉からの 魚介類のサンプルも無く
全く 分からない状態です
それだけ 一般の人は 気にしていないという事かな
検体の依頼が 無くなった

ただ 群馬県では
食べられる物は 大きく広がり 汚染も少なく
なって来たと言うことは 願ってもない事です
思ったよりも 早く消えてしまった 汚染食材
少なくなった 汚染食品
海の生物は 大丈夫なのが 少し疑問ですね
茨城の人は 最近の魚は 脂肪が乗って 大きめの
魚が取れるということですが

どこかに消えたのか しまってない事を祈ります

原発も 徐々に再稼働してくるようです
電力の自由化で 少しは変わるのか

変わったことがあれば また 報告します









AD

秋の味覚に 食欲の秋ですが 安心はしていられない
ですね
今年は 福島のお米が 200ベクレル越えが 出て
問題に なったり 検査しているのですが
ただ 片側から 計測する インチキ機器で 測るから
問題はやまずみですね

さて あのコメはどこに消えるのか 考えたことありますか
加工されることが多いようです
せんべい 米粉など 事故後に なぜか 米粉の製品が
増えたのは 価格が安いいからなのか
もちもち感がいいらしいが

さて 県内の汚染の強かった地域の リンゴやフルーツ類が
出荷されています また 野菜も出荷しているようです
「 検査はしていません 」
いまだに 土が意外と 汚染が高く
土の入れ替えもしていない 土の改良もしていない
ほったらかしの 農家が多すぎるのです
まず 9割の農家は 農地の土の改良 入れ替えなどは
していないようです

県内でも 栗や原木のシイタケ キノコ トウモロコシ
キャベツなどから セシウム反応が出ています
肉類も 高原の肉類は まだ 安全といえません
牛を 広い土地で 草を食べさせる肉は最悪です
当然 隣の県も同様です

最悪なのが 田舎の地域の水道で 雨が続いた時の
サンプルでは セシウムが出ています
また 安全宣言した地域の 山菜や 木の実などが
いまだに高い セシウムが出ています

なぜか 県の試験データーでは 軒並み ゼロベクレル
検出なしですから 実際のデータと 大きく異なります
これは 安全宣言を 自治体から出したい からでしょ
うと思います
今年の 榛名の魚も 高いベクレルが出ているので
今年も わかさぎは 危険といえます
とうぜん 赤城山も同じでしょう
ただ 榛名も赤城も 夏は涼しく 観光の場所では
事故さえなかったら とてもお勧めの場所なのですが
これらの場所で 一番の犠牲者は 子供でしょうね
知らないから 出されたものは食べる

夏は やはり多いのが 東京から 林間学習や
山遊びの子供たちですね
赤城では 東京から ボート遊びにも来ています
これも 事故がなかったら いい場所ですが

いえる言葉は
セシウムやストロンチウムの 半減期は 分かって
いると思います
事故後 30年間は 汚染は続くということ

決して 忘れてらない
安全は まだまだ 遠い ですね






AD

最近多いのが 土の検査が増えている 依頼主は
大半が 関東の茨木 千葉 栃木 群馬などが多い
家を建ててから 長い期間の放射能の残留期間
悩む前に 検査の依頼が多い

家は ほとんどの家庭では 一生に一度の買い物
家によっては 子供の代まで住むから 汚染してた
ら もう どうにもならない

群馬では 庭の土が 500ベクレルを超える
家も多数ある 建ててから どうしようという
人もいるくらいです

たかだか 数万円の検査で 一生後悔するなら
調べたほうが良いかも知れない

次に多いのが 家庭菜園は 変わらずセシウムが
出る場所も多い
家庭菜園の周りの 農園も同様と見るべきだが
農協に出荷しているようです
「 検査省略だから 良いのかもしれないが 」
はたして 消費者は 知らぬが仏様なのだろうか

いまだ 魚介類の検査依頼も多く セシウムは
出る場合と 出ない場合 まちまちですが
全て安全なて 数年の期間では考えられない

自己判断で 「 大丈夫だろう 」判断が多い
よく聞くのが
食べちゃつたよ
放射能の恐ろしさを忘れている 人が ほとんど
だが なんらか 体の不調で 最気になり 気に
する人も多くなっている

来年で 既に五年
自分の周りや 周辺で いかがですか
最近は テレビでも癌の 発生率が 急激に
上がっていると 放送もあったばかりで
忘れていませんか 食生活

たしかに 4年前とは 状況は変わって来ている
けど 癌などは 増え続けている
食品の添加物等は 癌の誘発する恐れの 添加物
さらに 農薬まで 規制で 少なくなっているのだが
がんの発生率は 増える一方だから
そして 急性が多いこと

さて 土地の検査は 後悔する前に 検査はしたほ
うが良い また 土地を買う前も 検査して
建てたほうがいいですよ
特に子供がいる家庭では 庭の検査も必要ですね
庭の 子供の遊び場など
食べ物を注意しても 汚染の土の上では 恐ろしい

少なからず 何名もの人が 庭の土の入れ替え工事で
50万 100万かかる人も 少なくないですから
そして 家には 子供がいるので
子供は 庭で遊ぶことが多い
ただ 家の下の土は 入れ替えができないからね

テクノ坂上放射線研究室
土の検査 食品の検査 水道水の検査

詳細は ご連絡ください
土地の採取方法 どこからなどのアドバイス
027-372-6197

家の土の検査は 50坪の土地でも 5箇所
80坪なら 8箇所から 10箇所の検査は
必要となります
特に 庭の部分になる 土は検査は必要





さて 秋の深まりと 食の秋ですが 少し待ってよ
さて 今年の栗はいかがな 数値なのか気になるので
榛名の裏側 中之条の中間地点でサンプル検査で
15.234ベクレル
まあ 高いときは 100ベクレル超えですから
下がっているのですが
まあ 限界値といえば それまでですが

どうも 4年間いろいろ 調べて汚染地域の 木の
実は 安全といえるのかが不明だ
指摘しているのは
300も500ベクレル/キロも 出ていた同じ 苗木か
ら いまも市場に出荷されているのは ご存じです
よね

東北でも関東でも 以前に高い数値を出している
同じ田畑から 作られ実が 出荷されている
けど 安全の裏は取れていない
厳しい国では すべて伐採したり 植え替えする
が メイドインジャパンは 笑っちゃうぐらい
平気平気で 作られ 売られて 消費される

まあ すでに4年も食べ続けた人たちの 運が
悪ければ いろいろ出てきているようですが
何も変わらない人も多い

ただ すべて安全という考えは 恐ろしい時もある
ので 注意も必要です

さて 水道水ですが
自治体や公共の発表では どうして こんなに低
いのか まあ 空間線量の公開と同様です
実際と かけ離れている
台風後の数値は 数ベクレル単位で出ているのに
ゼロが 2個3個低いのだから 笑うしかない

まあ 放射能は笑えば逃げていくのだから
気にしなければ 何でもないということだろう
また これらを信じている人もいるから

まあ 家族の健康や 汚染の予防は 家庭レベル
で 注意するしかないのでしかたない
どんなに注意していても くじに当たるような
ものだから

さて ある報道でも 個人レベルで汚染食材は
注意していくしかないとも 言っている
だいぶ 少なくなっているのですが まだ
安全ではない
それは 無検査で流通している 野菜 キノコ
魚介類は 無制限だからね
そして 検査しなければ 発覚しないのだから
売れ売れ なんだろうね

さて 仕事しなくては






先日と 昨日も 夜間に月の明りが とても風流で
沢山のカップルが 見ている映像が テレビで放送
していました

良い物ですね 月明かり

さて テレビでは 福島の事故はなかった様に 旬
のサンマや魚介類などの放送が 秋の食を薦めます

どうも まだ 食べる気になれないのは 私だけな
のかなあと 考えますが 最近では マグロ各種も
検査なんてありえない様ですね
取れたら 即 流通
これが 事故後4年半の現状のようですね

汚染と聞くと おそらく 「 もう 有り得ないだ
ろう」と言うのが 提供する側です
寿司のネタで 即売れるし
そして 食べる人たちが 沢山いる豊富だからです
ね すでに テレビやマスコミは 触れたくない
過去の原発事故の後の経済

ただ 反面ですけど 若い人から 中年層まで
ガンが多すぎるようですね
また 再発もとても問題になっている
今までと 何か違う事は 数え切れないけど 神経
質な人終わらせたくないことも沢山出てきています

子供たちののう胞は どの様になったのか
気になることもあります

売る側は なんとしても 売りたいから 仕方ない
復興の応援のために 芸能人を利用して イベント
が 多すぎるけど これも 経済の指導なのでしょう

いつまでも 事故の放射線汚染を考えていたら 進歩
がないから
ですが 着実に増えている 若い人から老人までの
体調の不良
よく聞くのは 足腰の痛み 手の痺れ 胃腸の不良
心臓近くの痛み

以前に 心臓 胸のあたりが痛いとこられた方もいた
食べ物の 検査したら
水 米 フルーツが すべて 数ベクレル出ていた
やく事故から 数年経ってから だから
大変ですよね

厄介なのが 数年かけて徐々に 体のあちらこちらが
こわばったり 痺れたり 肩が痛かったり
内蔵付近が痛かったり
全身に いたずらをする 放射能は 実に恐ろしい
そして なかなか表に出てこないから

ただ この周りで よく食べるもの 飲み水など
注意が必要です
山梨の水も 安心できませんからね
地下水も 多少の反応が出るのは 富士五湖のひとつ
水が 少なくなった事件がある
以前も 報告したけど 地下水に 流れ込んだと
言う人もいるし
やはり 自然だから 分かる人は誰もいない
仮説だからね
ただ この頃から 山梨の水は 数ベクレルの汚染を
確認した

ただ 知らない人は
この水がうまいと飲んでいるし 先日に 埼玉の
寄居町に 行った時にも 以前に 清水が汚染を
していると 言ったのですが 変わらず
清水をポリタンクに 詰めている人が 沢山いた
大丈夫なのかなあ
ただ このフープ地域も ほとんどの人が知らない
だから 山の上の牧場の牛乳を飲む
わすが 数日前でも 高い汚染が 山の合間で
セシウムの反応が高い
以前は 去年調べたけど 全く同じです

群馬の清水は 倉渕のゆうすげ山荘近くの 清水
は 最近は 摂取する人は なかなか見かけない
ただ 毎日見てるわけでもないので 実際は
不明ですが 事故前は 何人も清水を 取る人が
いたのですが

伊香保の船尾滝は どうなっただろう
ここも 汚染が強く すぐ下には 吉岡町の
水道 浄水所がありますが 今年はどうかなあ

ただ まだまだ
安全 すべて 解禁というわけには行かないと思
います
赤城山 榛名山の 魚も まだまだ 危険すぎる
だった 放射能汚染は 湖のそこに 寝ているか
らね 除染もしていないし 30年以上は
汚染の 沼になるかな

さて 仕事に戻りましょうか





山で採れる 秋の味覚は きのこ類です きのこは
依然として 反応が強く出ています
事故から 5年近く経っているのですが また
魚介類も 産地により避けたほうが良いと思います

検査なしの魚が多くなる国内の魚は 安全でしょう
か 少し疑問もあります

最近になって がんの発生率が とても急増してい
るのは 美食家に多く
事故以降 何も気にせず 食べ続けた 結果が徐々に
現れているのでしょう

原因不明の奇病に 原因不明の体調の不良も 増え
ているようです それも 急性の癌など 怖いです
ただ これは もう5年近く前から 分かっていた
事ですからね

もしかして と 思うときではもう 手遅れかも
しれませんね
怖いのが 今は健康な子供でも 20年後に 子供
を出産する時に 悲劇がないと言う保証はありま
せんからね

チェルノブイリの通った 道を 日本も同じ道を
たどっているようです 表に出てこない
福島の 奇形や染色体の異常の 生まれて来ない
子供など
一切 報道もされず 闇から闇に消えていくよう
です

今後 福島県からの食材は 売れなくとも
売れ残れば 大手の企業が安く買い取り 加工品
に゜使用されています
避けたくとも 避けられないようです
ジュース類 健康食品などの 材料になります

どうしたものか

食品の検査 水 液体検査

水道水や液体などの ベクレル検査を行っています
依頼したい方は
直接持込するか 検体を送ってください

液体は 1リットル程度が 正確です
料金は 今月から 一点2000円とさせて頂きます

会員様は 一点1500円とさせて頂きます
「 どちらも消費税 8パーセント別です 」

問い合わせ
027-372-6197
テクノ坂上放射線研究室まで











さて 久しぶりに 書き込みいたします
秋のサンマですが やはり 去年と同じく 反応が
あるようです
今回は 初物から反応が指摘されて お気好きの方も
多いと思いますが これが 全てでないから
たまりません 反応が出ないもの 出るものもある

また 福島 茨木では 河川の反乱により 汚染の
土地が 大きく変わっただろうと思われます
福島では あの雨で 汚染された 土なども流され
原発の地域でも 汚染土水が 太平洋に さよなら
したみたいですが
どうなんでしようか

原発の建家は 取り壊されて 大気の汚染も最近は
全く 公開されていません
当然 建家は 放射能漏れの予防のために作られて
今年になって 壊されて 作業を勧めているようです

いかがですか 地域のガンマ線 ベータ線の反応は
数人に聞いたところ 若干高い程度ですが
原因は 大気の汚染なのか

さて 原発の話題も だいぶ少なくなりましたが
汚染の食材は 増えているのか

まず 検査自体が しなくなったという事があり
増えているという人が よく聞きます
特に 台風の後に 河川の底にある 汚染土が
茨木地域は不運にも 一部の農村に 大量に流れ
たことは 言うまでもありません

今だに 検査依頼で セシウム汚染はあります
まあ 数年でなくなるはずがない
という事です

どうぞ 食品の選びは 慎重にしていかなければ
なりませんね

では


先日の続きですが
魚も 川魚を始め 茨城から上がっている 魚類は
去年 一昨年と変わりなく 反応が出ています

海底に好んで住む魚は 危険度は高いようです
フルーツでも 桃が反応を出していますが
スーパーでは あまり売れないので 大阪 神戸
などに 流れています
関東で売れなきゃ 関西だ
これは 生産者と流通会社の考えだと思います
そして 不思議なのが 山梨産でありながら 反応
が強いものもあります
産地を変えるのは プライスのシールを
**産地に 変えるだけですから どうにでもなる

分からなければ 「 おいしいねえ 」で終わる
初年に こんな話があるが 何人知っているのか
あまった 果物が ある 飲料メーカーが買った
規制値以下だから 安全だという

すこし 考えを変えてみれば
汚染していても 第三者が 安全というから
材料として 使用する

これでは 子供たちは 良い迷惑になるでしょう

加工品も疑いは残ります
コンビニ等に 大量で販売される 桃などのゼリー
や果物の加工品だ 子供のおやつに
また 暑い日には 欲しくなる

まず 生産者に聞いてみることが大切です
原材料の 果物は 産地はどこですか
嘘を言えば 大問題となり 制裁は受けるでしょう
産地の偽装は 消費者に対しての 最大の裏切り
ですからね

美味しいけど 少し考える時間も必要かも知れない








検査も休み明けから 問い合わせが増えていますが
今だに 関東 東北などでは セシウムの検出が
まだまだあります

毎日食べるもの 好んでよく食べるもの家庭菜園の
野菜 じゃがいも さつまいもなど 検査の以来は
多いです

汚染した地域だけではなく 全国にも広がるのには
土や肥料と栃木産などの腐葉土にも 問題があると
考えています

強い汚染を受けた地域では 残留の放射能は 数年
単位でなく 30年前後は 変わらず 汚染が強いと
思われます
まあ 除染のした地域と 全くしていない地域が有り
落ち葉などの除染は まず していない状況で
腐葉土の販売がされています
検査も ガンマ線のみが行われて 残留期間の長い
ストロンチウムは 野放しの状態です
いまだ 群馬では ベータ線 ガンマ線の反応が
強く残っている場所は 無法地帯が 沢山あります

ですから 近県や東北では 全く同様の地域があると
考えられます

まあ 自治体に言わせれば 規制値以下は安全と
言われていますので 自治体の言葉を 信じれば
何も怖くないのですが
ですが ほとんどの人は 無汚染を好んでいます
スーパーでも 東北の野菜が 所狭しと 並んでい
ます ですが トマトもきゅうりも 売れ残って
いるようです さらに フルーツでは 桃や梨まで
山積みで残っている
これは どうしてか
テレビでも安全PRしているけど 除染と検査も
簡単検査になり ベルトコンベアー式では
まず 大まか検査と言えるでしょう
これも 検査の内容を画像で見れば わかります
規制値以下だ やったーとか 売れるそ゛とか
消費者と 生産者には 大きな壁が有り この
違いが 問題視されています
規制値以下だから 安全だ 売れるというのは
汚染が少なければ 売れるということ
ここが 違いがあると思います

本来 自然界にない 有害な放射線は 東北や
関東を直撃して 愛知県の手前まで 強く汚染
したのですから 忘れてならない
半減期
普通の事故なら 5年もすれば 忘れられて
行くけど 島の民族 日本人は 危機感がすく
なく これからがとても心配です

ただ 忘れてならないことは 自己防衛です
リスクの低下には 自己防衛して行くのが最適
疑いあれば 避けておくことも大切ですね

食品のキロベクレル検査
テクノ坂上
高崎市金古町1306-2
電話 027-372-6197

食品の検査料金
一点 1500円 プラス消費税
持ち込みの場合は その場で検査を出来ます

*最近の検査で 気になるのが 放射性ヨー素が
ある地域から出ています
福島の建家の破壊で 今だに 出てしまったのか
医療用のヨーソかは 特定していませんが
それも 水道水ですから 危険です