普通の人では 想像もできないくらい 高額な 原発の処理費用が掛かる

ようですね

一般の人には一億でも 想像できない金額なのに 何十兆円単位ですから

予算があっても あれも失敗 これも失敗で捨てる金が大きい

捨てる金とは 考えの甘い計算で 計画実行しても うまく行かない事だ

 

自然を変えることの難しさ

 

地下を凍らせる 凍らせて 汚染水を 海に流れなくすること これも失敗

実際に 機能はしていない様だ

根本的な解決にならない

 

汚染水を タンクに貯めていくが 限界を超えてしまって 古いタンクからの

汚染水が漏れ始めている 耐久性に問題がある

 

比較的に強い汚染の土や 汚染部質を入れた 袋が コストが高い袋だが

わずか 数年で 袋が破けていく始末

汚染漏れが指摘されている

 

あれも これも失敗続きなのだが 本気で 危険物として 取り扱っているのか

放射性廃棄物は 事故前は 0.25μ㏜の廃棄物は 持ち出せば大変なこと

になったが 今では 関東一円 群馬 栃木 福島 茨城の ホットスポットでは

何処でもこのレベルを超える

今では このレベルは 「 すぐには危険とは言わない 」ていどに抑えられている

 

笑っちゃうけど 本当に 規制値なんてどうにでも ゴマを出来る数値なようだ

福島原発事故前は 0.25μ㏜の 廃棄物が 紛失したら大変なことになったが

いまでは あちらこちらで 2万ベクレル 5万ベクレル超える 黒いコケや

汚染された 土や砂がある事を忘れてはならない

 

自治体でも 分かっているのだが 除染に すぐ行動する自治体が少ない

国からの指示なのか ほったらかしておけば 自然に消えると 思っているようだ

自然に消えるのは 文部科学省の 半減期を見れば 分かるように

セシウム137は 30年近くたたないと 半減期にならない

半減期とは 30年たってから 強さが徐々に 弱くなる時期の事だ

 

そんな場所で 遊んでいる子供がいるが 大丈夫なのか 心配だ

もしかすると テストされているかもしれない テストとは 実験台です

福島では それがあるのを ご存知ですか

子供の甲状腺は 一カ所に集められて データー取りをしている

 

甲状腺の小児がんは 福島 栃木 群馬 千葉 東京などで 次々に

出てきています

 

恐ろしいですね

 

放射性ヨーソ

放射性ヨーソは 事故当時から 2年後まで 確認できた

事故後 2年でも 臨界が大きくなり 放射性ヨーソが ばらまかれたようだ

半減期は セシウムと比べても とても短い

さらに セシウム135は 最近でも確認できるのは 事故後 3年まで ばらまいて

いたことと言う事です

鳥インフルで 新潟は 大騒ぎのようです 新潟県 石地池

 

思い出してください 事故後 3年半ぐらい 原発からの 汚染蒸気だ

数百万ベクレル以上の 湯けむりが 関東一円を 汚染していたのです

去年の建屋工事から 言々したのが証拠だ

空気華僑の汚染レベルが 極端に 少なくなったと言う事です

 

ですから 事故から 4年間は 大気を汚染していたと言う事ですね

 

これから始まる 汚染に対しての 被害が出るでしょう

原発写真 写真は 柏崎刈羽原発です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

今回は 金利のお話かな

 

長期の住宅ローン 沢山の人が借り換えしているようです

 

10年前と 今では 1.5パーセントも金利が違う事もあるようです また

住宅と店舗など兼用のところでは もっと 金利が違うと言う データも

あるようなので 今が借り換えかも知れませんね

 

特別な理由が無いのから すぐにでも借り換え始めよう

 

先日だが お客様の一人が 群馬銀行から 借り換えしたら

150万も やすく 借り換えしたと言う事を聞きました

借り換えは 信用金庫ですが なまはげの老舗銀行は 金利が高い

そして 上から目線の 群馬銀行には 日ごろから 腹が立っていた

不満があったのですが さらに 今まで高い金利で お金を借りていた

事もさらに 膨張して 即借り換えたようです

 

見積は銀行で 行ってくれるので 金利の安い場所に変えるのは 銀行

利用者なら 誰でも行うことが出来るので さっさと 取引銀行とおさらば

して 金利の安い銀行に変えるべきですね

 

AD

さて 税金の 増税に 保険料の値上げ どうにもならない 国の予算

阿部さん どうにかならないのかなあ

 

福島はコントロールできていないし 今でも 汚染水は 海に垂れ流しだし

 

さらに我慢ならないのが

福島第一原発の 除染費用と廃炉の費用だけでも 2倍になったよ

 

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161129-00000003-nnn-bus_all

 

結局だれが払うのか

いつの間にか 国民負担の 電気料金に 上乗せされるらしいのだが

え 20兆円規模ですよ

 

どうにかならないのかなあ

 

AD

少し前にも お話ししましたが 奇形児の問題視する声が 上がっているようです

 

環境による汚染 空気からはあまり 奇形にはならない

 

やはり 食べ物が原因が多いようですね

事故から ようやく 5年9か月 少し前から 奇形児が増えてきているようです

 

どうしたら良いのかは 普段からの生活スタイルを変えなければ 無理

自然と蓄積されていきますからね

 

下の貼り付けですが 色々クリックして頂くと 気分゛悪くなる画像と

動画が確認しましたので 気の弱い方は 見ないほうが良いかもしれません

 

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11152765451

 

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10140068925

 

この動画は 見ないほうが良いかもしれません 気持ち悪いです

こちらは 海外の映像ですね

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1367928223

 

 

色々と問題にはなっていますが ほんの一例でしかない事

 

闇から 闇に消える赤ちゃんがとても多いようです

なぜ 何も言わないのか

 

それは カウンセリングで 奇形児等の話は 控えたほうが良い

貴方の 親戚 兄弟も 奇形の出産の 可能性があるかもしれないと言う

事を 医師や関係者から 聞かされるらしいですよ

 

決して 話し手は駄目と言う事です

ですから 表に出てくることは ほんの一例と言う事を聞きましたが

どうなんでしょう

 

ただ 染色体の異常に 大きく 放射線被ばく 低被ばくは関係しているようです

福島の事故以来 急激な 奇形児出産は増えているようです

 

ただ 食べ物でも

同じ食べ物を食べていても

被曝する人と まったく 被曝しないと言う事は知っていますか

 

食べ物でも 放射線がたまりやいす所と 貯まらない場所が あるのです

例えば例ですが

種の回りが 好きな人と 実が好きな人でも大きく異なります

同じ 桃を食べても 種の回りが好き

種の 周りは嫌いと言うだけでも 摂取する セシウムが 大きく異なります

 

鶏肉などは 肝臓の近辺 内臓が好きな人もいれば

もも肉が好きな人もいます もも肉が好きな人 内臓が好きな人 むね肉が

好きな人でも やはり 汚染のある 鳥でも 各場所により 違いがあります

 

一番は 肝臓 二番 もも肉 少ないのが むね肉

 

植物は 全体的に 種の付近は 汚染されている 果物では

種付近が大きく汚染されています

 

ただ 1キロの ベクレル数値を計るのでは中々分かりませんが やはり

部分的な ベクレルを計測すると 大きな差があるということは事実です

 

少しでも 勉強すれば 乗り越えることも可能ですから

食べる部分 産地 などを もう一度勉強するのも良いかもしれませんね

 

 

 

 

福島の原発から 30キロ 40キロ圏内に 帰る人が増えていると言う

町などの報告で 覗いてみたら わずか数人程度だ

 

町では 除染は終わったと言うが 終わったのは わずか2-3割程度

で 何も環境は変わらない

除染は まだまだ していない

帰った人のほとんどは 親などの理由で帰った人が多く 決して 増えた

訳でもない様だ

 

このニュースも 村や町 さらに県が 帰っておいで作戦なのだろう

わざわざ 危険な土地に帰って 子供たちの危険リスクを上げることはない

セシウムの半減期は 30年 近くあり まだ 5年程度では

放射能レベルが 下がらないのが 普通の考えです

 

下がったように見えるのは 目の届く場所だけで すこし 山に入れば

チェルノブイリの立ち入り禁止区域と大差ない 危険地域だ

なぜ 焦るのか

世界に 安全をアピールする狙いなのか

国の考えも 何を考えているかわからない

 

オリンピックまでには 完全 安全をアピールしたいのだろう

福島原発では 何も かも 予定を大幅に遅れているようだ

そして 海洋汚染は どうにもならない

阿部が 言っていたが 福島は完全コントロール あれは 誰が

助言したのか それとも本人の言葉なのか

何処がコントロールできたか知りたいものだが 野党は追求しない

 

 

さて 米に続き 野菜類は 何処に来ていくのか

まず スーパーなら 売れなければ お惣菜に使われます スーパーで

加工して てんぷらや 加工して 手軽に食べられる 加工品です

 

次には やはり 仕入れの価格が格安な食材を選ぶ 外食店でしょう

外食店でも こだわりのある外食店は 野菜などの産地を表示しています

ですが ほとんどは 納入業者は 価格の安い 汚染の恐れがある

産地の物や 価格の安い 売れない地域の物を 納品しているようです

 

知らないのは 消費者のようです

たしかに 美味しいし 放射能の味はしないから

フレッシュな 野菜を パクパク食べているようです

 

少し長い スパンで考えると 10年後 15年後が 少し怖いような感じもします

直ちに 体に影響するものではない と 言っていますから

なら しばらくすれば 何らかの 影響があると考えてください

 

ただ 国内では 100パーセント 汚染食品を食べない とは言い切れません

海外からも 日本産の食品は 輸入禁止にされています

 

今までは 日本産と言う 安全な食品が 海外からは 危険に変わったのです

 

ですから 売れなければ 国内消費が当たり前になっています

まずは 小学生などの 給食に使われ 当然ですが

暫定規制値以下ですが 高レベルの 90ベクレルも 規制値以下ですからね

 

最近では 食品の保管が 優れています

野菜でも 瞬間に冷凍して 数年後に 流通することもあります

以前 冷凍野菜パックから 75ベクレル出てしまう事もありました 冷凍して

加工してしまう 冷凍野菜 産地は 「 国産100パーセント」です

おかしくないかい 国産100パーセントなんて

あの手 この手で 食べさせられてしまうのです

 

最近多いのが 免疫低下の関係ある 病気が 事故前と比べて

数倍に跳ね上がっているようですが

何らか 関係しているともいえるようですが どうなんでしょう

 

最近は これらの 関係した言葉にさえ 厚生労働省は 厳しく 規制して

いるようです

 

平気で 平均値を変えるぐらい 酷い事をしているのにね

癌の発生率 事故後 うなぎ上り

免疫の低下で 起こる症状 うなぎ上り 爆発的

 

困りましたね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福島県の食材 暫定以下ですが スパーで売れない 売れないのに

何処で消費されるのか 少し考えてみました

まず一番に 米類があります

米は 汚染が無ければとても美味しいのですが 残念ですが

福島第一原発の事故で 初年度は 出荷はできない 二年目も

販売できない

緩い規制値と 緩い検査機器で どうにか出荷できたけど 売れない

まず 何処に消えていくのか

一番は 表示が国産で 加工米や 外食産業のお店に流れている

ようですが 調べる人がいないので 捨てるわけにもいかないので

消費されていきます

また 新潟の 菓子メーカーの煎餅や お菓子から 30ベクレル相当の

放射性セシウムが出ているので 加工される 煎餅や菓子類に使用さ

れているかもしれません

新潟では 事故後 2年後 3年後でも セシウムが出ていませんので

煎餅などの裏書に 国産「新潟産100パーセント」と表示されている

菓子などは 安心でしょう

ですが 表示が国産だけなら すこし 調べることも必要です

ここでも 「 国産 」のみの表示が 問題視されています

これは 消費者が選ぶ権利があるので いやなら買わないと言う 選択

もあると言う事です

 

福島第一原発事故で よく福島の人は 風評被害と言いますが 風評

されるのは 理由があるからだと思います

福島農業の方たちは 生活の為に 汚染されて土地から 汚染米を

ばら撒いても ただしいと思う人が多いからです

 

ユーチューブで見ましたが 暫定規制値 100ベクレルなのに

80ベクレルなら 出荷できると 皆で拍手する画像が 公開されていました

50ベクレルでも 80ベクレルでも あやふやな測定値で 万歳とは

お粗末すぎるからです 消費者は 0ベクレルを望んでいるのに 生産者と

消費者の大きな 溝があると言う事です

売れないのなら 東電に買ってもらう 責任は東電にあるのに 風評とは

責任逃れと思います

これは 米だけであり すべての食品に言えることです

野菜に 果物など 調べれば 無限大に広がります

 

暫定規制値は 目安であり セシウムが出ると言う事は 汚染食品と言う

事を忘れないでほしいと思います

 

 

鳥のインフルエンザは 本来人間には 感染しないと言われてきたのですが

 

オランダ 香港 中国 カナダでは 近年感染して 死者まで出ています

環境の変化なのか 原因は 不明なようですね

 

やはり マスクが必要な時期になってきたかな

そう思うのは 沢山の人が思うはずですが どうしたら良いのか

少し前の写真です 「 新潟には 沢山の白鳥が訪れます 」

ことしは 早くも 新潟で 鳥インフルエンザで 自衛隊も参加する

処理に 大変なようですね

 

人間のインフルエンザも 関東でスタートしました

今年も アルーワンで 逃げられるかなあ

ここ数年 R1飲んで 逃げられていますが 135円程度だけど 毎日

飲まないといけない時期に来たなあ

 

100円にしてほしいねえ R1の コストは 10円から 15円程度なんだから

100円にしてほしい物です

 

 

 

どこまで説明しましたか ??

 

そうですね 個人レベルで キロベクレル測定器を 購入するのには

相当な 金額が掛かります

限界値 25ベクレルでも 200万 限界値 10ベクレルで 300万

さらに 測定時間を少なく 限界値が 10べクレル以下ですと

500万程度掛かりますでしょうか テクノサカガミでは 仕事で使用

するので 550万プラス 350万程度の測定器を 揃えましたが

まず 元を取るのには ほど遠く 笑うしかございませんね (笑)

 

ですから 個人レベルで 何処まで スキニング出来るかが問題のようです

まず 液体や水 水道水などは 特殊なセンサー以外は まず不可能です

まあ 特殊なセンサーも馬鹿になりません価格ですからね

まずは 反応が見られて やめておく これなら良いかなと言う 選択が

家庭レベルで出来る 価格も 20万から30万以下の機器では まず

シンチレーションモデルか パンケーキモデルかの選択になります

 

さらに ピンスポットの計測に 有利なのはと言えば パンケーキのモデルになります

パンケーキの利点は わずか 4-5センチの円形の中にある 放射性部質に反応

する利点です

新型モデルは 機器の印刷部分がすべてシール化されています

パンケーキについている ベータ線軽減キャップはオプションとなります

 

ですが パンケーキモデルも 200ボルト 300ボルト 500ボルト仕様など 沢山あり

どの電圧が 感度が最も良いか これが 実際に使用して 数百のターゲットに

試した結果 900ボルト仕様が 感度が良い結果となりました

 

機器も沢山あり どの機器が 長持ちして 故障も少ない 製造する会社も調べ

ラドラム社が パンケーキの仕様 44-9モデルがトップに来ました

ただ 旧旧タイプは 測定感度が遅いようですが ひとつ前のモデルは 良い結果が

見られました さらに現行モデルになって さらに バッテリーの小電力で 長持ち

24時間スイッチ入れていても 20日間程度は 持つようです

ですから 一日 3時間程度で 一年間はバッテリーが持つようです

ただし 放射線反応が多い場所では 短くなりますが このクラスでは 省電力です

 

お薦めの一台は 機械の価格は 国内では 25万から 29万前後となります

ラドラム 3 。44-9。パンケーキセンサ-です

① 汚染をリアルタイムに 瞬時計測が可能です

② 感度が良く 感度を変えることが出来る

③ メンテナンスが 出来る 校正が出来る

④ 修理のパーツが 手に入る

⑤ 電池が 長い間持つ

⑥ アイソトホープ協会認定機種

⑦ 公共機関でも使用されています

次に 使えると試した機器は

 

 

価格 インスペクター 新品価格は 17万円程度と思われます

 

ガンガー管は使用していませ パンケーキです

インスペクター パンケーキモデルです

ラドラムのカスタマイズには 比較できませんが ノーマルの ラドラムには やや

感度は落ちます カスタマイズ機には だいぶ差がついてしまいますが 販売されて

いる機器では この機器でしょうか

① 汚染をリアルタイムに測定できるが ラドラムにはかないませんが 他の機器から

比較すれば まずますですね

② 感度が良いが 感度の調整は不可能

③ メンテナンスが 厄介なようです

④ 修理のパーツが なかなか手に入らない

⑤ 電池が 長い間持つ

⑥ 認定機器か不明

⑦ 公共で使用されているか 不明

 

空間線量や部分汚染でお薦め機種

やはり GM管を使用しております ガイガー管ではありません

上の2機種と 比較すると やや 感度は落ちますが 満足できる一台ですね

価格も新品価格が 平均 16万程度と思われます

当方では 新品 99800円となります

 

今回は あれば 良いかもしれない 測定機器のお話でした

 

測定器販売 テクノ坂上のご案内

新品では 手の届かない プロ用 プロ仕様モデル 中古機器を販売もしています

在庫の状況 ご覧ください

http://deaitai.sub.jp/itemlist2.html

 

上を クリックして頂ければ ホームページに リンクいたします

 

 

 

http://deaitai.sub.jp/itemlist2.html

 

 

やはり個人レベルで 放射能汚染を 完全に防ぐことは不可能ですね

食品の検査も されなくなって 汚染食材は 増えているように思えます

 

ただ 100ベクレル基準が安全か 危険かは まだまだ未知の世界なようです

ベラルーシの奇形児問題も 事故当時の子供が大人になってからの話ですか

ら 国内でもおろした子供が奇形と言う話も聞きますが 闇に消えてしまってい

ます 妊婦の検査で 異常が見られると おろすことを進められるようです

 

さて 勘違いをする人が多いので申し上げますが

ガイガーカウンターでは 空間線量むけなので まず 食材の汚染は 不可能

と言う事です 事故後 1年程度の強い 汚染には有効かも知れませんが

いまだに ガイガー管を ターゲットに当てている人がいるようです (笑)

無理なのです

 

実際に GM管 シンチレーションと比べて プロ用と 民生品の違いは 大きく

異なるのです 違いがあると言う事ですね

 

計りたい ターゲットに 着ければ瞬時反応示すこと 数値を表示すること

ほとんどのガイガー管使用のモデルは 数十秒もかかる機器が多いようです

ターゲットに 近寄ったら 即反応する 数値を表示する

 

これって大切です 反応するまで 時間が掛かれば 計測時間が 10倍 20倍

掛かったら 大変なことになりますからね

覚えておきましょう

 

測定機器の選択

 

お客様が来たので 続きます

つづく