2016-09-16 09:09:07

いきなり アメリカ人講師から 英会話を習った悲劇 // (実話)

テーマ:正しい英会話講師の選択

 

以下は、実話です。

 

以前、湖北(木之本)での集まりに行った時に、

 

その中に、3名ほど、以前、英会話を習ったけれど

挫折した方たちがおられました。

 

  10数名ほどの古民家での集まり(イベント)でした。

 

その方たちは、いずれも、英会話を習うのは初めてだけど、

外国人講師から習われたそうで、  

 

いずれも その時の記憶を思い出すと、不機嫌そうにされていました。

 

その方たちは、

せっかく英会話を習おうという気持ちを持たれたのに、

 

間違った講師の選択をしたばっかりに、

英会話をやりたい!という 新鮮な志の芽がつまれてしまいました。

 

初心者の方は、わからないところは、日本語で 質問できなければ、なかなか、理解できません。

 

 

また、話は変わりますが、

英会話のレッスンで、いわゆる グループ・レッスンを取られた方は、

レッスンに参加しても、

"こんなことも知らないのか?"

と 一緒に学んでいる生徒さんたちからも 思われるようで、

恥ずかしくて、質問できません。

 

 

このような 苦い体験をされた方たちが、ダッシーのところに生徒さんとして 来られています。

 

遠回りをしないで、初めから 自分に合った講師のところで学んでください。

 

有名だから! よく宣伝しているから! ということと、

 

良いレッスンを提供してくれるかは、まったく関係ありません。

 

日本人の方たちが、正しい英会話の講師の選び方を知ることを願ってやみません!

 

そのためにも、ダッシー津田はおります m(_ _)m

 

長い間、このことを書くのは控えておりましたが、

今、日本人のために、日本の英語教育の未来のために、

敢えて(あえて)書かせていただくことをお赦しください。

 

こちらも 読んでみてくださいね。 

http://ameblo.jp/alotofhappiness/entry-11055651459.html

 

 

 

 

 

 

ダッシーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿