ハワイ奮闘記

ハワイに住み始めてからもう10年・・・。
日本人がアメリカで生活するのに役立つ?情報を10年の経験を生かして紹介していきます。
パソコンの趣味を生かして情報発信していきます!!


テーマ:
今日はWindows7を解説します。
今も、現役バリバリのWindowsだと思います。
私もメインで使っているのはWindows7です。
Windows8が販売されて、買い替えを考えている人もいると思いますが、
仕事で、どうしても使わないといけないソフトが、
Windows8では、まだ対応していないために、Windows7を使わざるを得ない、
なんて人もいるかもしれませんね。

特に今、Windows8に買い替える人が多いために、中古のWindows7のパソコンが出回っています。
中には、Windows8と性能がほとんど変わらないパソコンが、
半額以下で?!買えることなんかも、少なくありません。
それで、知り合いのために、いいパソコンを安く手に入れて、
日本語化をして譲ったりしています。
その経験を活かして、このブログを書いています。

実はWindows7にはいろいろなバージョンが存在します。
Windows7 Starter, Home Premium, Professional, Ultimate, Enterpriseの5種類でしょうか?
今回は、それぞれの機能の違いなどは、ほかのブログの方々にお任せしまして…
ここでは、日本語化のための、機能差を紹介します。
Starter, Home Premium, Professionalと、
Ultimate, Enterpriseで、実は大きく違います。
日本語化に関していえば、ここの差がとても大きいです。
どちらが簡単かといえば…。
Ultimateの方が、断然日本語化しやすいです。
今日は、こちらから説明させていただきます。

$ハワイ奮闘記

電源を入れるとこの写真のようなデスクトップ画面が表示されます。
そして、スタートボタンをクリックして、
写真のように、Computerの上で、右クリックをして、一番下の、Propertiesをクリックしてください。

$ハワイ奮闘記

そうすると、上の写真のようなウインドウが出てきます。
左の項目の中の、下のほうにある、Windows Updateをクリックしてください。

$ハワイ奮闘記

そうすると、Windows Updateのウインドウズが開きます。
アップデートを頻繁にしてセキュリティー強化をしている人は、
写真と同じような画面になっていると思います。
あまりアップデートをしたことがない…、という人は、ちょっと画面が違うかもしれませんね。
この写真よりたくさんの項目がある人は、
まず先に他のものをアップデートすることをお勧めします。
Microsoftがセキュリティーアップのための必要なプログラムを、
無料で提供してくれています。
こまめにアップデートしておいたほうが、より安全です。
(しなくても日本語化には、何も影響はありませんが…)
日本語化を先にしても、何も問題はありません。
そして、34 optional updates are availableをクリックしてください。

$ハワイ奮闘記

上の写真のようなウインドウが開いたと思います。
その中から、Japanese Language Pack - Windows7 Service Pack1の、
左の四角い和久の中をクリックして、チェックマークを付けてください。
そして、右下のOKボタンをクリックしましょう。

$ハワイ奮闘記


Windows Updateウインドウに戻ったと思います。
そして、右にあるInstall updatesボタンをクリックしてください。

$ハワイ奮闘記

ダウンロードが始まりましたね。
しばらくして、ダウンロードが完了すると、自動的にインストールが始まります。

$ハワイ奮闘記

上の写真のような新しウインドウが開いて、
日本語化に必要なプログラムのインストールが始まります。

$ハワイ奮闘記

すべてが完了すると、上の写真のような画面になります。
これで、日本語化の準備が完了しました。
これから、設定を行います。
設定方法は、前回説明したWindows8と、とてもよく似ています。

$ハワイ奮闘記

スタートボタンをクリックして、Control Panelをクリックしてください。

$ハワイ奮闘記

上の写真のようにコントロールパネルが開いたと思います。
ウインドウズをいろいろと設定して自分好みに変えてみたいというときには、
よくここを開くようになると思います。
もっと、いろいろなことを解説していく予定なので、ここは覚えておいてくださいね。
今回の、日本語化には、Clock, Language, and Regionをクリックしてください。

$ハワイ奮闘記

この中の、Region and Languageをクリックしてください。

$ハワイ奮闘記

上の写真のような、Region and Languageのウインドウが開いたと思います。
この中で、すべての日本語化の作業ができます。
まずは、English(United States)をクリックしてみてください。
たくさんの言語リストが出てきたと思います。
下のほうにJapaneseがあると思うので、探して選んでください。
そうして、Format:のなかの、English(United States)を、Japanese(Japan)に変えましょう。
そして、次に上にあるタブの中の、Keyboards and Languagesをクリックしてください。

$ハワイ奮闘記

上の写真のようにウインドウが変わります。
その中の、Change keyboards...をクリックしてください。

$ハワイ奮闘記

上の写真のようなウインドウが新しく開いたと思います。
そして、Installed servicesの中の、Add...ボタンをクリックしてください。

$ハワイ奮闘記

新しいウインドウが開いたと思います。
その中の、下のほうにあるJapanese(Japan)を選んでください。
その中の、Keyboardにある、Microsoft IMEを選んで、
四角のボックスの中にチェックマークを付けてください。
そして、OKボタンを押してください。

$ハワイ奮闘記

上の写真のようなウインドウに戻ったと思います。
このままでは、まだ英語です。
まずは、Installed servicesの中の、Japanese(Japan)を選んで、
Move Upをクリックして上に移動しましょう。
そして次に、Default input languageの中の、English(United States)-USを、
クリックして、Japanese(Japan)-Microsoft IMEに変更しましょう。

$ハワイ奮闘記

そして、その次が結構大事です。
上の写真のようにEnglish(United States)を消しましょう。
まず初めに、English(United States)を選択して、
右側にある、Removeボタンをクリックしてください。
その前に、この前の写真で説明した、Default input languageの中を、Japaneseに変更していないと、
ここで、Removeができません。
なので、Removeできないときは、
上の、Default input languageをチェックしてみてください。
(私がよく忘れて、消えないと困ったことがありました。)
なぜ、これを消さないといけないかというと、これを消さないと、
日本語化した後に、文字を入力するときに、
日本語のIMEと英語のIMEが残ってしまいます。
当然、日本で買ったパソコンには英語のIMEはありません。
いちいち、切り替えないといけなくなります。
日本語のIMEには、日本語と英語の両方が入力できるようになっているので、
英語だけのIMEは必要ありません。
逆に、混乱するだけです。日本語化の後には、
とっても邪魔な存在です。
なので、この時に削除しておきましょう。
たとえ忘れてしまったとしても、いつでも削除できますし、
また、削除してしまったとしても、いつでも元に戻せます。
今回は、削除して、完全日本語化の設定を説明させていただきます。
そして最後に、Applyをクリックしてください。

$ハワイ奮闘記

次に、Display languageの中の、Choose a display language:の、
Englishを、日本語に変えてください。
そして、Applyをクリックしてください。
そして、上のタブの中の、Administrativeをクリックしてください。

$ハワイ奮闘記

上の写真のようなウインドウが開いたと思います。
次に、Welcome screen and new user accountsの中の、
Copy settings...をクリックしてください。

$ハワイ奮闘記

上の写真のようなウインドウが開いたと思います。
その中の、Copy your current settings to:の四角いボックスを両方クリックして、チェックマークを付けてください。
それで、上の写真のように変わったと思います。
そして、OKをクリックしてください。

$ハワイ奮闘記

何回か、上の写真のようにリスタートを促されたことがあるかもしれませんが、
無視してもらって構いません。
ここでは、Cancelをクリックしましょう。
あとで、まとめて再起動します。それで、すべての設定が変更されます。
いちいち、再起動していると時間がかかって仕方ありません。
まとめて、一回の再起動で済ませるようにしましょう。
最後に、Language for non-Unicode programsの中の、
Change system locale...をクリックしてください。

$ハワイ奮闘記

上の写真のような新しいウインドウが開いたと思います。
Current system locale:の中の、English(United States)を、
Japanese(Japan)に変えましょう。
そして、OKボタンをクリックしてください。
これで、すべての設定が終了しました。
Restartのボタンを押してください。
Cancelを押してしまった人は、普通に再起動して下さい。


Windows8の日本語化の時にも説明しましたが、これがとても重要です。
これを忘れてしまったとしても、見た目は完全日本語化しています。
しかし、問題は日本語のソフトをインストールしたときに発生します。
英語のWindowsに日本語のソフトを入れて困ったことがあった経験はありませんか?
それは、文字化けです。
せっかくのソフトが文字化けによって何が書いてあるのかわからずに、
使い物にならなかった経験はありませんか?
これがすべての原因です。
ここの設定が英語になっているために起こります。
ここの設定を忘れてしまったために、日本語のソフトを入れて、文字化けしてしまい、
また、アンインストールして、入れなおそうとしても、あるソフトの中には、
この文字化けが、アンインストールしても残ってしまうものがあります。
おそらく、消す方法があるのかもしれませんが、
システムの中の奥のほうまでチェックして、
ファイルを消したり、修正したりしないといけないと思います。
これはとても大変な作業になります。
(私は、これが原因でウインドウズを何回も入れなおしたことがあります…)
なので、私と同じ過ちを犯さないためにも、ここの設定変更は忘れないでください!!

$ハワイ奮闘記

上の写真のように完全に日本語になったと思います。
おめでとうございます。
これで、無事終了です。
今回は、写真もたくさん載せてしまい、とても長い文章になってしまいました。
なるべくわかりやすくしようとして…。
何回かに分けようかとも思いましたが、
それでは、このブログを読んで、やってみようと思った人が、
作業が途中で終わってしまっては、意味がないし、元に戻せないし・・。
とても迷惑をかけるブログになってしまうと思い、
一気に説明させていただきました。
最後までお付き合いしていただいて、ありがとうございました。
これからも、応援よろしくお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード