こんばんは。

子供を世界で通用するタフでおもろい人間に育てたい、杉岡 恵です。




ずいぶん前ですが、


何についてかは忘れましたが、


私の考えていることや気持ちについて、


母と夫がそれぞれ、


『あなたの気持ちは理解している』


と言ったことがあります。






そんなん嘘や。


と、私は思うのです。







母は私を育てたので、


母の立場として、


経験上『わかることがある』でしょうが、


現在のことを含んだら、100%は理解できてないです。


私を『育てる』ということからもかなりの年月離れてますし、今は一緒に生活してません。






夫にいたっては、


何をもって『理解している』というのか、


理解不能です。


一緒に生活してて、


経験上『わかってる』つもりなんだと思います。





ありがたいのは、


実際にどの程度『わかってる』かはおいといて、


私の悩みや困ってるを理解してくれようとしてくれていることです。





しかし。


ちょっと聞いただけでは他人のことは『わかりません』


自分のことも全てが全てわかっているとは言えないのに、


理解なんて、とてもとても。






私は自分の子供たちのことは、


自分から産まれたけど別の人格と思っていますので他人扱いです。


軽々しく『理解してる』なんて言えません。


だからこそ、


うっとおしがられようが、


できるだけ『理解できるように』話をしたり歩み寄るようにします。






産んだことや育てたことから思う


『あなたを理解している』は


奢りではないかと思います。


夫婦関係がグチャグチャするのも、


毎日一緒に生活しているから


『教えてもらわなくても大丈夫』


な気持ちになっているだけなんじゃないかな、


と思うのです。





子供の気持ちなんてわかりません。


わからない、と思って接すると、


わかろう、とするところから始めることができます。


どうしてそんなことをするのか、


どうしてそんな風に考えるのか、


わかろう、


としてみてはいかがでしょうか。


自分自身も変わりますし、


子供たちとの関係性も変わってきますよ。


Enjoy!


alohaorange@gmail.com

AD