先日、初の別所ファームガーデンでのヨガでした。

森の中でのヨガ。

お部屋は檜の香り。
{6AB8EC37-E7A2-4419-8313-ADDA3C7D0D2F}


2組キャンセルがありましたが、8組のママとベビーちゃんが来てくださいました(*´˘`*)
{B352DC67-C9E9-4212-82A9-515E0C73F61B}

見つめ合う男子二人(笑)赤ちゃんはずっと見てても飽きないです(♡˙ᵕ˙♡)

香りと雰囲気だけで幸せになれる場所。
{F8A0BDD2-F603-4DB1-A2F9-22E7B4151525}


次回は、暑いけど、19日に予約してみました。

そして、8月といえば海でしょ。ということで、うみくるにいきたいかたのために、12日は、里帰りの人も来れちゃうかも海ヨガです。

8月のママとベビーのヨガの日程です。

8月12日 10時~11時半頃 

場所:白浜海の家うみくる


8月19日    10時~11時半頃

場所:別所ファームガーデン


ヨガの後、子育てトークをしながら、お茶しましょう֥ϡ

場所と時間ご注意くださいね。


予約制、初回体験1000円です。

ママとベビーのヨガクラスに参加することで、 

日々の大変さを忘れて、いつも後回しになる自分を

リセットできる時間を持ってください。 

また元気に、子供と笑顔で過ごせるよう、 

ママが楽しくて、またきたくなるような教室づくりを心がけています。 


<内容>約一時間で下記の内容をいくつか組み合わせて行っていす。 

ママのためのヨガ

ベビーヨガ

ベビーマッサージ 

骨盤調整ヨガ 

腹直筋強化

セルフリンパマッサージ 



対象:ママ産後2ヶ月以上で、1才くらいまで

1ヶ月検診で運動制限をされていないママ

ベビー よちよち歩きまでのベビー同伴可能

歩き始めの子供、上の子供の付き添いに関して、

臨機応変に対応します。

(わからないことは、気軽に聞いてくださいね֥)



持ち物:

ヨガマット(ない方は、初回のみ無料で貸出できます。もしくは、バスタオル)水分補給用飲み物(ママとベビー)・ベビーのお出かけセット・ベビーを寝かせるのに下に敷くもの



服装:ヨガのできる服装(ジーンズ不可)・五本指靴下か裸足 運動できる格好でお越し下さいね。



在庫があれば、ケース付ヨガマット1000円でお分けすることが可能です。



ヨガの後は、お茶をしながら、それぞれの育児のお話や、参加してくださった方の情報交換などできたらと思っています。



申込・問い合わせ :079‐234‐3555

松村e᡼cocco☆mue.biglobe.ne.jp

(☆を@に変えてくださいね)

AD

3月5日にシェアした記事。

テーマ:
もう一度。
横浜Umiの家 齋藤麻紀子さんが書かれていた記事です。

ただただそばにいること。
その人のお産を邪魔しないこと。
抑圧しないこと。
寄り添うこと。

これも私たちの大事なお仕事の一つですよね。

そして自分のお産がよかったなと思える方が増えたらいいな(*´˘`*)

【お産の話】

「陣痛中ずっとずっと黙っていた。
痛いって言えなかった。
ナースコール押せなかった。
痛いって言っちゃいけないと思って。」

そんなふうに、一人で我慢することは、何歳から? と聞くと
彼女は、3歳ぐらいかな・・・と答えた。

彼女は痛いのをずっと我慢して、緊張して強張ったままの身体に促進剤を入れ、
会陰切開して吸引分娩になった。
会陰に針がささる恐怖に気が狂いそうだった。
しばらくは会陰の痛みとフラッシュバックに苦しみ、
心と体と現実は、ずっと不一致。
赤ちゃんが可愛いなんて思いは、ちっともわいてこなかった。

母性愛が発動しないまま、親子が溶け合えないまま日々が過ぎ、
2人目の赤ちゃんを産んだ。
今度は、痛い痛いとたくさん声を出し叫んだ。
そしたらツルンと生まれた。
今度の赤ちゃんは、可愛いいと思えた。

これが、彼女がお母さんになっていく道のり。
痛い痛いって言えなかったお産も、必要な体験だったかもしれない。
甘える相手、頼れる相手を引き寄せるのも、その人の力量だ。

でもね、でも、助産師さん
妊婦を一人ぼっちにしないで。

一人目の出産のときから、震える手を握ってくれる人がいたら、
例え母親に甘えることができなかった人でも、
お産のときは無垢な少女に返れたかもしれない。
そしてもっと早く、愛を知ったかもしれない。
2人目を産んでも、一人目のお産は終わっていない。

上の子は、
お母さんがどんなにそっけなくても、
お母さんが嫌がっても、上の子はお母さんを待っている。

この子を産んでよかった
2人産んでよかったって思える瞬間が、この先たくさんおこりますように。
AD
たつの市のゆるん堂さんに子どもたちとランチを食べに行った日のことでした。

もう半年前のことです。

同じ時間にお店にこられていた方がたまたま妊婦さんでなぜか少しお話をする流れになり、赤ちゃんとも少しご挨拶をして、無事にその後生まれられたということを知りました。

そして、今日、嬉しいメールをいただきました。
私は直接お産をお手伝いしていないけれど、嬉しいなと思いました。

Yさんのお産についてくださった助産師に私も感謝です(*´˘`*)


Yさんからのメール
許可をいただいたのでシェアです。

こんにちは。
ゆるん堂にてお腹を撫でて頂いた末っ子が生後6ヶ月の今日、松村さんの3月5日にシェア投稿された内容を思い出し、改めて読ませて頂きました(•ᵕᴗᵕ•)


3人目にして初めて『痛い』と言えたお産。
今回立ち会ってくれた助産師さんに『何で《痛い》って言わへんの〜??痛いんやったら痛いって言い〜(*´∀`*)』と声を掛けてもらった途端に何か自分の中でスイッチが入り、『痛いー!!!』と声に出してました。

ずっと《病気でもないお産で痛いって言ったら駄目だ!》と頑なに思っていた私にとって、不思議な瞬間でした。


一緒に過ごすことで意識が変わる。


今回立ち会ってくれた助産師さん、そして臨月時期にゆるん堂で偶然出逢えた松村さんに感謝でいっぱいです(*^^*)

長文を読んで頂き、ありがとうございますm(_ _)m

今後益々のご活躍を龍野より応援しております♡
AD