http://www.alohatower.jp/


アロハシャツ ステュディオ・ダ・ルチザン


▼ステュディオ・ダ・ルチザン(STUDIO D'ARTISAN)かせ染めインディゴシャツ・チェック ブリーチ
http://item.rakuten.co.jp/cowichanfamily/sd-5562u-ind/

◎経年変化を楽しめるシャツ
かせ染めインディゴによる、経年変化を楽しめるシャツ。青色部分に、ダルチザンのジーンズでも用いられている日本の伝統的な染色方法「かせ染め」によって手間暇かけて染め上げた糸を使用したチェックシャツにブリーチし、ユーズド加工を施しました。一般的な「ロープ染色」とは違い、糸の芯までしっかりと染まっているため、かせ染め独特の色落ちと風合いをお楽しみ頂けます。長い時間をかけて楽しめるようディテールにもこだわり、着る年ごとの表情に愛着が湧く1枚。

#アロハシャツ #ステュディオダルチザン #ダルチザン

AD

http://www.alohatower.jp/


アロハシャツ パイナップルジュース

▼パイナップルジュース(PINEAPPLE JUICE)バード・オブ・パラダイス&モンステラ (Bird of Paradaise & Monstera)
http://item.rakuten.co.jp/cowichanfamily/pine-36844-yellow/

◎パイナップルジュースが配置バランスをリプロダクト
ハワイアンシャツのモチーフとして人気が高いバード・オブ・パラダイス(極楽鳥花)とモンステラ(鳳莱蕉)の贅沢な組み合わせのデザインです。縦方向に絵柄が連続するボーダーパターンでレイアウトされ、ハワイアンカルチャーの象徴のレイをシャツのデザインに取り入れています。首からレイをかけているようにも見えるのが特徴。そして、イエローベースに抽象化された表現のデザインが、ヴィンテージテイストを強く印象付けてくれていますが、このデザインは、パイナップルジュースがヴィンテージのアロハシャツをもとに絵柄の配置バランスをリプロダクトして仕上げたものです。ハワイの大自然をモチーフにしたアロハシャツは、定番デザインとして安心感を与えてくれますね。

#アロハシャツ #パイナップルジュース #PINEAPPLEJUICE

AD

http://www.alohatower.jp/


アロハシャツ レインスプーナー(REYNSPOONER)


▼レインスプーナー(REYNSPOONER)OCEAN ESCAPE(オーシャン・エスケープ)
http://item.rakuten.co.jp/cowichanfamily/rey-r127-2654-royal/

◎アロハシャツの定番モチーフ「海の世界」
青く透き通ったハワイの海の世界をモチーフにしたデザインは、アロハシャツの黎明期である1930年代からテキスタイル・デザイナーたちによって様々なかたちで描かれてきました。トロピカルフラワーをデザインに用いたアロハシャツと同様に傑作が多いのも特徴です。トロピカルフィッシュは鮮やかな色彩と個性的な姿形が魅力的なのでデザイナーの感性を刺激してきたのでしょう。裏地使いで落ち着いた雰囲気のブルーを基調に、エンジェルフィッシュや海星などの海の生き物が、無地が多めのゆったりとした図案で描かれています。
#アロハシャツ #レインスプーナー #REYNSPOONER

AD

http://www.alohatower.jp/


アロハシャツ ゴーベアフット(GO BAREFOOT)


▼ゴーベアフット(GO BAREFOOT)PALM UKULELE(パーム・ウクレレ)
http://item.rakuten.co.jp/cowichanfamily/go-co1664-black/

◎ハワイアンカルチャーを象徴するアイコンとの組み合わせ
パーム・ツリー、ウクレレ、サーフボード、そしてフランジュパニ(プルメリア)にも似たフラワーが、ブラックのボディ全体に散りばめられている。パームツリーはアロハシャツ史上最も登場回数の多いモチーフと思われるが、ハワイアンカルチャーを象徴するアイコンとの組み合わせの相性が良いことも理由のひとつだろう。ハワイアンミュージックには欠かせないウクレレとフィフティーズのサーフィンを髣髴させるウッドボードが、クラシカルなハワイの空気を感じさせてくれる。シャツのスタイルには、オープンカラー(開襟)のヴィンテージスタイルを採用し、ボタンもココナッツ製で伝統的な香りを漂わせている。太陽とビーチがよく似合う一枚だ。
#アロハシャツ #ゴーベアフット #GOBAREFOOT

http://www.alohatower.jp/


アロハシャツ ジャムズワールド(JAMS WORLD)  

▼ジャムズワールド(JAMS WORLD)SERENDIPITY(セレンディピティ)
http://item.rakuten.co.jp/cowichanfamily/m630re-sery/

◎素敵な偶然に出会う。まさにジャムズワールドのアロハシャツ。
セレンディピティ(serendipity)とは素敵な偶然に出会ったり予想外のものを発見すること。何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけることもセレンディピティです。このアロハシャツでは、ホワイトにブラックのシンプルなカラーリングでパームリーフらしき亜熱帯植物と渦を巻いて流れる風水のリズムをアーティスティックに表現しています。まさに今、この偶然をきっかけに幸運をつかみ取ることができる、セレンディピティなアロハシャツに出逢ったのかもしれませんね。生地にはこのブランドオリジナルのクラッシュレーヨン紡織物を使用し、シルクにも似たソフトな質感で上品さが漂っています。ジャケットとの重ね着をマスターすれば、リゾートやパーティーでフル活用できる便利さが大きな魅力です。

#アロハシャツ #ジャムズワールド #JAMSWORLD #セレンディピティ #serendipity

http://www.alohatower.jp/


アロハシャツ ジャムズワールド(JAMS WORLD)


▼ジャムズワールド(JAMS WORLD)POLYGON(ポリゴン)
http://item.rakuten.co.jp/cowichanfamily/m630re-poly/

ポリゴン(POLYGON)とは元々は多角形という意味がありますが、三角形や四角形の組み合わせで立体を表現する際に用いられる図形のことを指します。アロハシャツのキャンパス(平面)で多角形の立体表現がテーマとなっていますが、ハワイアンに捉われない世界観が特徴のジャムズワールドならではのテキスタイルデザインです。もちろん明るい原色を使い、爽やかに仕上げていて、南国のリゾートテイストを全く失っていないのは流石といわざるをえないですね。このブランドのテキスタイルデザイナーのセンスのよさがわかります。 生地にはシルクにも似た風合いでソフトなシワ加工が施されたクラッシュ・レーヨン100%を使用しているので しなやかさがあり、 ライトな感覚で羽織ることが出来るでしょう。

#アロハシャツ #ジャムズワールド #JAMSWORLD

http://www.alohatower.jp/


アロハシャツ イオラニ(IOLANI)


▼イオラニ(IOLANI)UKULELE LEI(ウクレレ・レイ)
http://item.rakuten.co.jp/cowichanfamily/iola-142302-navy/

◎レイはアロハシャツと親身一体のアイテム
パームツリーとレイをメインモチーフにしています。そのレイの中にウクレレ、ハイビスカス、パイナップルが描かれているのがポイント。南国モチーフでちょっと凝ったデザインの割りにネイビーをベースにした配色でシックな印象を与える一着に仕上がっています。アロハシャツと親身一体のアイテムといえるレイのモチーフをデザインにコラージュすることで、一見しただけでウェルカム・トゥ・アロハを感じられますね。ボタンはココナッツ製のものを使用し、伝統的な香りを漂わせているのもこのアロハシャツの特徴のひとつです。
#アロハシャツ #イオラニ #IOLANI

http://www.alohatower.jp/


アロハシャツ イオラニ(IOLANI)


▼イオラニ(IOLANI) TAPA VINTAGE(タパ・ビンテージ )
http://item.rakuten.co.jp/cowichanfamily/iola-152307-ivory/

◎清涼感漂うタパ柄のアロハシャツ
このモデルは、戦前の1930年代前半に新聞広告で多く見かけられたアロハシャツの初期製品のデザインをイオラニが復刻したものです。アロハシャツはもともとスーベニール(土産物)としての役割が大きく、ポリネシア一帯で見られる装飾布タパ(TAPA)の柄をアロハシャツのデザインに用いることが多かったのです。アロハシャツではいつもトロピカル調に表現されることが多い、プルメリア、タヒチアン・ガーデニア(ティアレ)などのハワイアン・プア(ハワイの花の意味)のモチーフをタパ調でデザインしています。このようなタパ柄で表現するとポリネシアの独特の雰囲気が漂っていてとても面白いですね。ホワイト基調にネイビーのシンプルな配色で清涼感漂うアロハシャツに仕上がっています。

#アロハシャツ #イオラニ #IOLANI #タパ柄

http://www.alohatower.jp/


アロハシャツ イオラニ


▼イオラニ(IOLANI)金魚 (Kingyo)
http://item.rakuten.co.jp/cowichanfamily/iola-102307-red/

◎アロハシャツの黎明期から日本の繊維生産と縫製技術は非常に高度なものだった
1950年代製と思われるIOLANI社製の金魚柄ハワイアンを復刻しています。黎明期のアロハシャツ業界においてハワイで暮らす日系人は生産の中枢を担っていたので、当時からオリエンタルなデザインも数多く存在していました。また、日本の繊維生産と縫製技術は非常に高度なものだったで、業界でも高いシェアを誇っていたようですね。そのため生地は日本の着物から連想される柄が多く、輸入も多かったのです。和柄のオーバープリントは繊細な柄を立体的に表現できるので、思わず魅入ってしまうことも度々ありますが、その技術も着物の世界から来ています。

#アロハシャツ #イオラニ #IOLANI

http://www.alohatower.jp/


アロハシャツ カハラ


▼カハラ(KAHALA)NOHEA PAREO(ノヘア・パレオ)
http://item.rakuten.co.jp/cowichanfamily/kh-8501-kai/

◎ハンサムなテキスタイル・デザインを採用
ノヘア(NOHEA)は、外見が愛らしい人やハンサムな人に用いられ、容姿の整っていることを意味するハワイ語です。無地のスペースにミントブルー、絵柄にベージュゴールド調のカラーリングでノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。パレオ(PAREO)は、タヒチのダンサーが身につける民族衣装をそのように呼びますが、このモデルのようにシンプルな配色で表現されることが多いです。デザインモチーフである植物個々の特徴がとてもわかりやすく、まさに容姿の整ったデザインといえますね。生地にはコットン素材の平織物を使用し、ハード・ウォッシュ加工でユーズド感を強調しています。

#アロハシャツ #カハラ #KAHALA