柏って場所は。

テーマ:
柏って場所は昔から馴染みがある訳でして

1歳から6歳までは豊四季台にいたし

中学生の時もちょくちょく通っていたし

高校生の時なんかは毎日来てたし。

なので人生の半分は柏と関わって生きてるわけです。

そんな場所ではあるのですが

いかんせん

昔よりいろいろな規模が大きくなって

より都会っぽくなってきました。

昔は言葉は悪いですがもっと田舎臭かったような気がします。

そんな田舎臭さが安心して暮らせる要因だった気がします。

いろんなものがあって、いろんなものが出来上がって

たかだか40年弱ですが

馴染みがあったものがなくなって行くのは寂しい限りです。

世の中で歴史的価値がでる建物の年数っていうのは

何年経てば良いんですかね。

100年くらいですかね。

それ以下は古くて良いものではなくて

古臭いものとして壊されて行くのですか?

なんとかこの建物は100年まで持たせたいものです。
AD

手のかかる建物。

テーマ:


HANAOの2階が42度を記録した記念すべき日に撮ったアイスティーです。

HANAOの建物はなんと築50年を超える歴史ある建物なのです。

なのでとても手のかかる、いや、とても使いづらい建物となっております(笑)

中でも夏の2階の暑さは尋常じゃありません。

昨今の夏の異常気象で外気の気温も高くなっているので

部屋の中は冷房も全く効きません。

なので42度なんて中東並みの暑さになってしまいます。

42度の部屋で過ごすなんて中々ないでしょう。

これからもないでしょう。

いいいですか

一番驚くのは水道のお水がぬるくないんです。

熱いんです。

多分50度くらいでしょう。

これからもこんな手のかかる建物を大事にしていき

築100年を迎えられたらと思います。
AD

HAWAIIに行きたくなる時。

テーマ:
HAWAIIAN CAFEということで営業をしてますが

個人的にHAWAIIに頻繁に行けるわけではありません。

悲しいですが。

ただ、行きたいなーって思うことは

ほぼ毎日です。

なのでそんな願望をちょっとでも叶えようと

せっせと集めたのが

HAWAII関連の雑誌です。

結構幅広く集めていますので

結構楽しめます。

HAWAIIに行く目的はもちろん人それぞれ

なので多角的なポイントの雑誌が置いてあります。

衣食住はもちろんのこと、海、山、フラ。

もしHAWAIIに行くことがありましたら

HANAOで旅行計画をたててみてください。
AD

新年2日目。

テーマ:
今日もたくさんのお客様に来ていただいて嬉しい限りです。

HANAOの周りは建物がなくなって寂しい限りです。

伊勢角さんとか珍来さんとか老舗がなくなって

大変不便です。

何かと不便です。

食料品の買い物は伊勢角さんでした。

僕の昼ごはんは珍来さんで週3回食べてました。

なので今日は西口まで歩いて珍来さんのご飯を食べに行きました。

珍来さん

東口にお店作ってください。
今年も1年よろしくお願いします。
新年最初の営業も大盛況で今年も1年間良い気分で走り続けそうです。

最初からこんなにたくさんのお客様に来店して頂いて
幸せいっぱいを噛み締めています。

今年はHANAO CAFE誕生から10周年にあたる年になります。

派手なことは出来ませんが、お客様に感謝の心を持ってお返しをできたらなと思ってます。

HANAOが生まれて10年ですが、この建物は60年です。

まだまだです。

四季彩

テーマ:
藤原の効果なるものの影響で台風は逸れましたが、雨風が強く、ぐっと冷え込みましたね。

冬のにおいが色濃くなってきました。

しかし暦の上ではまだ秋です。

秋を満喫しなくては!ということで先日、秋を写真に収めるべく茨城県は袋田の滝へ行ってまいりました。

天気も良く、行楽日和。


駐車料金とらないから代わりに土産屋を利用してね、というシステムだったので、喜び勇んで土産屋の店頭へ。

腹が減っては戦はできぬ。友人は奥久慈シャモのぼんじり、私はゆずみそ団子で腹ごしらえ。


日の当たる場所によってちらほらと色づき始めた程度で、紅葉には少し早かったけれど、緑が深く、空気も澄んでいて心地良い。










トンネルの途中にある第一展望台。




圧巻。その一言に尽きます。カメラに収まりません。

雨のあとで水量が増していたので、とても力強い流れでした。

あまりの近さと迫力に、自分も流されてしまうんじゃないかとどきどき。


打って変わって、40mほど上がった第二展望台からの眺めは穏やかで、日も当たって暖かかったです。一気にのほほんとしました。

$KASHIWA HANAO CAFE


のほほんとしたら、ふもとの温泉でさらに、のほほん。

色づき始めた山を眺めながらの貸し切り露天風呂、いとをかし。

湯冷めしかけたところへ名物のけんちん汁そばを食べてほっこり。




秋をとことん満喫できました。


秋から冬への移り変わりはとても早いです。

ハワイはもちろん魅力的な場所ですが、せっかく四季が色濃い日本にいるんですもの、自分が住む日本を堪能しようじゃありませんか。




$KASHIWA HANAO CAFE

台風と記憶

テーマ:
台風が近づいてきました。
今回は、どんな感じになるのでしょう?

台風

私が初めて波乗りした日も、台風でした。
あんまり覚えていないのですが、今の様な台風が来る前の、雨の強い日だったと記憶しています。

サーフィンは、チャラくてナンパなスポーツだ!って、思ってました。笑 
高校時代、私は神奈川県民で、学校は藤沢にありました。クラスには、すでにサーフィンをしている子達がいて、潮焼けした金髪に近いサラサラヘアで、元気いっぱいで、世界が違うなぁと、交わる事はないなぁと、心の中で思ってました。(その頃の私は、小学校からずっとテニス漬け。)
子供の時から、水が好きです。海も、大好きです。プールで、よく潜水してました。プールの底から見る、水面のキラキラが好きでした。
{A1C979F0-1BD8-4C55-BB5B-EB84AC206A07:01}


20歳で千葉に来て、就職先の同期がきっかけを与えてくれました。『何かやりたい事ないの?おもしろいから、一回やってみない?』って突然誘われ、何故私が?と思いながらも、やる!と返事をしたのは、彼女の髪がサラサラの黒髪ロングヘアで、色白美人さんで、やりそうもなかったもいう意外性からです。
どっちかというと、多分私は、その彼女に興味があったのでしょう。同性として、魅力のある人だったので。

波乗りに連れて行ってくれた、彼女のサーファーのお友達も、黒髪短髪の硬派なお二人。サーフィンも、スポンサーがつくような上手な方だったと、記憶しています。その一日で今までのイメージが、ガラガラと崩れていったのでした。

波乗りデビューは、荒れたお天気の中、海との一体感を味わい、自然と笑顔になる経験をし、やだ!楽し過ぎる!と、もっと早く始めれば良かった!と思いました。

今日は、ブログ何を書こうかと考え、ぼーっと外の景色を眺めていたら、そんな事を思い出したので、そのまま書いてみました。
{A7D570F0-B1E7-4AA1-A7B8-2F44B573901C:01}


今では、なくてはならない存在です。
無理せず、自然体で。




10月末と言えば、ハロウィン。

街のあちこちにオレンジ色のかぼちゃを目にする季節です。

ハナオの入り口にも
かわいらしいカボチャが飾ってあるのをお気付きでしょうか?




カボチャからの繋がりで
芸術家さんでドットカボチャのインパクトある作品を手掛ける草間彌生さんがいます。
草間さんのカラフルでドットの独自な世界が好きで、
去年から今年にかけて
色んな作品観に美術館などに行きました。



直島




LOVE展


草間彌生展




ハラミュージアムアーク

アメリカン・ポップ・アート展や、JR展





草間さんの他にも、アメリカコミック的なタッチで描く、ロイ・リキテンシュタインの作品もたまらないです。

秋は、
赤、黄、オレンジといった暖色系に葉っぱも染まりカラフルになるので好きです。

カラフルな世界を観るとテンションが上がります。 笑


食欲の秋もいいですが、

芸術の秋!!!

今年は、
芸術の秋をテーマに過ごそうかなと思います。

美術館に限らず、紅葉など含め、カラフルでポップな色彩をどんどん観に行こうと思います。

次は、どんなカラフルな世界が観れるか楽しみです。

甘い戦い

テーマ:
10月は昔の仲間に会えるシーズン

寝る時間以外は、ほぼ一緒に過ごしていたのに、今や各地でそれぞれの道をあゆんでいます。あの時苦楽を共にした仲間との話は本当に尽きないもので、、、


仲間に限らず全国の同じ職人たちが一斉に東京に集まり毎年腕を競うこの大会。
飴やチョコレート、食べ物をこんな風に艶やかに観賞用として扱うのは私にはいささか理解しにくいところもあるけれど、やっぱり作品から発する技のレベル、感性には圧巻です。

今年は先輩が賞をとったこともありみんなで盛り上がりました。


見ただけではわからない、苦労や作品への想い、周りからの支え、自分との戦いもあったと言います。
名古屋から作品を無事運搬する事でさえ難関だったのに。努力が報われた大会でした。






作品の分だけストーリーがあります。
















10月は、パリで行われるサロン ドゥ ショコラも楽しみの1つ。
日本人の活躍が今年も注目されています。面白い物が沢山飛び出しそうな予感です。











Android携帯からの投稿

雨の日には

テーマ:
朝の時間の楽しみ映画です


父の影響か幼稚園に通っている頃から映画が大好きでした。


誕生日プレゼントはもっぱらディズニーのVHS


そして、ジブリ…



お休みの日には近所のレンタルビデオ屋さんに行くのが日課


そして、同じ作品を何度も何度も借りて見ていました


とくに、よく借りていたのが『back to the futureⅡ』





バックトゥーザフューチャーⅡは未来が舞台、空飛ぶ車や無人カフェ、飛び出す広告


ワクワクしながら見ていました。



今でもやっぱり、映画好き



そして、娘も映画好きです








彼女の雨の日の日課もレンタルビデオ屋さん巡りです



選ぶ作品が変わる彼女の成長が早すぎて、母はおどろきを隠せません



もうすぐ、一緒に映画館でアニメ以外も楽しめるかな?


多分、きっともうすぐですね



これからも沢山映画をみよう!












Android携帯からの投稿