• 22 Mar
    • ハスキー♀シンディへのエール!

      2012年8月、千葉県内のハスキーブリーダー崩壊現場から引き取ったシンディ。 シンディのことは、このブログでは数少ないカテゴリ分けで、シンディの記録があります。 その中で、こちらに当時の概要を書いています。 シンディの真実   素晴らしいご縁があり、2013年12月、トライアル。 その後、正式譲渡になり、幸せに暮らしています。   シンディに病気が見つかったことは、昨年12月、ご連絡をいただいていました。 目の上にコブのようなものが見つかり、鼻血も時々出るということで、病院で診ていただいたところ、高度医療センターを紹介されて検査に行ってくださいました。 下の写真は治療前。 先住犬のイギーくんと、手前がシンディ。   高度医療センターで検査した結果、鼻腔に癌が見つかりました。 しかし、肉腫が鼻先から脳の手前まで広がっていて、年齢、体力、今後完治の見込みはないとのことで、放射線治療は4回で終了。 この放射線治療は、これから先のシンディの残された時間のためでした。   次のお誕生日は迎えられるかな・・・と里親様とお話をしていました。 会えそうで会えないシンディ。 世田谷に住んでいるシンディに会いに行きたいと思いながら、未だに時間が作れずにいます。   シンディは、イギーくんと寄り添いながら、頑張っています。   3月9日、14歳のお誕生日を迎えることが出来ました。 おめでとうシンディ   シンディに出会った日から、一緒に暮らし、ティアハイムに来て・・・ たくさんの思い出があります。 ブリーダー現場から我が家に連れ帰った日、風呂場で大きなシンディをシャンプーしました。 大きな乳腺腫瘍をおなかにぶら下げていた。 毛も薄くて痩せていて。老犬に見えました。 ティアハイムが出来る前にシンディを車に乗せて、一番乗りでティアハイムの庭を散歩させました。 それからティアハイムでの暮らし。 いつもキッチンスペースにいたシンディ。 たくさんのボランティアさんに可愛がっていただきました。 小さな犬にも優しかったシンディ。 今でもシンディ元気にしているかなぁって声を聞きます。   優しい家族に出会えてよかったね。 こんなに毎日愛されて暮らして、出来ることなら、一日でも長くシンディの幸せが続いてほしい。 それを毎日願って祈っています。   シンディ、今でも鼻をフフンって動かすのかな。 あのツンとした表情もとても好きでした。     大型新人ハスキー♂青葉(あおば) 6歳 青葉にシンディを重ねて、今日も元気でいるかな?ってエールを送ります。 シンディを知っている皆様、どうかシンディの日々が穏やかでありますように、一緒に願っていただけますと嬉しいです。     オンラインドネーションは、継続参加です。 マンスリーの継続ご支援は、今後もティアハイムの運営サポートになります。 どうぞ末永く応援よろしくお願い致します。 リブログ、シェア、フォローなど、どうぞよろしくお願い致します。 猫の日オンライン・ドネーションイベント ・イベント期間: 2017年2月22日(水)〜3月31日(金)  

      437
      4
      テーマ:
  • 02 Dec
    • 麗しシンディの奇跡

      昨日のシンディの記事にたくさんの「いいね!」ありがとうございます。たくさんの方がシンディのことを気にかけてくださっていたのだと、本当に嬉しかったです。シンディの姉妹の飼い主様が来てくださった翌日、ティアハイムに1本の電話が・・・高齢のシンディ、ぜひ迎えたいというお話で驚きました。歴代ハスキー飼いで、今いる先住犬さんで4頭目のハスキー。東北の被災犬で預かっていたハスキーが飼い主様のもとに帰り、もう1頭ならお世話出来るし、何より、高齢のシンディの余生、ぜひお世話をしてあげたいと言ってくださいました。シンディの病気のことも理解してくださいました。12月1日(日)のオープンシェルター&里親会に、お嬢さんご夫婦と一緒にシンディに面会に来てくださって、トライアルを申し込んでくださいました。奇跡のような展開でした。先住ハスキーさん(♂7才)がいるので、相性の問題や、クリアしなければいけないこともありますが、先住さんも温厚な子とのことで、きっとうまくいってくれることを願っています。ティアハイムの天使たちブログに、ぎんさんが撮ってくださった麗しシンディの写真がありましたので、こちらでご紹介します。シンディ&サンタ&ウォーク シンディ&サンタ 飛んでる鳥が気になるシンディ&ウォーク シンディは塀すりすりが大好き (舌が出てる・・) トライアルは12月8日(日)から・・・・もう1週間もない時間、今日もスタッフやボランティアさんと「寂しくなるね」なんて、しんみりしていました。それだけ、シンディの存在感、大きかった。シンディを抱きかかえて大きなシンディに顔をうずめる人、たくさんいました。抱きかかえても、じっとして受け止めてくれるんですよね、シンディ。年末には嬉しいご報告が出来るように、トライアル頑張っていきますね。皆様、どうか祈ってください。シンディは、アルマ2014年チャリティカレンダー卓上の1月の表紙を飾っています。どうか今までのシンディの頑張りに拍手を送ってあげてください。そして次の子の命をつなぐためにも、シンディの1枚の写真にエールを送ってください。チャリティカレンダー販売中!アルマ・チャリティショップ応援、どうぞよろしくお願い致します。

      134
      テーマ:
    • シンディの真実

      昨年8月にハスキーブリーダー犬舎の廃業に伴い、放出された40頭以上の繁殖犬ハスキーたち。その中の1頭がシンディでした。若い子から引受先が決まっていく中、大きな乳腺腫瘍を抱えて、皮膚の状態も悪かったシンディは、最後まで残るであろうという子でした。アルマでもその時、他に若いハスキーを引取りましたが、シンディは犬舎に行った時に最後まで何度も何度も見た子で、このままいつまでも犬舎に残しておきたくなくて、私が連れ帰りました。シンディたちがいた犬舎  シンディは、左写真の犬舎の向かって右側の奥から4番目あたりにいました。連れ帰ったばかりのシンディ。まだティアハイムが出来る前で、我が家のサークルにとりあえず。体重22キロほどで痩せて毛もパサパサでした。とても温厚な子で、小型犬と同じ部屋にいても、優しく高齢犬と一緒に寝たり。亡きシーズー♂権太と一緒に寝るシンディ。シンディは犬舎名が「シン」で、「シンコ」という名前の実の娘がいました。ブリーダーレスキューの日に、シンコも一緒に引き取っていますが、シンコはスタッフくみこさん預かりの元、先にご縁が決まりました。シンコも腎臓の問題もあって、決して良い条件の子ではありませんでした。グレイスという素敵な仮名をつけてもらって、どんどん磨きがかかっていきましたね。シンディの娘グレイス(シンコ)お母さんに似ている。そんなシンディ、引取りの際にブリーダーさんに年齢を聞いたら「10才」だといわれました。10才と言われたら、それらしい年齢・風貌でした。10才だけどご縁探し、頑張ろう。でも、やっぱり大型犬の10才。甲状腺機能低下症という病気もあり、朝晩の投薬が必要です。毛並みも体格もずっと良くなったけれど、近い将来に来るかもしれない介護を考えると、この年齢からもらってくださる方は早々に現れない・・・。引取りから1年3ヶ月が経過しました。シンちゃん、11歳? それがそれが・・・先週のオープンシェルター(11月24日)にシンディに会いに来てくださった方がありました。なんと、シンディの姉妹犬を飼っていた方でした。シンディをブリーダーレスキューしてから、シンディのことを知り、飼われている子と姉妹だろうとわかって、気にかけてくださっていたそうです。シンディの姉妹が今年リンパ腫で亡くなったそうで、シンディのことをお話したいとティアハイムに来てくださったのです。姉妹犬も4歳のころから甲状腺機能低下症でお薬を飲んでいたとのこと。シンディの姉妹犬そして、まさか見ることを想像もしなかったシンディの子犬時代こちらがシンディお話では、シンディたちは、4匹兄弟で、女の子2頭、男の子2頭。シンディ以外の子たちは、みな一般家庭に迎えられて、シンディだけが犬舎に残ることに。当時、ブリーダーさんがシンディを残したかったのか、勧めなかったとのこと。シンディ以外の子たちは、横浜方面に貰われて、男の子兄弟のうちの1頭のご家族とは親交があったとのことでした。その男の子も病気で亡くなったそうです。そして、シンディのお誕生日がわかりました。2003年3月9日。シンディは10才ではなくて、今、8歳6ヶ月でした。引取ったときは7才半だったんですね。やつれて疲れ果てていたような表情だったシンディ。過酷な犬舎での暮らし。お母さん犬で頑張ったシンディ。シンディの昔のことなど何も知らなかったけれど、可愛い子犬時代のシンディを知ることが出来て、なんだか嬉しくて涙が出ました。シンディは苦労したものね。温かい家庭で暮らすことも出来たかも知れなかったのに、ずっとコンクリートの上で寝起きして暮らしていたんだもの。新緑の中、駆けるシンディ。長く病気の手当てもされず、毛色も退色してしまって、いまだに生えてこない箇所もありますが、シンディの優しい眼差し、大好きです。ティアハイムボランティアの「ぎんさん」が撮ってくだっさったこのお写真は、アルマ2014年チャリティカレンダー卓上の1月の表紙を飾っています。来年の1月は、シンディは新しい家族のもとで新年を迎えられそうです。ぎんさん、介護になったらシンディを引き取ると励ましてくださったけど、シンディ、本当のおうちが見つかったようですどうか今までのシンディの頑張りに拍手を送ってあげてください。そして次の子の命をつなぐためにも、シンディの1枚の写真にエールを送ってください。チャリティカレンダー販売中!アルマ・チャリティショップ応援、どうぞよろしくお願い致します。

      191
      テーマ:
  • 21 Oct
    • ハスキー♀シンディ 経過

      8月17日、ブリーダー現場から引き取ったハスキー♀シンディ元気にしております。大きな乳腺腫瘍があり、オペを急ぎたかったところですが、皮膚の状態が悪い上に、検査の結果、甲状腺機能低下症というホルモン異常があり、内服薬を開始していました。乳腺腫瘍の大きさを気にしつつも、出来ればベストな状態で手術してあげたっかたので、他のハスキーさんたちとはかなりの出遅れです。やっと本日、手術をします。ホルモン改善のお薬を飲み始めて1ヶ月か経過し、少しですが毛のないところに発毛が・・・。真っ黒だったフケ垢も、白くなり、そしてだいぶ、キレイになってきました。  室内で写真を撮るといつもこんな神妙な顔になり・・・いつものお茶目な姿が披露できません。お散歩は今は大好きで、毎日30分くらいの散歩はしています。最初は10分も歩くと、後半、後ろ足を擦っていましたが、今はかなりしっかり歩けるようになっています。 だんだんに毛艶もよくなって、美人ハスキーになってきましたよ。ご支援でいただいたz/dと健康一番の補助食品これが美の秘訣です。シンディさんのことを記事に書こうとハスキーレスキューのブログを拝見したら、一番年上のマリア子ちゃんが犬舎で亡くなっていました。マリア子ちゃんは13歳で、私が一番最初に引取しようかと思った子で、しかし、他の犬がダメだとお聞きしたので、あきらめて・・・ シンディを引取ました。もう少しパワーがあったら、マリア子ちゃんを早く出してあげたかった。夜は冷え込む犬舎で、コンクリート敷きの上に新聞紙。高齢なら寒さも堪えたことでしょう。センターからの引取検討が続く中、センターの子の命だってカウントダウンされています。既にブリーダーのもとにいる子は、最低の食事と屋根の確保、そして処分されることはないのだという天秤にかけた時に、どうしてもセンターの子たちを優先せざるを得ません。どの子もすべてを助けられないけれど、私は関わった子、見た子は、やはりなんとか出来ることならと考えます。センターの子たちは命の期限があるからこそ、第一優先ですが、マリア子ちゃんの死は、とても悲しいことでした。

      20
      テーマ:
  • 09 Sep
    • ハスキー♀シンディ 病院報告

      ブリーダー現場から引き取って3週間。8日(土)、病院にて諸検査をしました。気になる皮膚の問題は・・・血液検査で「総コレステロール」の値が高いので、おそらく「甲状腺機能低下症」ではないかということで、確定診断のため外注検査に出しています。11日あたりに結果が出るそうです。心配して、メッセージ送ってくださったKさん、ありがとうございます。貴重な情報、とても助かりました。 後ろから見るとよくわかりますが、このように脱毛して、皮膚は黒ずんでいます。あと前足の脇の下や横腹、内股、このあたりも状態は良くありません。確定診断の結果は火曜日に出ますが、数日の内服薬先行は問題ないとのことで、今日から甲状腺機能低下症のお薬を始めました。チラージン、朝晩、5錠ずつ。プラス、皮膚のための抗生剤、あと2週間継続。体重は現在24キロですが、まだアバラが触れるくらいで、あと2~3キロ増やしてくださいと言われました・・理想26~27キロですね。体調も良いのでワクチンを打ってきました。 病院でも人懐こくって良い子だと誉められましたよ。これから継続した治療と、落ち着いて1ヶ月後くらいに避妊手術を予定しています。いつの日かシンディを迎えてくださる未来の里親様、じっくり待ちますので、どうぞよろしくお願いします。■シンディさんのデータ・体重24キロ(9/8現在)→理想26~27キロ・血液検査一般項目 問題なし・血液検査 総コレステロール値↑・フィラリア抗原検査(-)・5種混合ワクチン済・検便(-)<今後の予定>・避妊手術+乳腺腫瘍の切除・歯科処置・マイクロチップ装着・継続しての甲状腺機能低下症の治療(内服薬)ご縁へのハードルがちょっと高くなってしまいましたが、シンディの笑顔がいつまでも続きますように頑張ります。

      17
      テーマ:
〒124-0021
東京都葛飾区細田5-11-12
 特定非営利活動法人アルマ
 一般社団法人アルマ
 アルマ東京ティアハイム
 tel/fax 03-5876-7667

<最新の引取情報>
 ■アルマ引取情報ブログ

<アルマへのお問い合わせ>
 ■里親募集中の犬猫/活動に関するお問い合わせ
 ■ご支援に関するお問い合わせ

わんわんティアハイム・ボランティア募集にゃー
アルマ東京ティアハイムで犬猫のお世話、お散歩をしてくださるボランティアさんを募集しています!詳しくは以下のブログをご覧になってください。
アルマ東京ティアハイム通信

<当ブログへのご意見/ご感想>
 ■メッセージを送る(アメブロ会員限定)

2つのプログランキングに参加しています。
毎日一回、応援ポチッとクリックお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村



活動資金のご支援は下記口座にて受け付けております。
みなさまからの温かいご支援お待ちしております。
★保護犬猫の医療費・活動費へのご支援
・三菱東京UFJ銀行 金町支店 (普)0226368
特定非営利活動法人アルマ または トクヒ)アルマ
・ゆうちょ銀行 10000-1466031 トクヒ)アルマ
★アルマ東京ティアハイムの運営・啓発活動事業へのご支援
・三菱東京UFJ銀行 金町支店 (普)0139595 一般社団法人アルマ
・ゆうちょ銀行 10180-53042571 シヤ)アルマ

クレジットカードでのご寄付が可能になりました。
1回限り、継続して毎月500円~ 選べる支援方法
アルマ東京ティアハイム・サポート支援


旧ランキング

ボランティア
1 位

ランキングトップへ