紡いだ命 ~アルマ東京ティアハイム~

特定非営利活動法人アルマ/アルマ東京ティアハイム
私たちは「最期の砦」を目標に掲げ、
動物愛護センターからの引取を主な活動としています。
●登録センター/保健所:
 東京都/千葉県/埼玉県/柏市/さいたま市/横浜市/茨城県

アルマ活動メッセージボード(最新記事はメッセージボードの下にあります)

アルマは東京/千葉/埼玉/さいたま市/茨城/横浜市の動物愛護センターに譲渡先団体として登録をしており、100名のアルマスタッフ、100名のティアハイムスタッフで力を合せて運営しております。最期の砦となるスタンスは変わっておりません。皆様の応援に支えられています。


犬の里親募集    ■猫の里親募集


■ アルマ東京ティアハイム ■

$紡いだ命 ~アルマ東京ティアハイム~-ティアハイム 犬猫たち
2012年12月、都内・葛飾区に小規模の都市型シェルターを開設いたしました。
2013年1月~運営スタート 賛助会員を募集 しております。
殺処分ゼロを目指して、一緒に歩んでいただけるサポーターの皆様、
今後とも応援よろしくお願い致します。


 こちらにてティアハイムの様子をお知らせしています。

 アルマ東京ティアハイム通信

 ティアハイムの天使たち (ボランティアスタッフブログ)


■■■のイベント ■■■

ティハイム・オープンシェルター&里親会

  7月3日(日)・10日(日)・17日(日)・24日(日)・31日(日) 12時~15時

  ティアハイム滞在中の犬猫中心に参加 詳細:アルマ東京ティアハイム通信

犬・里親会

  7月18日(祝) 目黒区上目黒 会場:ニコリ

  詳細:里親会ブログ にて

フリーマーケット

  次回開催予定はこちらで

  詳細:フリーマーケット開催情報



■ アルマの活動を応援してください

■ご支援の送金先

活動資金のご支援は下記口座にて受け付けております。

みなさまからの温かいご支援お待ちしております。


特定非営利活動法人アルマ

アルマバナー

保護犬猫の医療費・活動費へのご支援

・三菱東京UFJ銀行 金町支店 (普)0226368
 特定非営利活動法人アルマ   または トクヒ)アルマ

・ゆうちょ銀行 10000-1466031   トクヒ)アルマ


アルマ東京ティアハイム
アルマ東京ティアハイムバナー

ティアハイムの運営・啓発活動事業へのご支援

・三菱東京UFJ銀行 金町支店 (普)0139595 一般社団法人アルマ

・ゆうちょ銀行 10180-53042571 シヤ)アルマ




売上の一部は保護犬猫のためのご寄付になります


$紡いだ命 ~アルマ東京ティアハイム~-A-SHOPバナー



テーマ:
8月25日(木)茨城センターへ。
ブログに書いた17歳のシーズーさんのことや、飼い主が入院して相談があった骨肉腫のパグさんの件で、ご連絡をいただいた皆様、ありがとうございました。
色々と時間が押して、お返事が出来ていない方もありますが、2~3日、お待ちください。

センターの子たちのことも早くアップしたいのですが、取り急ぎ、引き取った子たちのご報告です。

●柴♀茶白 推定4~5才 体重8~9キロくらい
沢山の犬の中でも落ち着いていて、おとなしい子でした。
数日、協力病院にて医療チェックのためにお泊り中。



●シーズー♀白茶 17歳 3キロ 飼い主放棄
この子のことが一番の心配でもありました。


センターに着いた時には、下痢をしていました。
お洋服はセンターで着せてくださったのだろうと思います。


全ての爪が伸びて、肉球に食い込んでいました。
1ヶ所は肉球に穴が開いてしまっていて、なかなか立つことができません。
汚れていたので、翌日、ボランティアトリマーさんにトリミングしていただきました。


体調はよくありません。
何も食べずに、下痢から血便に。
犬用ポカリを70ccほどは飲みましたが、どうにも体調が上向かないので、昨日の夕方、協力病院に検査入院しました。
17歳という年齢なので、何があってもおかしくない。
どうか元気になってと願うしかありません。


子猫たちは、週末金曜日には、いつも来る子猫引取りの団体さんが来ないそうで、全て、処分部屋に置かれていました。
乳飲み子から、生後1ヶ月半くらいの子猫たち。
どの子でも・・・とセンターの職員さんに言われても、選ぶことが出来ない。
さんざん悩んで、結局、全部、連れ帰ることにしました。

●子猫3頭 生後10日くらい 体重200グラムくらい


●子猫1頭 生後10日くらい 体重200グラム


以上4頭の乳飲み子は、既知の個人ボランティアさんが預かってくださる段取りをセンターでつけて、その日の夜、お預けしました。
先日、乳飲み子預かれますよ、って言っててくださった言葉を思い出して、申し訳ないけれどお願いしました。


●子猫2頭 風邪引きさん 生後1ヶ月、1ヶ月半
手前のキジ白の子がかなり酷い猫風邪です。
同じダンボールに入っていましたが、サイズも違うので兄弟ではないと思います。


今日の夕方、病院に走って、インターフェロンと抗生剤の注射をしていただきました。
ご飯は食べているので、元気になってくれますように・・。
ちょっとフーシャーしている2頭です。


●子猫3兄弟 生後1ヶ月半くらい 黒白、キジ白×2頭 全部オス
 体重600~700グラムあり、食欲もあって一番元気です。
 黒白の子が写真に入らなかった・・・


本日、預かりスタッフりりあんさんが迎えに来てくださいました。
3頭のお預かり、ありがとうございます。
おうち探しの旅
{0F9B0934-8E3C-40D1-A601-33E760D36C3C}


そして、全部を積み込んで帰ろうとした時に・・・
また1台の回収車が戻ってきて、怪しいダンボール1箱・・・・
「見ますか?」と聞かれ・・・ うーん、見るしかないでしょう
案の定、5頭兄弟の子猫たち

●子猫5兄弟 生後2~3週間 体重220~260グラム
自分でご飯食べてくれるかなぁ・・・・


もう、ここまで来たら、子猫9頭も14頭も一緒だと思って、全部、連れ帰りました。
10日間くらい頑張れば、何とかなる・・・・ たぶん。

離乳食を始めたのですが・・・
それが全然、食べてくれなくて、仕方なく授乳しています
今回はオスが多くて、5兄弟は、オス4頭、メス1頭。



前回、8月9日に引取した生後2日の乳飲み子。
茶トラ♂エイト 体重210グラムを越えました。
胎盤付だった兄弟猫はすぐに亡くなってしまいましたが、エイトくんはすくすく成長しています。
8月8日生まれだから、生後20日ですね。来週から離乳食の練習かな?


結局、25日(木)の夜から、合計6頭に授乳することになって、その合間に、病院やお届や、決算報告の資料探しとか(これはほとんどkeikoさんにお手伝いいただいていますが)、1人で焦って追われています


8月28日(日) ティアハイムオープンシェルター里親会!
参加一覧


明日は曇り雨の予報。
でも涼しいと思いますので、どうぞティアハイムに足を運んでくださいね

ダックス♀やよいちゃんも、ますます元気にしています。
カラーが嫌みたいです・・・。



明日、ミニフリマもありますよ~
12時~15時、雨が降りませんように~



駆け足のブログで申し訳ございません。
ご報告ごとが沢山ありますので、明日もブログ更新予定です。

いいね!した人  |  リブログ(7)

テーマ:
夕方近くに一本の電話がありました。
その時、事務局にいた私が電話を取りました。
最近よくあるケースの相談です。
地域の社会福祉関係の方から、犬についての相談でした。

話の内容は、4ヶ月前から入院している単身者の高齢者が飼っている犬が、1頭で自宅に取り残されている。日々のご飯は、ケアマネジャーさんが通いであげている(はずだ)。
連絡があって、その犬が、実は4ヶ月前に骨肉腫と診断されて、飼い主さんの経済的事情もあり、そのまま治療もなくいるのだが、骨肉腫の箇所が自壊したのか血を流していた。
今日昨日のことではなく、自壊して1週間くらいはたっているのかもしれない。
今日、様子を見に行ったら、何ヶ所かウンチがあって、水と餌をあげてきた。
このような場合、どうしたらいいのでしょうか・・・
引き取ってくださるところはないでしょうか・・・と。
自宅に取り残されている病気の犬が心配でこのまま放っておくことも出来ないが、どうしたらよいのか・・というようなお話だった。

こんな時、すぐに様子を見に行って病院に連れて行きますとか、引取りますとか、簡単には言えないもので、杓子定規で、「当会では無償でのお引き受けはできません」、「身近な方で引き取って面倒見てくださる方はいませんか?」とお答えする。
犬のことを考えると可哀想で仕方ない。

その14歳というパグは、自壊したという骨肉腫の前足片方がつけなくなっているという。
骨肉腫の痛みは、とても人間なら正気でいられないほどの痛みだと聞く。
なんの治療もされていないということは、どれほどの痛みと苦痛があるのか、そして、飼い主がいない家にたった一人で、この真夏もどうやって過ごしてきたのか。
頼りのケアマネジャーさんも毎日来てくださっているようではない様子。
しかし、犬の世話はケアマネージャーさんの仕事ではなく、あくまで善意の範疇にあると思う。
東京西部でここからは簡単に行ける距離ではないし、とりあえず、ケアマネージャーさんにお願いして、かかりつけの病院に一度連れて行ってもらえるようお願い出来ないでしょうか、と電話を切った。
当会からは遠いので、近隣のボランティア団体など探してみて欲しいと付け加えて。
でもおそらく、どこの回答も似たような話になるのだろう。

後味は悪い。


ティアハイム滞在の可愛いシニアのMIX♂タンタン
埼玉センターからの引取り




年金暮らし、一人暮らし、近しい身寄りもない。
そうなると頼れるところはなく、お金もない。
そういう状況で犬猫を飼っている方は少なくない。
5月末に引取りした白猫♀ゆりちゃんもそうだった(飼い主さんは病気で亡くなったので、やはり福祉関係の方が通いで餌をあげてお世話していての相談)。


今は第二の猫生、幸せいっぱいのゆりちゃん(現ココちゃん
 


昨日、電話相談があったケースも、同じく福祉関係の方からで、
ご主人が末期がん、奥様は認知症が出てきている、
癲癇の持病がある10才くらいのチワワがいる。
散歩もままならない状態、毎日の投薬も必要。
このチワワを引き取ってもらえないだろうかという話。
年金暮らしなので、そんなにお金は出せないと思う、と。

同じく夕方遅くにあった電話では、高齢のご夫婦が病気で、飼っている犬が世話されていないようなので、引き取ってもらえないだろうか、というご近所の方と思われる方からの相談。


犬を有料引取りしていた劣悪な現場から引き取ったマルチ♂ケリー
飼い主さんが亡くなったか病気で託された先は決して安住の地ではなかった。




その前は、道端で目が塞がっている子猫を保護した、自転車から女のひとが投げ捨てたのを見た。
追いかけて話をしたけれども飼えないから、と言われた。引き取ってもらえませんか?という相談の電話があった。
「子猫ならワクチン代くらいのご負担をいただかないと難しいです」の言葉に
「うちは犬が3頭いて生活保護なのでお金は無理です」と言われる。
どんなに丁重に対応して、なんとかお互いに納得いくところを探して言葉を選んでいても、お金の話が出ると、「それなら自分でなんとかします」と言われた。
なんだ、自分でなんとか出来るんじゃん・・・。


子猫の話は別として、病気で倒れた高齢者が飼っていた犬猫の行く末は、本当に厳しい。
福祉関係の方、身近なケアマネージャーさんからの相談が本当に多い。

いつものことながら、全てを受けていたら、パンクする。
でも放置したら、その子たちはどうなるんだろう。
やがて動物愛護センターに入るのか、そのまま命を落とすかもしれない。

こういった子たちの受け皿を、もっと支えられる仕組みが出来ないだろうか。
ただ飼い主責任で、そこで飼われたことが不幸だった、の一言では済まされない。
いつも私たちは、飼い主責任の向こう側に犬猫の命を見ている。
この子たちには何の罪もないのだ。


デッキで遊ぶ茨城センター引取りのMIX犬たち。
この子たちにも生きる権利はある。




高齢化社会、これからもっともっと、このような相談が増える。
頼れるところがあれば、出来るだけお金を出したくないのは人間の心情。
しかし私たちボランティアも、一日24時間の限られた時間の中で、自分自身の生活も老後も考えないといけない中、無償の愛を手放しで差し出すことも到底不可だ。
パンクしないギリギリのところで綱渡りしている。

行政や福祉、企業などが助成金を作って、その枠組みの中で、保護預かりや治療をサポートできるシステムを作ってくれれば、受け皿は増えると思う。
でも、受け皿を作ることがベストではない。
こういう事態が起こらないように、自分たちが犬猫を飼い続けられる年齢を考え直さないといけない。
何かあった時に引き取ってくれる後見人も必要。

もっといえば、日本は安楽死に関して否定的なところがあるが、生き地獄があるなら、安楽死の選択ももっと考えていかねばならないと思う。
生かしたい、と思うことと、生きていても苦しいこともあるということを、簡単に割り切れるはずもないが、やはり死については人それぞれの心の寄りどころが違うと思うので難しい。


茨城センターに飼い主持込の17歳のシーズーの女の子がいるとのこと。
高齢者のご夫婦が病気で飼い続けられなくなり、他のもっと若い年齢の犬には貰い手が見つかったが、この17歳の子には見つからなかったそうだ。
センターのコンクリートの犬舎で丸くなって寝ていると聞くと、いてもたってもいられない。


シーズー♂なごむ
里親様のもとで幸せな余生を送りました。8月19日、お空に旅立ちました。
2013年のティアハイムでの写真。



ティアハイムの運営の中で、こういったケースの相談の子たちを何とか面倒みられるような体制が出来ないものかと考える。
もちろん全部は無理だけれど、例えば年間100万円という枠組があって、それが助成金等で賄われて、その中で経費を出していけば、今よりも余力を持って取り組める。
助成金ではなく、相互扶助のような飼い主がお金を出し合って作れるようなシステムでも良いかもしれない。
考えても考えても、なかなか前に進めない。


なんか、ぷーすけのこと、思い出しちゃった。



今日は(25日)、ボランティアさんが少ないので、午後~夕方、助けていただける方がありましたら、是非、よろしくお願い致しますm(__)m
さっき夜中の授乳したので、そろそろ寝ます~

いいね!した人  |  リブログ(30)

テーマ:
朝から凄い雨です。
これから台風9号がお昼頃に関東上陸の恐れ、とのこと。
昨日はカンカン照りで夏らしい暑さだったのに、今日は大雨。
日替わりのように最近の天候は目まぐるしく変わる。

こんな日は、ティアハイムも室内作業で、豪雨の中、お散歩に出ることはありません。
洗濯物が乾かないとか、外での排泄を好む犬のトイレの心配くらいです。
酷い天候の中、朝からポメカリさん&コエダさんが予定通りのボランティアに来てくださいました。ありがとうございます。

こんな日は、お外で暮らしている猫とか、外飼いの犬とか、どうしているんだろう、河川敷にいる猫たちが川の濁流にのみこまれたりしないだろうか、そんなことが気になってしまいます。


21日(日)、オープンシェルター里親会
暑い中、ご来場、ありがとうございました。
まったりペースのオープンシェルターでしたが、ご来場の皆様にもゆっくりしていただけて良かったです。

昨日、たった1枚、撮った写真
MIX♀あまねちゃん
毛並も黒々してとてもキレイになりました。


夏は中型MIX犬のご縁が進まないので、今週も朗報がないのですが・・・
中型MIX犬1頭ご縁が決まれば、次の1頭を茨城センターから引取することが出来ます。
今、ティアハイムも無理が出来る状況ではないので(その詳細はまた別途、ご報告します)、どんどん犬を増やすわけにはいきません。
今の状態をキープできたら最善と考えています。


続々トライアル~
トライアルも小型犬と子猫は、少しずつ進んでいます。
8月20日(土)のトライアル報告

●ダックス♂7もぐ
久喜市のK様宅へ。
高齢犬でこれからも治療・ケアが続く子に手を差し延べてくださいました。

可愛いダックスの先住犬さんがいます。
おじいさんのもぐの不可解な動き(まったく相手の反応を意識しないマイペース)に先住犬さんも困惑して、ちょっと申し訳なかったのですが、里親様がよくご理解くださって時間をかけて見てくださるとおっしゃってくださいました。
ブログも作ってくださって、そちらで最新のもぐを見ることが出来るのですが、トライアルが終わって正式譲渡になったら、ブログご紹介しますね 

最新の様子を少しだけご紹介(里親様のブログから)
 

並んで一緒にご飯
 

私たちの活動にとても慈悲深い優しい言葉をかけていただきました。
どうにも口べたで、うまく現状を説明できない私に、無条件の支援を申し出ていただけることはそれだけで気持ちが救われる思いです。
ただただ1頭でも助けたい、この殺処分の現状を何とかしたい。
その思いの後方支援で、いつも支えてくださる皆様にも、感謝の気持ちを忘れずにいたい。
改めてそう思った日でした。


そして、子猫のお届け2件。
相変わらず、ばろんさんのお世話になって 猫の里親希望者様の対応やお届けは、ばろんさんに助けてもらっています。
退社してからも、毎週オープンシェルター里親会の手伝いやサポート、本当にありがとう。

●子猫♂ティガー
新宿のK様宅へ。
5頭兄弟で最後まで残っていたティガーも幸せのご縁が見つかりました


ティガーのご縁が決まって、これで3月15日の一本の電話から始まった「丸投げ相談猫」の子たち、全てご縁が決まりました。
5ヶ月かかりました。

そういえば、昨年の市川多頭飼育崩壊現場から引き取った子たちも、まだ2頭、ご縁を待っています。
あれから1年・・・となる日も近い。
関わることはその日限りの終わりではないので、ずっと抱えて頑張るしかない。

ちんたろうは、ティアハイムにいます。♂6才。
よろしくニャー



●子猫♂ヤン
葛飾区のN様宅へ。新しい名前は「とら」君だそうです。


ヤンくんのことは全然、ご紹介出来ていなかったのですが、ティガー兄弟の中の2頭の姉妹猫の里親様から、お庭を行き来する子猫の保護相談があり、こちらで引取保護をした兄弟猫です。
ティアハイムに来た時は、こんな感じ。
まだまだ警戒心もありました。
チャトラ♂ロン、キジトラ♂ヤン 生後3ヶ月くらい。
 

キジトラのヤン君のほうが、早くに人馴れしました。
N様宅のご主人様がとてもヤンくんのことを気にかけてくださいました。


先住猫のキジ白のお姉さん猫がいます。
ヤンくん改め、とらくんと仲良くしてね。



8月20日(土)、茨城センター引取りの子猫2頭、預かり先に移動しました。
しっぽたちの幸せ探し〜ようこそ我が家へ〜
 

masaさん、子猫のお預かりありがとうございます。
何かお手伝いしたいと活動に復帰してくださってありがとう。
皆様、子猫たちも応援よろしくお願いします。


チワワ♀なつみちゃんは、こちらに移動。
★☆キミの歩幅で・・・☆★
 

すっかり家族には慣れた様子。
チワワらしい、チワワです
こちらも応援、よろしくお願いします。


皆様、豪雨、強風、どうかお気をつけくださいね。
今日はティアハイムに引きこもりで、ゆっくりお世話します。

いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

残暑が続き、まだまだ暑い毎日ですね。
8月21日(日)ティアハイムオープンシェルター里親会、開催します。
可愛い保護犬猫に是非、会いに来てください

参加一覧


会場: 東京都葛飾区細田5-11-12
     TEL 03(5876)7667
     アルマ東京ティアハイム

※どなたでもご来場いただけます。
※駐車場、2~3台分のスペースありますので、
 ご希望の方は当日、5876-7667までご連絡をお願いします。

★★ お願い ★★
犬の数が多くトラブル防止のため、一般の方のワンちゃんの入場は
里親希望を出されている方に限らせていただきます。
(卒業犬の皆様は事前にご連絡の上、お越しください。)


預かり宅からは~
ダックス♂伝平くんが参加しますよ~
預かりブログ  ホコんち
 
可愛い伝ちゃんにも会いに来てくださいね 


上記一覧にまだ入っていない子もいます。

●MIX子犬♂ボン 生後8ヶ月 体重12キロ
 今はカラーも取れて、骨折していた足もしっかり治りました



●MIX♀ミニ 推定4~5才 8.9キロ
 名前のとおり、小ぶりの女の子です マンションサイズかな?



●ダックス♀ダッコ 2才 体重3.2キロ
 先天性の小脳障がいがあり普通に歩けませんが、自力で立つ、前進することは可能です。


ダッコちゃんも里親様募集しています。
今、広いリビングにフリーなのはダッコちゃんだけになって、なんだか寂しそうです。
やっぱり夜も人の傍に置いてあげたいな・・・と思っています。
排泄は自力で出来ますが、トイレシートに・・・というのは、ほぼ出来ません。
立って排泄しても、その後、踏ん張りが続かすにコテンって倒れてしまうことも多いので、どうしても下半身が汚れることもあります。
オムツを履かせると、うまく動けなくなります。
自由に動ける環境が、ダッコちゃんのリハビリにもなっていますので、トイレ/排泄に関して、寛容な環境を準備していただけることが希望です。
食事も自分で立って食べられていますが、介助は必要です。
ダッコちゃんも9月で2才くらいでしょうか。
ご理解あるご縁が見つかりますように・・・。



あっという間にトライアルが決まったポメ♀はなちゃん
来週トライアル予定です



そして、今日から~
ダックス♂もぐ、トライアルスタートです
 
高齢で継続治療の必要な子に手を差し延べてくださって感謝の気持ちです。
甘えん坊で、可愛いもぐちゃん。
どうか元気で長生きしてね。


ダックス♀やよいちゃん
あの大きな自壊した乳腺腫瘍を抱えていた子です。
気持ちの持っていき場がない ~この子に何がしてあげられる?


まだ傷がちゃんとついていないので、抜糸は来週後半になりました。
食欲も旺盛で、とっても元気です。
ティアハイムに来るボランティアさんも、「え?この子があのやよいちゃん 」とビックリするくらいに、本犬とはわからないようです
切除した腫瘍の病理検査結果は、改めて、やよいちゃんのお話で説明させていただきますね。
元気になった、やよいちゃんにも是非、会いに来てくださいい


前回、ティアハイムオープンシェルター里親会参加で、事前にちゃんと紹介出来なかった
テリア系MIX♀あさりちゃん、ごめんね~
預かりブログ みずママの日記

体重7キロ台、推定7~8才のシニアですが、性格も落ち着いていて本当に良い子です。
60代で、もう一度、犬を飼うことを悩んでおられる世帯があれば、是非、あさりちゃんのような可愛い子をご検討ください。
体格は柴犬サイズくらいありますが、マンションで飼うにも良いサイズです。

では今日も一日、頑張ります~
もう朝6時過ぎに起きて、乳飲み子授乳してますけどネ

いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:
毎日、怒涛のような一日で、あっという間に時間が過ぎていきます。
もっと沢山の子を抱えている団体/シェルターもあると思いますが、アルマもティアハイムも自分たちに出来る精一杯の活動です。

乳飲み子保護でお預かりした子たちも・・
生後1ヶ月半くらいになりました。
左から、シュガーくん♂、ふじちゃん♀、もんちゃん♀


離乳食から、子猫用の超小粒のドライも少しずつ食べるようになり、体重も500グラム前後です。
白のシュガーが一番小さい。 



シュガー♂は、体重87グラムでした(7月1日)


もんちゃん♀は、94グラムでした(7月1日)


ふじちゃん♀は238グラムだったかな?生後2週間ちょっとでした(7月24日)


体重700~800グラムになったら、1回目の混合ワクチン接種予定です。
それから里親募集開始します。
乳飲み子が亡くらなずに育つことは、とても嬉しい。
今年はずっと子育てしているみたいです・・

もう1頭、生後2日で茨城センターから引き取った茶トラくん♂も元気に成長しています。
今、生後11日くらい、もうすぐ目が開きそうです。


7月9日、遠く福島からやってきたキジトラ♀あまちゃん
あれから1ヶ月ちょっと、だいぶ慣れてきました。
右後ろ足先が欠損している子です。まだ生後6~7ヶ月くらい。若そうです。


ティアハイムに来た時は、イカ耳、シャー、で、猫パンチが飛んできそうでした


まだ、抱っこするところまではいかないのですが・・・
毎日、ゲージ越しにチョンとじゃれてきて、甘えてくるようになりました。
今は、ティアハイム2階の事務局にいます。
モンプチのクリスピーキスや、ちゅーる大好きなので、毎日1~2回は、オヤツでコミュニケーションを取っています。

ある日、突然、スリスリゴロゴロに変身することもあるので、そのうち、あまちゃんも名前の通りの甘えん坊になるかもしれませんね。


マーガレット御礼
マーガレットに沢山のお悔やみ、御花をありがとうございました。
8月17日夕方、回向院に送りました。


御花に埋もれたマーガレット。
きっと天国でも、食いしん坊でマイペースなマーガレットでしょうか。



キャバリア♀ラムちゃん(現ランちゃん)が、ママとお悔やみに来てくれました。
ランちゃん、変わらず美人さんね~。
マーガレットの若い時は、きっとランちゃんみたいだったのかな


マーガレットに御花をくださった、
きゃんままさん、モカママさん、中村さん、kanoさん、しもさん、かおるさん、ルイスママさん、ラムちゃん里親様、美穂さん、みえママさん、ばろんさん、ティアハイムスタッフみぅさん&高橋さん、ありがとうございました。
マーガレットのお別れに駆けつけてくださって、きっとマーガレットも嬉しかったと思います。


マーガレットが亡くなった日の夕方に、とてもキレイな虹がかかっていたそうです。
虹の橋は、身近にあるのかもしれませんね、とメールをいただきました。
思い出は、いつも心の中にあります。
何かの拍子に、ふと亡くなった子たちのことを思い出します。
後悔のない介護なんて一つも無かった。
いつも、ああすればよかった、こうすればよかったと心残りばかりです。
でも、それがあるから、きっと忘れられないのだと思うし、次の子を迎えた時は、また新たに、こうしよう、ああしようと思えるのかもしれません。
忘れられないことは、決して悪いことではないと思っています。
沢山の抱えきれないほどの思い出を胸に仕舞って、時々取り出して考えてみるのです。
辛かったことは日々薄れ、楽しかったことは日々風化する。
そして、また新しい出会いにこれからどれくらい出会えるのかわかりませんが、1頭1頭、命を繋ぐことを大事に考えていきたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(1)