ゴシップオフィサー ファントムS

オールスター25グループ オフィシャルブログ



テーマ:
よく来たな。



ファントムSだ。







この週が明ければ、また新台入替が始まる。



入替自粛期間はあっという間だったな。



新台がない代わりといってはなんだが、



この1ヵ月を通して既存機種のゲーム性を少しばかり紹介してきた。



熟練者にとっては大して得にもならない記事ばかりだったと思うが、



最後まで付き合ってくれた奴には礼を言っておきたい。



本当にありがとう。






さて。



今回は締めくくりにバジリスク絆の「モード」について紹介しよう。



これまでよりやや複雑な内容でぎこちない説明になりそうだが、



まあ興味のある奴だけ見ていってくれ。










■ バジリスク~甲賀忍法帖~絆






バジリスク絆には過去に説明した3つの内部状態のほか、



A~Eまでの5つの内部モードが搭載されている。



この「状態」と「モード」が掛け合わされることによって



バジリスク絆の奥深いゲーム性が生み出されているわけだ。






まずは5つの内部モードの特徴から説明しよう。



実は滞在するモードによってバジリスクチャンス、



バジリスクタイム突入の期待度が異なっている。



下の表でA~E各モードにおける高確状態への移行率と、



バジリスクチャンス時のAT当選確率を確認してみてくれ。






■ モード別状態移行率







■ バジリスクチャンス時AT当選確率










特筆すべきは、各モードにおけるBC時のAT当選確率の違いだ。



表を見れば分かるとおり、



モードA滞在時は設定6でもAT当選にそれほど期待できない。



その反対にモードC滞在時ならば、



たとえ設定1であってもAT当選に期待できる数値となっている。



そして、この滞在モードはBC当選後も下がることがほとんどない。



もしモードC滞在を確認することができれば、



AT当選まで打ち切ったほうが賢明というわけだ。






では、滞在モードはどうすれば判別できるのか?



発生演出から判断するのが最もシンプルな方法だ。



バジリスク絆にはモードCを示唆したり、



発生した時点でモードC滞在が確定する演出が存在する。



下で紹介している演出を見逃さないようにすることだな。






■ モードC滞在 示唆演出







■ モードC滞在 確定演出









ここで紹介している演出は一部にすぎない。



モード判別の精度を高めるためには、



できるだけ多くの示唆演出、確定演出を把握しておきたいところだな。



「モードC 演出」で検索すれば多くのサイトがヒットするはずだ。



よかったら参考にしてみてくれ。






最後に、内部モードの移行についても触れておこう。



A~Eの内部モードは26個のテーブルによって管理されている。



滞在するテーブルによって、



規定回数のAT非当選BC後にモード移行が行われる仕組みだ。



少しややこしく思えるかもしれないが、



下の表を見ればイメージしやすいはずだ。






■ モード管理テーブル表







■ モード管理テーブル 移行率









どうだ?



なんとなくイメージはできたか?



モード管理テーブル表とテーブル移行率から分かる



各テーブルの特徴をまとめてみよう。






■ 各テーブルの特徴



A~J メインの普通テーブル

K~M モード移行率が優遇されているがハマりやすい

N 天井まで全てモードAだが、AT後はテーブルYまたはZが確定

O~U モードが優遇され、さらにループしやすい

V~X 天井が浅く、次回O~UまたはY・Zの高テーブルが確定

Y・Z 初回BCでAT確定、O~Uの高テーブルへ移行しやすい






このモード管理テーブルの活用方法を少しばかり紹介する。



モード管理テーブル表を見ての通り、



BC11回目が天井となるのはテーブルNのみだ。



そしてテーブル移行率の表から、テーブルNはAT後に必ず



テーブルYまたはZへ移行することが分かる。



つまり10回目のBC非当選時はもちろんのこと、



11回目のBCで当選したAT後も即ヤメは厳禁というわけだ。






もう一つ紹介しよう。



BC3・5・7回目が天井となるテーブルV~X。



ここで肝となるのが、次回BC天井が示唆される朧BCだ。



BC2・4・6回目の朧BCで



次回BC天井が確定する「赤満月」が出た場合、



テーブルV~Xに滞在していたと判断できるはずだ。



このテーブルからも43.75%の高い割合でテーブルY・Zへ移行する。



つまり、AT後は次回BCまでは打ったほうが賢明ということになる。



と、まあモード管理テーブルの活用法はこんな具合だ。






やれやれ、ひとまず俺からの紹介はこんなもんだな。



数多のスロッターを魅了するこの機械には、



まだまだ多くの秘密が眠っている。



それを自分自身で見つけるのもまた、



スロットの醍醐味ってもんだよな?



これに飽き足らず、



もっと奥深くまで探ってみてほしい。



今回はこのへんで失礼するぜ。



次回もよろしくな。















おっと、挨拶が遅れたな。



初めて来てくれた奴は下の動画を見ておいてくれ。






















■【公式】オールスター25グループ
http://www.allstar25-group.com/









AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。