今回は服作りには欠かせない「直線縫いミシン」について書いてみたいと思います!



まず、ミシンにもざっくりと分けて、「家庭用」、「職業用」、「工業用」があります。

一般的に使うのは、「家庭用」「職業用」になるかと思います。


これらの違いは、簡単にまとめると「スピード」と「パワー」です。

この違いにより、縫いの安定や、仕事の効率がだいぶ変わってきます。


あと、「家庭用」と「職業用」・「工業用」ではミシンの構造が全く違うので、もともとの性能が全く違います。

「家庭用」でも服は作れますが、「仕事」で作るのであれば、最低、「職業用」以上のミシンを使う事をお勧めします。


ちなみに、工業用ミシンは、かなり場所を取り、重く、音もうるさいので(使用しているモーターによる)、あまり一般家庭にはお勧めしません。

また、工業用ミシンは「万能」ではなく、「専門的」に分類されるので、一台あれば事足りるという事はなく、使用目的に合ったミシンを揃える必要があります。

手入れやメンテナンスも他のミシンに比べて難しいので、相当気合を入れて縫う方以外には間違いなく向きません!

ちなみに、誤解がないように言っておくと、あると便利ではあります(笑)

私も2台使用しております♪



そこで、オススメなのは、比較的、万能に縫う事が出来る「職業用」になるのですが、

職業用ミシンで選択肢は、一般的に「JUKI」「Brother」になるかと思います。


これは好みになるとは思いますが、両方使っている私の感想では、間違いなく「JUKI」をお勧めします!


何が違うかというと、「縫いの安定感」が違います。

これは個人的な感想ですので、使用する方の好みだと思いますが、

服を作る仕事をしている人の中でもJUKIのファンは多いのではないかと思います。


それでは、JUKIの職業用ミシンで何があるかというと、「シュプール」シリーズになります。

商品番号では「TL-○○」と表示されており現在(16年2月時点)では「TL-30」が最新機種になるかと思います。

ちなみに、その一つ前のモデルが「TL-25」になります。


その後に続く、「SP]、「DX」という記号は、使用するミシン針の種類を表します。

「SP」は」工業用ミシン針」を使用し、

「DX」は「家庭用ミシン針」を使用するモデルになります。


どちらが良いかは、どんな生地や服を縫っているかにもよると思いますが、

両方使っている私の感想は「DX」の方が便利だと思います!


なぜかと言えば、

「ロックミシンと針が共通で使える」

からです。


ミシンごとに使用する針の種類が異なると、号数や生地別に針を揃えていかないといけない為、

針の在庫量が増えて大変です。

なるべくなら、使用する針は統一できる方が管理が簡単ですし、コストも抑えられます。

あと、家庭用のミシン針は針をセットできる方向が決まっているので、針の向きを間違えることがありません。

このあたりも、縫製初心者には安心ではないかと思います。


ちなみに、工業用の針を使用するメリットは、家庭用に比べ「針の種類が多い」という事だと思うのですが、ぶっちゃげ、普段服を縫うのにそんなにマニアックな針を使う事はありません(笑)

それに、家庭用にも普段の縫製に必要な種類の針はちゃんとそろっていますからね。


工業用ミシン針の良い所も上げるとすれば、工業用ミシンとは針を共有できること。(使用する工業用ミシンによる)

そして、家庭用のミシン針よりかは実質安く手に入ることかなと思います。


「SPも」「DX」も基本的な性能は同じなので、針は使用状況によって選べばいいと思います。



余談として、「TL-30」とだけ表記しているモデルには「自動糸切」機能がついておりません。

「SP」と「DX」には「自動糸切」機能は付いております。


値段は少し高くなりますが、この機能は絶対についている方がいいです!

付いているのと、付いてないのでは作業効率が天と地ほど違ってきます。


という事で、今回も長くなりましたが、結局オススメの職業用ミシンは・・・


TL-30DX(家庭用ミシン針仕様モデル)

[TL-30DX]カード決済可能!【メーカー直送のため代引不可】 ジューキ ミシン SPUR …


どうしても工業用ミシン針が使いたい方は

TL-30SP(工業用ミシン針モデル)


*楽天に売ってなかったのでTL-25SPを紹介してます。

 基本性能はTL-30SPとほぼ同じです。

(ライトがLEDではないくらいの違いです。後、フットコントローラーのタイプが変わります。個人的にはこのシリーズまでのフットコントローラーの方が使いやすかったですね。)

のどちらかを購入しておけば間違いないかと思います。

家庭用ミシンの上位モデルと比べても、見劣りしないお値段になっておりますので、長期的に見たコスト的もかなりお得になります!


繰り返しますが、どちらも(SPとDX)基本性能は全く同じです。

*あと「DX」の方には自動糸通し機能がついていますが、私は使用したことはありません。

 なくても特に不自由はないかと思います。(基本的に、工業用ミシン針タイプのミシン(SPを含む)には自動糸通し機能は付いておりません)




最後に、追加でご紹介ですが、

SL-300EX

という機種は、上記の「シュプール」シリーズに、

「サブテンション」と「スピードコントロール機能」がついてます。


「サブテンション」は糸調子を整える部分が増えるので、糸調子がより安定する機能。

「スピードコントロール」はミシンの速度を調整できる機能

になります。


この機能がついているミシンも使っておりますが、正直あまりいらない機能かと思います。

この機種は値段が高くなりますので、普通のタイプのもので十分かと思います。


ただ、家庭用ミシンに比べ、職業用ミシンの速さがどうしても苦手な方には「スピードコントロール」はかなり重宝すると思いますよ。

思いっ切り踏んでも、動きは本当に遅いです(笑)


そして、個人的にすごく興味のあるミシンは・・・

ベビーロックのエクシムプロ9600

【新発売】ベビーロック 「エクシムプロEP9600」 【送料無料】【5年保証】 【楽ギフ_のし…

これは使ったことがないのですが、スペック的だけ見ると「シュプール」シリーズよりも一段上になります。

何よりも魅力的なのは、様々な規格が「工業用ミシン」と共通な事。

「シュプール」シリーズでは使用できない、便利な「工業用ミシンの部品」を使用することができます。

また、職業用ミシンを購入する機会があればぜひチャレンジしてみたい機種ですね♪

AD