ベビーロック「糸取物語BL-66EXS」

テーマ:

服作りにぜひ欲しいミシンの一つ「ロックミシン」


「ロックミシン」とは、ほつれ止めの為に布の端にかけるミシン。

家庭用ミシンで縫製をされている方は「ジグザグミシン」で代用しているのではないでしょうか?

一度「ロックミシン」を使用すると「ジグザグミシン」との違いに感動間違いなしです!


「ロックミシン」と言ってもピンキリ。

その中で私のオススメは・・・


ベビーロック「糸取物語BL-66EXS


・ジャストフィットシステム(自動糸調子)

 4本の糸のちょうどいい張り具合を、ミシンが自動で合わせてくれる機能。

 もちろん生地の種類や厚さが途中で変わっても、ノータッチでOK。

 自分で糸調子を整えたほうが綺麗だという方もいますが、私はこの機能でドレスからジーンズまで

 縫製していて何もノン代もなく綺麗に縫えます。

 逆にこの機能がついていないロックミシンは糸調子が安定せず、

 糸調子を整えるだけで数時間かかることも・・・


・エアスルーシステム(自動エア糸通し)

・ラクスルー(自動針糸通し)

 ロックミシンは直線縫いのミシンと違い、糸のかけ替えがとても面倒です。

 そこで活躍するのがこれらの機能。

 本当に便利です!


・差動送り

 レバーひとつで伸ばし縫い、縮み縫いが自由にできます。

 縫いにくい伸縮素材を美しいシルエットに仕上げます。

 また、ギャザー寄せやリブ付けも簡単、他にも袖山のいせ込み、スカートのヘムなど、使い方いろいろ。


・カーブも角縫いもスムーズでかんたん!

 ロックミシンを使われたことがある方はわかると思いますが、

 薄い生地などでカ-ブ部分を縫うときは、どうしても生地が逃げがち。

 このタイプのロックミシンは、メスと針落ち位置を近付けることにより、

 アームホールなどの内カ-ブも、よりきれいに縫いやすくなってます。



他にもいろんな特徴のあるミシンですが、私のオススメポイントは以上の5点!


確かに値段は張りますが、きちんと使っていれば10年、20年使えるミシン。

縫製上の手間やストレス、何よりも作業効率と仕上がりを考えると

安いタイプを買うよりも結局はお買い得な買い物になると思います!

AD