Me and My Kids  ~だいすきだよ~

学習塾と英語教室を運営しているMMmamaです。
MMmamaの子供達は社会人と大学生。
自分の子育てをふり返りながら、
また教室の子供達の様子を見て思うことなどを皆さんとシェアできたら嬉しいです♪


テーマ:
こんばんは

アップロードが楽なのでFacebookに教室のページを作りました。

教室の記事はこちらにアップしますので、チェックしてくださいね。

https://m.facebook.com/studiom2015/




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「About me」 の記事

テーマ:
私の住む地域の中学校は10月の13日・14日に中間テストが行われます。

教室では中間テストの準備のための自習Timeが始まりました。

普段授業は8時からですが、7時から教室を開放していますので

授業のない子も7時から9時まで毎日教室で学習できます。

今から試験週間が始まるまでに、提出課題をできるだけ終わらせてしまいましょう。

このブログでも何でも書いていますが

提出課題をやることが試験勉強ではありません。

提出課題の範囲を「理解すること」「覚えること」「覚えたことを使って問題を解くこと」

この3つのことを「できる」状態にするのが試験勉強です。

だから提出課題をやる終えることは「下準備」なのです。

「下準備」にはできるだけ早く取りかかりましょう。

今回の試験の数学は、どの学年も

「方程式」・「方程式の利用」・「関数」など「思考力」が必要とされる単元です。

特に「方程式の利用」の単元は、どれだけ問題を解いたかで試験のデキが大きく変わります。

たくさん問題を解けば解くほど、問題を解く「パターン」が分かりますから。

「初めて見るタイプ」の問題が減れば、正答率も上がりますよね。



「テストの準備は3週間前から」


しっかり頑張りましょう。





にほんブログ村




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
パズル道場 の講座をスタートさせてから1ヶ月がたちました。

パズル道場では「数」「図形」「思考力」の3つの分野において、
「自ら考える」力を養うトレーニングを行っています。

毎回の授業はテキストに沿って行われます。

テキストには例題や問題文が示されており、

子ども達は自分で問題を読み、

例題を見ながら、テキストの問題にチャレンジします。

講師はヒントも解説も一切行いません。

漢字が読めない、問題の意味が分からない、と言うときだけヘルプすることができます。

そして決められた時間内に問題を解き、講師が答え合わせをします。

そのときも、解説やヒントを出すことはしません。

子ども達は全て自分後からで問題の正解を引き出さなくてはいけません。

そして問題にチャレンジしているときは、一切おしゃべり禁止です。

このような張りつめた雰囲気の中で問題と戦い、自分と戦うのです。

第1週、初めての授業の時は、慣れない問題形式や

「すぐに教えてもらえない」「全部○にならない」といったところに

かなりとまどっていたようですが、

子どもの順応力はたいしたもので

回を追っていくごとに手際よく、問題を解いていくようになります。

1回で全て○をもらう子も出てきました。

○がもらえなくても、自分なりに悩んで答えを出すことができるようになってきました。

子ども達がこんなにテキストに集中できるのには

私も少々驚いています。

テキストの学習が終わった後は教具を使って、対戦型のゲームを行います。

実は子ども達はこのGame Time が楽しみで、

集中してテキストを頑張っているんじゃないかなと私は思っています(笑)

対戦型のパズルゲームだし、この時間は存分に声を出して良いのでとても盛り上がります。

このメリハリも大事です。

なかなか勝てない子もありますが、

「勝った子はどういう作戦で挑戦してるのか考えてごらん。」

と声をかけることで、自分の作戦を反省し次回の対戦に生かすことができるようになってきました。

このように「自分で考える力」を養うことはとても大切です。

子ども達の「学力低下」が懸念されています。

今の子ども達は「与えられたもの」「やりかたをそっくりまねること」

はとても上手です。

でも「やったことのないタイプの問題」、「知識を組み合わせて解かなくてはならない問題」は

苦手・・・というより「お手上げ」です。

「自分で考える力」がないからです。

「学力低下」の最大の原因は「時分で考える力の欠如」だと私は思います。

TV、Game、DVDなど子ども達の周りには「動画」があふれています。

動画になれてしまっている彼らにとって、文字にかかれたことを

自分の頭の中で自分の力で動画に変換することはかなりハードな作業のようです。

でも、コレができなくては、中学校の勉強をこなすのは難しいですし

高校入試に対応する力が育ちません。

私がパズル道場を開講しようと思った理由は「自分で考える力」を

育てたかったからです。

もちろんパズル道場はたくさんある方法の一つです。

ただ、「自分で考える力」を育てることは本当に大切だと思いますので

お子さんが小さいうちにこの力をつけてあげる方法を見つけ

育ててあげることが「学力をつける」一番の近道だと私は思います♪



にほんブログ村



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の夕方、母のところにあやしい電話がありました。
 
聞き覚えのない男性の声で

「○○さんのお宅ですか?お宅の息子さんは車に乗りますか?大学はどちらですか?」

といきなり名乗らずに聞いてきたそうです。
 
母はすぐに「おかしい」と思い、

「私には一切解りません。

 娘に聞いてください。

 娘は昼間は電話に出られますので。」

と言うと

「私は4時過ぎでないと電話ができないんですよ。」

と言ったそうです。

「お宅はどちら様ですか?」

と聞いたところ、名乗らないのでそのまま電話を切ったそうです。

これって詐欺の電話だと思いませんか?

母には

「分かりませんで通してくれてありがとう。

 たぶん詐欺の電話だよね。

 しばらく電話には気をつけようね。」

と話しました。

気持ち悪いし、怖いです。

皆さんも気をつけてくださいね。





にほんブログ村




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
すっかりブログの更新が滞ってしまいました。

先回夏真っ盛りに更新して以来、季節は秋の気配を感じるようになりました。

体調不良を心配してくださった皆様 ありがとうございました。

体はいたって元気です。

実は9月から新しい講座を始めました。


パズル道場 です!

えいすう総研(英数予備校)との提携講座で、図形と文章題に強くなる算数講座です。

既存の学習塾講座で小学生を見ていると、計算問題はできるけれど

文章問題になるととたんに

「わっけわから~ん」

とよく考える前にあきらめるというか放り出してしまいます。

「考える」ということを放棄しているのです。

しかしそういう状態のまま中学校に行くと・・・

やはり文章題には手も足も出ません。

そしてそれを放置しておくと・・・

入試問題には歯が立たなくなってしまいます。


パズル道場 では、講師は子ども達に解き方のヒントも与えません。解説もしません。

問題の意味はしっかりと伝えますが、子ども達はあくまでも自力で正解にたどりつかなくてはなりません。

初めは易しい問題から徐々に難易度を上げ、「考える」姿勢と忍耐力、そして問題を解いて正解を導き出す力をつける講座です。

プリント、教具(主にパズル)、Webトレーニング と多角的に子ども達をサポートするので

あきらめず、投げ出さない力も育っていくと思います。



そういうわけで、既存の講座をこなしていくのと同時進行で

新しい講座の研修を受けたり、シュミレーションしたりしていて、

なかなかブログの更新ができませんでしたあせる

新しいことを始めるにはすごいパワーが必要なんだと改めて感じています♪




にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。