『洗礼』 【橋本麗愛】

テーマ:


こんばんは。



橋本麗愛です。







今日は【れにゃあ隊】隊長の白い彗星【れにゃあ・あずなぶる】はお休みして真面目なお話を。



私達AISはもう少しで結成から1年になろうとしています。



私達が所属するのはソニー・ミュージックアーティスツ。



設備、待遇、バックアップ体制など全てにおいて、これで売れなければ私達メンバーが原因って位に素晴らしい環境の事務所です。



ただ、その事に甘えていては『武道館』なんてとても見えないと、将来を心配する内容で『大切なお話があります。』と言うブログを半年前に書いた事がありました。



その当時はまだ結成から数ヶ月しか経ってないから大丈夫だよと励ましのコメントなどを沢山頂きました。



でも、もう少しで1年です。



そんないい訳通用しない月日が経ってしまいました。






私達AISは今、なかなか前に進めずにいます。



満員に出来ない定期公演。



なかなか増えないファン。



少ないYouTubeの再生回数。



盛り上げる為のセットリストを組んでも、完全アウェー状態の対バン。



どうしたら良いのかメンバー同士で話し合い、各々得意な事で動画をあげたり、出来る限りの事を実践して。。。



それでも思うように知名度が上がらない。



今まで弱音を吐いた事が無い私だけど、さすがに心が折れそうになりました。



もがいてもがいて、とにかくひたすら前を向いて頑張るしかない事もわかってる。



どのアイドルグループも最初は同じ様に苦労してるのもわかってる。



わかってるんだけど、やっぱりあの景色は辛かった。








私達AISは、とあるイベントで洗礼を浴びました。



それはメジャーでは無いアイドルグループが必ず通る道なのかも知れません。



何をどうすれば良かったのだろう。




虚しく響き渡る歌声。



メンバーの誰かが泣いてしまうのでは?と心配だった。



あの場所から逃げてしまいたいと誰かが思っても不思議じゃない。



今まで味わった事のない、まるで別世界でライブをしている様な気持ちだった。



いまにも泣き出しそうなメンバーが一生懸命涙を堪えて耐えてるのを見て、何もしてあげられない自分が情けなかった。



ファンに心配させまいと気丈に振る舞ってる姿を見るのも辛かった。





次に泣く時は悔し涙じゃなくて嬉し涙。



そう思って頑張ってきた。



がむしゃらに頑張る事で、その先に希望が待ってるのなら、と私達は前を向いて一歩ずつ歩んできたはずだった。



でも、私達は全然進んでなくて周りの景色だけが、時間だけが進んでいただけなのかも知れない。



笑っちゃうよね。



情けないよね。



その気になっていただけで、でも時間は止まってはくれないから、どんどん月日だけが流れて。



その結果が今のAISなんだから。





こんなブログ、出来る事なら書きたくない。



いつも通りのバカなブログを書きたい。



でも書けなかった。



それが、橋本麗愛の嘘偽りのない今の気持ちだから。








今回の事は、私達AISが改めて自分達の置かれている状況を再確認する良い機会だったのかも知れません。



このままじゃ終われない。



これから先も沢山のアウェー戦を行なっていくと思う。



例えアウェーだとしても、その場にいる全員を虜にしたい。



絶対にメジャーアイドルになって、あの時あの場所にいた全員を振り向かせたい。






次に流す涙は嬉し涙。





今、改めてそう心に誓います。






橋本麗愛

コメント(23)