こんばんは。


橋本麗愛です。





今日は大切なお話をしようと思うので白い彗星【れにゃあ・あずなぶる】は封印です。


これから話す言葉は、自分自身への言葉でもありますが、メンバーに向けての言葉でもあります。


そして最後にファンの方へのメッセージがあります。


いつもふざけてばかりの私ですが、最後まで読んで貰えたら嬉しいです。







7月30日『アイドル魂 なだれ坂ロック!ライブVol.2』


こちらのライブに出させて頂くのですが、アイドルネッサンスさんのイベントと被っています。


その事で、お話をする機会があったのですが。。。


「アイドルネッサンスさんのファン達は来てくれないね」


真っ先に言われたのが、この言葉でした。


思わず反論しかけて言葉を飲み込んでしまいました。


「そうなんですよねー」なんて笑って言えるほど、私はそこまで能天気では無いです。


その言葉の意味を考えたら、とても笑ってなんかいられないから。


よく「茉凜さん抜きで大丈夫?」って言われる事はあるのですが、その時は


「いつまでも茉凜さんに頼る訳にはいきませんから」って返してますが


これをアイドルネッサンスさんファンに置き換えたら


「いつまでもアイドルネッサンスさんのファンに頼る訳にはいきませんから」


こうなりますよね?


みんなこう思ってくれていると信じていますが、どこか不安が拭えない自分がいます。





アイドルの経験も無く、アイドルについて決して詳しく無い私でもわかります。


AISは恵まれてるって。


苦労を知らないから。


駆け出しのアイドルさん達は、集客にとても苦労していると聞いてます。


それはアイドルネッサンスさん達も例外では無くて、最初はとても大変だったと。。。


ところが私達AISは事務所スタッフさんの努力や事務所の力、アイドルネッサンスさんのファンに支えられて


苦労せずに大きなイベントに「参加させていただいて」ここまで「来てしまいました」


「参加させていただいて」

「来てしまいました」


これなんです。


自分達の努力でここまで「来る事が出来た」のでは無く、事務所が用意したレールの上を新幹線で「来てしまっている」のです。


もちろん、6月11日のデビューの時まで、それこそ色々な事を我慢して、休み返上で私達は努力してきたつもりです。


でも、今まで参加してきたそのステージステージに、お客様(ファン)が居てくれるのが当たり前って思って無いかな。。。


って心配しています。


メンバー全員がその考えの危険さを共有出来ているのかな?って。


「まだそんな心配するの早いよ」


そんな風に思っていたら、気がついたら手遅れって事になるかも知れません。


とある特典会で私はショックを受けました。


「楽しかった」では済まされない。


今、私達の目に映ってるこの風景が



『AISの現実』なんだと。



集客するのは事務所の仕事、では無いよね。


事務所任せにしないで私達はお客様を増やす努力をしてた?


本当に本気でしてた?


ずっと《夢》を見てきた『アイドル』になれたんだよね?


なれたらそこで終わりじゃないよね?


今まで頑張ったんだから、じゃなくて


やっとスタートラインに立ったんだよね?


これから周りのアイドルさん達とゴールの見えない競争をしていくんだよね?


どうしたらファンを増やせるんだろうって本気で悩んで考えて。。。


スタッフ任せではなく、私達に出来る事、私達にしか出来ない事を見つけて、そして実践して行かないと。


ブログでも動画でも何でも良いから個性を発揮出来るツールを使って、私達の良さを周りにアピールして行かないとダメだと思う。


正直今のままでは、私が『初お披露目公演』で掲げた《武道館》がイメージ出来ません。。。


アイドルネッサンスさんだけではありません。


他のアイドルさんとイベントが重なった時に


『AIS』を選んで貰えるような、そんなグループにしていきたいと心から思っています。



私達はまだまだ未熟です。


でも、もう競争は始まっています。


未熟だからと先輩や事務所に甘え、頼っている訳にはいきません。


強力なライバル達に打ち勝って行かなければならないのですから。


今はまだ、ライバルなんて言ったら鼻で笑われちゃう様な存在です。


だから、まずは


『デビュー直前アイドル5組新人公演~真夏のシンデレラたち~2016』


ここを何が何でも優勝する。


ここを勝ち抜け無いようでは、先が見えてる。


それ位の気持ちで、全力で優勝を取りに行かなければなりません。


みんな、絶対に絶対に《武道館》に行くからね!




(ファンの皆さんへ)


多くのアイドルさん達を見てきているファンの方々のアドバイスや、厳しい意見は今の私達にとって、かけがえのない大切な宝物です。


本当に嬉しく思っています。


私の、そして私達の夢である《武道館》に少しでも近づけるように、これからも応援よろしくお願いします。







AISのメンバー、そしてファンの皆さんへ、この想いが伝わると信じて。



橋本麗愛

リブログ(2)

リブログ一覧を見る

コメント(27)