皆さん、はじめまして音譜 


フランスものが大好きラブラブ(映画・お菓子・建築・雑貨)

韓国料理、K-POP (特に、SS501)大好きな私。


大好きなエッフェル塔をバックに、SS501のCD”Lucky Days"を

撮ってみました~。(ふふふ、合成じゃないですよん。)


フランスや韓国をもっともっと楽しむために、

もっともっと、フランス語や韓国語がわかるようになりたいですアップ

(ごほっ!一応、英語も・・・)がんばれ頑張る

こんな私ですが、どうぞ宜しくお願いいたします。


(現在の取得資格)

英語     デラウエア州米国公認会計士、英検準1級

        グレッグ式英文速記検定100W取得


フランス語 アリアンス・フランセーズ、パリ商工会議所検定試験取得

        2014年、ついに、仏検1級取得音譜


韓国語   ハングル検定3級合格、旧TOPIK 4級


今後の目標については、現在考え中音譜        

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-13 10:03:41

T2 彼らが選んだ20年後の未来

テーマ:Cinema

 

Hello,  thereドキドキ Yuri♪です。

イギリスブームイギリス継続中(笑

 

突然ですが、今から20年前、

世界中の若者が夢中になった映画を

覚えていますか?

 

それは、トレインスポッティング スコットランド

スコットランドの街を疾走する

ユアンがカッコよくって、音楽もステキ!

フランス人の先生は、20回も見たんですって(オイオイ)

 

 

「trainspotting」の画像検索結果

 

そんな彼らが20年ぶりに帰ってきました~!

それが、T2トレインスポッティングです。

 

 

 

 

映画やドラマの結末や続編で、

数年後の彼らを描く時

たいていの場合、つまらなくて(爆)

こんな未来、描かなくてもいいのにと

いつも不満を感じる私。

 

今回も、4人のうち誰かが家庭を築き安定した生活を送り

残りの皆に、いつまでバカやってるのか?落ち着けよ!

なんて、説教したらどうしようと

一抹の不安をいだきながら、劇場へ。

 

彼ら全然変わってないニヤリ

(もちろん、老けてるけど)

それがとっても嬉しかった。

 

レントン(ユアン)が20年ぶりに帰郷。

彼が自宅を懐かしむとき、

私も、彼の部屋が昔のままで安堵し、

(あの電車柄電車の壁紙も健在)

いるはずの人がいないことに胸を痛めます。

 

旧友との再会。

前回でレントンがシデカシタことに対し

忸怩たる思いはあるものの、

そこは、やっぱり幼なじみ。

会うと、その頃の自分たちに戻る。

例外もいるけど(笑

 

レントンとシックボーイがTVでサッカー観戦

今はいいおじさんなのに、

子供のようにはしゃぐ二人。

男性っていつまでたっても少年。

そんな無邪気さが、

女性の私には羨ましくもある。

 

そして、前作の名シーンが回想されたり、

前作に似たシーンが出てきたりと

前作ファンには嬉しい限り。

Iggy Pop や Underworldの曲が流れると

映画館はあっという間に

トレインスポッティング・ワールド全開!

 

彼らにとって、あの頃は黒歴史ではなく

若い頃の大切な思い出。

20年経ったからこそ、

私も前作が尚一層、眩しく愛おしく思える。

 

そして、前作で亡くなった友人を偲び

昔、皆で出かけた場所を再訪。

変わらない光景、

そこに彼だけがいない寂しさを感じた私。

彼らは、そうでもない(爆)

 

ドキドキしたり、ハラハラしたり

切なくなったり、吹き出したり、

昔を思い出したりと、様々な要素が満載で

あっという間に、見終わってしまいました。

 

彼らが選んだ20年後の未来は、

世間的にどうであろうと

やっぱり素敵ラブ

 

私があの時選んだ20年後の未来(つまり、現在)は

果たして、素敵なのだろうか・・・(自虐)

 

電車  電車  電車  電車  電車  電車  電車 電車

 

 

さて、こちら、イギリスのトークショーに

監督と4人のメインキャストがゲスト出演しています。

(英語・・・早くて、ついていけないガーン・・・)

 

ベクビー役の人は、普段は穏やかな口調だったり、

(だってホントに怖かったんですもん)

スパッド役の人は、決しておバカな話し方をしてません(笑

 

そしてシックボーイ役の人は、

現在アメリカのドラマ「エレメンタリー」に出演中。

本作が上映されるまで、この人がシックボーイとは

どうしても信じられず、同姓同名の別人と思っていました。

 

「エレメンタリーホームズ」の画像検索結果


でも、映画の中には、年をとったシックボーイがいました。

(レントンも好きですが、シックボーイも好きなんですドキドキ

 

そして、下の映像を見ると、シックボーイではないので

役者さんってホントに凄いのね~と感心してしまいます。

 

 

ちなみに、開始後30分ぐらいで、

前作のポスターを再現するシーンがありますので

お見逃しなくてへぺろ

 

前作が好きだった方は、ぜひ見て欲しいと思います。

その際は、前作の復習をお忘れなく~。

 

ではでは今日はこの辺で。

 

本日もアクセスありがとうございます。

ランキングに参加しています。

前作のファンだった方は、ぜひワンクリックをお願いします。

Choose Lifeニコニコ

 


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-07 18:00:19

フランス女、2つの愛のカタチ

テーマ:Cinema

Bonjour, Yuri♪です。

3月最後の週末に、フランス映画が2本公開されました。

それが、「未来よ こんにちは」と、

「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」の2作品。

 

まずは先入観無しに予告編をご覧ください。

 

 

 

 

どちらもフランス中年女性の愛の形を描いており

面白いほど異なる二人の人生に

ほぉーと感心したり、えっ?と違和感をいだいたりと

なかなか見ごたえのある作品でした。

 

全く違うはずのこの映画ですが、

なぜか共通点を見つけましたので、

今日はそれについて語りたいと思います。

 

まず、第一に、哲学的なフレーズが心に刺さること

フランス語のストラクチャー自身が哲学っぽいのか

はたまた、フランス人は哲学なしに言葉を発することがないのか

私にはわかりませんが、

劇中語られるふとした台詞に、

映画を通して伝えたい製作者の思いが

感じられたのは確かです。

 

その2、美しいフランスの風景

パリは言うまでもなく、地方の美しい風景には
心を踊らさずにはいられません。
 
特に、「未来よ、こんにちは」の
冒頭、シャトーブリアンの墓の光景は
忘れることができません。
後で、その場所を調べましたもん。
ちなみに、サンマロ近くの島にあります。
 
その3、魅力的なフランス人俳優
 
フランス女の人生を描くのに、
魅惑的な恋人の存在は不可欠!!
 
「未来よ」では、ロマン・コリンカが
「モン・ロワ」では、ヴァンサン・カッセルが
それぞれ映画に色を添えてくれました。
普通は、女優に言う表現だけど(笑
「L’avenir roman Kolinka」の画像検索結果
ミア・ハンセン・ラブ監督のchouchouのようですが
今回も美しいお顔を拝ませていただきました(笑
出来れば、もう少し演技力をつけてくれ!
そして、もっと色気を!!(笑
 
一方、こちらは、色気ムンムンのヴァンサン
劇中、自分を Roi des conardsだと称するのですが
本当に、そうでした(爆)
私の心まで、振り回されましたわ(笑
 
フランス人の先生からは、
ヴァンサンは本当に性格が悪い役が上手いよね。
人柄が出るのかもよ?
とジョークとも本音ともとれる発言が
「mon roi vincent cassel」の画像検索結果
 
まぁ、これがフランス映画の定石なのかも?
そして、これらの要素がパズルのようにカチッと合うと
ああ、いい映画だったと思うのかもしれません。
 
出来れば、2作品ともご覧になって
どちらが好みかを考えると
楽しいのではないかしらん?
などと思いながら、ではでは今日はこの辺で。
 
本日もアクセスありがとうございます。
ランキングに参加しています。
今回の記事、楽しんでいただけたら
ぜひワンクリックをお願いします。
 
もう、見たい映画が続々公開予定で
スケジュール調整に頭を悩ます
(要は、どのサービスデイを利用するか)
Yuri♪でした。 Au revoirドキドキ

 


にほんブログ村

AD
2017-04-01 13:24:45

マイブーム、それはイギリス回帰!

テーマ:Musique

Hello, Yuri♪です。

フランス語レッスン中、

デヴィッド・ボウイ大回顧展の話を、

私なりに、熱くメラメラ、必死にあせる語ったところ、

先生が、この映画をオススメしてくれました。

 

それが、ベルベット・ゴールドマイン

この映画の世界観に、どっぷりハマってしまい

現在イギリス回帰が、マイブームラブ

イギリスの人たちは、

この時代に戻りたいから、

Brexitしちゃったんでしょうか?

「velvet goldmine」の画像検索結果

もう20年くらい前の映画ですが、

Netflixで見ることが出来ますよ♪

 

下の予告編で70年代のロンドンを

チラリとお見せします。

 

予告編だとなんだか推理タッチな展開ですが、

ストーリーはどうでも良くって、

というか大した内容じゃない(笑

 

ナレーションで語られているこのセリフ↓

Outrageous fashions, music, and behavior shocked the world.

常軌を逸したファッション、

音楽や行動が世界に衝撃を与えた!

まさに、この一言に尽きます。

 

ファッションも音楽も強烈すぎて、

自分の好みじゃないし

ゲイワールド全開でむしろ笑っちゃうけど・・

気になって、気になって仕方がない

臭いけど嗅ぎたい・・て感じ(笑

 

正直、当時のデビッドボウイより美しい

Slade役のジョナサンリースマイヤース(左

とってもワイルドな、ユアンマクレガー(右

(ユアンはこういう癖のある男が似合うね。)

 

男が思わず惚れてしまう役柄を演じられるのは

まさにこの二人しかいない!(大げさ?)

「velvet goldmine」の画像検索結果

 

そして、リフがとっても癖になるメインテーマ

劇中の曲で、唯一好きなのがコレ(笑

 

ネットを見ていると、

この映画はデビッドボウイと当時のミュージシャンを

彷彿させる(まさにそれを描いている?)らしいです。

 

実際、この映画タイトルはDBの楽曲と同じ。

だけど、デビッドボウイは自身の楽曲の

使用許可を出さなかったと書いてあったので、

彼はこの映画のことを嫌いなのか?

と思っていました。

 

が、時は流れ、

1999年のBritz Awardで、Placeboと共演し、

「20th Century Boy」を歌うという奇跡が起こります。

 

20世紀の永遠の少年は、本当に素敵ですチュー

 

ロンドンには、カッコイイという形容詞が

とっても似合います。

これは、パリには決して出せない(笑)魅力!

 

この週末は、同時期大ヒットした

ユアンの出世作、トレイン・スポッティングを見ますラブ

もうすぐ、同メンバーで、

その後の彼らを描いた
トレイン・スポッティング2が公開されるので

まだまだ私の中で、イギリスブームが続きそうです。

ではでは今日はこの辺で。

 

本日もアクセスありがとうございます。

ランキングに参加しています。

今回の記事、楽しんでいただけましたら

ぜひワンクリックをお願いしますね音譜
 

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-26 22:20:20

英語だとギリシャ語、仏語では中国語、これな~んだ?

テーマ:外国語よもやま話

Bonjour、Yuri♪です。

先日フランス人の先生に

ちょっと細かいことを質問したら

ブレンダ「C'est du chinois. 全然わからない」との答えが。

 

かわうそ私 「英語だと、It's Greek to me.とか言うんだけど

フランス語では、ギリシャ語じゃないの?」と聞くと

 

ブレンダ先生 「フランス人はギリシャ語少しわかるからね。

 まぁ、僕の場合は、C'est du japonaisかな(笑」

 

先生にそう言われて思い出したのが、

留学時、読解の先生が授業中

口癖のように言ってた

「Ça vient du latin. Ça vient du grec.」のお言葉。

(これはラテン語由来。これはギリシャ語由来)

 

当時は、「知らんがな(怒」と思っていた私。

(先生、ゴメンネ)

 

ちなみに、複数言語を話す人を

multilingueまたはpolyglotteと言いますが、

multi-はラテン語、poly-はギリシャ語です。

ギリシャ語ってα、βくらいしか知らない私も

知らない間にギリシャ語に触れていたのデス。

 

またフランス語の医学用語には

ギリシャ語由来が多いので、

医学生はギリシャ語が必須と聞いたことも・・・

 

フランス語では、他に

C’est de l’hébreu pour moi.

ヘブライ語バージョンもあるみたいです。

 

そこで、イタリア語だとどうなの?

という気持ちがムクムク湧いてきて

調べてみましたよ。

 

すると、

Per me è turco. (またはarabo)

トルコ語、もしくはアラビア語でした。

 

ふふふ、その国によって

チンプンカンプンな言語が異なるのですね~。

面白い発見になりました。

ではでは今日はこの辺で。

 

本日もアクセスありがとうございます。

ランキングに参加しています。

今回の記事、楽しんでいただけましたら

ぜひワンクリックをお願いします。

 

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-18 15:42:33

デヴィッド・ボウイ大回顧展が楽しかった件♪

テーマ:Anglais (英語)

Hello, Yuri♪です。

英語で挨拶するときは、

フランスネタではありません(笑

 

今日は先日行ってきた

デヴィッド・ボウイ大回顧展の話を

お届けします。 Let's go ダッシュダッシュダッシュ

 

ちなみに、これは

Parisで開催された時のポスター

 

入口で渡されたヘッドフォンをつけ

特定の展示物に近づくと、

解説や歴史が語られる・・・ではなく

関連した彼の音楽や

インタビュー音声が流れます。

 

なので、展示物を見るというより

彼の音楽を聞いていたい人が

なかなかその場を離れなくて

幾つかの場所は、大渋滞(笑

 

映画バード・ピープルで使用された

『スペース・オディティ』が流れる箇所も

すっごく混んでて、

何が展示されているんだろうと

近くに行けるのをずっと待ってたら

PVだった(笑

 

私が見たかったのは、

実際に彼が着ていた衣装。

想像以上に沢山展示されていました。

 

中でも感激したのは、

1997年、アースリングの

アルバムジャケットの衣装!

(ちなみに、↓これは切手)

「david bowie earthling coat」の画像検索結果

アレクサンダー・マックイーンと

一緒に制作したんですって!

本物は、時間も経っているから

色褪せていたし、

意外と作りがちゃっちい(爆)

 

でも、彼が着ると、とたんに輝きだし

カッコよい衣装になる。

 

衣装が意外とシンプルな中

唯一手が込んでいたのがコレ

これは、彼が着てなくてもステキだった。

 

「david bowie costumes」の画像検索結果

 

今回の展示会で

彼について初めて知ったこと

それは、

 

1987年、彼がベルリンの壁近くで

コンサートを開き、

ベルリンの壁越しに

漏れ聞こえる音楽を聞こうと

旧東ドイツの若者が殺到したこと。

若者の一人が、ここから出してくれと叫んだこと。

そこから自由を求める機運が高まり

2年後にベルリンの壁は崩壊したこと。

彼が亡くなった時、ドイツ政府が

彼への謝意を表明したこと。

 

ほんの小さな一角で、

静かに、このVTRは流れていました。

この事実に感動し、泣きそうになりました。

 

彼が一日で書き上げたという曲 Heroes

歌詞を殴り書きしたメモを見ても

グッときました。

 

この歌、知らなかったのですが

大好きな1曲になりました。

いろんなバージョンがネットに上がっていましたが

奇抜な衣装やメークのない

自然な姿が一番美しいですね。

 

本当にカッコイイなぁ。

実際の衣装なんかを見ても

彼がこの世にいた実感がありません。

 

彼は本当に異星人(エイリアン)で

ただ生まれた星に帰ってしまったのだと

思えてくるのです。

 

彼のライブ映像が流れる最後の展示室から

名残惜しいと思いながら出てくると

大体2時間経過していました。

 

本当に楽しい展示会でした。

人を魅了する才能がある人、

それがスーパースターなのかもしれません。

 

ちょっと興味が湧いた方

ぜひぜひ足を運ばれることを

お勧めします。

 

ではでは今日はこの辺で。


本日もアクセスありがとうございます。

今回の内容、気に入っていただけたら

ぜひワンクリックをお願いします。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。