皆さん!小麦粉たべてますか?

 

私はまったく食べてません!!

 

という事で、最近流行り?のグルテンフリーに

ついてちょっと話してみたいと思います。

 

私は自分の意志で小麦を抜いてグルテンフリーな

生活に飛び込んだわけではありません!

 

小麦アレルギーになってしまった事がきっかけで

今では食品表示の欄に小麦粉と書かれた製品は

まったく食べていない状態です!

 

そんな小麦を抜く生活にも最初だけイライラしたりも

しましたが、今ではまったくどうでも良い食品と

なりつつあります!

 

そんな小麦が最近ネットや本屋で何かと悪者に

なっているようなのでちょっと調べてみました!

 

小麦を抜いたら健康になるとか、グルテンフリー

でダイエットとか。。。。。

 

実際にこれってどうなのかと皆さんも気になって

いるのでは無いでしょうか?

 

私の個人的な意見としては小麦は抜けるなら

抜いた方が良いと思います!

 

完全に食べるなとは言えないのでできるだけ

と人に対しては言っていますが、本心は

まったく食べない方が良いのではないかと

考えています!

 

 

小麦自体は元々はそんなに害がある食品では

無かったのですが、品種改良や遺伝子組み換え

などの影響で今では有害物質である農薬や

化学肥料が無いと育てることが出来ないような

非常に有害な作物となってしまっています。

 

その結果、異常なグルテンの含有量となり

それが影響して欧米では生活習慣病や様々な

体の異変が起きていると言われています!

 

そんな小麦なのですが、実はあまり日本では

食物としては食べられていなかったんです。

 

江戸時代以降、小麦を小麦粉にするための

碾き臼が世間一般に普及するまでは家畜の

餌や藁としての方が一般的な利用価値が

あったと言われています。

 

そんな小麦がそして小麦粉が大量に日本に

広まってしまったのは太平洋戦争後の

アメリカの影響だと言われています。

 

品種改良で大量に収穫ができるようになった

小麦を使って小麦粉を生産、学校給食では

ご飯からパン食へとドンドン変わっていきました。

 

この頃の小麦にはもはや栄養素などあまりなく

大量のグルテンの摂取により人体へは害のある

食べ物でしかなくなっていました。

 

小麦には一度食べるとまた食べたくなるような

一種の中毒症状のような状態になる事が

わかっています。

 

そんな危険で中毒症状が出る食品をなぜ多くの

人が食べ続けているのか?

 

それは滅茶苦茶、美味しいからだと思います。

 

美味しい食べ物って本当にみんな小麦粉で

出来ているのではないかと思うほど

どんな商品にも小麦粉が使われています!

 

そんな小麦粉を本気でやめられる人って

この世の中にどのくらいいるのでしょうか?

 

私の周りでは残念ながら私以外で小麦を

べない人は私と同じ小麦アレルギーを

持っている我が子くらいなものです!

 

小麦粉を使った商品を食べるのをやめると

痩せるというのは事実です!

 

グルテンフリーダイエットはしっかりと

実践できれば簡単に10kg以上のダイエット

ができると私は声を大にして言いたいです!

 

なので、次回は小麦粉を食べないと

体重が減りますよっていう話をしてみますね。

 

今回は小麦のちょっとだけじゃない

かなり危ないお話でした!

 

AD