このブログは、1982年のSF映画「ブレードランナー」の魅力(魔力)にとりつかれて33年の、

年季の入った重症ファン 「に~ぜき (NYzeki) 」 が書いてます。



私の自己紹介はこれらの記事をどうぞ → 1  2  3  4  5  6  7  8




ぜひ読んで欲しいおすすめ記事は → こちら



・「あの新聞 (こちら ) 」 頒布中です。

             ヤフオクでも出品中 こちら
 
・「あのボトル(こちら ) 」 頒布中です。

             ヤフオクでも出品中 こちら


NEW!電子書籍 (こちら ) 頒布中です!

              ヤフオクでも出品中 こちら



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-20 19:20:51

MAKING OF FUTURE POLICE CAR #14 リブート!

テーマ:MAKING OF F.P.C.

おなじみ、ブロークンヒーローズさんの、

傑作・力作・労作ガレージキット、

フューチャーポリスカーを、

(私がろくな技術もないのに)

バリバリと改造しつつ製作するという

無謀な企画第14回です。

(技術は稚拙ですが、他では絶対ないアイデアの面白さで勝負します。)


はい、なんと3年ぶりです。見事に挫折し

てました。

リブートです。やっと前々回から再起動です。

なお、

ブロークンさん自身による製作記事は

こちらの過去記事をどうぞ(ブログ開設時

あたりのはじめの方にあります)。

http://blogs.yahoo.co.jp/brokenherosjp


なんで3年も製作が止まっていたのかは前々回参照して下さい。

毎日仕事から帰って夜ひたすらキットと格闘しています。


いろいろと並行してやってますので、支離滅裂ですがまた記事にしていきます。

今回書きたいのは通称「リアバンパー」の話。

『メイキング・オブ・ブレードランナー』(ポール・M・サモン 著 ・品川四郎 監訳/ソニー・マガジンズ 1997年初版 )264ページにはこんな記述があります。ミニチュアメーカーのマーク・ステットソンによる解説です。

『「最初の、シド・ミードがデザインしたスピナーは、いくつもの能力や、空気力学上の細かい点も考慮されたのもだった(注:ものだった、の間違いであろう初版は誤字脱字が本当に多い)。そこで、私たちもそれをモデルにできるだけ再現するようにした」ステットソンは話を続ける。「そうして再現されたものの中には、上に持ち上がる、翼のようでヒレのようでもある、ふたつのサイド・パネルや、昆虫が羽を擦り合わせる時のように上に持ち上がる後部のパネルなどがあった。』




なんと、後方に可動部があると。初めてこれを読んだ時はショックを受けました。

後方で動きそうなパーツなんて、通称「リアバンパー」、そう、この黄色に黒の警戒色の部分しかありません。ちなみに黒がただの縦線でなく、凝ったS字なのは、絶対監督の指示だと思う(笑)。

{9DF8329C-E036-4734-87A8-0D6258EB8FF3}

スチル写真より


しかし、このパーツが動いているのが確認できるの?証拠は?思われたあなた。

多分フルスケールプロップでは予算の関係からか実現しなかったのだと思います。しかしミニチュアでは実際に作動したと思います。

実は灯台元暗し、前回紹介の映画パンフレットの飛行中もしくはホバリング中の有名なスチル写真(恐らく一番出来のいい「ヒーロー」ミニチュア)に写っているんです。↓よーく見ると通常よりも上方にリアバンパーが位置しているのがお判りでしょうか(下の方にあるフルスケールプロップのスチル写真と比べてみて下さい)。これはミニチュアでは可動したということだと思います。

{6FDA455C-5A8F-4420-9614-EE81C742425C}


{A8744F35-B646-400F-AF2A-AB7A1F110D3C}




ミニチュア撮影現場のスチル写真でも、このバンパー部分は厚みがなく、上下に可動するためにそうなっている構造なのではないかと思われます。↓

{3B49C177-8E1B-48B7-828B-86B840167692}

ダグラス・トランブルのサイトより



思うに、設定としてはご存知のように走行モードでは前輪が出てきて、後輪が下がり地上走行に形態を変えるのですが、同時に安全の為、リアバンパーが持ち上がり、後部噴射口をカバーするのではないかと思います。安全装置ですね。


ちなみに前輪カバーのこの部分には、
{1E9B6928-6AA5-4640-B4E9-EB71D586DDFD}

スチル写真より

DO NOT LEAN MOVING PARTS
(寄りかかるな、可動部分)

という警告表示がマーキングされていますが、このリアバンパーの黄色と黒の警戒色は、同様に可動部分だから危険であるという警告の意味と考えれば一見唐突にも思えるこのカラーリングも納得です。このことに気づいたときは感心しましたね。

もうひとつ付け加えれば後部車体のこの部分には、
{DDF7783B-5BF8-47C2-A150-476A6ACD337F}



STAND CLEAR
HIGH PRESSURE EXHAUST
(近寄るな、高圧排気)

というマーキングもありますから、安全装置が必要なのは納得です。



さて、問題はバンパーの上に噴射口が乗っかった状態なので、そのままではバンパーが上に動くことができません。

{20F50109-B557-49E1-8773-2D3FA6AFBEED}

スチル写真より

そこで私は、後部噴射口が中に引き込まれるのでは、と推測しました。スマートでしょ。

それをギミックで再現したいとずっと思ってました。

まずキットのパーツをバラバラにしました。
100均でお箸ケースを購入。
{6A66191A-0894-4099-8F87-5098706DA72D}

小さく切りました。
{3642189D-F8F7-45D0-802B-420B9978C00D}

こんなふうに組み込みます。
{6C48889F-8051-47B3-A326-0199DEB8677A}

模型材料を探していたらイメージしていたものがあったのでこれを2セット購入。六角シャフトです。
{D3E18E97-56F7-4404-9A93-1E075A870929}

試行錯誤してこんなのができました。

{90A90BE0-F15F-4B17-A8BC-F6400CD875AB}

{0A922F13-7F27-4D2B-B7A8-EEC0AFD7CD18}

噴射口とバンパーは連動していて、
バンパーが上ると噴射口が中に引き込まれます。
{BD30FD19-5FBC-492B-9189-7B5EE942D594}

{C23A0E00-E6EF-4CB0-8586-99EB14F4695B}




例えばバネを仕込んで動きをスムーズにするとか、まだまだ改良の余地はありますが、一応思っていたような基本的なギミックができて嬉しいです(笑)。



頑張ります。

続く・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-08-18 01:00:27

ブレードランナーワールドに浸食された東京

テーマ:ブログ

もうひとつ、きむらかずしさんからこんな情報が。


___________________
 


日本人が現代東京の映像をブレラン化。音楽も凝ってます。

TEARS IN RAIN : HOMAGE TO BLADE RUNNER

https://vimeo.com/177056955

https://www.facebook.com/REELVISION.jp/
http://www.reelvision.jp/index.html

 

 

 

 

 

 

___________________

 

 

 

現実世界と実在しない未来の融合。ブレードランナーワールドに浸食された東京。外人さんが見たらどっからどこまでが現実かわからないから、混乱するだろうな(笑)。面白いです。
 
 
きむらさんありがとうございます。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-17 13:06:18

SFマニア=デザインマニア

テーマ:ブログ

おなじみ、きむらかずしさんからこんな情報が。


___________________
WIRED で紹介されているのですが、

「SF好きはデザイン好き」──SFオタク・ミーツ・フォント

http://wired.jp/2016/07/18/type-design-blade-runner/

SFフォントのマニアページってのがあるそうで、
このたびブレードランナーを分析したそうです!こりゃすごい。

https://typesetinthefuture.com/2016/06/19/bladerunner/
 
___________________
 
執拗な分析に感心しますね。きむらさんありがとうございます。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。