フリーエージェント世界革命を提唱するフリーエージェント大学ロシアの有名人・ドクター佐野千遥教授

資本主義主力の株式会社制をも覆す、貴方を悩みと賃金奴隷状態から解放するフリ-エージェント世界革命を、誤った現行全自然社会人文科学を根底的体系的に批判し、一枚岩無矛盾の全新厳密科学体系を創り出した(世界史上これに挑んだ他者無し)FA大学佐野千遥教授が領導する


テーマ:
*7月31日反戦スミルノフ物理学講座!地球人UFO,福島原発核燃料低温解体消滅装置、反兵器!佐野千遥

地球人UFOドローン建設、原発利権派と真向から対決するメルトダウンした福島原発核燃料ウラン・プルトニウム低温解体消滅システム、原子力を遥かに凌ぐ磁気単極子を使った安全な巨大発電、時間を制御する反兵器、を詳説する反戦反原発スミルノフ物理学講座

ロシア科学アカデミー・スミルノフ物理学派論文審査員:ドクター佐野千遥

参加御希望の方はコメント欄に「参加希望」と書き込んでください。私からの満員御礼の返信コメントが無い限り、それだけで参加申請受理となります。今回は第2期第2回スミルノフ物理学講座となります。

SFではなく、現実のロシアの物理学会で発表している

1.地球人スミルノフ学派が建設するUFOドローン(反重力、テレポーテーション、タイムマシン機能を搭載したドローン)、

2.原発利権派と真向から対決するメルトダウンした福島原発核燃料ウラン・プルトニウム自体の物理的電磁気的手段による低温解体消滅システム、

3.原子力を遥かに凌ぐ磁気単極子を使った安全な巨大発電

4 時間を制御する「反兵器」

の物理学理論とその科学技術ノーハウを向こう1年間に渡る第2期スミルノフ物理学講座で私・佐野千遥が皆さんに詳説します。

第2期第2回スミルノフ物理学講座を7月31日(金)水道橋にて開講!佐野千遥が講義、元筑波大准教授・天白氏が司会!

<会場の正確な住所 "東京都千代田区三崎町3丁目6-15" "東京学院ビル"2F会議室>

日時:7月31日(金)
受付開始:午後6:30 入場時に参加者名簿に御記入の上、参加費¥3300をお支払下さい。
講義:午後6:50~午後9:20
後片付け:午後9:20~午後9:30

場所:東京学院ビル 内海貸し会議室 2F会議室(2階、エレベータ無し)
  東京都千代田区三崎町3丁目6-15

JR水道橋駅 西口改札を左手に出て、信号を渡り、真っ直ぐ20メートル進んで左折、30メートル進んで右手に東京学院ビル 内海貸し会議室が有る。階段を登って2階の2F会議室

内海貸し会議室 地図

チケット発行HP作りが間に合いませんでしたので、場所の詳細をブログ上に直接表示しました。

参加御希望の方は、amebloコメント欄に「参加希望」と書き込んで下さい。実名は記す必要は無く、ハンドル名だけで結構です。これは事前に参加者実数を私の方で知る為です。

私・佐野千遥は昨年1月8日に逝去した恩師・スミルノフ博士の最も正統なる理論継承者である事をロシア人物理学者達も認めており、2014年7月にサンクト・ペテルブルグで開かれた物理学会では私・佐野千遥が故スミルノフ博士基調追悼論文を全文ロシア語で書き、その故スミルノフ博士基調追悼論文を会議の冒頭でロシア語で発表し、ロシア語でロシア人物理学者達と討論して参りました。(ロシア語とはその文法の複雑度が英語の20億倍の言語です。)その物理学会にロシア軍軍事研究所のトップが出席して居て、私に面会を申し入れ、私の反重力、テレポーテーション(=瞬間移動)、タイムマシンの物理学理論が第2次大戦終結時に旧ソ連軍が持ち去ったナチスのUFO研究班の論文・報告書の内容と偶然ではあるが酷似していると、私に語りました。

[註]:皆さん御存知かもしれませんが、第2次大戦中、ナチスのUFO戦闘機が米軍の戦闘機を次々に撃墜したニュースは当時のヘレルド・トリビュン誌等に連載されました。

7月31日(金)に開講予定の第2期第2回スミルノフ物理学講座では、佐野千遥が講義し、天白氏が司会する事と成った。

第2回反戦反原発スミルノフ物理学講座の内容は、前回の「正統派」現代物理学の全面的かつ体系的批判の要約的復習と、今回のメイン・テーマの全く新しいスミルノフ物理学が歴史的に何故出現したかの説明となる。

本講座の論理展開の中で、「正統派」現代物理学者達が確かな事と盲信している事が、次々と事実無根と論証され灰燼に帰する事と成る。

水は元々負の透磁率であるために、水分の多いカエルの身体に下から強力な双極磁場を掛けるとカエルの身体が浮き上がってしまう。

イグ・ノーベル賞=ユーモア賞受賞の写真

水分の多いカエルは下からの磁場で浮き上がる

水分の多いカエルは強力な磁場を下から浴びると浮き上がる!
水は負の透磁率!
コラーゲンは負の誘電率を現出する!

つまり生命が生命たる由縁である負の誘電率のコラーゲンは人間の身体の蛋白質の1/3から1/4を占めている。

コラーゲン、DNAが負の誘電率を現出する仕組み

一般に物体の異なる2点に高低の温度差が有ると、ゼーペック効果により、高温の点に+、低温の点にーの電荷が生じ電位差が生じる。

この物体がピエゾ物質である場合は、その+の電荷とーの電荷が引き合って圧縮される。

2点の温度の高低を逆にすると、+、-の電荷は当然逆の位置に発生し、そのピエゾ物質は伸長する!!伸長するという事は、+の電荷とーの電荷の間に斥力が生じている事を意味する!+とーの間に斥力が生じるとは、今やそのピエゾ物質は負の誘電率である!!

通常の物理世界が正の誘電率・正の透磁率であるために、そして正の誘電率・正の透磁率の世界しか無いと誤信した「正統派」現代物理学派は、従来磁石とは必ずN極とS極を持った双極磁石であり、N極だけ、S極だけの単極磁石は存在しないという命題を“物理的常識”としてきた。そして単極磁石が存在し得たのは宇宙の始原のほんの瞬間だけだった、なる全くの事実無根の主張を完全誤謬の“ビッグ・バング理論”なるものが宣伝しており、その宇宙の始原に瞬間だけ存在したかもしれない単極磁石を捉える為に小柴昌俊のカミオカンデが宇宙に向けられていた、というのだから「正統派」現代物理学は“病咬耗”と言うべきである。

正の透磁率の場とは、S極とS極、N極とN極との間に斥力が生じ、S極とN極とが引き合う場である。

S極がS極同志反発し合うので、生の透磁率の場では、S極が纏まってS極磁気単極子、S極単極磁石を成す事は無く、N極がN極同志反発し合うので、生の透磁率の場では、N極が纏まってN極磁気単極子、N極単極磁石を成す事が無く、S極とN極が互いに引き合うので、正の透磁率の場ではS極磁気単極子・S極単極磁石、N極磁気単極子・N極単極磁石が独立して存在する事が無く、N極とS極とは常にペアで、切っても切り離せない双極磁石として出現する。

第1項:負の誘電率・負の透磁率とは物理的にどういう事か?

負の透磁率の場とは、S極とS極、N極とN極とが引き合い、S極とN極との間に斥力が生じる場である。

S極がS極同志引き合うので、負の透磁率の場でS極が纏まってS極磁気単極子、S極単極磁石を成し、N極がN極同志引き合うので、負の透磁率の場でN極が纏まってN極磁気単極子、N極単極磁石を成し、S極とN極が互いに斥力を及ぼし合って別れるので、負の透磁率の場ではS極磁気単極子・S極単極磁石、N極磁気単極子・N極単極磁石が独立して存在する。

第2項:負の誘電率、負の透磁率となると何が起こるか?

負の電気抵抗 
蛍の光は全く熱を介さず発される、しかし数千度以上の光と同じく青白い!

光の反射率の式を用いると、負の誘電率・負の透磁率の物体は外から照射される光の量よりも中から発される光の量の方が恒常的に大きい!外から流れ込むエネルギーよりも、内から外へ流れ出るエネルギーの方が恒常的に大きい!

等々。

“何だ何だ?!それは!?”と思う人、「正統派」現代物理学の今までも気に成っていた点を御自分の頭で考えて明らかにしたい人は、一度、参加してみる事をお勧めする。

このスミルノフ物理学は物理学の枠内だけでなく、反エントロピー人文科学、反エントロピー社会科学をも貫く主観・客観を合一した全く新しい体系の厳密科学体系を成しており、文科系の方で、スミルノフ学派のその壮大なる確固たる世界観が如何なるものであるかをズバリ知りたい方は、是非参加してみる事をお勧めする。

第2期スミルノフ物理学講座にはワークショップの時間帯も設けて、参加者の方々各人が今まで世の中に無いような物理装置を発明できるようになる為のお手伝いをする予定です。

<会場の正確な住所 "東京都千代田区三崎町3丁目6-15" "東京学院ビル"2F会議室>

日時:7月31日(金)
受付開始:午後6:30 入場時に参加者名簿に御記入の上、参加費¥3300をお支払下さい。
講義:午後6:50~午後9:20
後片付け:午後9:20~午後9:30

場所:東京学院ビル 内海貸し会議室 2F会議室(2階、エレベータ無し)
  東京都千代田区三崎町3丁目6-15

JR水道橋駅 西口改札を左手に出て、信号を渡り、真っ直ぐ20メートル進んで左折、30メートル進んで右手に東京学院ビル 内海貸し会議室が有る。階段を登って2階の2F会議室

内海貸し会議室 地図

チケット発行HP作りが間に合いませんでしたので、場所の詳細をブログ上に直接表示しました。

参加御希望の方は、amebloコメント欄に「参加希望」と書き込んで下さい。私からの満員御礼の返信コメントが無い限り、それだけで参加申請受理となります。実名は記す必要は無く、ハンドル名だけで結構です。これは事前に参加者実数を私の方で知る為です。

水分の多いカエルは下からの磁場で浮き上がる
AD
いいね!した人  |  コメント(117)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。