フリーエージェント世界革命を提唱するフリーエージェント大学ロシアの有名人・ドクター佐野千遥教授

資本主義主力の株式会社制をも覆す、貴方を悩みと賃金奴隷状態から解放するフリ-エージェント世界革命を、誤った現行全自然社会人文科学を根底的体系的に批判し、一枚岩無矛盾の全新厳密科学体系を創り出した(世界史上これに挑んだ他者無し)FA大学佐野千遥教授が領導する


テーマ:

日本共産党の反米は現象面の上辺だけ!闇の権力を無くす会Dr佐野千遥

 

闇の権力を無くす会会長:Dr佐野千遥

 

第1章:日本共産党の反米は現象面の上辺だけ!

 

日共はその綱領にポツダム宣言を戴いている。

 

ポツダム宣言とは、アメリカ帝国主義、大英帝国主義、ソ連社会帝国主義の遣った帝国主義戦争は聖戦であった、という趣旨のものである。

 

その趣旨で終戦直後に日共は“進駐軍GHQは解放軍である!”とまで言っている。

 

であるから日共は闇の権力中枢国家・アメリカ帝国主義打倒の闘いは決して遣らない党派である。

 

日共はそもそも帝国主義世界戦争に決して言及しないのであり、アメリカ帝国主義が遣った戦争、大英帝国主義が遣った戦争を決して批判しようとせず、それに対し日本に付いては「帝国主義」概念に言及するとアメリカ帝国主義の戦争、大英帝国主義の戦争に言及せねばならなくなるので「日本帝国主義」と呼ぶ事を憚(はばか)り、米英の遣った帝国主義世界戦争を批判しないで置いて、唯一“日本軍国主義”だけが悪いと主張するのである。

 

だから

 

“大日本帝国と呼ばれていた時代の日本は帝国主義だったが、戦後は大日本帝国という呼び名が無くなって日本国と呼ぶようになったから戦後の日本は帝国主義でなくなった。だから戦後の帝国主義でなくなった日本に於いては(スターリンの)二段階戦略に基づき、我が党の主要な任務は社会主義革命でなく民主主義革命なのである。”

 

なるマルクス主義左翼としては世界に類例の無い奇妙奇天烈な主張を日本共産党がする事になるのである。

 

この論はマルクス主義左翼の世界に於いて完全なる換骨奪胎理論である。

 

その結果、表向きだけ反米を掲げる日本共産党は、議会での人気を取る目的の為のみに、オスプレー事故の批判等、米軍の現象面的失敗を論(あげつら)う運動方針に終始するだけで、戦時中B29空襲により意図的に民間日本人を大量殺戮し広島長崎に原爆を落とすのを全て米議会で承認して敢行したアメリカ帝国主義とそのアメリカ民主主義の戦争犯罪を批判する事を決して遣らないのである。

 

日本共産党を信奉して来た人達は、もうそろそろ日本共産党のこの二重底、三重底の詭弁の根本的不誠実さに気付いて良い頃である。

 

第2章:スターリンの二段階革命戦略のペテン性

 

形式的に上辺だけスターリン批判を遣ったかに見せ掛けている今日の日本共産党は実はその綱領にスターリンの二段階革命戦略を後生大事に今も維持している。”日本に於ける我が党の任務は(一段階目の)民主主義革命である。”と言った具合に。

 

スターリンの二段階革命戦略理論によれば、帝国主義段階に達している帝国主義諸国では、“社会主義前夜の帝国主義の先進資本主義的進歩性から”その第一段階の民主主義革命は既に終了しているのだから、社会主義革命が主要な任務になることに原則的には成っている。

 

ところが世界の先進帝国主義諸国のどの如何なる公認共産党(つまりスターリン主義共産党)、例えばアメリカ共産党、英国共産党、フランス共産党、ドイツ共産党等も、今だ嘗て現在は社会主義革命段階だから社会主義革命をすべきと、提起した試しが終ぞ全く無いのである!!

 

これはマルクス主義の世界に於いて完全なるペテンである。

 

つまりスターリンは本物の社会主義革命を遂に決して提起しない目的の為に、いつまでも民主主義革命だけを語り続けて済ます為に“二段階革命戦略”なる論を世界史的詭弁として業と提起した事が明らかと成る。

 

よってスターリン理論は世界の被支配階級民衆に対する根本的裏切りである。

 

この事を、今日の日本共産党支持者達は良く認識し直さねばならないのである。

 

第3章:日本の右翼・極右の極東軍事裁判批判の不十分性!

 

極東裁判に於いてアメリカが日本の国を侮辱した事に対する日本の右翼・極右による極東軍事裁判批判は正に正当である。

 

しかしアメリカに対する批判は極東軍事裁判批判だけでは全く不十分である。

 

当時の「鬼畜米英批判」を日本の右翼・極右は責任を持って最後まで貫徹すべきなのである。

 

B29空襲により意図的に民間日本人を大量殺戮し広島長崎に原爆を落とすのを全て米議会で承認して敢行したアメリカ帝国主義とアメリカ民主主義の戦争犯罪と、アメリカ建国・アメリカ民主主義確立期に於けるインディアン大虐殺の徹底した責任追及と、ハワイ併合時に於けるハワイ島民に対する殺戮、そして米西戦争時以降の植民地フィリピン原住民に対する白人帝国主義としての暴虐を「鬼畜米英」として告発すべきなのである!

 

第4章:田中角栄の米国そっちのけの日中国交正常化は快挙、しかし今日親中派である事は誤り

 

田中角栄が自主独立の日本確立のために、米国をそっちのけにして世界各国を周って二国間関係を築き、毛沢東の時代に日中国交正常化を実現した事は快挙で有った。

 

毛沢東の時代の中国共産党は鄧小平以降の今日習近平の中国共産党より遥かに益しな中国共産党であって、毛沢東当時は今日と違って日中友好と言っていたから、田中角栄が日中国交正常化を実現できたのである。今日の居丈高の習近平では全く実現不可能の事であった。

 

“文化大革命の災禍は毛沢東と共に過去のものとなった。”と今日の社会帝国主義と化した中国共産党と西側ジャーナリズムと日本共産党は口を逸れて言う。

 

東トルキスタン人、つまり後のウイグル人達は日中戦争・国共内戦時に自発的に毛沢東の紅軍に参加し、毛沢東は東トルキスタン人を同志として受け入れていた。

 

文化大革命の歴史を辿ってみよう。

 

最初に文化大革命を始めたのは毛沢東自身であった。毛沢東が「造反有理」(=「権威や権力を批判する事は理に適った事である。」という意味)と言った事がきっかけで文化大革命が始まった。この毛沢東の言は正しかったのである。しかし1948年中華人民共和国成立直後に既に東トルキスタン人(後の新疆ウイグル人)弾圧を始めた鄧小平は文化大革命の時期に成ると激しく内モンゴル人、ウイグル人、チベット人の弾圧殺戮を進めた。この為、毛沢東の外務大臣を務めた周恩来は「文化大革命は変質した。」と言うに至っていた。

 

中国共産党と西側ジャーナリズムと日本共産党は口を逸れて「変質した文化大革命は毛沢東と共に過去の物となった」と言っている事とは正に裏腹に、そして幾度もの“憲法改正”による「変質した文化大革命は毛沢東と共に過去の物となった」なる演出にも拘わらず、小平以降の今日の習近平の中国共産党は変質した文化大革命の正に直系派生組織そのものである。

 

文化大革命の後、江沢民が内モンゴル人、ウイグル人、チベット人の弾圧殺戮を進め、2006年中国共産党の幹部に昇進して来た習近平はそれ以降、以前にも増した激しいウイグル人、チベット人の大弾圧殺戮を行うに至っている。

 

日本共産党の影響下に有る左翼も、田中角栄派から派生した親中派の自民党や自民党からの派生政党の政治家も、今日中共が社会帝国主義に変質した事に気付いていない、又は無視しているから問題なのである。毛沢東の時代に毛沢東と敵対し、その後社会帝国主義に変質した後の中国共産党とは友党関係を結んでいる日本共産党は腐敗堕落変質していると言われて当然である。

 

マルクス主義の良心を維持していた毛沢東の時代に日中友好を日本の側で主張する事は有意義であったが、中共が社会帝国主義に変質した今日、親中派の政治姿勢を取る事は間違いで有り、悪の側に加担する事になる。

 

日本には親米反中か反米親中の政治家しか居ない事が大問題なのである。正義の立場に立つには反米反中の姿勢を取る事が必要であり、それは真の自主独立の日本を確立する事にも繋がる。

 

 

 

以上

 

[追伸]:佐野千遥が書いたスミルノフ物理学の文献、生命物理学・健康の文献、語学即聞即答訓練教材に

第4章:田中角栄の米国そっちのけの日中国交正常化は快挙しかし今日親中派は誤り

 

田中角栄が自主独立の日本確立のために、米国をそっちのけにして世界各国を周って二国間関係を築き、毛沢東の時代に日中国交正常化を実現した事は快挙で有った。

 

毛沢東の時代の中国共産党は鄧小平以降の今日習近平の中国共産党より遥かに益しな中国共産党であって、毛沢東当時は今日と違って日中友好と言っていたから、田中角栄が日中国交正常化を実現できたのである。今日の居丈高の習近平では全く実現不可能の事であった。

 

“文化大革命の災禍は毛沢東と共に過去のものとなった。”と今日の社会帝国主義と化した中国共産党と西側ジャーナリズムと日本共産党は口を逸れて言う。

 

東トルキスタン人、つまり後のウイグル人達は日中戦争・国共内戦時に自発的に毛沢東の紅軍に参加し、毛沢東は東トルキスタン人を同志として受け入れていた。

 

文化大革命の歴史を辿ってみよう。

 

最初に文化大革命を始めたのは毛沢東自身であった。毛沢東が「造反有理」(=「権威や権力を批判する事は理に適った事である。」という意味)と言った事がきっかけで文化大革命が始まった。この毛沢東の言は正しかったのである。しかし1948年中華人民共和国成立直後に既に東トルキスタン人(後の新疆ウイグル人)弾圧を始めた鄧小平は文化大革命の時期に成ると激しく内モンゴル人、ウイグル人、チベット人の弾圧殺戮を進めた。この為、毛沢東の外務大臣を務めた周恩来は「文化大革命は変質した。」と言うに至っていた。

 

中国共産党と西側ジャーナリズムと日本共産党は口を逸れて「変質した文化大革命は毛沢東と共に過去の物となった」言っている事とは正に裏腹に、そして幾度もの“憲法改正”による「変質した文化大革命は毛沢東と共に過去の物となった」なる演出にも拘わらず、小平以降の今日の習近平の中国共産党は変質した文化大革命の正に直系派生組織そのものである。

 

文化大革命の後、江沢民が内モンゴル人、ウイグル人、チベット人の弾圧殺戮を進め、2006年中国共産党の幹部に昇進して来た習近平はそれ以降、以前にも増した激しいウイグル人、チベット人の大弾圧殺戮を行うに至っている。

 

日本共産党の影響下に有る左翼も、田中角栄派から派生した親中派の自民党や自民党からの派生政党の政治家も、今日中共が社会帝国主義に変質した事に気付いていない、又は無視しているから問題なのである。毛沢東の時代に毛沢東と敵対し、その後社会帝国主義に変質した後の中国共産党とは友党関係を結んでいる日本共産党は腐敗堕落変質していると言われて当然である。

 

マルクス主義の良心を維持していた毛沢東の時代に日中友好を日本の側で主張する事は有意義であったが、中共が社会帝国主義に変質した今日、親中派の政治姿勢を取る事は間違いで有り、悪の側に加担する事になる。

 

以上

 

[追伸]:佐野千遥が書いたスミルノフ物理学の文献、生命物理学・健康の文献、語学即聞即答訓練教材に御興味をお持ちの方は、本ブログ・ページ左上の方のブックマークの下から2番目の項目の「ドクター佐野千遥の講座の資料請求窓口」から「スミルノフ物理学」「生命物理学・健康」「語学即聞即答訓練教材」をご指定して申請ください。又、「即聞即答訓練」に基づき英語、仏語、露語、アラビヤ語の生徒を募集しますので、上記ブックマークの下から2番目の項目から申請して下さい。又、美しいメロディーのクラッシックを弾く為にバイオリンを習いたい方は、同じ窓口から申請して下さい。

 

 

また、11月25日、Kindle版としてamazonから「二人に一人がガンになる時代!油過剰摂取、砂糖摂取を止めれば、先ずガンになる事は無い!」著者:佐野千遥

https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%8C%E4%BA%BA%E3%81%AB%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%8C%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%99%82%E4%BB%A3%EF%BC%81%E6%B2%B9%E6%91%82%E5%8F%96%E9%81%8E%E5%89%B0%E3%80%81%E7%A0%82%E7%B3%96%E6%91%82%E5%8F%96%E3%82%92%E6%AD%A2%E3%82%81%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%80%81-%E3%81%BE%E3%81%9A%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E4%BA%8B%E3%81%AF%E7%84%A1%E3%81%84%EF%BC%81-%E4%BD%90%E9%87%8E-%E5%8D%83%E9%81%A5-ebook/dp/B01N2LZP6G

 

 

が発売されました。御興味の有る方はお読み下さい。Kindle版amazon出版の本は数十万冊あるが、現在、私のこの「二人に一人がガン…」の著作の売れ行きは上位5%以内に入っているとの事ですので、皆さん宜しくお願い申し上げます。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(1)

テーマ:

原発は中共侵略軍の前にトロイの木馬のような物!闇の権力を無くす会Dr佐野千遥

 

闇の権力を無くす会会長:

ロシア科学アカデミー・スミルノフ学派:

         Dr佐野千遥

 

リークした中国共産党の軍隊=人民解放軍秘蔵の2020年日本地図は、何と!!


3年後2020年に、西日本は東海省と言う中華人民共和国の領土と成り、東日本は弾圧殺戮されている新疆ウイグル地区と同等な倭人自治区という中国共産党の植民地となる!北方領土、尖閣列島は勿論中国領!

 

日本の総人口と同じくらい人民解放軍の兵卒が居ます。

 

日本に帰化した中國人の石平氏は中国内全土で日本を全滅させるにはどうするか、という議論が盛んである、と発言している。

https://youtu.be/xo5Hxd9mnio 

 

年間500万人の中国人観光客の中に多数含まれている人民解放軍や中国軍の兵士が無防備の日本の原発を何時でも爆破できる体勢に有る。

 

放射能垂れ流しで統治能力を失った日本を中国が管理支配して遣る、というのが中共軍日本上陸の理由付けとなる。

 

つまり原発は侵略中共軍の前にトロイの木馬のような物である。

ドイツは「原発=トロイの木馬」である事に気付いたので、原発を止めた。

攻撃を受けた時に脆弱性が最も少ないのがドイツであり、又原発何ぞ設置されていない後進国である。

 

中日戦争が起こった時には、あくまで原発を維持しようとする原発利権派は売国奴という事と成る。

 

 

中日戦争になるなら、日本側は中共内で弾圧殺戮されているウイグル人・チベット人の解放戦争を真正面から提起すべきであり、日本の左翼は中国共産党を社会帝国主義として批判し、これを敵と見做すべきである。

 

いずれにしても原発はウラン・プルトニウム低温解体消滅システムにより全て直ちに廃炉にする。それは中共侵略軍に備える為である。

 

核爆弾製造用装置は原発とは別に残す。これは核兵器を持つ中共と対決するためである。

 

米軍の科学技術を抜いて世界一になっているロシア軍の軍事研究所に次世代戦略宇宙兵器の科学技術ノーハウを提供しているスミルノフ学派の数理物理学最高権威者として、日本が中共の核兵器をも手玉に取って一蹴してしまう為、ロシア軍の軍事研究所に提供していると同じ科学技術ノーハウを日本の自衛隊に提供する。このノーハウは日米安保条約に基づき米軍に持って行かれないように日本政府は留意すべきである。

 

又、先に掲載した中共人民解放軍の2020年日本地図を見ればお分かりになる様に、朝鮮、韓国も中国領土となる、というのだから、朝鮮・韓国も日本の側で社会帝国主義中国共産党と闘うべきである、との主張は朝鮮・韓国にとっても充分に説得力を持つ。

 

エネルギー政策:

 

内部磁場を使った強力な永久磁石永久機関モーター発電機を各家庭に配布する。

 

小笠原諸島の高濃度のレアメタル・ネオジムの採掘事業を立上げ、磁石工業を再興する

 

原発を遥かに凌ぐ磁気単極子を使った安全な巨大発電所の建設を推進する。

 

日本は外交路線として、ロシアと結び、中共と対決すべき。

 

日本はロシアとの経済協力に於いて、ロシアの石油を供給して貰うように図るべきである。これは経済戦略上、軍事戦略上必要な事である。これは中東からタンカーで日本まで輸送している石油は中共がフィイピンのドゥテルテと組んで南シナ海通行を封鎖すれば、日本は経済的にも軍事的にも窮地に追い込まれるからである。

 

日本は又、国内政策として社会正義と社会的愛の大義に反するような国内支配・抑圧機構は決して造るべきでなく、反体制派から恨みを買うような施策は悉く避けるべきである。

 

以上

 

[追伸]:佐野千遥が書いたスミルノフ物理学の文献、生命物理学・健康の文献、語学即聞即答訓練教材に御興味をお持ちの方は、本ブログ・ページ左上の方のブックマークの下から2番目の項目の「ドクター佐野千遥の講座の資料請求窓口」から「スミルノフ物理学」「生命物理学・健康」「語学即聞即答訓練教材」をご指定して申請ください。又、「即聞即答訓練」に基づき英語、仏語、露語、アラビヤ語の生徒を募集しますので、上記ブックマークの下から2番目の項目から申請して下さい。又、美しいメロディーのクラッシックを弾く為にバイオリンを習いたい方は、同じ窓口から申請して下さい。

 

また、11月25日、Kindle版としてamazonから「二人に一人がガンになる時代!油過剰摂取、砂糖摂取を止めれば、先ずガンになる事は無い!」著者:佐野千遥

 

 

が発売されました。御興味の有る方はお読み下さい。Kindle版amazon出版の本は数十万冊あるが、現在、私のこの「二人に一人がガン…」の著作の売れ行きは上位5%以内に入っているとの事ですので、皆さん宜しくお願い申し上げます。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(3)

テーマ:

自虐史観批判論の決定的不備!闇の権力を無くす会Dr佐野千遥

 

闇の権力を無くす会会長

スミルノフ学派数理物理学最高権威者

             Dr佐野千遥

 

自虐史観批判論は日本の過去の対米戦争擁護論として、又、今日に於ける対中共対決政策論として正に正しい。

 

しかし、日ユ同祖論、天皇史、朝鮮韓国と日本の関係の歴史に於いて、明らかに決定的不備の状態に有る。

 

第1章:自虐史観批判論は日本の対米戦争擁護論として、又、今日に於ける対中共対決政策論として正に正しい。

 

この章ではこの題名を科学的に裏付ける事とする。そしてその裏付けは更に、進んで日本の対米戦争は日本の側の方が米英ソよりも正義の側に有った事、又、日本の対中共ウイグル・チベット解放戦争は正義である事を論証する。

 

ハザールユダヤ人が集住して移り住んだ国=闇の権力中枢国家=国際帝国主義中枢国家は15世紀から列記すると

スペイン → ポルトガル → オランダ →[百年戦争を経て]→ イギリス

→ [20世紀] → アメリカ

へと変遷した。

 

20世紀はアメリカが闇の権力中枢国家=国際帝国主義中枢国家であった。

 

その権力中枢国家=国際帝国主義中枢国家であるアメリカ帝国主義に対して挑んだ日本帝国主義の戦争は、ロシア革命の父である左翼の左翼である本物の左翼のレーニン国際主義の観点から見ても相対的に社会正義の側に立っていた。

 

であるから米英の遣った戦争は聖戦であったとし、一国主義スターリン主義もその米英側で参戦した事を称えたポツダム宣言を綱領に採用したスターリニスト日本共産党は真逆の誤りに陥っている。

 

ここで注意すべきは、自虐史観を主張する人達の現在の主張は不十分で、日本の対米戦争は闇の権力中枢国家=アメリカ帝国主義を打倒する為の日本帝国主義が相対的に社会正義の側に立った戦争であったとして積極的に評価すべきなのである。戦後の敗戦国日本人の意識の混乱を乗り越える事が先ず不可欠なのであって、アメリカ帝国主義の為政者の顔色を窺っているのなら、何時まで経っても真に自主独立の日本は実現しないのである。

 

又、今日の社会帝国主義に陥った中共に対し自虐史観批判論を基に謝罪外交を拒否する立場は正しい。

 

しかし今日の状勢に鑑み、更にはウイグル人・チベット人等少数民族を殺戮し領土を拡張し戦争を挑発する社会帝国主義に腐敗堕落した鄧小平以降の今日の習近平の中共に対し闘い、ウイグル人・チベット人等少数民族の殺戮を阻止する為に中共との戦闘をも辞さない姿勢が必要なのである。左翼の人達は社会帝国主義中国共産党を敵と見做す左翼にならねばならないのである。そうしなければその左翼は最早社会正義の側に立った左翼ではなくなり、社会悪の側に立った似非左翼となるのである。

 

 

第2章:しかし、自虐史観批判論は日ユ同祖論、天皇史、朝鮮韓国との日本の関係の歴史に於いて、明らかに決定的不備の状態に有る。

 

落合莞爾氏の最近の論=天皇は古来からの日本列島原住民であった、なる説は成り立たない。何故なら我々が喋っている日本語は98%文法が韓国朝鮮語に等しく、明らかに百済語であるのだから、日本民族の支配階級で有った天皇一族は元々は百済人であり(明仁天皇は10年程前に韓国を訪れた時に「桓武天皇の母親は百済から嫁入りした。」と発言した。その当時、宮中でほぼ百済語が喋られていたから、桓武天皇の母親は言語問題にぶつからなかった。)、其処に2回に渡ってユダヤの血が流れ込んでいる。この詳細は私の過去ブログを参照して欲しい。そしてそのユダヤ人達は、元はアイヌと日本列島で混住していたシュメールがチグリス・ユーフラテス川河口に赴いてメソポタミア文明を開闢し、バビロニア第一王朝滅亡と共にセム化して日本に戻って来たシュメールにより介在されて日本に遣って来たユダヤ人達である。その詳細に付いては私の過去ブログを参照して頂きたい。

 

“日本人の誇り”が、近隣民族を差別蔑視することによってしか成り立たないようなものであるのなら、それは惨めな物でしか無く、「日本人の誇り」を云々するのなら、我々は真の科学と真の美学により真の「日本人の誇り」を創り出さなければならないのである。

 

鰐氏は和珥氏 和の国

 

鰐氏は、和珥氏(わにうじ)とも書く。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E7%8F%A5%E6%B0%8F 

 

和爾・和珥・鰐などとも記される

http://www2.harimaya.com/sengoku/html/hig_wani.html 

和仁氏とも書く

 

その和がヤマト民族・和人・倭人と成る。

 

メソポタミアから戻ってきたシュメール(スメラ)に鰐一族=黄色人種セム系のダビデの子孫のユダ王国の失われた2氏族(非タルムード・ユダヤ系、つまりヤペテ・モーゼ系でないユダヤ)がユダヤ3種の神器を持って日本に遣って来て(しかし旧約聖書とタルムードは真のユダヤ人ダビデ系であるために持って来なかった)、シュメールに合流した。この一族が神武天皇から景行天皇とその子のヤマト尊までの系譜である。そしてこのシュメール+和珥(わに)氏の真のユダヤの一族は百済系天皇一族に滅ぼされ、血族的に百済系天皇一族に呑み込まれた。

 

神奈川県伊勢原市に比々多神社という神社が有るが、この神社のお祭りの時にシュメール民族+和珥(わに)氏=熊襲の熊谷直実の人形の出し物が担がれ、而もこの神社はヤマト尊(スメラ)所縁の地である。ところで熊谷直実とは今日、被差別部落の象徴であり、という事は、九州のシュメール王朝が百済系天皇一族に滅ぼされ、血族的に百済系天皇一族に呑み込まれた後、呑み込まれなかった熊襲は穢多・非人と言った社会的最底辺の民に落された事を意味する。

 

もう一つ、天皇家にユダヤの血が混ざったのは、聖徳太子の時代に後秦を経由してイスラエル王国系のユダヤ人が日本に遣って来た時である。

これは白人ハザール系モーゼのユダヤ人=タルムード・ユダヤ系のヤペテであった。彼等はラビ僧に依る異教徒の子供の生贄・人食の風習を日本に持ち込んだ。伊勢神宮系の神社の鳥居が赤いのは人食の生贄にされた人の血の色である。ところで古神道・出雲大社系の神社や、比々多神社の鳥居は赤く塗られおらず、石の材質のままである。

 

 

このタルムード・ユダヤ人達の到来により、先に鰐氏として古代ユダ王国から遣って来ていたダビデの子のユダヤ人達、つまりその時既にエタ・非人とされていた人達を特に、タルムード・ユダヤ人のラビ僧=伊勢神宮系の神官が儀式に於いて生贄として殺し食したとの説が成り立ち得るのである。エタ・非人が代々墓堀人・葬儀屋であったのは、その様にして生贄にして殺された自分達の仲間を葬る事から自然に墓堀人・葬儀屋に成ったと考えられる。その中に、鰐氏だけでは生贄にするのに人数的に足りなくなって、支配階級になれなかった朝鮮系の渡来人をもエタ・非人に加えたと考えられ、日本人に普く存在する朝鮮人蔑視意識は、秦一族のタルムード・ユダヤ教に乗っかった百済系弥生人天皇一族による朝鮮系の渡来人のエタ・非人化とその彼等の人食の歴史に由来していると考えられる。

 

“日本人は昔から平和な民族であった。”という主張は、このような現実の歴史により棄却されるのである。平和とは、社会正義が保証される平和とは、意識的に創り出さなければ、実現する事が昔から難しいものなのである。

 

百済から嫁入りした母親を持つ桓武天皇の子孫の天皇を戴く日本人は日韓同祖として相和するべきである。日本側が心底戦争謝罪をした時、韓国人は中共と結んで反日キャンペーンをする事を止めるべきなのである。2020年の中共人民解放軍の日本朝鮮地図には韓国も2020年(後たったの3年)には中国の領土に編入され中国共産党の支配下に置かれると載っている事を、地図を見せながら説明する。

 

朝鮮人差別を心底詫びて(そうすれば北朝鮮側も拉致問題に付き心底詫びなければならなくなる)、核ミサイルを日本にではなく社会帝国主義中共に向けて発射するようにレーニン主義者として金正恩を説得する。その際、2020年の中共人民解放軍の日本朝鮮地図には朝鮮も2020年(後たったの3年)には中国の領土に編入され中国共産党の支配下に置かれる事が載っている事を、地図を見せながら説明する。

 

今日日本人は731部隊の件等は一般中国国民(中国共産党ではない)に対し詫びてもよいが、社会帝国主義に育った中国共産党に対しては詫びずに逆に中共によるウイグル人、チベット人、内モンゴル人弾圧を徹底して批判し尽くすべきである。

 

第3章:相当重要な現実問題

 

読者の方々は、以下に述べる相当重要な現実問題に対し、どのように対処したら良いか、各自よく考察して頂きたい。

 

日本共産党は70年安保当時も今も、国際帝国主義の植民地分割支配・帝国主義世界戦争の批判(レーニン主義の主張)つまり米英を初めとする全ての帝国主義とその世界戦争の批判を遣っていないでおいて、日本軍国主義の植民地支配だけがけしからん、日本軍国主義に依る戦争拡大だけがけしからん(スターリン主義の主張)と言っている。 

 

http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1429883081/ 

 

その日本共産党はウイグル人、チベット人を大量殺戮している社会帝国主義中国共産党と理論交流をするまでの親密な関係に有る。

 

明仁天皇に対しては、次のような本質論的批判が為されている。

 

自虐史観論者の天皇の批判

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/60f915d7deced25bdfeaa22647e5c57c 

 

“GHQが当時の皇太子殿下(今上天皇)に施した皇室弱体化、破壊施策によって
もはや、その精神は天皇ではなく、東京裁判史観肯定の自虐史観左翼であり、その運動家です。”

 

先ず、上記二点について読者の貴方自身がどう対処したらよいか考察してみて頂きたい。これが今回ブログの宿題である。

 

第4章:武士道の美学

 

このブログに書いている事は、日中戦争が起こった時の、兵士の士気に関わる事である。

 

兵士の士気は、三島由紀夫や北一輝の天皇論や葉隠(武士道の美学)によるべきであり、天皇は雲の上の支配階級ではなく、とことん民衆に親しまれ解け込んだ「崇高」なる存在でなければならない。その為には天皇自身が支配階級に組せずに、(黒澤明監督「七人の侍」の如く)被支配階級と一体となる反権力左翼意識と社会正義と社会的愛の為に命を賭して闘う武士道の美学を持つ必要があり、而も社会帝国主義中国共産党を敵と見做す武士道の美学に裏打ちされた左翼意識が必要である。社会正義と社会的愛に確信を持った兵士こそ、尤も献身的且つ最も剛一果敢なる兵士である。

 

以上

 

[追伸]:佐野千遥が書いたスミルノフ物理学の文献、生命物理学・健康の文献、語学即聞即答訓練教材に御興味をお持ちの方は、本ブログ・ページ左上の方のブックマークの下から2番目の項目の「ドクター佐野千遥の講座の資料請求窓口」から「スミルノフ物理学」「生命物理学・健康」「語学即聞即答訓練教材」をご指定して申請ください。又、「即聞即答訓練」に基づき英語、仏語、露語、アラビヤ語の生徒を募集しますので、上記ブックマークの下から2番目の項目から申請して下さい。又、美しいメロディーのクラッシックを弾く為にバイオリンを習いたい方は、同じ窓口から申請して下さい。

 

また、11月25日、Kindle版としてamazonから

「二人に一人がガンになる時代!油過剰摂取、砂糖摂取を止めれば、先ずガンになる事は無い!」著者:佐野千遥

https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%8C%E4%BA%BA%E3%81%AB%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%8C%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%99%82%E4%BB%A3%EF%BC%81%E6%B2%B9%E6%91%82%E5%8F%96%E9%81%8E%E5%89%B0%E3%80%81%E7%A0%82%E7%B3%96%E6%91%82%E5%8F%96%E3%82%92%E6%AD%A2%E3%82%81%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%80%81-%E3%81%BE%E3%81%9A%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E4%BA%8B%E3%81%AF%E7%84%A1%E3%81%84%EF%BC%81-%E4%BD%90%E9%87%8E-%E5%8D%83%E9%81%A5-ebook/dp/B01N2LZP6G

 

 

が発売されました。御興味の有る方はお読み下さい。Kindle版amazon出版の本は数十万冊あるが、現在、私のこの「二人に一人がガン…」の著作の売れ行きは上位5%以内に入っているとの事ですので、皆さん宜しくお願い申し上げます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(2)

テーマ:

日中合同共産党立上げの提言!(^-^)¡¡闇の権力を無くす会Dr佐野千遥

 

闇の権力を無くす会会長:Dr佐野千遥

 

今日の日本共産党は今日の中国共産党と理論交流をする程までに仲が良い。

 

今日の日本共産党が、今日の中国共産党とそれ程までに相性が良いのであれば、反米闘争と反安倍政権闘争をもっと効果的にするために、日本と中國の共産党が相和して、日中合同共産党を立上げれば良いのではないのか?しかも日本共産党の党員、中国共産党の党員の双方からその強い要望が有り得る。

 

<本論>

 

こうする事により、同志が日本国内に居るのだから、中共が日本を核攻撃出来なくなる。

 

日本共産党は自分達のおかげで日本国民全体が核攻撃から救われた、と自慢できるであろうし、それで議会での支持率が上がるであろう。

 

又、日本共産党にとって中国共産党と組めば日本国内に於いて反米闘争、反安倍政権闘争への求心力が上がるメリットが有る。

 

又、中国共産党にとっても、日本国内に足掛かりが出来た事に、大変満足するであろう。

 

日本共産党を説得した中国共産党の力量に中国人民も満足するであろう。

 

このように日中合同共産党を設立すると、日本国民にとっても、中国人民にとっても、日本共産党にとっても、中国共産党にとってもハッピーなのだから、これは是非やるべき事ではないのか?!(^-^)!

 

<本論>

 

日中戦争が避けられないならば、せめてそれが核戦争にならないで、地上軍同志の戦闘と成る事が望まれる。

 

私とも有ろう者が、このような発言をするのには「深い配慮」が有ります。お分かりになりますか、これが意図するものを?!読者の皆さん!

 

以上

 

[追伸]:佐野千遥が書いたスミルノフ物理学の文献、生命物理学・健康の文献、語学即聞即答訓練教材に御興味をお持ちの方は、本ブログ・ページ左上の方のブックマークの下から2番目の項目の「ドクター佐野千遥の講座の資料請求窓口」から「スミルノフ物理学」「生命物理学・健康」「語学即聞即答訓練教材」をご指定して申請ください。又、「即聞即答訓練」に基づき英語、仏語、露語、アラビヤ語の生徒を募集しますので、上記ブックマークの下から2番目の項目から申請して下さい。又、美しいメロディーのクラッシックを弾く為にバイオリンを習いたい方は、同じ窓口から申請して下さい。

 

また、11月25日、Kindle版としてamazonから

「二人に一人がガンになる時代!油過剰摂取、砂糖摂取を止めれば、先ずガンになる事は無い!」著者:佐野千遥

https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%8C%E4%BA%BA%E3%81%AB%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%8C%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%99%82%E4%BB%A3%EF%BC%81%E6%B2%B9%E6%91%82%E5%8F%96%E9%81%8E%E5%89%B0%E3%80%81%E7%A0%82%E7%B3%96%E6%91%82%E5%8F%96%E3%82%92%E6%AD%A2%E3%82%81%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%80%81-%E3%81%BE%E3%81%9A%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E4%BA%8B%E3%81%AF%E7%84%A1%E3%81%84%EF%BC%81-%E4%BD%90%E9%87%8E-%E5%8D%83%E9%81%A5-ebook/dp/B01N2LZP6G

 

 

が発売されました。御興味の有る方はお読み下さい。Kindle版amazon出版の本は数十万冊あるが、現在、私のこの「二人に一人がガン…」の著作の売れ行きは上位5%以内に入っているとの事ですので、皆さん宜しくお願い申し上げます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

古代巨石文明の謎のスミルノフ物理学による解明!Dr佐野千遥

 

ロシア科学アカデミー・スミルノフ物理学派数理物理学最高権威者:Dr佐野千遥

 

現代のクレーン車によっても持ち上げる事が出来ない程巨大な石が、太古の昔に遠い距離運ばれ秩序立てて積み上げられている遺跡が世界中に数限りなく有る。これはエンジニアリング上、大きな謎であるばかりか、カッコ付「正統派」現代物理学は理論的に全く説明できないでいる。

 

スミルノフ物理学はこの古代巨石文明の謎を物理学的に解明したので以下に解説する。英文では有るが挑戦する事をお薦めする。

 

Newton’s 3rd law of dynamic action-reaction according to Philosophiae Natutalis Principia Matematica is:

F1 * v1 = - F2 * v2

 

The relativity version derived from Newton’s 3rd law of dynamic action-reaction between an elementary particle and the space is:

m * (c - v) = m0 * c

 

The velocity of an arrow of light outrunning a particle moving at the velocity v is c - v. This signifies that a particle of variable mass m moving at the velocity c - v is interacting with a particle of static mass m0 moving at the velocity of light c.  .

 

When the frequency of acoustic vibration comes to resonance frequency proper to the material of the body and the size and form of the body, the resonance-caused materialization allows to turn the aforementioned equation of elementary particles

m * (c - v) = m0 * c

to the relativity version derived from Newton’s 3rd law of dynamic action-reaction of a massive body and the space.

m * {(c/137) - v} = m0 * (c/137)

At the beginning of the universe, the universe was a simple huge sun of extremely large radius. The mass remaining the same, the radius gradually diminished. Every time when the radius diminished to golden ratio, the sun gave birth to a new star from its sutface, whose rotational radius then gradually diminished to give birth to another star when the radius diminished to golden-ratio, and so on.

 

You readers may notice that 1/137 is the fine structural constant. The fine structural constant 1/137 signifies that our sun was born as the 137th star generated from the surface of her mother sun when the radius of rotation of the star was diminished to the golden-ratio, which has been repeated 137 times ever since the beginning of the universe.

 

c/137 signifies that our sun is moving at the velocity c/137 against the absolutely static universe

 

Now according to the relativity equation derived from Newton’s 3rd law of dynamic action-reaction of a massive body and the space,

m * {(c/137) - v} = m0 * (c/137)

half the phase of vibration enables the body to surpass the velocity of c/137, which causes the mass to turn to negative value.

 

The author invites you to well observe the water particles to be floating in the air, receiving an acoustic resonance.

https://youtu.be/0K8zs-KSitc

 

The term “levitation” usually used in describing this kind of floating is not appropriate, because the particles are simply floating and are not moving upward.

 

Vibration allows only floating at the same position in the air but not moving upward.

Because of the negative mass in half the phase, the body is exerted by the antigravity force equal to but in the opposite direction of the gravitational force which exerts the body of the positive mass in the other half the phase.

 

In order that the body be moved upward, and especially a megalith be carried upward, another kind of anti-gravity force should exert the body. But how ?

 

The answer is that the other kind of anti-gravity force is Biefeld-Braun effect, which signifies the force directed from a negative electric charge, i.e., magnetic S-pole to a positive electric charge, i.e., magnetic N-pole scaffolding against the vacuum space.

 

Theoretically speaking, negative mass signifies negative dielectric constant and negative magnetic permeability.

 

Biefeld-Braun effect is especially quite efficient if the inner space is of negative dielectric constant and negative magnetic permeability.

 

Now the author demonstrates that levitation of a megalith is caused by thunder and lightening.

 

A vibrating megalith, resonating to the sound of thunder, thus getting negative mass, now gets an inner space of negative dielectric constant and negative magnetic permeability.

 

Now a lightening hits the upper surface of the megalith. The temperature of the upper surface goes up, so getting positive electric charge, while the electricity of the lightening of electrons flows to the lower surface.

 

A megalith, normally made of quartz, which is a Piezo material. i.e., if put in an appropriate direction relative to thermal difference and as a consequence, according to the Seebeck effect, to electric voltage, the Piezo material is prolonged under the effect of the repulsive force between positive and negative electric charges.

 

This repulsive instead of impulsive, force between positive and negative electric charges in the inner space of negative dielectric constant and negative magnetic permeability, results in a tremendous anti-gravitational force.

 

The reason why Biefled-Braun effect with the inner space of negative dielectric constant and negative magnetic permeability results in a tremendous anti-gravitational force is that Biefled-Braun effect is a force in a space of positive mass, i.e., of positive dielectric constant and positive magnetic permeability, exerted between S-magnetic monopole and N-magnetic monopole extremely di-polarized in the inner space of negative dielectric constant and of negative magnetic permeability. Mass is strongly emitted as a jet from the N-magnetic monopole toward the S-magnetic monopole. Readers are advised to note that an electron is an S-magnetic monopole covered with a negative electric charge, and a positron is an N-magnetic monopole covered with a positive electric charge.

 

With this anti-gravitational force, the megalith first goes upward, and at the next moment, will be moved in the perpendicular direction without a lapse of time, i.e., teleported at an infinite velocity, which is justified by tetrahedral coordinates, in which the temporal coordinate, one of the 4 coordinates is not an imaginary coordinate ict but a real coordinate t, in the surface perpendicular to which any spatial movement does not cause change of position on the temporal coordinate.

 

Thus, an ancient megalith, first losing gravity because of the acoustic vibrational resonance in half the phase of which the mass turns to negative thanks to the materialization transforming the equation 

m * (c - v) = m0 * c

to

m * {(c/137) - v} = m0 * (c/137),

moves upward by a tremendous anti-gravitational force because of Biefeld-Braun effect thanks to the negative dielectric constant and negative magnetic permeability resulting from the negative mass, and then at the next moment is teleported in the perpendicular direction, i.e., horizontal direction.

 

In this way, an ancient quartz-made megalith of an extremely large mass was first moved upward, then transported in a horizontal direction at an infinite velocity from one place and put at another place far enough away from the origin

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(1)

テーマ:

真の科学的「堕落論」!ロシア科学アカデミー・スミルノフ物理学派Dr佐野千遥

 

ロシア科学アカデミー・スミルノフ物理学派数理物理学最高権威者:

            Dr佐野千遥

 

皆にとって余り興味が湧かない題名を業と付けて、しかし内容の濃いブログをこの間幾つか発表して見たら、案の定、読者数は激減した。歯に衣を着せずに読者の方々に申し上げる。題名が興味をそそらないなら私のブログを読まないというような事をやっていれば、貴方自身の救済に関与し、又現代世界に多大な根底的影響をこれから与え始めるスミルノフ科学の全体像を知る機会を貴方達は未来永劫に失う事になる。微々たるフリーエネルギー装置を創っただけで暗殺された人達が少なからず居る世界に於いて、闇の権力と正面切って対決している私のブログが今の様に提示されている事は、何時までもこのまま続くと考えない方が良い。闇の権力にとって私のブログは世界一都合の悪いブログなのであるから、いつ何時削除され読めなくなってしまってもおかしくない事に認識を新たにするよう強く忠告する。

 

第1章:真の科学的「堕落論」

 

ユダヤ教の旧約聖書には、

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%A0%E3%81%A8%E3%82%A8%E3%83%90 

“旧約聖書『創世記』によると、アダムの創造後実のなる植物が創造された。アダムはエデンの園に置かれるが、そこにはあらゆる種類の木があり、その中央には命の木善悪の知識の木と呼ばれる2本の木があった。それらの木は全て食用に適した実をならせたが、主なる神はアダムに対し善悪の知識の実だけは食べてはならないと命令した。なお、命の木の実はこの時は食べてはいけないとは命令されてはいない。その後、女(エバ)が創造される。が女に近付き、善悪の知識の木の実を食べるよう唆す。女はその実を食べた後、アダムにもそれを勧めた。”

 

なる記述が有る。

 

人間個々人が元々、社会正義の美学、社会的愛の美学を認識できるような高度な生命体として進化過程で創造されたにも拘らず、個人の悪と言うより、人間の成した社会にこれ程までの社会悪が蔓延したのは何故なのか、これ等社会悪まで含めての「原罪」を真の科学的「堕落論」として以下に論じよう。

 

神の側から見て、この世界に悪が存在する事が理論的矛盾でない事は次のように証明される。

 

神は全知であるが全能では無い。全能であるなら、神は自分自身を消滅させてしまう事も出来なければならないのだから、“全能”という概念自体が矛盾した概念である。よって神は全能ではない。

 

神は自然を通して発現する。自然の因果律を表したニュートンの動的作用反作用の法則

F1 * v1 =  – F2 * v2

はエントロピー増大

v1 < v2 → F1 > F2 (座標軸上のエネルギー分布=力が減少する)

エントロピー減少(=反エントロピー)

v1 > v2 → F1 < F2 (座標軸上のエネルギー分布=力が増大する)

も両方とも許している。

 

エントロピー増大とは秩序の破壊であり、エントロピー減少とは秩序の増大・高度化である。

 

だから神は、エントロピー減少・秩序の増大・高度化により社会正義を、エントロピー増大・秩序の破壊により社会悪が推進されるその両方を許している。

 

よって神の側から見て、この世界に悪が存在する事は矛盾ではない。

 

次に、堕落・原罪を人間の側から論じる。

 

ユダヤ教と西洋文化の根本哲学である“ヒトは万物の霊長”なる考えは、“ユダヤ人選民思想”、“白人至上主義”と同根である。

 

何故なら、“ヒトは万物の霊長”なる考えは、自然や生物界には秩序が無いので、人間が人工的反エントロピー=擬反エントロピーを提示して、自然や生物界に上から押し付け統御する必要が有るという人工的反エントロピー=擬反エントロピー概念に基づいている。この立場が誤りである事が、スミルノフ学派が発見している真の自然の反エントロピーの提示に依って満天下に明らかとなった。宇宙人の墜落したUFOの破片の中からエレクトロニクスやチップが発見されて、以後地球人はエレクトロニクスやチップを使うようになった。“宇宙人は何でも出来る”なる論は誤りで有って、その宇宙人がエレクトロニクスやチップを使って自然を人工的に無理矢理上から統括せねばならないのは、その宇宙人達が自然の真の反エントロピー物理学を未だ発見して居ないからであり、その宇宙人の物理学は明らかに地球人スミルノフ学派のスミルノフ物理学より劣っている。

 

人工的擬反エントロピーの自然に対する、そして人間社会に対する上からの押し付けとは、「打算に基づく支配欲」であり、これこそエデンの園に於ける“善悪の知識の木の実”であり、更にこの「打算に基づく支配欲」の実現手段は貨幣である。

 

「打算に基づく支配欲」の実現手段が貨幣である事はシオンの議定書に貫かれている中心的イデーである。

 

「打算の基づく支配欲」の実現手段としての貨幣が生み出す「物神崇拝」の嵯峨に付いてはカール・マルクスの資本論に詳しい。

 

“およそ使用対象が商品になるのは、それらが互いに独立に営まれる私的諸労働の生産物であるからにほかならない。これらの私的諸労働の複合体は社会的総労働をなしている。生産者たちは自分たちの労働生産物の交換をつうじてはじめて社会的に接触するようになるのだから、彼らの私的諸労働の独自な社会的性格もまたこの交換においてはじめて現れるのである。言いかえれば、私的諸労働は、交換によって労働生産物がおかれ労働生産物を介して生産者たちがおかれるところの諸関係によって、はじめて実際に社会的総労働の諸環として実証されるのである。それだから、生産者たちにとっては、彼らの私的諸労働の社会的関係は、そのあるがままのものとして現れるのである。すなわち、諸個人が自分たちの労働そのものにおいて結ぶ直接に社会的な諸関係としてではなく、むしろ諸個人の物象的な諸関係および諸物の社会的な諸関係として、現れるのである。— 1章「商品」

 

“一商品は、他の商品が全面的に自分の価値をこの一商品で表わすのではじめて貨幣になるとは見えないで、逆に、この一商品が貨幣であるから、他の諸商品が一般的に自分たちの価値をこの一商品で表わすように見える。〔…〕これらの物、金銀は、地の底から出てきたままで、同時にいっさいの人間労働の直接的化身である。ここに貨幣の魔術がある。人間の社会的生産過程における彼らの単なる原始的な行為は、したがってまた彼ら自身の生産関係の、彼らの制御や彼らの意識的個人的行為にはかかわりのない物象的な姿は、まず第一に、彼らの労働生産物が一般に商品形態をとるということに現れるのである。それゆえ、貨幣物神(Geldfetischs)の謎は、ただ、商品物神(Warenfetischs)の謎が人目に見えるようになり人目をくらますようになったものでしかないのである。— 2章「交換過程」

 

“利子は利潤の、すなわち機能資本家が労働者からしぼり取る剰余価値の、一部分でしかないのに、今では反対に、利子が資本の本来の果実として、本源的なものとして現れ、利潤はいまでは企業者利得という形態に転化して、再生産過程でつけ加わるただの付属品、付加物として現れる。ここでは資本の物神的な姿(Fetischgestalt)も資本物神(Kapitalfetisch)の観念も完成している。われわれがGーG’で見るのは、資本の無概念的な形態、生産関係の最高度の転倒と物象化(Versachlichung)、すなわち、利子を生む姿、資本自身の再生産過程に前提されている資本の単純な姿である。— 24章「資本関係の外面化」

 

“資本ー利潤、またはより適切には資本ー利子、土地ー地代、労働ー労賃では、すなわち価値および富一般の諸成分とその諸源泉との関係としてのこの経済的三位一体では、資本主義的生産様式の神秘化、社会的諸関係の物化(Verdinglichung)、物質的生産諸関係とその歴史的社会的規定性との直接的合成が完成されている。〔…〕このようなまちがった外観と欺瞞、このような、富のいろいろな社会的要素の相互間の独立化と骨化、このような、物象の人格化と生産関係の物象化(Versachlichung)、…およそこのようなものを解消させたということは、古典派経済学の大きな功績である。— 48章「三位一体的定式」

 

このような賃労働と資本関係=賃金奴隷制度=資本主義が発展すればするほど、益々支配が過酷になる現代の奴隷制度に於ける支配・被支配関係その物の打破をする社会運動こそが、この人類の「堕落」=“原罪”を克服する要なのである。

 

第2章:タルムード・ユダヤ教の天地創造、人間創造に付いての誤り

 

ゾハルの書

 

http://ameblo.jp/oyajikan/entry-12166707192.html 

 

以下、「ゾハルの書」の一説から引用

「世界を創造することが神の思し召しにかなったその日から、それどころか、世界が現実に創造される前から、義しき人の霊魂はすべて、それぞれ独自の個性的形態を備えて、神の意の中にしまわれていた。そして神が世界を創造し給うとき、至高の高所において、様々な姿で神の御前に立っていた。それで神はそれらを天上の宝物殿に納められた。」

 

旧約聖書とゾハルの書の比較 

この内容は旧約聖書を基とする統一の創造原理とは明らかに異なりますね。これを解釈すると、神が物質宇宙の創造に着手する前に、もうすでに神はあらかじめ決められた数の一人一人の個性真理体の核となる意識・霊魂を、神の意の中に仕舞われていたという事だ。したがってゾハルの書とは、創造原理とかなりかけ離れている。つまり創造原理では、神が物質宇宙の創造に着手しエデンの園という地球環境を準備した後に、最後の被造物として我が子である人間を創造された。そして次の段階で神は人の肉身に命の息吹である霊魂を吹きかけたということだから、この時点で初めて人の意識・霊魂が発生したニュアンスが強い。”

 

スミルノフ物理学にとって、霊魂とはS極磁気単極子であり、S極磁気単極子は宇宙始原の「初めに光有りき!」の巨大太陽を成すエーテルが蜷局を巻いて形成されたものである。

つまり物質を構成する陽子・中性子が出現する以前にS極、N極磁気単極子が創造され、そのS極磁気単極子の中の或る数の物は、生物やヒトの霊魂となるよう計画されていた。神は、それ等の生物やヒトの霊魂となるS極磁気単極子を中心にして、S極N極磁気単極子から陽子(N-S-N)、中性子(S-N-S)を造りながら、物質で囲って生物やヒト等の生命体を創り出した。

依って、旧約聖書の“神が物質宇宙の創造に着手しエデンの園という地球環境を準備した後に、最後の被造物として我が子である人間を創造された。そして次の段階で神は人の肉身に命の息吹である霊魂を吹きかけた”という主張は誤りとなる。又、ゾーハル書の記述の方が生物やヒトの創造過程の科学的記述に沿っている事になる。但し、ゾーハル書の二神論、三神論は誤っている。

このようにユダヤ教の聖典3つのどれも全面的に正しい物が一つも無いのは、ゾーハル書もタルムード・ユダヤ教のラビ僧が書いた物だからである。

更に、非ユダヤ教徒人間とユダヤ教徒人間の創造についてユダヤ教は

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%A0%E3%81%A8%E3%82%A8%E3%83%90 

“ユダヤ今日においては、アダムとイブは全人類の祖とみなされてはいない。天地創造の際に神は獣、家畜、海空の生き物と同時に神の似姿の人間を創造し、アダムの誕生とは区別して記述されているからである。アダムはあくまでもユダヤ人の祖であり、その他の人類は魂(命の息)を吹き入れられていない、つまり本当の理性を持たない人であり、ゴイムとされる。神の民族がその他人類と交わり、子孫を残していく記述が聖書に散見されるが、その中でも律法を守り、神に従う者がアダムの直系であるアブラハムの民であり、イスラエル(ヤコブ)、ユダヤの民とされる。”

としている。創造論に於いてユダヤ教が何重もの誤りを持っている事は、此処まで読んでこられた読者の方々には明らかであろうが、一応解説する。

そもそも生命体の創造とは、非ユダヤ教徒であろうとユダヤ教徒であろうと、一般の生物であろうと、霊魂=S極磁気単極子を中核としてその周りに物質を創って成されるのであり、物質で形を造っておいてから、其処に霊魂を吹きこむのではない。よって先ず上述のユダヤ教のユダヤ教徒の創造のプロセスの記述が誤っており、そのユダヤ教徒以外のゴイムが魂を持っていないという論は意図的誤りである。更にはゴイムは理性を持たないとの差別的言辞が有り、このユダヤ人選民思想は、“人間は万物の霊長”なるドグマや“白人至上主義”のドグマと同根である。

 

タルムードの内容

http://ameblo.jp/oyajikan/entry-12166707192.html 

 

“タルムード 

ウィキペディアから要点を抜粋引用

「口伝律法」を収めた文書群である。6部構成、63編から成り、ラビの教えを中心とした現代のユダヤ教の主要教派の多くが聖典として認めており、ユダヤ教徒の生活・信仰の基となっている。 

 

すべて紹介すると量が多いので、限定して抜粋引用 

 

•世界はただイスラエル人の為にのみ創造されたるなり。イスラエル人は実にして、他の民は空なる殻皮のみ。従ってイスラエルの他に民族なし。彼らは ことごとく空皮に過ぎざればなり。 

•神言い給う、我は我が予言者を畜獣に過ぎざる偶像崇拜の徒の為に遣わしたるにあらず。人間なるイスラエル人の為に遣わしたるなり。 

•人間の獣に優れる如く、ユダヤ人は他の諸民族に優れるものなり。 

•すべての民を喰い尽くし、すべての民より掠奪することは、彼らすべてが吾等の権力下に置かれる時に始まるべし。 

●吾々はタルムードがモーゼの律法書に対して絶対的優越性を有することを認めるものなり。 

●タルムードの決定は、生ける神の言葉である。 

●汝らは人類であるが、世界の他の国民は人類にあらずして獣類である。 

●汝殺すなかれ、との掟は、イスラエル人を殺すなかれ、との意なり。ゴイ(非ユダヤ人)、ノアの子等、異教徒はイスラエル人にあらず。 

●ゴイがゴイもしくはユダヤ人を殺した場合は責めを負わねばならぬが、ユダヤ人がゴイを殺すも責めは負わず。 

●ゴイに金を貸す時は必ず高利を以てすべし。 

●「世界はただイスラエル人のみの為に造られたり。」 

 

●イスラエル人は、他のすべての民に対し優越する者なり、他の諸族の中には賢く利き者唯一人も居らざるに、イスラエル人にあっては全部が特に賢く利き人間なり。 

 

<アブラハム・ゼバ法師> 

●一人のイスラエル人の魂は神の前において他の民族全部の魂より価値多く、また神によって悦ばるるところのものなり。<シェフテル・ホルヴィッツ法師> 

●悪しき者(非ユダヤ人)を憐むことは、正しき者(ユダヤ人)に相応わしからぬなり。<ゲルソン法師> 

●ユダヤ人も非ユダヤ人の判断に信を置く事を、非ユダヤ人をして知らしむべからず。(シュルハン・アルフ、第二巻智慧の教) 

●ゴイに金を貸す時は必ず高利を以てすべし。<モシェー・バル・マエモン> 

●拾得物を紛失者に返却すべしとの戒は、ユダヤ人に対してのみ守らるべきものにして、ゴイに対しては然らず。この事に就き亡き吾等の教法師達の言えるあり。即ち、 「遺失物とはすべて汝の兄弟の失いしところの物を指すものにして、ゴイの失える物 は然らず。その理由は、ゴイは神に属する者に非ずして、地の邪神に属する者なる故なり。故にゴイの失える総べての物は、此の世にては再び見付けらるる事なき遺失物 にして、その所有者に還るべきにあらず。財宝は唯イスラエル人にふさわしく、他の 民はこれに値いせざるものなればなり。これ預言者イザヤ(二六ノ一九)の言えるが如し」と。<ゲルソン法師> 

●ゴイの耳は不潔である。かれらの浴槽、住居、田園は不潔である。(トセフタ・ミクワト、vの一) 

●九歳と一日以上のゴイの少年と、三歳と一日以上の少女は、不潔とみなされる。 

(パーフォコヴィッツ、タルムード、t・v、一一頁) 

●他民族の有する所有物はすべてユダヤ民族に属すべきものである。ゆえになんらの遠慮なくこれをユダヤ民族の手に収むること差し支えなし。(シュルハンアルクのシ ョッツェン・ハミッバッド三百四十八) 

 

タルムード系教授 ゲルショム・ショーレム

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%A0 

 

タルムードもアラム語で書かれていた。後にヘブライ語訳

 

ゾーハルは1神教を否定。2神、3神教を主張。

又同性愛的な事も書いて有る。プラトンに言及

https://en.wikipedia.org/wiki/Zohar#Zohar 

我々は我々の理論的立場をゾーハル書に依拠できない。

 

第3章:メシア論

 

“カバラ”とはユダヤ教の

創造論

終末論

メシア論

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%A9 

の段階論の事。

 

旧約聖書ではメシアは全てダビデの子孫から出るとしている。そうなるとアジア人からメシアが出るとすると、ユダヤ人の血を引いている日本人、つまりシュメール系、又は秦一族系という事に成る。ダビデ王は元はと言えば羊飼いでしか無かったから、ヤペテ白人支配階級には属せずセム系で有った。

 

また現代世界に於いて正義・不正義の要に当たる弾圧される少数民族の生死は、世俗的政治・軍事力によって左右されるのであるから、今日に於けるメシアとは、一宗教の教祖では有り得ず、宗教家でない政治軍事に多大な影響力を行使し得る人物となる。

 

 

<参考までに>

死海文書に基づく「2018年日本人の救世主現る」。それは誰か?下記のyoutubeは有らぬ事を予想している。真実は?!

https://youtu.be/epxfYX72MbI

死海文書の予言に有る2人のメシアの中の宗教人メシアでない方のその日本人は現に宗教家ではない。

日本に戻って来たセム化したシュメール+ダビデの子・ユダヤの失われた2氏族の混血・名越一族の末裔

サダム・フセイン氏への開戦直前の親書アドバイスにより、闇の権力・アメリカ帝国主義を急転直下凋落に導いた人。

ウイグル人、チベット人を殺戮する闇の権力・中共社会帝国主義と対決する事を叫ぶ人

現在軍事科学技術において世界一のロシア軍の軍事研究所に提供しているのと同じ次世代戦略宇宙兵器の科学技術ノーハウを適切な国々に提供して闇の権力を打倒すると宣言している人

欺瞞的和平ではなく、社会正義と社会的愛が保証される究極の世界平和の為の闘いと戦闘を叫んでいる人

日本のあらゆる政治勢力を根本的に刷新せんと折衝している人

而も死海文書の予言は「神奈川県出身」と言っている。

 

又、従来のメシアのイメージは大きく変更を迫られている。

 

イエス・キリスト自身がヘロデ王がマリアに生ませた子。

ベツレヘム近辺の赤子という赤子をヘロデは殺させた。

イエス・キリストはKing of kings と呼ばれて処刑された。

聖母マリアの処女懐胎は嘘。

 

イエス・キリストは一卵性双生児。

世の終わりまでは死者は霊魂のみで、肉体は復活しない。

神は自然を通して現れるだけだから、超自然なるものは存在せず、超常現象(タイムマシン、反重力、テレポーテーション、テレパシー及びその組み合わせ現象)のみ可能。

超常現象では、肉体を復活させる事は出来ない。

よって、イエス・キリストが死者の中から蘇ったというのは嘘。

 

それでもイシキリは清廉潔白の人生を生き切り、全人類の贖罪の為と信じて屈辱的十字架の刑を甘んじて受けた偉大なる崇高なる人間である。我々にとってはこれ一つあれば、我々にとって正しく生きて行き愛を以って生きて行く上で十二分である。

 

一卵性双生児のイエス・キリストの中、弟のイシキリが十字架上で本当に処刑され、悪人の兄のイエス・キリストは十二使徒が処刑殉教されて行くのを尻目に、マグダラのマリアと駆け落ちしてスペインに落ち延び子供まで作って、批判していたユダヤ教に留まったまま世を去りフランスに墓が有る。

 

<参考>:イスラムのメシア論

https://youtu.be/epxfYX72MbI 

 

“イスラームでもユダヤ教、キリスト教からメシアの概念は継承されており、アラビヤ語で「マスィーフ」( مسيح masīḥ)と呼ばれ、イエスのことを指す。イスラームにおいてはイエス自身は予言者にして預言者ムハンマドに先行する神(アッラーフ)の使徒とされており、また神が派遣したメシアであることも認識されている。クルアーンの記述から「マスィーフ」(救済者、メシア)はダビデの子孫から出現するとされ、人々を苦難から救済しアッラーフ(神)の支配を確立する者としている。週末のときに神の代理人として出現し偽メシアを討伐するといい、これらもユダヤ教、キリスト教のメシア像から受継がれている。イスラームにおいて「マスィーフ」は人類の救世主であるのに対し、イスラム共同体のみにおける救世主(指導者)は「マフディー」(「正しく導かれる者」の意味)と称する。単に「アル=マスィーフ」(al-Masīḥ)、「マスィーフッラーフ」( مسيح اللّهMasīḥ Allāh ;神のメシア)と呼ぶ場合、イエス自身を指す尊称である。
 「イサ」として彼を意味する、最後から2番目のメシアとしてクルアーンはイエスを位置づける。ノア、アブラハム、モーゼ、そしてムハンマドと共に、イスラムの伝統ではイ

エスは最も重要な預言者のひとりである。キリスト教徒と異なり、イスラム教徒は神ではなくひとりの預言者としてのみイエスを理解する。人間的な形での予言はイスラムでは十分である、しかしキリスト教信仰でのイエスが行うものとしての神の真の力を意味しない。
 クルアーンはイサが、マリアムの息子(英:San of Mariam、アラビア:Isa ibn Maryam)であり、イスラエルの子孫に送られたメシアそして預言者であることを明記する。イサの誕生がクルアーンのスーラ19バーサス1-33に、そしてイサがマリアムの息子としてスーラ4バーサス171に明示的に明記される。多くのイスラム教徒はイサが天国に生きていることとそして ”ヤウム・アル・キヤーマ” (「復活の日」)の前にまもなく現れる者である、キリスト教信仰での反キイストと姿が似ている、 マシー・アド・ダジャール(偽のメシア)を撃破するよう地上に帰ってくるのを信じる。アド‐ダジャールを滅ぼしてから後、彼の最後の仕事はイスラム教徒の主導者となることだろう。支持者たちによる分派と逸脱が終わることによって、イサは純粋なイスラムでの唯一のアラーの崇拝の共通の目的のもとにイスラム教徒の ウンマ(イスラムの信奉者)を統一するだろう。主流のイスラム教徒はこのときのイサのキリスト教徒とユダヤ教徒の彼についての主張を追い払うことを信じる。”

 

以上

 

[追伸]:佐野千遥が書いたスミルノフ物理学の文献、生命物理学・健康の文献、語学即聞即答訓練教材に御興味をお持ちの方は、本ブログ・ページ左上の方のブックマークの下から2番目の項目の「ドクター佐野千遥の講座の資料請求窓口」から「スミルノフ物理学」「生命物理学・健康」「語学即聞即答訓練教材」をご指定して申請ください。又、「即聞即答訓練」に基づき英語、仏語、露語、アラビヤ語の生徒を募集しますので、上記ブックマークの下から2番目の項目から申請して下さい。又、美しいメロディーのクラッシックを弾く為にバイオリンを習いたい方は、同じ窓口から申請して下さい。

 

また、11月25日、Kindle版としてamazonから

「二人に一人がガンになる時代!油過剰摂取、砂糖摂取を止めれば、先ずガンになる事は無い!」著者:佐野千遥

https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%8C%E4%BA%BA%E3%81%AB%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%8C%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%99%82%E4%BB%A3%EF%BC%81%E6%B2%B9%E6%91%82%E5%8F%96%E9%81%8E%E5%89%B0%E3%80%81%E7%A0%82%E7%B3%96%E6%91%82%E5%8F%96%E3%82%92%E6%AD%A2%E3%82%81%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%80%81-%E3%81%BE%E3%81%9A%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E4%BA%8B%E3%81%AF%E7%84%A1%E3%81%84%EF%BC%81-%E4%BD%90%E9%87%8E-%E5%8D%83%E9%81%A5-ebook/dp/B01N2LZP6G

 

 

が発売されました。御興味の有る方はお読み下さい。Kindle版amazon出版の本は数十万冊あるが、現在、私のこの「二人に一人がガン…」の著作の売れ行きは上位5%以内に入っているとの事ですので、皆さん宜しくお願い申し上げます。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(2)

テーマ:

今年米中地上軍戦争が起こる!自衛隊はウイグル・チベット解放戦争を企画しよう!Dr佐野千遥

 

闇の権力を無くす会会長:

ロシア科学アカデミー・スミルノフ学派:

    Dr佐野千遥

 

私の書くブログには少なからぬ外国人(米英アラビヤ系)が着目している。何故なら私の科学的提起は世界史を左右するような重大な物が殆どだからである。しかし私の提起の事の重大性に気付いている日本人の方々は非常に少ない。

 

台湾を中共が“一つの中国”への“統一”の為、中共は台湾を本気で武力攻撃する可能性有り!

https://youtu.be/asJKPMAfU2U 

 

 

「“一つの中国”は不要」トランプ発言

https://youtu.be/4U_k656hfPo 

 

 

 

<以下予想>

 

中共が台湾に人民解放軍の大部隊を送り込み、台湾を戒厳令下に置くと台湾の民衆が怒って内乱状態になる。米軍の海兵隊が台湾に上陸。中共人民解放軍と米海兵隊との地上軍戦闘となる。習近平の中共は“核を使うぞ!”と威嚇!アメリカは何も言わずに即北京の中南海に有る中国共産党本部に対し人工衛星を使って「神の杖」攻撃を行う。習近平は辛うじて無事。CIAが中共内部に潜入し反乱軍を組織する。中共も負けじと、米国内で不満分子を集めて、潜入した人民解放軍が中心となって米国内に内乱を引き起こす。

核戦争に発展せぬまま、米帝国主義、中共社会帝国主義が相打ちになる事は、闇の権力打倒の上で大きな前進となる。

 

この米中戦争に於いてロシアは中共に組しない。

 

今年中ではないが、近い将来、中東に於いては、ロシアがイランとトルコとチュニジア(シリアのアサドとは仲違い)を引き連れてイスラエルと軍事衝突を起こすが、最終的には次世代戦略兵器の科学技術ノーハウを手にしたパレスチナのハマスが闇の権力の中枢イスラエルを潰滅させる。

 

<予想は以上>

 

トランプは国防長官に元米海兵隊中央軍司令官ジェームズ・マティスを指名した。

 

 

海兵隊から直接大統領府に指名されるのは今回初めて。

マティスとは中共を敵と見做していて“狂犬マティス”の異名有り。

 

twitterで私のこのブログ投稿のシェアをして下さった方がいらっしゃいますので引用します。

 

水野 勇悟さんがあなたの投稿をシェアしました。

13時間前 · 

ドナルド・トランプ次期米大統領は、台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統と電話で会談した。

両者は会談の中で、米台間に経済、政治、安全保障上の緊密なつながりが存在することに言及したという。

これは明らかに中国に対する牽制である。

それを承知で中国が台湾に攻め入るか?

攻め入れば米国は台湾関係法を発動する。

もし攻め入るなら、中国は保有している米国債をどうするか?

トランプ政権は完全に中国をロックオンしている。

米軍と戦って勝ち目はないことぐらい分かるはずだが…。

もし、米中地上軍戦争が起きたなら、もうそれは【シナリオ通り】なんだろうね。

米国の財政赤字も、中国のバブル崩壊も臨界点が近づいてる。

 

私・佐野千遥が米中核戦争ではなく、「米中地上軍戦争が起こる」と言った理由は下記の通り。

 

1 台湾問題は、台湾を軍事的に殲滅するのではなく、台湾の民心を中共に屈服させる事が習近平にとって必要であるのだから、中共は地上軍=人民解放軍による台湾占領の挙に出る。

 

2 マティスの指揮する米海兵隊とは地上軍である。

 

次に私と世界観は異なりますが、右派系の方の日本の国内事情からの近未来予測のビデオを御覧に成り、考察下さい。

 

こうならない為には、中国共産党の眼が米国との対決・戦争に釘付けになっている最中は、日本の自衛隊にとって、中共内に潜入して中共により弾圧殺戮されている新疆ウイグル人、チベット人の解放戦争を始める又と無いチャンスである。

 

次にこのyoutubeをもう一度篤と見て頂きたい。

https://youtu.be/m2bUJBx5-6I

 

 

読者の貴方が若し左翼でこのウイグル人の中共による弾圧殺戮の現実に心を痛めるのなら、沖縄まで含んだ日本の左翼は今迄と異質な左翼、つまり社会帝国主義中国共産党を敵と見做す左翼へと自己変革せねばならないのである。

 

中共により弾圧殺戮されている新疆ウイグル人、チベット人の解放戦争を早急に始めなければならない理由は

 

1 中共は漢人を新疆とチベットに大量に送り込み、すでに住民の圧倒的多数派が漢人に成っている

 

2 ウイグル人の男性はウイグル人の女性と結婚する事を中共が押しつけた法律が禁止し漢人の女性と結婚せねばならないとしており、ウイグル人の女性はウイグル人の男性と結婚する事を中共が押しつけた法律が禁止し漢人と結婚せねばならないとしている。年数が経てば、ウイグル民族は中共により絶滅されてしまう。

 

日本が中華人民共和国国内に併合されてしまっているウイグルのウイグル人、チベットのチベット人達の為の解放戦争を開始するには、形式的には先ずウイグル人、チベット人は日本民族と互恵民族である協定を創り、それを基礎として、弾圧殺戮されているウイグル人、チベット人達を命の危険から守る為、緊急行動として日本の自衛隊が介入する、という形を取る。

 

日本が世界史上初の社会悪を討ち社会正義確立の為、弾圧殺戮されている少数民族のウイグル・チベット解放戦争を開始すれば、日本国内の自称”左翼”は目が覚め、日本は歴史的に全世界で輝かしい評価を受けるであろう!

 

 

以上

 

[追伸]:佐野千遥が書いたスミルノフ物理学の文献、生命物理学・健康の文献、語学即聞即答訓練教材に御興味をお持ちの方は、本ブログ・ページ左上の方のブックマークの下から2番目の項目の「ドクター佐野千遥の講座の資料請求窓口」から「スミルノフ物理学」「生命物理学・健康」「語学即聞即答訓練教材」をご指定して申請ください。又、「即聞即答訓練」に基づき英語、仏語、露語、アラビヤ語の生徒を募集しますので、上記ブックマークの下から2番目の項目から申請して下さい。又、美しいメロディーのクラッシックを弾く為にバイオリンを習いたい方は、同じ窓口から申請して下さい。

 

また、11月25日、Kindle版としてamazonから

「二人に一人がガンになる時代!油過剰摂取、砂糖摂取を止めれば、先ずガンになる事は無い!」著者:佐野千遥

https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%8C%E4%BA%BA%E3%81%AB%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%8C%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%99%82%E4%BB%A3%EF%BC%81%E6%B2%B9%E6%91%82%E5%8F%96%E9%81%8E%E5%89%B0%E3%80%81%E7%A0%82%E7%B3%96%E6%91%82%E5%8F%96%E3%82%92%E6%AD%A2%E3%82%81%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%80%81-%E3%81%BE%E3%81%9A%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E4%BA%8B%E3%81%AF%E7%84%A1%E3%81%84%EF%BC%81-%E4%BD%90%E9%87%8E-%E5%8D%83%E9%81%A5-ebook/dp/B01N2LZP6G

 

 

が発売されました。御興味の有る方はお読み下さい。Kindle版amazon出版の本は数十万冊あるが、現在、私のこの「二人に一人がガン…」の著作の売れ行きは上位5%以内に入っているとの事ですので、皆さん宜しくお願い申し上げます。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(2)

テーマ:

ウイグル・チベット・内モンゴルのこの弾圧殺戮を座視してはならない!闇の権力を無くす会Dr佐野千遥

 

闇の権力を無くす会会長:

ロシア科学アカデミー・スミルノフ学派数理物理学最高権威者:

         Dr佐野千遥

 

謹賀新年!

 

下記のyoutubeを篤と御覧に成っていただきたい。

https://youtu.be/m2bUJBx5-6I 

 

私・佐野千遥としては、このyoutube動画と見解の多少の相違は有るが、特にウイグル・チベット・内モンゴルの弾圧殺戮に対する告発に付いては全く同感である。

 

ウイグル・チベット・内モンゴルの弾圧殺戮を座視してはならない!

 

人道の為には座視していてはならない!

 

人道の為に座視していてはならないとは、弾圧殺戮されているウイグル人、チベット人、内モンゴル人達と連帯し、社会帝国主義中国共産党とそれに同調する漢民族と対決し、戦闘まで含めた闘争を準備すべきである事を意味する。

 

我々日本人と自衛隊はウイグル人・チベット人解放戦争に立つべきである。[註]

 

[註]:今日、如何なる戦争もしないのが左翼だと信じ込まされている“左翼”が多く、弾圧

殺戮されている人達を助ける為の「解放戦争」でも「戦争」と名が付くと無差別に直ぐ反対しようとする“左翼”が圧倒的に多いので申し上げるが、前のブログでの繰り返しになるが、左翼の中の左翼であるロシア革命を指導した本物の左翼のレーニンはロシア革命を西欧へ輸出し、西欧の被支配階級労働者農民民衆の解放の為に、1919年ヨーロッパ革命戦争を提起し、ポーランドまで進軍した事を、自分が左翼だと思っている人達は良く考察する必要があるのである。私は利権の為にそう言っているのではない。人道に反する社会悪の極みを行使している社会帝国主義中国共産党の弾圧殺戮からウイグル人・チベット人を護るべきだという、人として当然の事を主張しているのである。

 

我々は天に代わって不義を討たねばならない!!

 

以上

 

[追伸]:佐野千遥が書いたスミルノフ物理学の文献、生命物理学・健康の文献、語学即聞即答訓練教材に御興味をお持ちの方は、本ブログ・ページ左上の方のブックマークの下から2番目の項目の「ドクター佐野千遥の講座の資料請求窓口」から「スミルノフ物理学」「生命物理学・健康」「語学即聞即答訓練教材」をご指定して申請ください。又、「即聞即答訓練」に基づき英語、仏語、露語、アラビヤ語の生徒を募集しますので、上記ブックマークの下から2番目の項目から申請して下さい。又、美しいメロディーのクラッシックを弾く為にバイオリンを習いたい方は、同じ窓口から申請して下さい。

 

また、11月25日、Kindle版としてamazonから

「二人に一人がガンになる時代!油過剰摂取、砂糖摂取を止めれば、先ずガンになる事は無い!」著者:佐野千遥

https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%8C%E4%BA%BA%E3%81%AB%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%8C%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%99%82%E4%BB%A3%EF%BC%81%E6%B2%B9%E6%91%82%E5%8F%96%E9%81%8E%E5%89%B0%E3%80%81%E7%A0%82%E7%B3%96%E6%91%82%E5%8F%96%E3%82%92%E6%AD%A2%E3%82%81%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%80%81-%E3%81%BE%E3%81%9A%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E4%BA%8B%E3%81%AF%E7%84%A1%E3%81%84%EF%BC%81-%E4%BD%90%E9%87%8E-%E5%8D%83%E9%81%A5-ebook/dp/B01N2LZP6G

 

 

が発売されました。御興味の有る方はお読み下さい。Kindle版amazon出版の本は数十万冊あるが、現在、私のこの「二人に一人がガン…」の著作の売れ行きは上位5%以内に入っているとの事ですので、皆さん宜しくお願い申し上げます。

 

以上

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

スピリチュアル論者・フリーエネルギー論者・陰謀論者に有用情報!Dr佐野千遥

 

闇の権力を無くす会会長:

ロシア科学アカデミー・スミルノフ物理学派数理物理学最高権威者:

                         Dr佐野千遥

 

先ず、歯に衣を着せずに述べる。何故ならそれが皆さんの役に立つからである。

 

現代の日本人の若者は或る時にはスピリチュアリズム、別の時にはフリーエネルギー論、そして陰謀論を適当に折衷主義的に使って、その場逃れで誤魔化した人生を送っており、カッコ付“民主主義的に”議論すると、終わりには多数決で決めてしまうか、全部足し合わせて平均値を取って結論としてしまう誤りに陥っている。

 

これでは各個人は人生に大失敗し、その社会は悲惨な敗北を期するので提言したい。

 

“スピリチュアリズムは宗教でない!科学である。”と彼等は言う。それは結構である。

神に飛躍しないで、“科学的”に超常現象を説明しようとした。[註]

 

[註]:「スミルノフ学派の宗教論、社会活動運動論」

http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12232647109.html 

を参照する事をお薦めする。

 

しかし彼等が皆依拠するカッコ付「正統派」現代物理学が完全な誤謬なので、彼等の科学=カッコ付「正統派」現代物理学は超常現象の説明に悉く完全に失敗した。スピリチュアリスト達はこれを率直に認めるべきである。しかし彼等はこれを認めず、非論理的スピリチュアリズムに逃避した。

 

又、宗教は死をテーマとするがスピリチュアリズムは死をテーマとしない為に、その真剣さに於いてスピリチュアリズムは宗教に劣っている。

 

依拠したカッコ付「正統派」現代物理学が誤っている為に、スピリチュアリズムは“癒し”“癒し”“癒し”しか語っておらず、人生如何に生きるべきかについて、特にその道義性、道義的美学については全く示唆を与える事ができない。この意味でもスピリチュアリズムは宗教に劣っている。それというのも、スピリチュアリズムが依って立つ自然科学は確率論に則ったカッコ付「正統派」現代物理学のエントロピー単調増大法則で秩序が崩壊して行く一方でしか無い為に、本来的に道義的美学を導出し得ない欠陥を有しているからである。

 

逆にスピリチュアリズムが、“癒し”“癒し”“癒し”しか語っておらず、人生如何に生きるべきかについて、特にその道義性については全く示唆を与える事ができない結果、社会運動による社会の変革の方向性に進み得ず、単なる個人個人の意識変革、悟りが多数を勝ち取れば社会運動をしなくても社会が変わるであろうとの妄想に陥っている。

 

又、正に癒しの実践その物に於いて、スピリチュアリズムは、日光浴と野菜ジュースによる統合失調症の完全治癒を提起しているスミルノフ生命物理学に太刀打ちできない。

 

スピリチュアリズムが理論的に挫折した結果、技術的実践に特化し、技術的実践だけに徹したのがフリーエネルギー開発者である。全ての“入力エネルギーを増幅した出力エネルギー”という仕組みのフリーエネルギー装置を開発しただけでその理論を創出できなければ物理学会を説得する事はできず、説得する事が出来る入力ネルギー0の永久磁石永久機関モーターに、全ての“入力エネルギーを増幅した出力エネルギー”という仕組みのフリーエネルギー装置は原理的に劣っている。

 

永久磁石永久機関モーターには2種類有る。外部磁場を使った物と、内部磁場を使った物の2種類である。

 

外部磁場を使って永久磁石永久機関モーターを創る事は可能であり、実際私はロシアでそれなりの回転力を持つ永久磁石永久機関モーターを開発した。しかし逆二乗の法則の力しか生じない外部磁場の永久磁石永久機関モーターはその馬力において爆発エンジンに劣っている事は否定できない。

 

ところで内部磁場を使った永久磁石永久機関モーターは強力なモーターとなる。実際に軍事技術的なまでに強力な内部磁場永久磁石永久機関モーターを創る事が出来るが、私はこれを公表することを控えている。何故なら軍事的なまでに強力な内部磁場永久磁石永久機関モーターのノーハウを米軍や中国軍に持って行かれたくないからである。

                                                                                        

スピリチュアル系の人々は、スピリチュアリズム自体が社会問題に対し全く何も示唆できないので、折衷主義的に誤謬の自作自演既存陰謀論を借りて来て使ってみるのが度々である。

 

私は今迄何度も口が酸っぱくなるまで論じて来ているが、自作自演陰謀論は完全な誤りである。闇の権力の中枢である金融寡頭制の頭目のユダヤ・ロスチャイルド系イルミナティはイスラム教徒、就中、スンニ派イスラム教徒を究極の敵と見做して、懐柔政策・デマ宣伝を彼等の戦争戦略論を背景にスンニ派イスラム教徒に対して欲しい儘にしているその現状を自作自演陰謀論は全く認識すらしていないからである。

 

我々は、アメリカ帝国主義のロックフェラー系イルミナティ闇の権力のみを打倒対象と考えるプーチンの自作自演陰謀論の限界性を超えて、CIA、イスラエル、中華覇権社会帝国主義中国共産党を司るロスチャイルドをこそ打倒せねばならない。

“平和だった日本が何故太平洋戦争に突き進んだか”論

 

第2章:“平和だった日本が何故太平洋戦争に突き進んだか”論の誤り

 

参考

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/3149020.html 

 

結局“平和だった日本が何故太平洋戦争に突き進んだか”の論は、米英ソの側の戦争は聖戦だった=ポツダム宣言=日共綱領を是認するためのものでしかない。

https://www.psaj.org/2015/08/15/71-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%AB%E7%AA%81%E3%81%8D%E9%80%B2%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%8B/ 

 

それに対する単なるアンチテーゼ 

これは帝国主義戦争が起こる必然を知らないだけでなく、

これは国際主義レーニンの共産主義と一国主義スターリンの共産主義が180度逆向きである事を知らない

http://bewithgods.com/hope/japan/25.html 

 

いや、日本が嵌められた米国が悪い、という論 

しかしこれも不十分。

この意見もも帝国主義戦争が起こる必然を知らないだけでなく

闇の権力=国際帝国主義国家権力である事を知らない。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1429341319 

 

 

レーニンの帝国主義論は、現行の既成陰謀論の様な単なる金儲け、カネの流れで世界史が分かる、等の低俗的な自作自演陰謀論の様な事を言っておらず、(国家権力の)物質的打算に基づく支配欲(つまり、私がアダムとエヴァの原罪とは「物質的打算に基づく支配欲である」と言った事と同じ。この「物質的打算に基づく支配欲」は又、シオンの議定書に書いて有るシオニストの世界史的究極目標)が起因して植民地市場分割戦・国際帝国主義世界戦争が起こるとの学説を提起している。

 

つまり「物質的打算に基づく支配欲」は私が従来から9.11以降もカネの流れで世界史を説明しようとする誤謬の既成自作自演陰謀論(タルムード・ユダヤ教闇の権力の究極の敵はイスラム教徒であることを業とはぐらかす既成陰謀論)を批判する時に端的に指摘して来ていた戦争戦略論(詭計も含む)により武装される。

 

今日、プーチンの「闇の権力を打倒する!」との正義の宣言の立場はロシア革命のレーニンの遺産(スターリンのではない)である。レーニンこそが、世界史上最も体系的に激しく闇の権力と対決しようとした人物である。“ロシア革命はユダヤ人が遣った”という既成陰謀論の主張こそ、正にユダヤ闇の権力の側の陰謀的意図的デマ宣伝である。何故なら、今日尚も“ロシア革命はユダヤ人が遣った”と主張しようとする人達は、今日のプーチンの「闇の権力を打倒しよう!」とい決意を嘲笑わなければならないからである。

 

ロシア革命に対する裏切り者・スターリンとスターリン主義がしかしその1921年から1991年迄の変質したロシア革命の70年間の統治に渡ってレーニンの偉霊には敬意を払わねばならなかったのは、ロシア革命当初に社会悪の闇の権力に対し体現した圧倒的プロレタリア的社会正義をレーニンが体現していた間違う事無き事実が原因であった。

 

しかし現在プーチンの念頭に有る闇の権力とはアメリカ帝国主義闇の権力ロックフェラー派だけである。ロスチャイルド系イスラエル(1947年イスラエルを建国したのは国際金融寡頭制の上に立つロスチャイルドであった)と中華覇権闇の権力は打倒すべき敵としてプーチンの念頭には現在無い。ここをプーチンを説得して、ロスチャイルド系イスラエルと中華覇権闇の権力の打倒まで持って行かなければならない。スミルノフ学派に次世代戦略宇宙兵器の科学技術を提供されているロシア軍は米軍の科学技術を凌駕しているのだから、

 

 

ワールド・フォーラムで新年早々に講演する予定の高橋五郎氏の“広島原爆はナチス製”なる説[註]は誤り!

 

[註]:高橋五郎氏のウェブサイト

http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc107.html 

より引用しよう。事前に言って置くが、ベラスコは結局、ナチスの原爆が米軍の手に渡ったという事しか言っておらず、それから高橋五郎氏が勝手に“広島の原爆はナチス製”と言ったにしか過ぎない。真実は、広島の原爆も長崎の原爆も米国マンハッタン計画の所産であり、3つ目のナチス製の原爆は青森県陸奥湾大湊基地に米軍によって投下されたが不発で、それを旧日本軍が回収し旧ソ連軍に渡して、それを基にソ連は戦争直後に原爆実験に成功し核装備を開始した。

http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12195796670.html 

つまり高橋五郎氏の“広島原爆はナチス製”なる説は完全な誤謬である。

“ベラスコは、ナチス製原爆完成を信じ切っており、その原爆を日本に投下したアメリカを頭から疑ってかかっていた。

ベラスコは言った。
「広島に投下された爆弾が、即、ナチス製の完成品そのものとは思えない。多分そのナチス製の原爆にアメリカ国内で更に工夫をこらして仕上げ、そして広島に投下したのだと思う。」

私(高橋)は質問した。
「ナチス製の原爆は間違いなくアメリカに渡ったと断言できるのですね?」

「まったく事実だ。しかしアメリカ側はこの事実を無視または否定するだろう。ナチス製の原爆がアメリカ国内に運びこまれるまでに、アメリカ国内で原爆は完成していなかったのだ。多分、この事実を知ったら日本人は、相当驚くだろう。しかもこの事実はビッグニュースになるだろう。それにこの事実が世界に知られたら、アメリカが作ってきた神話が崩壊するだろう。」

ベラスコによれば、原爆投下は、戦後世界の覇権根拠に決定的役割を見据えての決定だったというが、それはさておき、なぜ他国の製品(ドイツ製)をわざわざ使用したのか。ドイツ爆弾の完成根拠、アメリカの転用投下の理由をめぐって、ベラスコとの論争は堂々めぐりになっていった。そして袋小路に入ってしまったのであった。

(ベラスコと初対面の時から数えて約2年目まで、毎月1回程度、彼と会い続けた。1回あたりが15分間以内の場合もあれば、延々3時間にも及ぶ時もあった)。



「もういいわかったよ。原爆の話はもうやめだ!」

ベラスコは私に打ち止めを宣言したことがあった。やめるわけにはいかない、と私は突っ掛かっていったものだった。正直のところ実は私は半分ほど、彼の肩を持ちたかった。だが具体的な裏付けと整合性がほしかった。

「誰かあなた以外にこの『ナチス製原爆説』を証明する人物はいないのですか? 資料・記録・メモ何でもいい。広島原爆がナチス製だったと証明できる手掛かりはないのですか?」

「一体、何回問えば気が済むのだ? すべてノーなのだ」

ついに彼は爆発した。

「お前は私のつぶやきまで疑うのか? 私には私の発言のための保証人など不要なのだ!」

「ではあなたは私がアメリカをすんなりと疑う人間にしたいのですか?」

「それはお前の勝手だろう。私は世界連邦主義者だ。どこの国に対しても愛するし、疑いもするのだ。文句はあるまい。」

彼は顔を紅潮させ私をにらみつけた。”

 

ロシア軍軍事研究所のトップは私・佐野千遥に、ナチス製原爆は確かに米軍の手に渡ったが、

「広島に落したのも、長崎に落したのもアメリカ製で、旧日本軍が回収し旧ソ連軍に渡した不発だったナチス・ドイツ製原爆は青森県陸奥湾の大湊基地に落されました」

と真相を開示している。

 

 

大田龍氏が天皇はイルミナティの意思決定者との誇大宣伝を行っている。

 

https://youtu.be/e5dFwAvNefo 

 

トランプはロスチャイルド・イスラエルに繋がっている

 

https://youtu.be/tPeCyCbam6M 

 

トランプはイスラエル寄り

https://youtu.be/JLzfRb4-bII 

 

IMFの需要人物に中共が血縁関係を次々と結んでいる

 

https://youtu.be/ruXEtSwbYmY 

 

しかし、ベンジャミン・フルフォード氏の様に、闇の権力イルミナティの誰と誰が殺されたとか逮捕されたとかで、“世界の支配層”が変わり、闇の権力が自動的に衰退するとする考えは誤りである。これ等は闇の権力イルミナティの内部の人事異動、人事刷新でしかなく、このような人事異動・人事刷新で闇の権力が自動的に衰退崩壊すると宣伝する事は一般民衆に有らぬ希望を抱かせるだけで有害であり、イスラエル帝国主義、アメリカ帝国主義(CIA、NSA、ペンタゴンはその中枢)、中華覇権社会帝国主義中国共産党、大英帝国主義を実際に打倒しない限り闇の権力イルミナティを打倒することが出来ないのであり、またイスラエル帝国主義、アメリカ帝国主義(CIA、NSA、ペンタゴンはその中枢)、中華覇権社会帝国主義州極共産党、大英帝国主義を打倒すれば闇の権力イルミナティは打倒される。

 

そして闇の権力=イスラエル帝国主義、アメリカ帝国主義(CIA、NSA、ペンタゴンはその中枢)、中華覇権社会帝国主義州極共産党、大英帝国主義を打倒するには彼等の間の相互矛盾、彼等それぞれの内部矛盾を利用し、又、被支配階級の民衆の味方の側は味方の側の社会正義・社会的愛を社会の隅々に社会活動・社会運動に依って鮮明にし、闇の権力=国際帝国主義を打倒する為の反兵器を使った国際規模の闘いと戦闘を準備すべきである。

 

何故、フリーメイソンに浸食されている日本帝国主義を闇の権力の中に数えないかというと、それは資本主義を批判する帝国主義だからであり、またユダヤ闇の権力が究極の敵と見做しているイスラム教徒達を味方に付け得る唯一の帝国主義だからである。

 

以上

 

[追伸]:佐野千遥が書いたスミルノフ物理学の文献、生命物理学・健康の文献、語学即聞即答訓練教材に御興味をお持ちの方は、本ブログ・ページ左上の方のブックマークの下から2番目の項目の「ドクター佐野千遥の講座の資料請求窓口」から「スミルノフ物理学」「生命物理学・健康」「語学即聞即答訓練教材」をご指定して申請ください。又、「即聞即答訓練」に基づき英語、仏語、露語、アラビヤ語の生徒を募集しますので、上記ブックマークの下から2番目の項目から申請して下さい。又、美しいメロディーのクラッシックを弾く為にバイオリンを習いたい方は、同じ窓口から申請して下さい。

 

また、11月25日、Kindle版としてamazonから

「二人に一人がガンになる時代!油過剰摂取、砂糖摂取を止めれば、先ずガンになる事は無い!」著者:佐野千遥

https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%8C%E4%BA%BA%E3%81%AB%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%8C%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%99%82%E4%BB%A3%EF%BC%81%E6%B2%B9%E6%91%82%E5%8F%96%E9%81%8E%E5%89%B0%E3%80%81%E7%A0%82%E7%B3%96%E6%91%82%E5%8F%96%E3%82%92%E6%AD%A2%E3%82%81%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%80%81-%E3%81%BE%E3%81%9A%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E4%BA%8B%E3%81%AF%E7%84%A1%E3%81%84%EF%BC%81-%E4%BD%90%E9%87%8E-%E5%8D%83%E9%81%A5-ebook/dp/B01N2LZP6G

 

 

が発売されました。御興味の有る方はお読み下さい。Kindle版amazon出版の本は数十万冊あるが、現在、私のこの「二人に一人がガン…」の著作の売れ行きは上位5%以内に入っているとの事ですので、皆さん宜しくお願い申し上げます。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(2)

テーマ:

神は全知だが全能では無い!奇跡とは自然な負の電磁率超常現象!Dr佐野千遥

“超自然”の奇跡なるものは存在せず

 

スミルノフ学派の宗教論・社会活動運動論

 

第1篇:スミルノフ学派の宗教論

 

第1章:総論

 

科学とは客観を探求する学問である。

 

宗教が宗教と科学との融合を望む時、それは宗教に客観性を持たせたいと考えるからであろう。

 

ところで現代の科学の中枢であるカッコ付「正統派」現代物理学は宗教に融合する又は合体する事が全く出来ない。何故なら、カッコ付「正統派」現代物理学は無神論だからである。

 

これに対し、スミルノフ物理学は神の存在証明が出来る物理学[註1]である。

 

であるから宗教は自己に客観性を持たせる目的でスミルノフ物理学との融合又は合体化を図る事が出来る。

 

私・佐野千遥は融合とか合体化程度ではなく、宗教とスミルノフ物理学とを合一化してみてはどうかと提案する。

 

そうすればその宗教は、念願の主客合一を実現する事ができる。

 

その宗教は「我々の宗教は科学その物です!」と世界史上初めて表明する宗教と成る栄誉を手にする事に成る。

 

主客合一を実現できるという事は、もしその宗教が政治活動もしたいと考える場合には、政教一致としても十二分に政治党派として説得力を持ち、通用する事になる。何故なら、その政治党派の発言は科学に裏打ちされた客観的発言となるからである。

 

宗教と科学の融合を説いている或る政治党派が、政教一致を掲げて成功して居ないとするなら、それは融合しようとする科学=カッコ付「正統派」現代物理学が無神論であるために、本来的に融合しようが無い根本事情が有る事に無自覚であるからである。

 

 

第2章:スミルノフ物理学による知と正義と愛の神の存在証明 [註1]

 

スミルノフ物理学による知と正義と愛の神の存在証明は以下のとおりである。

 

先ず、知の神の存在証明を行おう。

 

数学の世界と物理的世界とを貫いて離散値の世界である。

 

数学基礎論のゲーデルの不完全性定理により[無限大]という数は存在せず、又1/[無限大]なる数も存在しない。つまり無限小のキメの細かさを持った数は存在しない。その結果、連続実数なる数は存在しない。その結果、連続実数の上に造られた数学分野である確率論と微積分学は数学として誤った分野となる。確率論、微積分学専門の数学者達は、クソ真面目に確率論、微積分学の定理を証明し又数学会もそれ等の確率論、微積分学の定理の証明が正しいと承認してきた。しかしその全てが誤りである事が明らかと成った。

 

ところで物理的世界に於いても連続実数は存在せず離散値の世界である事がプランク定数とハイゼンベルグの不確定性原理の発見により明らかと成った。

 

ハイゼンベルグの不確定性原理

 

∆E * ∆t = h/4pi                  (∆E はエネルギーの粒の幅、∆tは時間の粒の幅)

∆p * ∆x = h/4pi                  (∆p は運動量の粒の幅、∆xは空間距離の粒の幅)

 

は物理世界が離散値の世界である事を明らかにした。ハイゼンベルグの不確定性原理の確率論的解釈は誤りである。何故なら、確率論は誤った数学だからである。よってハイゼンベルグの不確定性原理の離散値に基づく解釈のみが正しい解釈となる。ハイゼンベルグの不確定性原理の発見に依って、エネルギーの粒の幅∆E、時間の粒の幅∆t、運動量の粒の幅∆p、空間距離の粒の幅∆xはゼロには成り得ない事が明らかに成った、つまりエネルギーでも時間でも運動量でも空間距離でもすべてゼロでない有限の大きさの粒々になっている、つまり物理世界は離散値の世界である。

 

このように数学の世界と物理学の世界を貫いて共に離散値の世界である事が明らかに成った。

 

ところで人類で最も聡明で或る筈の数学者達が本気でクソ真面目に連続実数に基づく確率論、微積分学の定理を証明しても、実はそれ等の定理は悉く誤謬であり、人類で最も聡明で或る筈の物理学者達が本気でクソ真面目にハイゼンベルグの不確定性原理の確率論的解釈により、連続実数値と見立てたエネルギー、時間、運動量、空間距離を基に微積分によって物理現象の説明を試みても悉く完全に失敗するのを見る時、数学の世界と物理的世界とを貫いて存在する離散値の世界を創った人智を超えた知性を有する何者かが存在せねばならない事になる。以上が知性の神の存在証明である。

 

全宇宙の隅々で起こっている事はS極系エーテル繊維=時間軸に悉く記憶されているから、星の運動、物体の運動は作用反作用の連鎖が因果の連鎖として全宇宙に於いて矛盾なく実現される。

 

纏めると、此処に知の神の存在証明が完了した。

 

ところで“全知全能の神”という概念が有るが、実は神は全知であるが、“全能の神”なる概念は矛盾した概念である。何故なら、若し神が全能であるのなら、神自身が自分自身を消滅させてしまう事も出来なければならず、“全能”と言う概念は自己矛盾した概念である事が明らかと成る。

 

神は全知であるが全能ではないから、この世に悪が蔓延り、悲惨な事が起こっていても、悪や悲惨の存在は、神の存在と相矛盾する事はない。この事は又、物理的には、反エントロピー・プロセスによる善、エントロピー増大プロセスによる悪として、双方とも、自然を通して発現する神の概念と相矛盾しない。

 

次に神は全宇宙、地球、植物界、動物界、人類を正義を意図し愛を以って創った事、つまり正義と愛の神の存在証明をスミルノフ物理学から行う。

 

「初めに光有りき。」

宇宙の始原において全宇宙は光り輝く巨大な太陽であった。つまり光り輝くエーテルの塊であった。

その巨大な太陽は、半径が黄金比に縮む度毎に表面から星を崩れ落とし、崩れ落ちた星も、その半径が黄金比まで縮む度毎に表面から星を崩れ落とす事により、今日のような星々が煌(きら)めく宇宙と成った。

物理世界に既に美学が有る。星の並びに黄金比の美学が有り、原子の周りを廻る軌道電子の公転半径の比率にも黄金比の美学が有る。古代ギリシャのパルテノン神殿の柱は、黄金比の箇所が一番太い事が建築美を成している。またオリンピックの聖火の松明は黄金比の位置を握ると最も美しく見える。

 

微細構造定数の逆数である137回、黄金比へと半径が縮む事が繰り返された時に地球が発生した。その地球の上には原子番号137までの元素が存在する。

 

あらゆる物体は自転すれば若干の双極磁場を生成するものであり、太陽表面から生まれたばかりの惑星は、そのように自転により生成された双極磁場の軸部分が北極の穴、南極の穴を貫く負の誘電率・負の透磁率の円筒空洞となった。惑星のこの負の誘電率・負の透磁率の円筒形空洞が生命を進化発展させる上で多大の役割を演じた。土はSiが主であるが、負の誘電率・負の透磁率の地中円筒空洞はSi → C + Oの分解を行い生物の体を造るのに必要な炭素Cと呼吸するのに必要な酸素Oを大量に生成し、また土壌中に有るカリウムと円筒空間へと還流して来た海水に含まれるカリウムをK → Na + Oの反応で海水と、生物の血液のNaClを作り出し又呼吸するのに必要な酸素Oを創り出した。

 

又、この北極の穴、南極の穴を貫く負の誘電率・負の透磁率の円筒空洞から北極の穴、南極の穴から発したS極N極磁気単極子から成るオーロラが地表全体に広がって電離層を創り、その電離層が放射能帯域であるバンアレン帯の放射能が地表まで降りて来ないように遮蔽している。

 

その他、太陽からの距離が適切である為に、地球は暑すぎる事もなく、寒すぎる事もない。

 

このように地球上に生命体が誕生し、生活できる為にあらゆる環境整備が自然の仕組みにより行われている。

 

S極磁気単極子の集まりである太陽の黒点から飛来したS極磁気単極子が元で、地球上に生命が発生し、その生命は益々秩序が高度化する合目的的進化により植物界を創り出した。

 

植物は体全体が脳の役割をしている。

 

生命体の体内には水分が豊富に有る。水は負の透磁率である。その生命体の中にピエゾ物質のコラーゲン、DNA、セルロース、が生成した時、生命体の中は負の透磁率の上に更に負の誘電率となった。逆に生命体が生命体である由縁は、その負の誘電率・負の透磁率に有る。

 

誘電率ε、透磁率μを基に、或る物質の光の屈折率nは下記の式で与えられる

 

n = c / v = √ε*√μ/ √ε0*√μ0        (ε0は真空の誘電率、μ0は真空の透磁率   )

 

屈折率を基に光の反射率Rは下記の式で与えられる。

 

R = (n0 – n)^2 / (n0 + n)^2                           (n0は真空の屈折率)

 

今、生体内では誘電率ε、透磁率μが、負の誘電率 –ε、負の透磁率 – μと成るから、

屈折率はマイナスと成って

 

√(–ε)*√(–μ)/ √ε0*√μ0 = i√ε*i√μ/ √ε0*√μ0

= –√ε*√μ/ √ε0*√μ0 = –n

 

反射率は

 

R = {n0– (– n)}^2 / {n0 + (– n)}^2

  = (n0 + n)^2 / (n0 – n)^2 > 1

 

つまり負の誘電率且つ負の透磁率の生体内に入射する光エネルギーより恒常的に大きな光エネルギーが生体内から外に照射される!つまりエネルギー保存則は全く成り立っていない。

 

この生命体の内から外へ向けて放射されるのが常温プラズマであり、植物の幹や葉からは5センチくらいの距離まで、高等動物だと数十センチ、人間だと3,4メートルまで常温プラズマが常時照射されている。気功師が手翳しで病を治すのは、手から発するこの常温プラズマに依る。

 

ところで例えばキュウリと茄子をまな板に乗せて、茄子を包丁で切ろうとすると、キュウリが放射している常温プラズマが騒(ざわ)めく。林で或る樹を切ろうとすると、周りの木々が放射している常温プラズマを騒(ざわ)めかせる。恰も「可愛そう!」「可愛そう!」「殺さないで上げて!」と言っているかのようである。

 

ここに、樹木には「社会的同胞愛」が有ると見る事が出来るのである。

 

木立は人間にどんなに邪険に扱われ切り倒されても、人間に歯向かう事を一切せずに、只々、人間の為に(愛を込めて)酸素を造り続けている。

 

草木は光合成炭酸同化作用で酸素を造るが、その酸素は自分の身辺からは拡散してしまい、自分の呼吸に供する酸素の部分は極僅かであり、自分自身が呼吸する酸素の大半は他の草木が生産してくれた酸素に依存しており、互いに助け合っている。

 

進化が更に進んで動物から人間が発生・進化発展した。

 

その人間は生まれながらにして先験的に個人的善悪を判断できる能力を有している。(エンマヌエル・カント著「純粋理性批判」参照)

 

ここに正義の神の存在が証明される。

 

そしてその人類は、社会正義の為に命を賭けて闘う武士道を美しいと認識でき、自分を犠牲にして他人や同胞を死守しようとする行為を美しいと認識できる。

 

此処に愛の神の存在が証明された。

 

此処に知の神、正義の神、愛の神の存在が証明された。

 

社会正義・社会的愛という概念は、社会悪が存在するから、その対立概念として明確化される。神が社会悪の存在を容認するのは、社会正義・社会的愛という概念を対立概念として際立たせ、また実際に社会悪と闘う中で、個人や社会運動体を陶冶して行く摂理と計画を持っていると考えられる。

 

“悪の神が宇宙を創った。”とか“悪の神が人類を創った。”なる考え方は不要で有り、又誤りである。

 

第3章:全能ではない神の成し得る事

 

神は全能では無い事は先に証明した。では神はどのような事を為し得るのであろうか?

 

神はあくまで自然現象を通して発現する。

 

我々スミルノフ学派が言う自然現象とは、負の誘電率・負の透磁率の世界の自然まで含めた自然現象であるから、反重力、テレポーテーション、タイムマシン、テレパシーとその組み合わせとしての超常現象をも含んでいる。

 

宗教で言う実際に起こった「奇跡」とは、負の誘電率・負の透磁率の世界の自然現象である超常現象の事であって、“超自然現象”ではない。神はあくまで負の誘電率・負の透磁率の世界まで含めた自然現象を介して発言する。“超自然の奇跡”なる物は存在しない。

 

第4章 キリストは双子。弟イスキリが処刑され、悪人の兄はマグダラのマリアと駆け落ちし南仏に逃亡

 

キリストは双子。弟イスキリが処刑され、悪人の兄はユダヤ教を捨てず12使徒たちが殉教して行くのを尻目に、マグダラのマリアと駆け落ちし南仏に逃亡した。

 

第3章で、自然な負の誘電率・負の透磁率の超常現象としての奇跡は有っても、“超自然”の奇跡なる物は存在しないと、私は科学的に結論付けた。

 

反重力、テレポーテーション、タイムマシン、テレパシーの組み合わせの超常現象を以ってしては、その時点で完璧に血を抜かれ完璧に殺された死者であるキリストを蘇らせる事は全能でない神には出来ない。

 

人の霊魂とはS極磁気単極子であるから、世の終わりにはそのS極磁気単極子とそれに繋がっていて且つ記憶装置でも有るS極系エーテル繊維を使って死者を蘇らせる事は有り得る。しかし処刑された直後の時点では不可能である。

 

イエス・キリストは十字架で死ぬ直前に

 

「エロイ!エロイ!ラマ サバクタニー?!」

 

と母語のアラム語で叫んでいる。

 

これは、普通

 

“我が神よ!我が神よ!何故私を見捨て給うたか?!”

 

と訳されているが、

 

実はアラム語の“エロ”とは「神」の意味は無く、目上の人・兄程度の意味でしかない。

 

「私の兄よ!私の兄よ!何故私を見捨てたか?!」

 

と訳すのが正しい。

 

その結果、嘗てのカタリ派が主張した様に、イエス・キリストは一卵性双生児であって、十字架に架けられて処刑されたのは弟のイスキリ・イエス・キリストであって、裏切り者の兄イエス・キリストはユダヤ教を捨てず12使徒たちが殉教して行くのを尻目に、マグダラのマリアと駆け落ちし南仏に逃亡し、子供を作り、南仏で老いて死んだ。墓は南仏に有る。

 

私は弟イスキリは立派な人であり、兄は悪人と見る。

 

真のキリスト教徒にとっては弟イエス・キリストが立派に死んだ事だけで信仰にとって十分であり、その直後に死者の中から蘇っていようがいまいがどうでも良く、ましてや悪人の兄イエス・キリストは完全に無視すれば済む事である。

 

又、アダムとエバの原罪とは、物質的打算に基づく支配欲であって性欲ではなく、人間の最大の欲望は弁証法的学習欲=労働であって性欲ではない。

 

よって、処刑されたメシアのイエス・キリストは人生の目的を達さずに死んだとは考えない。

これも神の摂理であったのなら、弟のイエス・キリストは清く正しく生き切ったのであるから、死後天に上ったと考える。

 

神は悪の神では些かも無く、神は知と正義と愛の神である。

 

参考:

https://youtu.be/DyBh27VYslE 

 

第2篇:スミルノフ学派の社会活動論・社会運動論

 

後程展開する。

 

以上

 

[追伸]:佐野千遥が書いたスミルノフ物理学の文献、生命物理学・健康の文献、語学即聞即答訓練教材に御興味をお持ちの方は、本ブログ・ページ左上の方のブックマークの下から2番目の項目の「ドクター佐野千遥の講座の資料請求窓口」から「スミルノフ物理学」「生命物理学・健康」「語学即聞即答訓練教材」をご指定して申請ください。又、「即聞即答訓練」に基づき英語、仏語、露語、アラビヤ語の生徒を募集しますので、上記ブックマークの下から2番目の項目から申請して下さい。又、美しいメロディーのクラッシックを弾く為にバイオリンを習いたい方は、同じ窓口から申請して下さい。

 

また、11月25日、Kindle版としてamazonから

「二人に一人がガンになる時代!油過剰摂取、砂糖摂取を止めれば、先ずガンになる事は無い!」著者:佐野千遥

https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%8C%E4%BA%BA%E3%81%AB%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%8C%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%99%82%E4%BB%A3%EF%BC%81%E6%B2%B9%E6%91%82%E5%8F%96%E9%81%8E%E5%89%B0%E3%80%81%E7%A0%82%E7%B3%96%E6%91%82%E5%8F%96%E3%82%92%E6%AD%A2%E3%82%81%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%80%81-%E3%81%BE%E3%81%9A%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E4%BA%8B%E3%81%AF%E7%84%A1%E3%81%84%EF%BC%81-%E4%BD%90%E9%87%8E-%E5%8D%83%E9%81%A5-ebook/dp/B01N2LZP6G

 

 

が発売されました。御興味の有る方はお読み下さい。Kindle版amazon出版の本は数十万冊あるが、現在、私のこの「二人に一人がガン…」の著作の売れ行きは上位5%以内に入っているとの事ですので、皆さん宜しくお願い申し上げます。

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(4)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。