ファッションのウェブサービスで世の中を変える、株式会社ニューロープ代表取締役社長・酒井聡のブログです。
起業や会社運営、サービス開発で学んだことを発信し、皆様に役立つ情報を提供してまいります。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年08月09日 18時31分08秒

分けて考えるのをやめにしよう

テーマ:酒井聡の日記

僕は元々アートが好きな人間だった。
小説作家になりたいとずっと思っていたし、学生の頃はバンドを組んで音楽に打ち込んだり、絵を描いたりすることが好きだった。
寝る暇を惜しんで情報誌を編集したりイベントの準備をしたりしていた。
過去形で書くのは対比を強調するためであって、今でもアートはすごいと思っている。

いつのまにか、日常を占めるビジネスの割合が大きくなっていた。
いつのまにか起業を志すようになって、中小企業診断士の資格を取るために四六時中勉強をするようになった。
試験に合格してからも、5分でも時間があればビジネス書や技術書を読むようになった。
知識を仕事に活かすのが楽しくなって、あんなに好きだった小説は読まなくなった。
この豹変を我ながら納得できていなかった。

きっかけは自覚している。
もともと本を読む習慣がある中で、「経営者の本」にはまった時期があった。
CAの藤田さん、ヤマトの小倉さん、コマツ、タリーズ、リクルート、ミスミ…。
本を読むほど事業を興す魅力に取り込まれていった。


最近よく「起業の目的」を聞かれる。
人によっては世の中を良くすることだったり、エクセレントな組織を作ることだったり、お金を稼ぐことだったりと、人間性が現れやすいところだからだと思う。
どこにフォーカスしている人が成功しやすいとか、井戸端会議にはうってつけの話題だろう。
僕は企業理念にも掲げている通り「個人をエンパワーすることで世界を変える」ことがしたくて起業をしたと答えてきた。
そこに偽りはない。
ただこの企業理念だけだと説明がつかないとも感じていた。
自分が何を指針にして動いているのか分からなくなることがあった。


最近人と話をしていてふと辿り着いたキーワードがあって、これが強烈に自己理解を助けてくれた。
僕は「感動」を追い求めていたことが分かった。
賢くなったって金銭的に豊かになったってそれが幸福につながるとは限らない。
でも、毎日感動することができるのであればそれを幸せと言って差し支えないと思う。

小説や音楽はいつも僕たちを感動させてくれる。
あの夕涼みに浸る野外会場でプレイヤーもオーディエンスも感動に包まれる。
だから素晴らしい。

新しいビジネスも同様に感動を生むことがある。
Macintoshやブクログはアートのような瞬発力こそないものの、長くゆるい感動を生み出してくれる。
だから素晴らしいと思う。

そう考えると僕の価値観は何も変わっていなくて、今までアートとビジネスを分けて考えていたことが間違っていたのだと気づいた。
結局僕は自分が感動したくて、感動を生みたくて動いている。
色々なことを言う人がいるが、自分の方針と合わないことを器用に考えようとしても残念ながら意味がない。
今まで分けて考えていたものを一緒にしてしまうとあらゆることがシンプルになる。
仕事に向かう姿勢もプライベートの過ごし方も何を勉強するのかも全部だ。
オフの日には仕事を持ち込まないべきとか、企業理念は持つべきとか、起業家はこうあるべきとか、社会的意義がどうだとか、よく分からない一般論に左右されるのは馬鹿げている。
情報発信しようとして、ライフハックしようとして、みんなあまりにも難しく考えすぎている。
難しく考えすぎたライターの記事は印象派のように美しいから、多くの人が真に受けて自分が好きなわけでもない野菜を育てている。

感動を基準におくやり方は汎用性があるのではないかと思ってこのエントリーを書いた。
人によって価値観は違うと言うが、共通するベースとして感動があるのではないかと思う。
難しく考えるのをやめよう。
感動をベースに、アートもビジネスも飛び越えて、何をしたいのかを考えよう。

AD
いいね!(77)  |  コメント(44)  |  リブログ(0)
2014年07月06日 10時36分42秒

ウェブにおける情報発信の難しさ

テーマ:酒井聡の日記

最近ベンチャーナウというメディアで記事を書き始めました。
スタートアップやデザイン、ウェブサービスに関する記事を中心に寄稿を続けていきます。
ウェブサービスを運営していく上で、個人としての情報発信力を強めていくことが目的です。

記事を書き始めてNewsPicksなどで他の著者が書いた記事寄せられるコメントを見る目も変わりました。
そこから感じたのは「ウェブで情報発信することの難しさ」。
僕は以前情報誌の編集の仕事をしていましたが、情報誌のような紙媒体と違って、ウェブ媒体には必ず双方向性がついてきます。
記事を書けばTwitterやNewsPicksで様々な方がその記事についてコメントを付けます。
考えが浅かったり言っていることが間違っていると、当然指摘が入ります。
厄介なのは、十分に推敲された記事でも逆風を受けるケースが多いことです。

そもそも記事というのは方向性を持っています。
記事は大抵の場合、何か特定の事実かメッセージを伝えることを目的としています。
そこに「こういう見方もできるよね」とか、あえて抽象性を高めて書いているのに「個別例を見たらこういうことも起きている」というような、記事のフォーカスからずれたコメントが入る。
そして記事の揚げ足を取ったコメンテーターは何だか賢く見えます。

分かりやすくするために極端な例を挙げますが「企業を大きくする上で採用ではこのようなことに気をつけた方が良い」という主旨の記事に対して「そもそも企業を大きくすることが正しい判断とは限らない」というようなコメントが付けられることは著者として本意ではありませんが、そういうことが現実にかなり起こっています。
記事はあえて視点を絞ることで方向性を持たせて書いているため、そこから視点を広げられるとどうとでも言えてしまうのです。
当然上記の例では「企業を大きくしたいという目的性があること」が前提として記事は書かれています。
コメンテーターはその枠の範囲内でコメントを付けないとフェアとは言えません。
枠を出る場合は、そのことを明記した上で書かないと記事読者全体のミスリードを生みかねません。
(紙媒体の場合は読者はコメントを付けることを念頭に記事を読んだりはしないので、視点を広げたりフォーカスをずらされたりといったリスクはずっと小さいように感じます。)

記事を書く側は、記事の方向性や前提について触れることでミスリードされるリスクを減らす必要があるのだと思います。
メッセージは正しく伝わらないと意味がないため、伝えるための努力は欠かせません。
その難しさを感じつつ、記事のテーマを考えている今日この頃。

ある程度の読者がついた書き手はこの問題に直面して、苦悩して、結果的に主旨の明瞭さ等でより質の高い記事が世の中に増えていくのではないかなと思います。

AD
いいね!(7)  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2014年05月06日 01時16分08秒

andymori

テーマ:酒井聡の日記
こんなに細分化された世の中なのにandymoriの音楽が響いたことに対して、僕は何よりも嫉妬を覚える。
感性と商業はベクトルの軸が違うから、アートの世界ではマーケティングが通用しない。
売れるようにつまんで置いたらそこにはもう感性の力は残っていない。

感性はまっすぐにしか動けない。
だから商業のベクトルとバーティカルであればどんなに努力を重ねても売れることがない。
僕はたくさんの音楽や小説が妥協するのを目にしてきた。
マンガも映画もドラマも鋳型を使ってものすごく生産性を高めてきたんだ。

誰かがそれを望んだのだろうか。
オーディエンスが望み、スポンサーがそれに応えることを望んだのだろうか。
面白くもないソーシャルゲームに限りある命を費やすことに誰がポジティブなのだろう。
1:nの商業モデルは民主主義と似ている。
いつだって最大公約数を探し当ててマイノリティの声には耳を貸さない。
そして本当はマジョリティなんて存在しない。
誰もがマイノリティの声を持っている。
だから誰も幸せにならないような作品が溢れて、お腹はすくから僕も含めてみんなそれを食べている。

andymoriには希望がある。
感性はまっすぐにしか動けないが、時に光り、商業を引き寄せることがある。
太宰治も井上陽水も坂本慎太郎もまっすぐやってきただけだ。
こんなにも光っている作品を僕は知らない。
僕はいつかandymoriのようなサービスを作りたい。
そのサービスが商業にはできないやり方で一人でも幸せにできたら良いと思う。
AD
いいね!(18)  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。