なんとなく。

テーマ:
毎日が過ぎていく。
気がつけばいつも何も進んでない自分の人生に焦りを感じてる。
いっつも焦った気持ちのままで、落ち着かない。
こんな気持ちになるのは、きっと計画を立てないからだ。
計画を立て、計画にそって遂行する。

それできっと解決するんだ。
ちゃんと生きよう。
AD

やっと。

テーマ:

気付いていないのは自分だった。

今の会社にいて乗り越えなければいけない、自分の人生の課題。


それは目の上のたんこぶ課長だと思っていた。


仕事上の私の欠点はスピードを求めるあまり、小さい見逃しが多いことだ。
そして飽き性で、興味のないものにはモチベーションが下がり、集中できないことだ。


なんか、何から書いていいのかわけがわからなくなってきたが、私がこの会社で学ぶべき課題は「何事にも集中して、1個ずつ確実に仕事をこなすこと」だった。

当たり前のことを書いているのは100も承知で、文章にしたって伝わるわけなんかない。


目の上のたんこぶ課長の欠点ばかりを考え、自らの欠点に目を向けることなく、すべて目の上のたんこぶ課長のせいにしていた。


「何事にも集中して、1個ずつ確実に仕事をこなすこと」


これをしていれば、目の上のたんこぶ課長のことなんか気にならないのだ。
「目の上のたんこぶ課長の姿勢をどう正していくか」ではなく「何事にも集中して、1個ずつ確実に仕事をこなしていれば外野は気にならない」だった。


あぁ。
なんだ。
当たり前のことで、何度も口にしてきた言葉だったけど、今やっと理解できた。

AD

洟垂れ。

テーマ:

年中、鼻炎の私は洟垂れありきの私というところがある。
洟が垂れてなかったら、私と気付かれないほどだ。


それは完全に言い過ぎですが、これを書いている今も鼻が垂れている。


そんな鼻炎の私が最も困るシチュエーションはうっかりハンカチを忘れてしまった上で1対1で会話している時だ。


会話をする時は、相手の目を見て話す。
常識人としてのルールであり、それをしない社会人は「感じの悪い人」として認識される。
そのため、顔を反らすわけにはいかないのだ。


ではどうするかと言うと、手を常に鼻下においておくのだ。
垂れてきてもさり気なく、敏速に鼻水を手で捕らえるためだ。
そんな苦労中に必ず聞かれる。


「風邪?」


ちゃいますねん。
風邪ちゃいますねん。
年中鼻炎ですねん。


世の中の男子に伝えておきたい。
鼻下に手を置いて会話する女子を見かけたら、「風邪?」なんてどうでもいいことは聞かず、敏速にその場を立ち去ってください。
その子は戦っているのです。
戦いの邪魔はしないでください。
もしくは閲覧しないでください。


洟垂れを堂々と貴方に披露できるほど、その子は度胸がないのです。


26歳女子洟垂れファッションリーダ。


AD

目の上のたんこぶ課長殿。

テーマ:

仕事の出来ない人間、3ヶ条を知っていますか?


1.数回に分けて訂正を相手に伝える。
2.質問している意味を勝手に飛躍して、質問した本人が聞きたい内容を答えられない。
3.自分のせいになってしまうことを極度に怖がり、言い訳する。


1.は相手の手間を取らすだけの行為に終わらず、相手のイライラを発生させ、促進している行為にあたる。
この行為は結局、自分に返ってくる行為であり、先々まで考えれば不利になることが多い。

部下を自分の仕事をする上の「道具」と認識している場合、こういった行為に走りやすい。


2.は仕事する上で最も効率を悪くする行為にあたる。
自分自身の知識を過信し、相手が何を聞きたいのかを理解する前に、自分の知識を相手に伝えたいという気持ちで必死である。
仕事に集中している人間からすれば、面倒な通過点である。

そういったことは母親に思う存分、聞いてもらい、褒めてもらうことをお勧めする。


3.は論外になる。
そんなことを怖がる間は、かっこいい仕事はできない。
お金を生む仕事はできない。


理解していただけますでしょうか。


人間なので1~3の行為を全くしないことは無い。
たまにしてしまうこともある。
そんな程度は自分自身、許せる人間の器でいたいと心から願う。


しかし。


毎回、仕事に携わると期待通りに1~3の行為を披露していただいております。
あなたの毎回のパフォーマンスの裏に隠れる心労をお察しいたします。


あなたには目の上のたんこぶという名前がぴったりです。
本日をもって目の上のたんこぶ課長と命名いたします。

心より祝福申し上げます。