☆LOVE☆ Sri Lanka

今日もHAPPYに☆☆☆


テーマ:

1. 地球上のすべての人々が「平和のうちに生存する権利」を享受できる社会の実現
2. 豊かな未来作りのために貢献
3. 国民参加事業であり、参加する一人一人の意志と能力が出発点
4. 参加者が創造的な活動ができるような支援
5. 参加者の体験を日本及び世界に還元

 

私は、個人的に、任地での自分の役目は、人々が自分らしく生きるための選択肢を増やすことだと思っている。

 

「こんなときに、自分はたくさん笑っていられる。」
「これをしているとき、自分はとても心地よく感じる。」

 

たくさんの人に、そういう瞬間が増えればいいと思う。

自分も笑っていたいし、大好きな人たちにも笑っていてほしい。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

4/22 の講座レジュメより抜粋。講師:畠山敬氏)

• 1990年に開始
• 40~69歳
• 派遣中:53カ国
• 派遣中:755人(累計約2,101人)
• 年2回募集(春・秋)
• 1年または2年
• 派遣前研修(東京)

• 日系社会シニア・ボランティア、775人(2004年末)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(4/22 の講座レジュメより抜粋。講師:畠山敬氏)


• 1965年に開始
• 派遣取決:80カ国
• 派遣中:69カ国
• 年間約1,200人、派遣中2,471人(2004年末)
(累計約25,533人)
• 20~39歳、約140職種
• 年2回募集(春・秋)
• 原則2年間(延長あり)
• 79日間の派遣前訓練(広尾、駒ヶ根、二本松)

• 日系社会青年ボランティア(中南米)、派遣中97人(2004年末)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ベトナム酒

栃木にある技術補完研修の先生のお宅に、村落開発普及員候補生8名が集合した。

先生のお酒コレクションから、ベトナムの蛇酒が振舞われる。

蛇が蛇をくわえているわ。

 

美桜ちゃんかわいかったあ。

 

次の日、宇都宮で餃子専門店で宇都宮餃子を食べた後、

協力隊の説明会に参加した。

これから応募しようかな、と考えている人に会ったり、いつもの協力隊ビデオを観たりして、初心に帰れた気がする。

 

説明会で、偶然、前任者に会い、いろいろ貴重な情報をいただいた。

実際話を聞いてみると、自分がイメージしていた活動とは少し違った。

村落開発普及員というと、村での活動だと思われがちだが、

私の活動する場所は、都市スラムであることがわかった。

都市スラムでの活動は、タイのバンコクのスラムで活動しているNGOを訪問したことがあるので、

参考になるかもしれない。

いただいた報告書を読むと、ごみ問題が深刻なようなので、

派遣前に、できれば名古屋市のごみ処理場を訪問したい。

 

夜は、東京で働き始めた大学院の同級生が偶然集まっていたので、飛び入り参加した。

みんな顔が生き生きしていたので、やりがいを見つけてがんばってるんだろうな、と思った。

 

てか、みんなに会えて、めちゃうれしかったよー!!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

岩倉の桜

 

再び愛知県のおばあちゃん家へ。


岩倉の五条川の桜は、今年も満開。母が小学生の頃に市が川沿いに苗木を植えたという。


それから、苗木は母と一緒に成長し、立派な木になって、今年もたくさんの人に春のあたたかい空気を運んでいる。


私もスリランカで、桜の苗木を植えるような、そんな活動ができたらいいな。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、大学時代のゼミ仲間と会いましょうということになって、久しぶりに京都に行った。

相変わらず紳士なその方に、
「スリランカに行ったら、スリランカでしかできないことをたくさんしてきて下さい。学術書を読むことは、今まで充分してきたんだから、スリランカに行ったら、たくさんの人と、たくさんお話をして、行動してきて下さい。」

「開発というと、途上国を近代化して、私たちのような便利な生活ができるようにしようと考えがちです。でも、私たちが今の生活を維持したまま、途上国の人々も同じような生活をするようになることは、地球環境やエネルギー不足の面から言っても考えにくいことです。私たちの生活のレベルを落としていかなくては、次世代の人々が共存していくのは難しいのではないでしょうか。」
と言われた。

目の覚めるような思いだ。

協力隊に行って何を実現したいのか。目的意識がはっきりしていないと、任地に行ってから動けなくなってしまうだろう。二年は長いようで、あっという間だ。たくさんの人とぶつかって、足を使って動いて、感じてきたい。

また、必要以上にものをとりこむことをしないで、よけいなものをそぎ落とし、できるだけシンプルに生きたい。モノより思い出。心が豊かなおばあになりたい。

写真は、御所の梅林。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東京にて、5日間の技術補完研修が終わった。この研修では、村落開発普及員としての心構えや、開発学のおおまかな流れ、そして戦後日本の生活改善運動などを学ぶ。 また、この研修は、17年度1次隊の村落開発普及員24名が全員揃う、初めての機会であり、そして最後の機会でもある。 この後に控えている約3ヶ月間の訓練では、福島県・二本松(ヴェトナム語、スワヒリ語他)、長野県・駒ヶ根、そして東京・広尾(東欧諸国の言語)の3箇所に分かれ、村落開発普及員どうしより、同じ言語圏の他職種の隊員との関わりが多くなる。ちなみに、私は一番訓練生が多い長野・駒ヶ根でシンハラ語を学ぶことになっている。今回の技術補完研修で、同じ村落開発普及員のスリランカ隊員2名と会った。二人とも人間のできた、学ぶべき点の多い人で、これからが楽しみだ。

残念だったのは、研修3日目にひどい風邪を引いてしまったこと。熱に寒気に鼻水に食欲不振で、研修中座っているだけで必死だった。一番痛かったのは、飲み会にほとんど参加できなかったことだ。みんなでわいわいやるのが大好きなので、毎日後ろ髪引かれる思いだった。みんなさりげに気遣ってくれて、心があたたまった。協力隊員は体が命。手洗い、うがいは基本だと肝に銘じる。病気になっていいのは、病気の人の心がわかることだ。普段健康なときは、なかなか病気の時の気持ちってわかりづらい。

とりあえず、訓練までに、シンハラ語を始めて、所得向上に結びつく研修に積極的に参加しておこうと思う。訓練が始まってしまえば自由になる時間はほとんどないからだ。

写真は、最終日に作成した、「手洗い・うがいチェック表」。学校の先生と一緒に作ってみよう、という提案をした。私のグループでは、他にも「手洗い・うがい劇」をしたんだけど、劇は、やる方も観る方も、面白いし楽しめるから良い。コツは、照れないことだと思う。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。