☆LOVE☆ Sri Lanka

今日もHAPPYに☆☆☆


テーマ:


お寺にお供えするための献花を集めて売っている家庭がある。

そのお家の前を通ると、いつも花でいっぱい。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

日曜日は子ども会へ。


雨季で雨が頻繁に降る事もあって、最近、子ども達は先日作った野菜畑の水遣りを怠りがちになっていた。

野菜たちも、「お水が欲しいよー」と、少し元気がない。


そこで、野菜畑の存在を再確認するためにも、今日の子ども会は野菜畑の野菜の絵を書くことに。


子ども会に行ってみると、書記係の子が、全員分の名前を書いたバッジを作ってきてくれた。

こうやって、自主的が動きがあるとうれしい。

 幹事(議長、副議長、書記、副書記、会計)のバッジは特別にリボンつき。


 早速、大きい子が小さい子にバッジを付けてあげていた。


 パトーラ、ナス、オクラ、トマト、唐辛子、メー(豆)の絵を描く。



 描けたよー。


 前々回から、タミル人の子が、毎回タミル語を5単語教えている。小学校低学年でタミル語の授業が必須らしく、大抵の子はタミル文字も書ける。


これまで何度か絵を描く課題を与えて思うのは、スリランカの子どもたちは、「上手く書く」ことにこだわりすぎて、「自分の目で見て、自分の頭で考えた絵を描く」のが苦手なように思う。

本を丸写ししたり、上手な子のをそっくりそのまま写したり。

上手下手じゃなくて、自分で描くことが大事なんだって事が分かるためには、

単にできばえの良し悪しではなく、向き合っている姿勢を評価していかなきゃいけないと思う。


オクラの葉っぱの形、トマトの花の色。

観れば観るほど、野菜ってよくできているなあと、感心する。

野菜作りは面白い。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


最近のサイトのアイドル、シャーミーちゃん。


嬉しい孫の誕生に、スリーウィール運転手のおじいちゃんは、自分のスリーウィールに「シャーミー号」

と名前をつけてる。


お目目くりんくりん、お肌すべすべのシャーミーちゃん。


癒されるううぅ~。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
スーパーサイズ・ミー 通常版
ビデオメーカー

ずっと観たかった映画↑が観れた。

一日三食×30日間、マクドナルドの食事のみを採るとどうなるか、というドキュメンタリー映画。

監督自らが体験したもので、私がイギリスにいた頃、社会風刺好きのイギリス学生の間ですごく話題になっていた映画だ。


アメリカでは、肥満になった人がマクドナルド社を相手に裁判を起こした例もあるそうで、ファーストフードによる肥満は社会問題となっている。

肥満に関する映像もだけど、怖かったのは、得点映像の、フライドポテト放置実験だ。

何ヶ月経っても、フライドポテトは昨日買ってきたかのようで、カビもなく、腐りもしない。

防腐剤の影響か?


防腐剤といえば、ランカでよく常温保存できる牛乳が売られていて、牛乳好きの私は毎日飲んじゃうけど、あれ、やばそうだなあ。


体に悪いって分かってても、やめられないものってあるよね?


この映画の公開後、マクドナルド社は特大サイズである「スーパーサイズ」の販売を中止したらしいが、

サイズの問題?


ランカのマクドナルドのメニュー。ソフトクリームRs.20!お昼にブリヤーニっていう焼き飯があるのが特徴的。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

ランカに来て、5回目の結婚式に呼ばれた。

こんなに結婚式に出席することになるなんて、思ってもなかった。


今回は、サイトの若い二人の挙式。

招待客もサイトの人ばかりで、なんだかとても居心地がよかった。


そいでは、ランカ式結婚式のはじまりはじまり~キラキラ


出発は、朝の7時。

花嫁、花婿は衣装を身にまとい、花嫁の家から白い車で共に出発。

続いて、花嫁の家から親戚や近所の人用のバンが3台出発。


ホテルに向かう途中、婚姻届にサインしにしかる場所へ寄る。

その間、招待客は車内で待機。40分くらい。暑い!


8時半ごろ、ホテルに到着。

 会場では、音楽バンドが準備を進める。


 しばらくして、新郎新婦登場。カップル席に座る。新婦は白いサリー。


 占いで「良い時間」と占われた時間ぴったり(このカップルは9時36分だった)に新郎新婦は台の上に乗る。祈祷士?進行役?のおじさんが、歌を唄いだし、これまた「良い時間」に新郎新婦の小指同士を白い糸で結び、そこに水を垂らす。


 その後、指輪の交換をする。


 花婿が花嫁に新品のサリーを着せるまねをする。


 両親へ 贈り物と、額を足元につけての挨拶をする。

 四人の女の子が合唱し、新郎より礼金が支払われる。

 「良い時間」にココナッツが割られ、それと同時に新郎新婦は台を降りる。


 ランカおなじみ点灯式。


 ケーキカット。


 カットしたケーキは手で食べさせるのが恒例。


  お昼ごはんまで、酒盛りターイム!つまみは豆とカレー味の鶏肉。


 「良い時間」にお昼ご飯のランカ飯ブッフェ。ご飯の前に新婦の母が水の入ったグラスをのせた皿を持って回り、招待客はその皿に手を触れる。ご飯を取りにいくと、どの結婚式でもフルーツケーキ(欧米のクリスマスで配られる、レーズンの入ったあの味)が配られる。


 お昼ご飯の後は、新郎新婦の写真タイム。カメラマンがいろんな恥ずかしい?ポーズを取らせていた。その間、招待客は大音量のバンドにあわせて酔っ払って踊る男性陣をぼーーーーーっと観ている。こういうところで踊るのは男性と子どもだけ。


 最後は招待客全員が少しずつ呼ばれ、新郎新婦と写真を撮る。この頃には、バンドの音で頭はがんがん。皆ちょっと帰りたいモード(笑)。


その後、新郎新婦が1~2泊のハネムーンに旅立つのを見届け、お開き。


新郎新婦がハネムーンから帰ると、今度は新居となる新郎の家に親戚や友人を招き、「ホームカミング」というパーティを開く。

このとき、新婦は赤いサリーを着る。


結婚式は人生の中でも一大行事だ。

そんな大切な日に招待してくれて、うれしく思う。

ちょい、形式ばってるから肩こっちゃうけどね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ランカは祭りばっかりやん感じですが、今月も6月11日は、ポソン祭だった。


ポソンは、仏陀がランカに仏教を伝達した日だそう。

岩の上に僧侶の集団が現れ、岩の下で動物の狩りをしている男性を止める、生き物の不殺生を説く図が有名で、この日は新聞やテレビでその図が何度も流された。


子ども達は、家の前に石を積み上げ、僧侶や狩りをする男性の絵をのせて、その図を再現する。



この飾りは「ミヒンタレー」と呼ばれ、夜には小さな火がともされる。


生き物の不摂生を説く日にちなんで、

サイトでは、牛の解体業者に売られる予定の牛を三頭買い取り、その牛を自由にする儀式が行われた。
買い取られた三頭の牛をリヤカーに乗せ、サイトの人々は行列を作って「牛を食べるのはやめよう!」と言いながら近所を歩き回る。


私は牛肉が好きだけど、参加させてもらった。


ランカの人は、牛肉や豚肉は食べない人が多いけれど、鶏肉は食べる。
私が牛肉を食べると言うと、「牛がかわいそう」と言われる。
豚は雑食なので、「豚は汚いから食べたくない」のだそう。
牛や豚はだめだけど、鶏肉を食べるのは構わないという線引きは、どこから来たのだろう。
ムスリムが豚を食べず、ヒンドゥー教徒が牛を食べないという、他の宗教の影響もあるのかもしれない。

実際、ランカにはムスリム(7.6%)やヒンドゥー教徒(7.1%)も少なからずいる(2006年、CIAHPより)。


私の友達には、ベジタリアンが何人かいるけれど、私は今のところ、お肉も食べている。
ただ、鶏を絞めたときの、あの哀しそうな鶏の目は、忘れてはいけないと思っている。

無駄な食べ方をせず、おいしくいただきたい。


ポソン祭では、先月のウェサック祭と同じく、無料で振舞われる様々な食べ物の屋台(ダンサラ)が出た。

バス停でバスを降りると、目の前にジュースのコップをぐいっと差し出され、びっくりしてしまった。

でも、そこに集まっている人々の顔が「たっぷり飲んできなよ!」と言っていて、びっくりするくらいおいしかった。

「どうぞたくさん召し上がれ」っていう雰囲気がすごく気持ちいい。

 アイスクリーム ダンサラ


 ご飯 ダンサラ

屋台の裏では若いお兄ちゃん達がせっせと食事の支度をしていた。


買い取られた三頭の牛、買い取るのに5万ルピーもかかったそうだが、その後、買い取った人に牛を養っていくお金があるとは思えない。
あの牛はどうなったのだろう。
よく道端でゴミ漁りをしている野良牛を見かけるけど、あれは「自由にされた牛」なのかな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




サイトで新しい赤ちゃんが3人生まれた。

ちっこくて、めちゃかわいい。

ランカの病院は、無料だけど、産んだその日に退院させる。



   セルビィーお母さん

   ニサンサラーお母さん

  ニサンサラーの弟のお嫁さん。18歳と19歳のカップル!


お母さん達、おつかれさま!


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「子ども会のみんなで野菜畑を作りたいなぁー」と言ったら、

住民リーダーが、自分の家の空き地を貸してくれると申し出てくれた。


リーダー自身にも子どもが二人いるせいか、子どもの教育に関する活動には、すごく協力してくれる。


子ども達も乗り気で、早速畑作りが始まった。


 


はいほー!



まずは、土作り。

堆肥と土を混ぜて栄養たっぷりの土を作る。


次は、畝と溝作り。


 


土と堆肥がなじんだ一週間後、種蒔き。

ナス、パトーラ、ゴーヤ、唐辛子、トマト、オクラ、メーカロン。


たくさん蒔いたらたくさん野菜ができると思うのか、私の目を盗んで種を蒔きまくる。

後日、すごい量の芽がでてきたので、間引いて他の住民に苗をおすそわけした。


種まきが終わると、水やり当番を決める。

曜日ごとに、大きい子と小さい子の3~4人グループを作り、大きい子が責任を持って小さい子を誘って水やりに来るようにする。


現在、種を蒔いて3週間。

だいぶ苗が育ってきた。

「野菜ができたら、市場を開いて売ろうね!」

なんて子ども達は言っているけど、はたしてちゃんとできるかな?

私がサイトに行かない日は、水やりも怠りがちなようだけど。


私のもくろみは、この子ども菜園がモデル菜園となって、大人たちも野菜作りを始めだすこと。

私の担当サイトでは、どの家も土地が狭いので、市場で売るほどたくさんの量を作るのは難しいだろう。

でも、おいしい野菜を食べて、栄養価が高まったり、野菜を買うお金が節約できたりといった効果は期待できる。


毎日すくすく大きくなっていく野菜を見るのは、気持ちがいいし、わくわくする。


家庭菜園をするきっかけをくれたまいちゃん、ほんまにありがとう!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。