昨日のご報告になります

都議の塩村あやか議員http://shiomura-ayaka.com/に 多摩川の問題を当初から相談しておりました件で

都議会にて質問をして下さるとの事で スタッフたちと傍聴に伺いました

実際にお会いすると テレビで拝見するよりも ずっと凛とした素敵な女性でした

 

ここまでには東京都や調布市に何度も話を持って行って下さったり 警視庁に相談をされたり

して下さっていましたが 一昨日もこの件で午前4時まで激しい論争を繰り広げて下さっていました 都にはその時にこれまでと違った認識を持ってもらえました

これまでは中々進まなかった多摩川の子たちの問題ですが

昨日の都議会で 当に私たちがまた皆様が望んでいた質問を

的確に堂々と投げて下さいました

細かく書くと長くなりますので かいつまんでご報告を致します

先ず多摩川の子たちの現状(狂犬病予防法違反や虐待 病気の放置 咬傷事故 不法占拠 等々)と狂犬病予防法違反の解釈について。 今後の解決へ向けて どのように考えているのか。具体的な策を聞かせて下さい。と。

そして殺処分と処分機の問題にも言及されました

他にも待機児童の現状や保育園の数を増やす必要性なども 質問をされていました

塩村議員はご自身がボランティアでいらした経緯から 動物問題はいちを話せば十まで

読み解ける方です 動物の問題はライフワークだと言い切っている通り 少し話すだけで

本気で動物を救いたいのだなあ・・・と伝わります

東京都にも一人くらいはこのような本気の議員がいないと決して変わりませんね

都側からの応答ですが 殺処分に関しては小池都知事が里親制度の普及や

麻酔への切り替えなどを答えていましたが 東京都は現在でも処分数が大変に少なくなっていますので このままの状態で犬はゼロになる日は自然と訪れるでしょう

猫の方が問題で今後の対策に注目したいと思います

多摩川の問題には 担当の福祉保健局長の梶原洋氏が答弁をしました

11月から職員を増員して 現場のパトロールの回数を増やして対処をしている。

放れている犬がいたら すぐに収容をすることに改善をしたそうです

これまでとは全く違った理解を示してもらえました事は大きな成果でした

また12月中に関係所管での会議も行うそうです

会議の後で議員室へお邪魔をさせて頂きました

そこで多くの相談を受けて下さいました 真剣に熱心に聞いて下さって有り難かったですが

前日の睡眠不足のために 目がひどく充血をされていたのが痛々しかったです

このような自己犠牲の上で 動物が救われていくのでしょう

取り急ぎ 昨日のご報告とさせて頂きます

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

~~~東京都議の塩村あやか議員のオフィシャルサイトより~~~

動物問題に本気で取り組んで下さる政治家ではないでしょうか

http://shiomura-ayaka.com/

シェア 拡散をお願い致します

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう数ヶ月も都の担当に話をしています。
何度も話し合いをしています。

狂犬病予防法違反であり、何度も都に危険だと伝えてきました。それも何度もです。伝えた後に複数回、咬傷事故が発生しました。これは断じて看過できません。

本日、抗議文を東京都に提出をしました。

放し飼いもあり、飼い主は犬に危害を与えていることも伝えています。

http://shiomura-ayaka.com/2016/12/02/news-1740.html

 

AD

あーちゃま 今日は

テーマ:

昨日は久しぶりに かぼちゃのスープがおやつでした

ブロッコリーをザザザとふりかけて 一緒に食べてもらいました

 

 

スープの色がカレーみたいになっちゃって あーちゃま ごめんえー

それでも気にする様子もなく完食です まぁ何ていい子~ぉニヤリ

つい猫なで声になってしまいます猫

飲み終わって ちょっとお買い物のために車に移動。。くるくる

ハーネスがねじれたので 付け替え中です

びびりさんなので スタッフも滅多に見たことのない幻のワンコさんです

あっ あーちゃまが こっちを見てくれました

 

 

今日はラッキーです ラブラブ(笑)

幸せをくれる天使です

 

 

多摩川のワンコたち

テーマ:

本日午前中に ある企業のヒアリングを受けました

その帰り道に

昨日偶然にお会いして名刺交換をした

TBSテレビ Nスタという番組のスタッフの方よりが連絡あり

取材の依頼を受けましたので 午後はそちらへ行きました

多摩川からは 取材班のスタッフさんとバトンタッチの形で

帰ってきましたので 取材の内容は分かりませんが

金木への取材はあまり沢山ではありませんでした

不妊去勢の必要性や解決へ向けての説明と犬の健康状態の説明などでした

放送は 12月2日の金曜日 午後6時くらいだそうです

実際にワンコたちの現状と解決できない理由など

是非 ご覧くださいませ

多摩川のワンコたち

テーマ:

今日は多摩川のワンコたちに支援品を届けました

タオルや毛布 KD缶を持って

土手を歩いていくと 数人の人影が見えました

 

 

一人は 飼い主のSさんの知り合いの Iさんでした

Iさんは 金木さんですか?と聞きました

「はい」と返事をしましたら 「タマの時にはお世話になりました」とおっしゃるのです

タマちゃんは10数年も前に 同じこの場所でエドウィン君を遊ばせていた時に

フラフラっと草むらから出てきたワンコでした

首輪もしていないし 近くに飼い主もいないようで

心配になり 探しましたら ホームレスの飼い主 Iさんを見つけました

この犬の事情を聞きましたら 多摩川に兄弟で流されていた所を

この子だけ助けた 後の子は手が届かなかったそうでした

それで名前は多摩川のタマちゃんなのだそうでした

話を聞きながら この子を何とか保護をしないとまずいなぁ と内心で思い

率直に 私が預かりたい との意思を伝えましたら

Iさんは 「自分も施設に入りたいのだが これがいるから入れないんだよ」とおっしゃいました

話はすぐにまとまり 後日 タマちゃんを迎えに行きましたが

怖がってしまい どうしても車に乗ってくれません 仕方がないので

そのIさんに一緒に車に乗って頂いて 医療ケアのために橋本先生の所へ運びました

それからいつものように家族探しをしていましたが 中々 ご縁が見つかりませんでした

その内に 先生からタマちゃん譲渡のお話を頂きました

橋本先生のワンコになると お家と診察室を自由に行き来をさせてもらえます

おねだりをすればお肉でもおやつでも もらえます (笑)

一般の家庭犬と同じに育ててもらえますので タマちゃんはどんどん太り

性格も良いので患者さんの間で アイドルになりました

Iさんも 多摩川のワンコの飼い主Sさんも 何度か病院に会いに行ったそうです

待合室から診察室までガラス張りですので お外からも見えるのです

そのような事があり Iさんは金木を覚えて下さっていたようです

今日は偶々 飼い主のSさんの所へ遊びにいらしていたそうで

本当に偶然にお会いすることが出来ました

Iさんは律儀な方で あの時にタマを引き取って下さったんで

今があります 本当に感謝してます と何度もおっしゃいました

他の二名はTBSの取材の方でした

いつかまた放送されるようです 視聴者に一石を投じられるような

番組に仕上げてもらいたいものです

 

団体をドネーションサポートして下さっている
公益社団法人アニマル・ドネーション
さまから ご寄付に関するお知らせです
幸せを待っている動物たちのために
是非拡散ご協力をお願い致します
 
*ーーーーーーー--*ー-ーーーーーー*ーーーーーーーー*ーーーーー-ーー*
★2.スマイルツリークリスマス 拡散くださいませ。
本年度で4回目の写真投稿寄付です。
開始1週間でかなりの数が投稿されております。
(この瞬間で、、投稿数 16940件 寄付金額 169,400円分)
http://www.green-dog.com/shop/event/xmas2016/

 

 
一頭でも多くの犬・猫と人が幸せに暮らせる社会をつくる。その願いを込めて、たくさんの犬・猫と人の笑顔でクリスマスを飾ろう!Smile Tree Xmas(スマクリ)は殺処分ゼロを目指すチャリティ寄付イベントです。

 

ご寄付は株式会社カラーズ(グリーンドッグ)さんから拠出されます。
ぜひ、みなさまのスタッフ、支援者様などに告知いただき
拡散願えますと大変によい拡がりになると思います。
何卒ご協力のほどお願いいたします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【動物のためのオンライン寄付サイト Animal Donation】
公益社団法人アニマル・ドネーション
〒107-0062 東京都港区南青山2-15-5 FARO1F
TEL:03-4405-7667
HP:http://www.animaldonation.org/
 
キモチをカタチに。 動物のためにがんばる団体を支援できる 「日本初」動物関連限定のオンライン寄付サイト


E-mail:info@animaldonation.org

 

多摩川のワンコたち

テーマ:

この現場でずっと心配なのは 犬の咬傷事故です

咬まれた犠牲者も今年 分かっているだけでも3名 出ています

飼い主は甘噛みだと言います

その割には大変な傷を負われています

甘噛みであろうと 歯を当てる行為自体が 飼い主の監督不行き届きになります

咬まれた方々は 愛護センターや警察に自分が申し出ると 犬たちが処分をされると

勘違いをしてしまい 我慢をして下さっていました

このままですと 犬たちはどんどん野生化をしていき今後も

増々 事故を起こすと思われます

 

 

 

以前にあった例ですが 丁度この子たちと同じくらいの小型犬に咬み付かれて

傷が神経に達してしまい右手が麻痺をしてしまった方が

いました その時には 保護をされた方ご自身が事故を負いましたので

他には影響は及びませんでしたが 迷子犬保護の優しいお気持ちが

すっかり裏目に出てしまい 大変にお気の毒な事になってしまいました

 飼い主に治療費の支払い能力さえ望めない多摩川の子たちの場合には  

どこの所管が責任を取ってくれるのでしょう?

事故が起きてからでは遅いのです

飼い主の責任が問えない限り

早く保護をしないと すべてがこの子たちの罪になってしまいます

法治国家が 法を守らない人を守っているという現実を

どのように理解したら良いのでしょうか・・・

自分たちの活動の不甲斐なさを 詫びながらこの子たちの面倒をみています

 

 

 

 

 

 

多摩川のワンコたち

テーマ:

多摩川のワンコたちですが

先日 ニュースで取り上げられたそうです

残念ながら 画像は入手できませんでしたが

スタッフが調べましたら

下記が表示されました

http://p.jcc.jp/news/11614413/

飼い主の定義は 犬は群れで暮らす動物なので 一匹だけで飼うのは 虐待だと言います

@確かに群れをなしますが 家族と一緒にいる事で自分も群れの一員として 安心をして暮らします

そのような理由もあり 必ず室内での飼育が譲渡条件のひとつになっています

また別の定義は 首輪を付ける事が虐待と言います

@然し首輪をつけると 自分が飼い主に守られているという心理から安心をします

犬たちの健康状態ですが ほとんどの子が尿路結石で有る事以外にも 真菌の疑いがあり

血が出るほど掻いています 痒くて眠れないようです

 

(この子は全盲です 放しても他の子のように 走ったり遠くへ行くことは

出来ません)

また散歩に行かないので 一度脱走をすると 戻りたがりません

その子へのお仕置きとして 鉄アーレーを投げつけたり 鍋などで打ちますが

フライパンが一番効くと言い放っています

行政の力の及ばない 暗闇の果てで

病気にされて どんなに痛みに耐えても 「いつか」という言葉はこの子たちにはありません

この子たちの叫びは何年も前から行政に届いています

それでも助けてもらえない子たちが

ストレスも最高に達し 他の子をいじめる・・・

激しい負の連鎖が続いています

金木は不思議で仕方がありません

ここは一体どこの国なのでしょうか・・・?

本当に今 私たちが住んでいる現代なのでしょうか・・・?

 

多摩川のワンコたち

テーマ:

一日遅れてのご報告です

昨日 沢山の腎臓サポートや缶詰め バスタオルや毛布などを

多摩川のワンコたちに届けてきました

干しておいたバスタオルが朝方までの雨で

びしょびしょでした 新しい敷物を沢山 ご支援いただいたので助かります

 

 

ワンコたちは時々 入れ替えをされていて

今日は狭いケージに3匹もの子が詰め込まれていました

どういった事情によるものか 飼い主と会えませんでしたので

分かりませんが 狭いケージから出たくて仕方がありません

 

(ケージの奥に小さくなってもう一匹 いました)

心的ストレスからの解放も 環境省の5つのフリーダムの項目に

上げられているのですが このような現場で実行をされる事はありません

日本国中に数えきれないほどの同じような現場があり

どれほどの子たちがこんな目に合いながら命を閉じるのか・・・

誰もが可哀想と思っています 何とか助けたいと知恵を絞っています

深夜までスタッフ会議や電話会議を行っています

ですが全てを遮っているのは法という厚い壁です

動物愛護センターでは犬は個人財産に当たるので 引き取りは出来ないそうです

国土交通省では人が住んでいる限り 強制撤去は出来ないそうです

法とはいったい誰のためにあるものなのか 何を守るものなのか?

この問題に対して皆さんが 口をそろえて仰る事は

「じゃあ 誰がどこに家を建ててもいいの?」

@良い悪いではなく 東方西方あちらこちで出来てしまっている現実があります

結局 法と道理は全くの別物なのです

空っぽのケージと どこか重なる想いがしています

 

 

 

今日は午後から 小田急線の新百合ヶ丘にて 街頭募金活動を行います

午後2時から4時までの予定です

皆様ぜひいらして下さいませ