きっかけ

なかなか不倫関係をやめられない人ってけっこう多い。

そのほとんどの人が
今のままでは幸せになれないことを知っているんだけれど別れられないでいる。



恋は自分を知り、磨いて行くきっかけ。。。

そう考えてみる気があるならば
その付合いの動機やその人に自分が何を求めているのかについて
しっかりと分析してみることをお勧めします。



良くあるパターン

結婚願望はあるけれど、それ以上に結婚に対する恐怖感や男性不信が潜んでいること。
ほとんどの人が気付けないままに、一人ではいたくない思いをまぎらわせているようです。


結婚している人と付きあえば、いつ別れが来ても仕方ないし、相手のことをあまり気づかわなくても何とかやって行ける場合が多いからね。これで自分に対する言訳が出来る。

日常の生活の中で、相手の素の部分を見なくてすむし、いざとなれば『まともな結婚をします!』と言って別れるのも簡単なわけだから、自分へのリスクは少なそうに見える。



鑑定にみえるお客さまで『うまく行けば奥さんと別れて一緒になってくれるかもしれない』と思っている人は意外と少ないです。
本当に好きになれる人が出てくるまでとか、自分を大事にしてくれる人が出てくるまではここにいたいと思っているのね。


でも、そうしている限り、その人はなかなか幸せな結婚は出来ないよ。

恋と違って結婚は毎日の生活を共有して支え合うものだから、お互いがお互いの人生に真剣に手を差伸べ、良い時も悪い時も素直に向い合う必要がある。

もちろん、不倫と呼ばれるお付合いの中にも、夫婦以上の強いきづながあって、幸せにいたる人もいるけれど、それはごくまれな事。

まず、相手が家族の不満を口にしていたら、あなたは不満のはけ口になっている可能性を考えた方がいいです。恋は盲目と言うから、こんなことを言っても、「私たちは違います!」って言われそうだけれど、彼はあなたの何を愛しているのでしょうか?

「彼の為なら、それだけでいいんです」と言う献身的な方もいらっしゃるでしょう。しかし、彼はそのあなたの行為をお互いの幸せにつながるように生かしてくれているでしょうか?そして、あなたは本当に代価を求めずにその人に尽せていますか?

見極めも難しいですね。決めつけるわけには行かない。。。


しかし、もしその関係が本物の愛に基づいて結ばれていても、奥さんや家族に対する後ろめたさは付いて歩くのです。寂しさや虚しさをぬぐい去り、明るく前向きに暮して行くのはなかなか至難の業。



結婚に対する恐怖感や男性不信


話は前に戻るけれど、多くは結婚に対する恐怖感や男性不信に基づいています。

結婚して、家庭を持っても自分はうまくやって行けないのではないか?

これは、家庭環境などで結婚に対する不信感が心のどこかに染付いていることが多い。いい結婚生活のイメージが無いわけです。だから、幸せになれる気がしてこないのだけれど、一人ではいたくない=結婚しなくてもいい関係へ!

男性不信の場合は、どこかで男の人を信用していない。この場合は、母親が父親とうまく行ってない家庭で育っているとかなり潜在意識に染付いています。それでも、やっぱり一人ではいたくないから結婚してる人を選ぶ。

ほとんどの人がこのパターンに収まってしまうようです。



せっかく、新しい恋を見つけて、素敵な独身男性が目の前に出てきても、根底にある自分の思いに気がつけないでいると、一歩踏出す勇気を失ってしまうことも多いから、しっかりと自分を見つめてみてくださいね。




AD
せつなさが胸をよぎって行きました。



この感覚は恋してる時に似てる…



重苦しい思いでもなく

悲しい思いでもなく



どうにも出来ないもどかしさとでも言うのでしょうか。




思いの重さについて時々語っているけれど

『せつなさ』にはあまり重さを感じない


あきらめや懐かしさ

異る思いがついてるけれど

そこには執着が無いからでしょうか?



みんなはどんな時にせつない思いをするんだろう




AD
いいことばかりが恋じゃない。
恋すると時に人は傷つく。

一生懸命になればなるほど
うまく行かないなんて
なぜなんだろうね。

他の人なら気にならないことが
ものすご~く気になって
言葉が言葉にならなかったりするけど

やっとの思いで投げかけて
それがどんなに愛にあふれていても
届かない事だってある。

傷ついて「もう二度と恋なんてしない!」と
いったいどれだけの人が
そう思ってきたことだろう。

それでも人はまた恋をするんだよね。

傷を癒し、新たな希望を胸に抱き
傷つくことを恐れながら
それでも次の恋を探しに行く。

なぜなら恋は学びの場だから
恋を繰返し、人は成長できるから。


泣いたり笑ったりしながら
何度でも恋しよう。

本当は、恋はあなたを傷つけないのだから。


AD

恋の季節

テーマ:
牡牛座にビーナスが訪れて恋の季節がやって来たよ!



花が咲乱れ、誰もが恋をしたくなる



春は発展の時

恋して、新しい自分を育てて行く時



あ~☆彡

素敵な恋やって来い~





恋に恋して何が悪い <(`^´)>
kさんは心配性です。

人の前では、なかなか自分の良さが発揮できない人。

特に相手が好きな人だと もう心配しか頭の中になくなってしまう。



「こんなことしたら、嫌われるかな?」

「どうしたら好きになってもらえるんだろう…」

「私は話すのが下手だから…」

「もっと可愛い子が好きなんだろうな…」

「私はちょっと太ってる…」

                 などなど…


いろいろ自分のことばかり心配して、考えてしまう。。。。。

結局、相手が自分をどう思っているのか分からないまま別れてしまいました。

それも、自分一人で結論を出して…


恋するとけっこうよくある話ですね。


さて、このままで次の恋はうまく行くかしら?

もちろん答はNo!

神様は何か教えたくて、また同じような恋に導くわけなのね。


こんな恋をしてしまったら何を学といいのでしょう?



「自分に向ける意識を相手に向けること」



その時の気持が誰に向っているか、よく考えてみて下さい。

たいがいは、相手を思っているようで、その時の自分のことが気にかっかていたりします。

自分の嫌なところとか、苦手だと思っていることなどが、意識の中で大きく場所を占めているのでは?

人間関係を良くするためには、相手の存在に意識を向けることは欠かせませんね。

苦手な人はたくさんいるけれど、恋人は別だと思っていませんか?


   恋人だけは自分を分かってくれる。

   恋人だけ分かってくれたらそれでいい。

   そんな恋人がほし~。



???



自分はそれでいいかもしれないけれど、恋人は幸せかしら?

恋人のことをどれだけ分かってあげているのでしょうか。

全くの一人で生きて行ける人はいませんよね。

直接、間接的にたくさんの人の中で生かされている。



好きになった人の為に 自分に囚われるのをやめて

相手を知り 相手がどうしたら喜ぶかを探してみませんか?



自分の幸せは

他からやって来るんです。