となりには犬

ミニシアターの映画とか お笑いライブとかの感想 と日常徒然


テーマ:
~~あらすじ~~
売れないグラビアアイドル・如月ミキが自殺して1年が経つ。
ある空き部屋に、彼女のファンサイトの常連である5人の男が追悼会に集まった。
家元(小栗旬)、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出恵介)ら5人は、それぞれの自慢の如月にゆかりのある品々を元に思い出話で大いに盛り上がるはずだった。
だが、「彼女は自殺ではなく、殺された」という言葉を引き金に、事態は思わぬ展開を見せ始める。
公式サイトはこちら

舞台っぽい!
室内で話が展開していくところとか、台詞まわしとか、登場人物の入り方とか、前半は特に「舞台」で動いているかのようでした。
段差のあったり、こまごま動きやすそうな室内も、いかにも舞台らしい。
あ、きっと舞台ではこーいう感じなんだな、っていうのがありありと想像できるような。
笑えるところが随所随所にあって、最後はちょっとほろっとくるところも、舞台っぽい。

私は、そんなお芝居が好きだったさ。
だから、この「キサラギ」ももれなく好きになりましたさ。

アイドルを偲んで集まったわけだから、序盤はさぞ「オタトーーク」かと思いきや、わりとすぐに「犯人はこの中にいる!」ってながれになってました。
が、それでも彼らのキサラギに対する愛情は十分わかった。
むしろ謎解き中の方が、「どれだけ如月ミキが好きか」がよくわかった。

実は小栗旬てそんなに男前だと思ってないんですが(てめえの好みじゃないだけです。む、立派な暴言かこれ)
今回一番笑えたのは彼でした。途中で、かわいそうだ、と思っちまったのでな…。


ちょっとネタバレな感想ですが、集まった5人の男たちは、それぞれ異なる意味で彼女に愛されていたんだなー、と思います。
そんなにたくさんじゃないけど、これだけの人に愛されて、それぞれに対してそれぞれの愛情を示した如月ミキは、きちんと「アイドル」していたんじゃないかと思う。

久しぶりに、たくさんの人に「おもしろかったから、今度みてみて!」って言いふらしたくなる映画だと思います。 パッと見た目以上に、アクはないですから。

【鑑賞場所:渋谷シネアミューズ】
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

アリさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。