1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-11-02 16:25:40

すでに冬支度?

テーマ:建材営業所
10月の下旬、ある大学に除雪機2台を納入させて頂きました。
実は、昨年春頃よりお問い合わせをいただいており、雪の降る時期が来る前に無事に納入できました。


除雪機


納入した私共が言うのもなんですが、この除雪機は小型で優れものです。
除雪機というと、雪国にあるごっつい機械を想像しますが、この除雪機は重量も60キロと軽量で、操作も扱いしやすい。
かと言って毎年ドカ雪が降るとは限らない、そんな地域には打って付けの除雪機かと・・・。 

大学などは受験シーズンが雪シーズンですね。
大きな敷地をスコップで・・・は大変です。納めながら私も欲しくなってしまいました。
しかし、残念もう在庫はありません。メーカーが除雪機を作るのは夏。しかも、予約販売でほぼ在庫はなくなってしまうそうなので、検討は来年以降にするとしましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-05-15 14:54:32

建材市況 鉄筋や生コンや・・・

テーマ:建材営業所
あれほど足りない、足りないと言われていた「鉄筋工」が余り気味だとか。
原因は、もちろん住宅投資の落ち込みもあるが、工法の変化にあると言います。

鉄筋工が足りないということは、鉄筋コンクリート造の構造物を作ろうとすると、工期が間に合わない。
無理して作業員を集めようとするとコストがアップする等々問題が生じます。
そこで、無理して鉄筋コンクリート造ではなく、設計変更して「鉄骨造」へシフトする動きが広まりました。

すると、建築材料にも変調が。
鉄骨造にするということは、当然のことながら鉄筋も少なくて済み、生コンクリートも少なくなります。
需要と供給のバランスから、鉄筋や生コンの需要が下がれば、価格も下がる。

難しいものですね。

今後、鉄筋工の人繰りに余裕ができれば、再び鉄筋コンクリートの構造物は増えていくでしょうが、建設需要自体の回復はどうなのでしょう。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-12 20:35:29

エクステリアエキシビション2015

テーマ:建材営業所

エクステリアの見本市、エクステリアエキシビションにスタッフと共に行ってきました。
これは、日本を代表するエクステリアメーカーが一堂に集う、日本最大級のエクステリア専門展示会です。





今回は、結構充実した出展数でして、おもしろそうな新商品も多数展示されていました。
特に、建築リフォーム業界同様、既存の商品のデメリットを違う切り口の素材を利用してメリットとして表現している。
例えば、15年程前でしたらウッドデッキといえば「レッドシダー」。
いわゆるベイスギでした。
お手入れをしないと、5年から10年で見るも無残な朽ち果てた姿に変ります。
でも、木の香りと風合いに魅せられて、随分と多くの現場を施工させて頂きました。

デッキだけではありません。
塀であったりフェンスであったり、木製は随分と普及しましたが、きっと今頃は・・・

シコクも三協もリクシルも、暖かな木目の表情を忠実に再現した「ラッピングアルミ材」がメインです。
この素材、メンテナンスフリーで腐らず長持ちです。

タカショーにおいては、アルミ複合板のボードなどは、近くに行って見てもそれとは気づかないほどです。
私が一線で現場の施工管理をしていた頃と比較すると、目覚しい技術の進歩ではないかと思います。

エクステリア・・・
また改めてのめり込みたくなりました。
CADで図面書いて、お客様に提案したくなりました。
エクステリアCADのブースに行き、レクチャーしてもらったのですが、今のCADの操作は至って簡単。
多分、CADの操作を全く知らなくても、外構やエクステリアの現場の知識が、ちょこっとあるだけで描けるのではないでしょうかね。
これだったら、一日に何プランも提案できそうですよ。

私が使っていたのは、15年も前の古いベクターワークスをエンジンに使ったCAD。
外構図面をパースまで描くと、丸一日かかっていました。。。
レンダリングを行うと、PCがフリーズしたり、明日の朝まで時間がかかったり・・・(笑)

また、設計・・・デザイン・・・してみたいな。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-03-17 19:03:39

イオンが庭造り

テーマ:建材営業所
3/17日付の日経新聞の見出しです。


イオンが庭


あのイオンが、今度は庭の業界にまで触手を伸ばしてきました。
消費者の庭造りを定額で請け負うサービスを始めるのだそうです。

大手には大手の戦略があると思うのですが、手当たり次第という感じですね。
大手には強者の戦略・・・大きな市場で圧倒的なシェアを確保するのが王道です。
庭のような、小さな市場でどんな得があるのでしょう・・・

確かに新聞には、「スーパー事業は物販部門が苦戦しており、新サービスで都市部のガーデニングの潜在的な需要を掘り起こすと共に、消費者の自宅とのつながりを強め、伸びが期待できる省エネを中心としたリフォームの需要も取り込む」とありますが、大きなリフォーム市場を取り込む布石に「庭」を扱うだなんて・・・何かおかしくありません?

庭工事は、手間が掛かります。
そして、数十万円から百万円程度の請負価格です。これを専業としている業者は多数ありますが、我々も含めて少人数で経営している会社ばかり。
そこに大手資本がどかっと入ってきて、荒らすだけ荒らして、儲からないと見るや「さっ」と引いていくのでしょうね。嫌な感じです。

私達は中小零細だからこそ、お客さんの要望やニーズを丁寧に聞いて、理想の庭造りをお客さんと一緒に実現させていく事ができます。
かゆいところに手が届く施工が出来るのです。
連合体で自信を持って立ち向かって行きましょう!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-12-28 16:34:52

どうなるんだ?建材屋

テーマ:建材営業所

将来有望な業種ではない事は重々承知ですが、未来がない仕事を続ける事のストレスは計り知れません。




ここ数年、毎日のように叫ばれる建材の出荷減だの、値下がりだののニュース。

新聞記事には、そうなった理由がこれみよがしに書いてありますが、果してどうなのか。

私は、構造的なものだという気がしてなりません。

だって、職人不足で困っているなら職人さんの常庸手間も、有り得ない程うなぎ上りなのでは?

それに、仕事が詰まって詰まって仕方ないのでは?

腕が良く忙しい職人さんは、いつの時代も忙しいものです。

職人皆が忙しかったら、左官屋さんがブロック積んだり、タイル屋さんが基礎やったりしないでしょう・・・

鉄筋工が足りないほど、仕事があるのなら、鉄筋の値段も下がらないでしょ。鉄筋工の手間、1日2万5千円位取れるようになるでしょ。。。


しかし、現実にはそうなっていない。


もう、バブルを知っている人は、あの頃を夢見てはいけないのです。

二度とあんな時代は来ないのですから・・・

毎日お金が湧いてきたような時代ですからね。


一倉定に言わせれば、限界生産者あるいは、限界商品を扱う事は、倒産にばく進中ということですね。

気をつけねば。。。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-06-27 17:42:41

自販機設置しました

テーマ:建材営業所
6月25日、水曜日。
我が林建材(株)勝田台営業所にキリンビバレッジさんの自動販売機が設置されました。


自販機1



自販機2


相沢さん、送ってもらった画像ピンボケやん・・・(笑)

店入口の設置ですので、置き場から入ってくる職人さん達は気が付かないかもしれませんが、全品20円引きですよ。
100円の水やスポーツドリンクもありますよ。

現場に持って行ける様、レジ袋もご用意しております。
店内にありますので、遠慮なく所員にお申し付け下さい。

昔々、当社には自販機があったんです。
私が小さな子供の頃ですから、数十年前の事。
聞いた事が無いブランドの自販機でしたが、親父が良く買ってくれたの思い出します。
子供の頃だから、コーヒーとか苦くてね・・・(笑)

自分の店に自販機あったら面倒臭くなくていいのにな・・・
現場に行くとき、ついでに缶コーヒー持って行けたらいいのにな・・・
の思いが、今回キリンビバレッジさんの協力のお陰で実現しました。
儲けるために設置したわけじゃないので、利益度外視の20円引きに設定した訳です。
近くにコンビにもありますし。

電気代くらいは稼げるように、得意先の職人の皆さん!通りがかりの通行人の皆さん!ご協力宜しくお願いします!!
あ、それとなんと申告してくれたら、キリンビバレッジさんから領収証も発行されるそうです。(時間頂きますけど)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-06-09 15:59:34

建築用ブロックの値上げ

テーマ:建材営業所

年度末から今までに掛けて、様々な建材の値上げが発表されました。
さらに、ここへ来て建築用ブロックの値上げの連絡が来ました。

原材料、諸資材価格の高騰に伴う建築用ブロックの価格改定のお願い




確かに原油価格も高止まりしていますし、原料でもある骨材の値上げもありました。
これ以上は、自助努力だけではどうしようもないのだと思います。

弊社も仕入先の価格改定に伴い、7月1日よりコンクリートブロックの価格を改定させて頂きます。
誠に心苦しいのですが、今後は今まで以上のサービスの向上をお約束いたします。

私達、卸・小売業者は、商品を仕入れて販売するものですから、メーカーのように商品の品質で勝負できません。
唯一、お客様に喜んでいただくところは、どこにも負けないサービスを提供する事だと認識しております。

ご不満な点、誠意をお示しできていない時には、ご遠慮なく私にご連絡下さい。

千葉県のリフォーム・外構エクステリアと建材ショップは
建材通販とリフォーム・エクステリア専門店はTOTOグループ協力店の林建材
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-01-23 12:43:46

外構工事の現場

テーマ:建材営業所
船橋市で施工している外構工事の現場です。
本日は、型枠ブロックの基礎を築造する為に掘削した埋め戻しをし、コンクリートを打つ工程です。

生コン 


勾配があるので、職人さんも、生コンに気を使いながら打設しています。
もちろん、コンクリート下にはワイヤーメッシュを敷設しています。

帰りがけ、こんな大きなお地蔵さんを見つけました。
地蔵 


船橋市飯山満町です。
地蔵尊 


ゆるぎ地蔵尊

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-07-10 18:01:18

残コン

テーマ:建材営業所
皆さん、「残コン」てご存知ですか?
現場で打ち込まずに残ったコンクリートや、生コン工場に戻されるコンクリートのことです。
残コンですから、残痕という意味もあるのかも・・・

これ、以前から勿体ないな・・・とは思っていました。
でも、現場の都合で致し方ないとも・・・
現場では、場合によっては、計算よりも多めに生コンプラントに依頼して、最終的に残す。
ということもあります。

これは、生コンが生もので、現場でもし足りない・・・なんて事態になった場合、どうにもならなくなるからです。
次の日に打ち足すことも出来ないし、その場ですぐコンクリートを作ることも出来ない・・・
だから、我々施工者は少し多めにプラントに依頼するのです。
これが、計算どおりピタッと収まると気分も良いのですが。

今迄は、生コンを配送してきたミキサー車が、そのまま残りをプラントに持って帰って処分していました。
しかし、今後この廃棄分のコンクリートの引取りが有料になるというのです。



東京、神奈川の生コン協組が10月受注分から開始するようですが、ゼネコンは負担に応じますでしょうか。
今迄は、この残コンを再生砕石に転用して販売していたところも多くあるのですが、そっちの価格はどうなるのか?
販売店でもある私共も、ちょっと注視していこうと思っています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-06-04 13:20:59

盗難にあう

テーマ:建材営業所
    今朝2時半頃、セコムから「車輌盗難の恐れあり」と電話がありました。
    場内の防犯センサーに多重感知があり、警察に即通報し、警察先着するも人影なく門は開いている状況です。。。。と。
    
    早速、営業所に行ってみると・・・
    稼ぎ頭の4tダンプ車が、いつもあるところになく、見事にやられました。
    それにしても、発報2時2分、八千代警察現着2時6分。なんという早業。
    
    当営業所にセンサーがあることを知っており、センサーが無い側から侵入し、エンジン直結にて始動した後に大慌てで逃げた形跡があります。
    逃げる際、センサーに感知されましたが、目撃者によると信号を無視して猛スピードで走っていったと。
    
    実は1年ほど前、盗難未遂事件がありました。
    きっと、この輩と思われます。
    貴様、見つけたら承知しない・・・

    というわけで、僅かな望みを託して盗難車輌を公開いたします。
    どこかでお見かけの場合、お手数ですがご連絡頂けると幸いです。
    
    
    
    ご連絡先
    林建材株式会社
    047-472-2075

    代表取締役 林弘行の携帯
    090-5506-2838
です。
    コンテナで外国に散らかされてないことを祈ります。。。
    何卒宜しくお願い致します。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。