2013-02-11 13:51:20

センター試験

テーマ:ブログ

大学受験シーズンですね。

今年のセンター試験では、参加大学・短期大学が840校と過去最高を記録したのだそうです。

志願者数も573,344人と前年度より17,807人増加。現役志願率も42.1%と過去最高になりました。

センター試験て一体何?と思っていたのですが、私達の時代の「共通一次試験」みたいなものなんでしょうね。
でも、共通一時は国公立大学のものでしたから、私大受験者も受けるセンター試験とは趣き違うのでしょうかね。

ただ、最近の受験生には、経済状況の悪化などから、学費の安い「国公立大学志向」があり、特に理系を希望する場合は、学費負担の大きい私立大学を避ける傾向があるのだそうです。

私にも、短大卒業した長女と、現在私大2年生の息子がいますが、大学にかかる費用は半端じゃないですからね。
お父さんの小遣いも減らされるわけです(笑)

また、最近は生活費や通学費を考慮した「地元志向」もうかがえます。現役で地元大学への進学を希望する高校生が増え、浪人してまで
大都市圏の有名大学を目指す若者は減ってきているようです。世相や経済状況を敏感に反映しているようですね。

長女も千葉市の短大、息子は習志野市の私大。本当に親孝行です。
息子の友達には、通学時間2時間もかけて通ってくる子もいるそうです。
1限目の授業が9時始業だから、どんなに遅くとも朝7時前には家を出ないと・・・
大変です。
それでも、アパート借りて、仕送りするより安上がりなんでしょうけど。。。

次女もあと2年で大学受験ですが、孝行娘でしょうか?
やはり、語学の勉強したいんだろうな・・・
お父さん、頑張ろう!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-02-04 15:42:47

「相続」子供に家は残せるか?

テーマ:不動産部
    自民党から発表された税制改正大綱で、相続の際の基礎控除が大幅に縮小されました。
    2015年からの基礎控除は、「一律3000万円+法定相続人1人当たり600万円」ということになりました。
    なんと、従来の基礎控除額の6割に縮小されたことで、課税対象者が増加することになります。
    
    
    
    今回の改正で、相続は資産家だけのものではなく、都市部に持ち家があれば、普通の家庭でも準備が必要になります。
    納税の為に、自宅を売却しなくてはならない場面も増えていくことでしょう。
    「私たちは、子供に家を残せるのでしょうか・・・・・」
    
    親が住んでいた宅地の評価額を、相続時に最大8割減らせる「小規模宅地の特例」も親と同居していることが条件です。
    自分の子供たちを親の養子にすることも、大事な相続税対策。
    うちは、嫁と子供で4人。いずれ家族全員で受け継いだものを守る為、検討しないといけないのかも知れません。
    全く他人事ではありませんね。
    
    
    また、祖父母が孫に渡す教育資金の贈与税は1500万円まで非課税にする制度が創設されました。
    教育資金の非課税制度は、若い世代に資産を移転し、消費を活発にするのが狙いで、祖父母が金融機関に孫名義で口座を作り、将来の教育資金を一括して拠出した場合に贈与税を非課税とするものです。
    25年4月から27年末までの時限措置ですが、活用できそうじゃないですか?
    
    相続税・・・関係ないと思わないで勉強した方が良いですよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。