1 | 2 次ページ >> ▼ /
2011-11-27 09:58:23

住まいへのニーズアンケート

テーマ:不動産部
不動産ポータルサイト「アットホーム」が行った「20から30歳代サラリーマン・OLの生活実態に関する調査結果を掲載します。
ちょっと面白いアンケート結果もあったので非常に参考になると思います。

Q:現在のお住まいはバス・トイレ別室ですか?
これは、82.3%がYES。
現在同室の方に「別室の方がいいか」をきいたところ、63.2%が「はい」と回答しています。
やはり、今はどうしてもバストイレ別が。

Q:入浴をシャワーだけで済ますのは週平均何回位ですか?
4割が7回。毎日です。しかし逆に6割の人が毎日入らないのだな。
じゃ、バスタブは必要か?の問いには?「必要」が76.7%に上りました。

Q:室内洗濯機置き場はありますか?
「ある」が79.7%。その洗濯の頻度は、男性が週2回、女性が週3回が最多でした。

Q:キッチンコンロの数は1口ですか?
一人暮らしでも、7割を超える方がなんと「2口以上」ある部屋に住んでいることが分かりました。
1口のみの方でも、約6割が「2口以上ないと不便だ」と答えています。

Q:自炊は週平均何回位ですか?
男性が、週平均2.8回、女性が3.4回だそうです。しかも男性の1割は毎日自炊しています。
みんな、偉いな。

Q:オートロックですか?
現在オートロック付きの物件に住んでいる方は、全体の36.5%。
中でも、20歳代女性は約半数です。オートロックがない方も3割近くが「必要」と答えています。
やはりセキュリティは重要なのか。
しかし、面白いのが、オートロックでない方に、「オートロックは必要か」と聞いたところ「どちらでもない・いいえ」と答えた人が全体の8割以上いたのはびっくりしました。
否応でも、なんとしてでも、どうしても必要な設備ではないのかな?

と、まあ、データではこんな感じでした。
「思い込みとは少し違うな」と思う人もいるのでは・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-11-26 13:53:34

修繕費の取り扱い

テーマ:不動産部

アパートやマンションなどの賃貸住宅。
近年の空室増に伴い、入居者に魅力的なお部屋を作り差別化をはかり、他物件との競争力を高めるためにさまざまな工夫をされていると思います。
今回は、確定申告で空室対策などのリフォーム費用をどう処理すれば良いのかが、賃貸住宅新聞の記事にありましたのでご紹介します。

まずは、税務上、建物などの修繕費用については、「修繕費」として一度に経費計上できるものと、「資本的支出」として資産計上し毎年、減価償却費を計上するものとに処理が分かれます。
できれば、修繕費として一度に全額を経費計上したいところですが、両者の判定は難しいところもあり、税務調査の際に修繕費としての処理が否認される場合もありますのでご注意下さい。

まずは、「資本的支出」
その支出により資産の使用可能期間が増加されるものです。
例えば、避難階段の取り付けや外壁を従来のものからタイル張りへバリューアップするような場合です。

また、「修繕費」とは
その資産の通常の維持管理のための費用や原状回復のための費用などがあげられます。
例えば、少額(20万円未満)、またはおおむね3年以内のもの。
前記に該当せずに、資本的支出か修繕費の判定が明らかでない場合には、60万円未満のものまたは前期未取得価額の10%以下のもの。

また、修繕費となる通常の維持管理のための費用としては、
1.家屋または壁の塗り替え
2.床や瓦の既存部分の取替え
3.畳の表替え、障子・クロスの張替え
などです。

このように、賃貸住宅をリフォームした場合には、その工事支出の金額や周期、目的などにより「資本的支出」か「修繕費」かを個別に判断していくことが必要になります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-11-25 13:29:03

北習志野に駅ビル

テーマ:ブログ
地元には馴染みの深い「新京成電鉄」。
この新京成の「北習志野駅」に2012年夏、駅ビルが開業されることになりました。

北習志野.jpg

北習志野駅は、日大前駅ができるまでは、学生が多く乗降する駅として栄え、東葉高速鉄道ができてからは東葉高速「北習志野駅」を併設し、ベッドタウンとして利用者が急増していました。
少し前から、すでに駅ビルの工事は着工されていて、一昨年取り壊した旧駅舎の跡地に建設されています。
それでなくても、駅前は食料品店や飲食店、医療施設、医薬品店など施設が充実していますが、更に駅なかには約20店の店舗数の出店が予定されているそうです。
駅周辺の利便性は、更に高まることでしょう。
船橋市では、東部はこの北習志野地区が人気のエリアです。
文教地区ということもあり、閑静な住宅街が広がり、利便性もよく、土地の値段も安定しています。
お勧めのエリアです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-11-23 11:34:15

祝合格

テーマ:ブログ

末娘が、英検準二級に合格したようです。念願の二次試験クリアしたと大騒ぎです。
photo:01



良かったね~!


iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011-11-20 18:19:57

時は金なり

テーマ:ブログ

住宅を購入するときに必ず比較されるのが、小さいけど利便性がよく、通勤にも便利な物件と、緑が豊かで環境が良い郊外の物件。
双方ともメリット・デメリットはあるにしても、大きな違いはやはり物件価格。
郊外に建つ物件と同条件では当然都心に家は買えません。

しかし、全国で760万戸も住宅が供給過剰のこの国の様子を見ていると、これから住宅もどんどん利便性の良い場所しか取引されなくなるのでは?と思ってしまいます。
これからの郊外は、小売のチェーンの撤退など不便な場所になっていく兆候があります。
少し前まで、スーパーの積極的な郊外への出店で勢いのあった場所も、供給過剰になりつつあります。

企業も、福利厚生を圧縮したり廃止したりして通勤手当の上限が決められて全額払われなくなったり・・・
そして、何より亭主族は通勤時間が苦痛です。
以前どこかの雑誌に書いてありましたが、年収1,000万円の人は郊外に家を買ってはいけないと。
年に250日働いたとして、8時間労働として時給は5000円。通勤に3時間かけていれば、毎日15000円の無駄遣いだと。

確かに時は金なりとも申します。
15,000円分を他のものに使いたいですね。
ボーっと携帯見たり、運よく座れたとしても居眠りしたり・・・もったいない。
野菜が10円、20円安いくらいでは追いつかないです(笑)

わが街船橋市にも、私鉄最寄駅から20分以上歩く大手の大型分譲地があるんですが、分譲されて30年から40年経過しているので土地値は安値横這い。
やはり、不動産は利便性ですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-11-19 12:23:10

建設用鋼材の下落

テーマ:建材営業所
今度は下落?

建設用鋼材の下落.jpg

10月に引き続き、11月も鋼材の取引価格が下落しているという。
でも、今までが高かっただけでしょう・・・と思いますが。

まずは、中国の建設需要が落ち込んだことによる鋼材市況の低迷が原因といえます。
建設バブルの崩壊が近いのか。

当然、需要家のゼネコンも先安による買い控え。
我々のような流通業者は、その度に右往左往します。

中国の国内需要の低迷に輪をかけて、韓国の国内の供給も過剰だそうで、中韓メーカーの製品流入で国内メーカーも値下げへ。
それでも昨年の今頃の価格よりは、まだ5%以上高いです。

国際価格が国内でも影響する商品は、本当にいつも気にして仕入れしないと、お客さんに迷惑を掛けてしまうので注意が必要です。
少なくとも、来年の1月頃までは中国市場も低迷するらしいので、末端に価格が影響する時期を考えていきましょう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-11-16 22:18:41

来年の手帳

テーマ:ブログ

またもや、マンダラ手帳。
今度は、ブラウン。
photo:01




iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-11-16 16:54:21

賃貸住宅ミニフェア

テーマ:携帯より
会社経営って大変だ!-201111161651000.jpg

千葉で初めて開催されました?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-11-15 11:38:07

エコキュートの仕組み

テーマ:工事部
何気なく販売しているエコキュート。
オール電化住宅の給湯器として導入されることが多いですが、そもそもこの装置の仕組みについて、じっくり考えたことってありませんでした。

賃貸住宅新聞にタイムリーな記事があったので、まんま書きたいと思います。
一般的にエコキュートは、「空気中の熱を取り込んで水を温める」ということだけは良く分かってます。
しかし、空気を取り込んでどうして熱が出るのか?って思いますよね。

エコキュートの正式な名称は「自然冷媒ヒートポンプ」です。

エコキュートの仕組み.jpg

ヒートポンプとは、二酸化炭素などの冷媒が減圧されて低温になる状態と加圧されて高温になる状態を繰り返しながら循環してます。
給湯に利用する場合は、低温の冷媒を外気や水などと間接的に接触させて熱を取り込み、さらに冷媒をコンプレッサーで圧縮して高温にしてから、給湯用の水を温めます。
熱を水に伝えた後の二酸化炭素は圧力が下がるので、再び大気中の熱を取り込むことができるようになります。

しかも、コンプレッサーを動かすときに使用する電力は、割安な夜間電力を使い、タンクに貯蔵するため、電気代も安く抑えることができます。
これで、火を使わない給湯システムの出来上がりです。
ランニングコストも、ガス給湯に比べて6分の1ほどだそうです。

何から何までいいようなエコキュートですが、震災後に計画停電や節電などの環境での事情で人気に陰りが見えたこともありましたね。
やっぱりガスが強いって。

どちらにしても、ガス会社も電力会社も給湯器のメリット・デメリットを経済性や使い勝手で比較しています。
導入される際は、様々な部分を良く検討されてはいかがでしょうか?
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011-11-06 16:49:07

原状回復がもったいない

テーマ:不動産部

こうやって、繁忙期の際もなかなか空室が埋まらない部屋の多くは、大家さんが原状回復にお金を掛けたがらないのが、まさに現実の特徴です。

大家さんや管理会社から預かっている空室情報も、営業さんに実際に下見をしてもらった際、「こりゃ、案内しても決まらないな」と思わせてしまったらほぼ決まりませんし、案内も入ってきません。
にもかかわらず、家賃も下げず、初期費用もたっぷりでは、一生満室は無理でしょう。

近隣のライバル物件は、空室を避けようと、設備は入れ替える、クロスはお洒落なクロスが貼ってある、セキュリティも考えられている、初期費用も抑えられている・・・
なのに、賃料はお財布に優しい・・・となれば勝機はありません。

これだけ多くの物件が世の中に溢れているのですから、家賃を相場程度にしたくらいでそう易々とは入居が決まるわけがないのです。
仲介の世界の客付け会社は、成約しないと手数料になりません。
よって、少しばかりの広告料の差であれば、決まりやすい物件を優先的に案内してしまうのです。
リフォームも、退去者の敷金清算分だけでリフォーム・・・なんてケチったら成約しませんよ。
賃貸経営を商売と考えれば、入居者も立派なお客さんです。
お客さんが喜ばない商売は成り立つ訳がないんです。

お客さんが喜んでくれることは何か?
これを脳に目一杯汗をかいて考えてみること。
私達、業者自身も一緒に考えてみましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。