アレクサンダー・テクニークってなんだろう?

「体験しなくちゃ分からない!」って言うと身も蓋もないので、なるべく分かりやすい言葉で語ることにトライします。
でも本音は、、、「体験してね!」


テーマ:
こんにちは、今日は、アレクサンダー・テクニークはこんな感じで使えますという一例を書いていきたいと思います。

先日、大学の後輩のY君と話をする機会がありました。彼は鍼灸師で現在はスポーツトレーナーをしています。

しばらく話した後、アレクサンダー・テクニークは動きの習慣(クセ)をやめてもらうことで、その人の自然なコーディネーションを取り戻してもらうものだよ。と説明すると。

「それですよ、それが今、鍼灸院とかの現場で求められているものです。」と言われました。

どういうことかと尋ねると、針灸師や整体師など治療家は患者の痛みを取り除いてあげることは比較的簡単にできるけど、やはり、日常の習慣が変わらない限り痛みが再発して、何度も治療に来てもらうことになるとのこと。

そして、日常の習慣を改善するノウハウがあれば本当に治してあげられるのに。とのことでした。

それこそアレクサンダー・テクニークの出番です。

ホームページなどで「肩こり腰痛にいいですよ」とか書いてあるのでアレクサンダー・テクニークは治療だと思われることがあるのですが、実際は教育の範疇に入ります。

生徒に「自分でクセを変える方法を学んで変化をしていきたい。」という気持ちがあって初めてレッスンがスムーズに進みます。

「痛いので治してください」という受け身の生徒の場合は、来なくなるか、本当に学び始めるまで時間がかかることが多いです。このような人はまずは治療家のところで痛みを治してもらうことが必要でしょう。

Y君との話は治療家とアレクサンダー・テクニーク教師が連携すれば、すごくいい成果を上げられるんじゃないか。というところまで進みました。


次に、アレクサンダー・テクニーク教師とスポーツのフィジカルコーチや音楽の先生などとは何が違うのかということもお話したい思います。

アレクサンダー・テクニークは痛みや不具合を起こしている習慣(クセ)となっている動きをやめてもらうことで、自然なコーディネーションを取り戻してもらうというものです。

スポーツや歌、舞台などのパフォーマンスでは日常生活より高い負荷がかかるので、それに適したからだを作る為にトレーニングが必要です。また、専門技術の指導もその道の専門家が行う範疇に入ります。

つまり、アレクサンダー・テクニークだけで高いパフォーマンスを達成するのは不可能ということになります。

しかし、アレクサンダー・テクニークを使って自分のあり方を見直すことで、からだの変なクセがなくなり、より高いパフォーマンスを発揮しやすくなり、新たな技術の習得も早くなります。

アレクサンダー・テクニーク教師といろんな分野のプロフェッショナルの方がコラボレーションすることで患者、生徒、選手などによりよい効果を提供できる可能性を秘めていると思います。

実際、世の中にはアレクサンダー・テクニークを習得したい人よりも、アレクサンダー・テクニークを自分のやっていることに応用して問題を解決したいという人の方が多いと思います。

僕もいろんな分野の方と実際にお会いして、そこでは何が必要とされていてアレクサンダー・テクニークが何を提供できるのかということに興味を持っています。

「ふーん、面白そうだな」と思った方、ぜひ声をおかけください。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

高椋浩史(たかむくこうじ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。