アレクサンダー・テクニークってなんだろう?

「体験しなくちゃ分からない!」って言うと身も蓋もないので、なるべく分かりやすい言葉で語ることにトライします。
でも本音は、、、「体験してね!」


テーマ:
前回の記事で、アレクサンダー・テクニークで扱っている心身の使い方には


①頭と背骨が縮む傾向の使い方

②頭と背骨が伸びる(拡がる)傾向の使い方


の2種類があると述べました。


実は、この方向性というのは我々が微生物だった頃から脈々と続いているものではないかというのが今日のお話です。


微生物は 快、不快 によって行動が変化します。


食べ物、日光など必要な物、心地よいものがあると、その方向に進んでいこうとします。


逆に危険なものがあると反対方向に逃げようとします。


なんとなく僕の言いたい事が分かってきましたか?


そうです。その後、生物が進化するにつれて口のある方の端に目、鼻、耳などの感覚器官ができ、その反対の端にしっぽだったりヒレだったり、足だったりが出来ていきました。


そして、快・不快の反応は現在も残っていて、快の感情、例えば、安心、楽しい、好奇心をそそられる、愛されている、、、などの感情を感じると、背骨は伸びる、拡がる方向に動きます。


逆に、不快な感情、例えば、怖い、危険、憂鬱、不安などを感じると縮む方向に反応します。


一番分かりやすいのが恐怖反射、びっくり反射です。人は怖いと感じた瞬間に首をぎゅっと縮めて急所を守る体勢に入ります。


そして、安心、安全を感じると身体(頭と脊椎)が緩んでリラックスを感じます。


これは、同僚のアレクサンダー・テクニーク教師の田中千佐子さんから教えてもらった生物の進化を追体験するダート・プロシージャーなどをヒントに考えた仮説ですが、多分、そうなんじゃないかと思います。


我々の背骨に太古の昔、微生物の時代からの仕組みが組み込まれているなんてロマンを感じますね。


ということは、頭と背骨が拡がったり、縮まったりするのは自然な反応といえます。


ですので、自分の頭と背骨が縮んでいるからといって、すぐにそれを悪い事と受け取る必要はありません。


ただ、長期間それを続けると確実に不具合が生じますが(苦笑)


自然の中では長期間、縮め続けるということはほとんどないと思います。


危機が去って逃げれるか、食べられるかどちらかですからね。これはこれで厳しいか(笑)


一方、現代人で辛いのが、背骨を縮めた状況から逃げられないことが多いということです。


一日中座ってのPC作業、いつも時間に追われている、人間関係のプレッシャー、環境からのストレスなどなど


その場で命を取られるほどの恐怖ではないですが、本能レベルで不快、逃げたいなどの感情を生じさせるのに充分な刺激で溢れています。


いやー、いっそのこと全部放り出して、田舎でのんびり暮らせたらいいんですけどねー!


でも、そういう訳には行かない人が多いと思うので、意識的に頭と背骨が縮んでいるところから抜け出してみようというのがアレクサンダー・テクニークなわけです。 

 
これは脳の一番新しく発達した大脳新皮質にある前頭前野の抑制機能のお仕事になります。意識的にやめるということを可能にしている部分です。  

前頭前野が発達したおかげで文明が発達したんだけど、それによってストレス一杯の社会を作り出して、そこで上手くやるために前頭前野の抑制機能を使おうとしている。


うーむ、進化の最前線にいる?人間って面白い存在ですね(笑)
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさん” 習慣を変える、やめる”と聞くとどういう印象を持ちますか?


「頭では分かるけど、実際にやるのは難しい」という感じでしょうか。


例えば、ダイエットをしたいと思った場合、

・運動をしない習慣をやめて、運動をする習慣をつける。
・甘いものや炭水化物の取り過ぎをやめて、低脂肪高タンパクの食事に変える。
・結果がでるまで続ける。


ということができれば誰にでも目標は達成できるはずです。


でも、なかなか上手く行かずに挫折したことがある人の方が多いのではないでしょうか?


頭では分かっていても、食べたいという衝動(感情)にかられて習慣に負けてしまう。


習慣を変えいくことの難しさはここにあります。


アレクサンダー・テクニークで扱っている心身の使い方の習慣(クセ)をやめる場合にも同じことが言えます。


アレクサンダー・テクニークで扱っている心身の使い方は大別して2つの傾向に分けられます。


①頭と背骨が縮む傾向の使い方

②頭と背骨が伸びる(拡がる)傾向の使い方


このうち①の傾向の使い方が習慣(クセ)になってしまうと肩こり、腰痛、慢性痛、動作が上手くいかない、スムーズでない、などの問題が起こります。


反対に、②の使い方をすることでラクに効率よく動くことができるようになります。


というわけで、アレクサンダー・テクニークのレッスンで学んでいただくのは②の方向の心身の使い方ということになります。


簡単ですね。頭では理解していただけると思います。

 
ちなみに、②の頭と背骨が伸びる傾向の使い方と聞いて、「じゃあ、背筋をピンと伸ばしてよい姿勢を意識すればいいんだ!」と思った人、残念ながらハズレです(笑)


背筋を伸ばして良い姿勢を意識しようとすると、背骨が固まるという結果になることが多いです。 


ちょっと脱線しますが、西洋には”肩こり”という単語がないんだ、それは彼らが姿勢が良くて肩こりにならないからだ。というような文章を見る事がありますが、実は西洋の人達は腰痛で困っている人が多いそうです。


背筋をピンとはって一見良い姿勢に見えるのですが、彼らの身体の使い方だと腰に負担がかかって腰痛になることが多いようですね。


というわけで、②の傾向の心身の使い方には、背骨がしなやかに動ける状態でいるということも含まれることになります。


さて、話を元に戻しましょう。


アレクサンダー・テクニークのレッスンで学ぶことを理解するのはそんなに難しくはありません。しかし、自分でできるようになるまでにはかなりの時間と訓練が必要です。


それは、これまで慣れ親しんできた心身の使い方の方が、たとえ問題を生み出していたとしても居心地がよかったり、正しく感じるからです。


人は、「もうこれ以上このやり方では上手く行かない」とか、「痛くてどうしようもない」というところまでいかないと本当には変えようとは思わないことが多いですよね。


しかし、もうどうしようもないところまでいくというのは、その望ましくない動きを作っている神経回路がかなり選択、強化されてるので、その動きをやめて、新しい動きができるようになるためにはかなりの努力や意志力が必要な段階にいるということになります。


そして、人は大抵、この段階になって初めてなんとかしようとするので、習慣(クセ)をやめて、新しい動きを学ぶのが難しく感じるのです。


ですから、最初のうちはレッスンで上手くできても、日常に戻るとこれまでのやり方に戻ってしまうことは良くあることです。というか、最初はみんなそんな感じです。 





レッスンをしているとたまに「若い時にこれを知っていれば、、、」という感想をいただくことがあります。


実際のところ、若い人の方が早くできるようになることが多いというのは確かです。


例えば、ちょっと前にレッスンしたバレエをやっている高校生の場合、


もともと①の習慣がそれほどついていなかった。
バレエの練習を通じて身体感覚が発達していた。
②を練習すればバレエが上手くなるという確信が持てた。


という条件が重なり、1回のレッスンでかなりの変化を自身で作り出せるようになりました。


僕も正直なところレッスンしながら 「えーっ、こんなに簡単に出来るようになっちゃうの、若いっていいわー!」 と思いました。 


でも、いくつになっても始めるのに遅いということはありません。


難しいところをお手伝いするために、アレクサンダー・テクニーク教師という人達が存在しているのですから(笑)





習慣を変えるというのは大きな岩を転がすようなものです。


最初、動かすのには沢山の努力や意志力が必要ですが、一旦動き出すと軽い力で進んでいくことができます。


自分一人では大きな岩を転がすことはできなくても、私達がサポートすることで転がりやすくなります。


自分の中に眠っている、ラクで自由に動けるカラダを取り戻してみたい方はぜひ体験してみてください。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、今日は、アレクサンダー・テクニークはどんな人に向いているかについて考えてみました。

うちの嫁さんは「何やりたいですか?(*1)なんて聞かれてレッスン受けたい人、日本人にはあんまりいないわよ。普通の人は先生から教わりたいの。考えないで気持ちよく身体を動かしたいだけなんだから。そんなのも分からないの、ばっかじゃない」とのたまいます。

「おーい、誰か反論してくれ!僕には無理なので」(笑)

ちなみに嫁さんはアレクサンダー・テクニークにはまったく興味がありません。(笑)

そうなんですよね。こちらの記事「断定でなく質問で伝える理由」で自然科学の検証手法(アレクサンダー流)を使って動きを探求することがアレクサンダー・テクニークですと書いたのですが、実際、それをやりたい人って以下のような人かもしれません。

①ダンス、スポーツ、音楽など自分のやっていることのスキルを向上させたい人。

②肩こり腰痛、使い過ぎ症候群などで整体・治療家などに行っても、その場では良くなるけど同じことの繰り返しだから根本的になんとかしたいと思った人。

ま、確かにそうなんですね。みんな自分の人生において大事なこと、好きなことがあって、それが優先順位の上位にくる。お金や時間もその為に使いたいと思いますよね。

だから、自分の好きなことを効率的に上達させることに役に立つと分かった場合、もしくは、それが痛みなどで出来なくなったので何とかしたいと思って初めてアレクサンダー・テクニークにたどり着く。

そもそも、創始者のF.M.アレクサンダーさんも自分が好きで俳優業をやっていたのに、声がでなくなった。医者に行っても治らない。さあ、どうする?と言うところから探求を始めたのですから。

つまり、①か②に当てはまる人はぜひ、四の五の言わず試しにレッスンを受けに来てもらうといいと思うのです。

だって、そのために発明されたテクニックなのだから。

そこまで困っていない人達のためにはアレクサンダー体操でも考えますか(笑)

*1:F.M.アレクサンダーの弟子のマージョリー・バーストーが始めた、実際の動きのなかでレッスンをするアクティビティー・ティーチングの一こま。

追記:忘れてました。他には③自分を変えたい人や、心の問題を抱えている人、あがり性、対人関係で困っている人達もけっこうレッスンに来てくれています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。